アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

デビッド・ベノワ / アースグロウ4

EARTHGLOW-1 随分と久しぶりに「貴公子」デビッド・ベノワの新作を聴いてみた。いつも通りの「安定のスムーズ・ジャズ」を期待して購入した。『EARTHGLOW』(以下『アースグロウ』)である。

 いきなりボサノヴァ調の【BOTSWANA BOSSA NOVA】で始まり【WILL’S CHILL】もラテン調。アレレ?もしかして?
 いつものデビッド・ベノワの雰囲気とは違う,流行りのクラブ・ジャズ・アルバムかと思いきや,3曲目以降は「これぞ2010年代のスムーズ・ジャズ!」が進行していく。
 どれもこれもが“デビッド・ベノワ印”のスムーズ・ジャズが百花繚乱!

 【UNBELIEVABLE】【SNEAKY AS A CAT】ではリック・ブラウントランペットを,【STRAIGHTAWAY】ではジェフ・カシワサックスを迎えて,スムーズ系らしいシルキーな雰囲気でまとめている。

 個人的には“リリカルな”【EASY DAY】【BROWN’S GONE】あたりに,デビッド・ベノワのDNAとかデビッド・ベノワの真骨頂が感じられて聴き惚れてしまう。

 フュージョン系のピアニストには,作曲家タイプとピアニスト・タイプとの二種類の方向性があるが『アースグロウ』を聴いてみて,デビッド・ベノワピアニストである前にやはり作曲家であって,彼の頭の中では「オーケストラが鳴っている系」の人だと思ってしまった。

EARTHGLOW-2 それにしても『アースグロウ』のヘビロテ曲は,2つの別アレンジが最高な【FREEDOM AT MIDNIGHT】。

 今更ながらの感じもするが,デビッド・ベノワの中で「これだっ!」という閃きがあったのでしょう。20年間も演奏してきたデビッド・ベノワ最大の人気曲で代表曲。恐らくは「満を持しての」再演であろう。

 緻密なアレンジを繰り返してのリアレンジなのに,こんなにも生き生きとした【FREEDOM AT MIDNIGHT】を聴いていると,一向に歳を取らない若手のようであり,歳を重ねた紳士のようでもある。

  01. BOTSWANA BOSSA NOVA
  02. WILL'S CHILL
  03. UNBELIEVABLE
  04. EASY DAY
  05. STRAIGHTAWAY
  06. NEW CREATION
  07. EARTHGLOW
  08. SNEAKY AS A CAT
  09. DOWNTIME
  10. BROWNIE'S GONE
  11. FREEDOM AT MIDNIGHT (THE SCHROEDER VARIATIONS)
  12. FREEDOM AT MIDNIGHT (THEME AND VARIATIONS)

(ヘッズ・アップ/HEADS UP 2010年発売/UCCT-1220)
(☆直輸入盤仕様 ライナーノーツ/松下佳男)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

20191109 T-SQUARE LIVE NO.2

 「T−SQUARE コンサートツアー2019 『HORIZON』」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 オープニングからの2曲終わりで「今日はどうもありがとうございました。また会いましょう」。のっけから坂東くんが絶好調で「どうどうどうどう」と暴れ馬な坂東慧に落ち着けの合図を送る伊東たけしの姿が,この日のLIVEを凝縮した瞬間だったと思う。

 そう。「BRICK BLOCK」の主役は「Mr.T−SQUARE坂東慧の凄腕を見るためにあるLIVE
 どこのどなたかは存じ上げませんが,終演後に会話したある女性ファンは,管理人よりも若い入場順だったのに2Fの桟敷席をGETしたとのこと。確かに坂東慧の一挙手一投足を見つめるには2Fから見下ろす眺めが一番です。そのおかげで管理人が2列目に滑り込むことができました〜。本当に凄いぞ,坂東慧〜。

 【LONESOME GEORGE】〜【LOVE GAME】〜【KASARERIA】なんて,ほぼ自由に叩きまくる坂東慧,それでいてドンピシャな坂東慧安藤さんと伊東さんがついていく感じの演奏が続く。圧巻は【RONDO】での超絶ドラミングで全員を煽る&煽る! あんな【RONDO】は今まで聞いたためしがない!

 でもそんな坂東くんの超絶ドラミングがあったからこそ,120%本気の伊東たけしが搾り出し,白井アキトとのバトルへと発展していった。
 何てったってラストは伊東たけしEWIに唾がたまって予備機EWIへと持ち替えの巻〜。それだけ吹きまくった大大盛り上がりのT−SQUAREのはじけっぷりはホール・ツアーでは中々見ることができない。T−SQUAREの真骨頂は,その昔の六本木ピットイン然り,ライブハウスにあると今でも信じている。

 事実,坂東くんSAY。「間近で見られているのですね,あの〜,何か真面目に出来なくなっちゃう。分かりますかね?」。よっ,流石は恥ずかしがり屋がなる職業=ミュージシャン。
 坂東慧の「毎年大分に来ると必らず行くお店がありまして『そのことを楽しみに,そのことを思い浮かべながらドラムを叩く〜』」のクダリ&田中晋吾の「関アジの半身」のクダリでのBGMは伊東たけしフルートによる【荒城の月】。
 伊東たけし・セレクト【荒城の月】の真意とは日本酒をちびちびと呑む「揉み手の世界」。オヤジたちは段々遅くなる。裏拍なのに重くなってきてシミジミ揉む〜。

 伊東たけしによる「VS 坂東慧 VS 白井アキト」の実況中継。その心は「多少の傷は想像の中で,本当はこういう風にやりたかったんだろうな,と汲んでいただいて〜。こちらがヤラレル〜」。

 安藤正容による「VS 坂東慧 VS 白井アキト」の実況中継。その心は「段々皆さん激しい演奏になっています。リハーサルから坂東くんがトリッキーな取り出しでついていけません。今日はのっけからちょっとついていけていない。それはそれでね,面白いかな」。

 安藤正容伊東たけしSAY。「リハーサル面白いですよ。曲が段々壊れていきますので」。あ〜ぁ,一生,最強のスクェアは非公開のままでしょう。きっといつかは生リハーサル!?

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。

続きを読む

20191109 T-SQUARE LIVE NO.1

 行ってきました! 11/9「大分BRICK BLOCK」での「T−SQUARE コンサートツアー2019 『HORIZON』」!

 いや〜,楽しい〜。何てったって「チキン・ジョージ」か「BRICK BLOCK」かと謳われる,伊東さんのお気に入りの箱でのLIVE。西大分はバリア駅(バリアフリーの反対)でのLIVE。そして主役である白井アキトが「伊東さんを返り討ちにした」LIVE

 …って,本当は「スクェア祭 IN OITA」の前夜祭?だからではなく,今年中に1度は見てみたかった「T−スクェア・フィーチャリング・白井アキト」のハマリっぷりが圧巻だった。
 8年振りに見た白井アキトが凄く大人になった気がした。音の使い方やフレージングの引き出しが増えていたし,何よりも演奏の姿勢が大人になった。あくまでも主役は安藤さんと伊東さんであることをわきまえた上で前へ前へ…。

 佐藤雄大入りのスクェアもかなりオツなものだったが,白井アキト入りのスクェアは完成度が高かった。河野啓三の復帰までは白井アキトが準レギュラーになる予感?
 坂東くんと晋吾くんとの“会話”と安藤さんと伊東さんとの“会話”を繋ぐ「AKITO SHIRAI」(フィリップ・セス風)の安定感があればこそ,トリッキーなリズムが会場全体を飛び回る〜。

 今回の座席はA31番。なのに中央2列目の左側座椅子。つまりはど真ん中の2列目なので伊東さんの生音が聴こえてくるわ,視線もバンバン来るわ。
 だから本当はもっと坂東くんのドラミングをガン見したかったけど,伊東さんに遠慮して?伊東さんメインで見つめていました。だから「大分BRICK BLOCK」の結論は,伊東たけし最高〜,なのでした〜。

 さて,まずは恒例のメンバー紹介から…

 ★ 安藤 正容 : Guitar
 ★ 伊東 たけし : Alto Saxophone,EWI,Flute
 ★ 坂東 慧 : Drums
 ☆ 田中 晋吾 : Bass

 ☆ 白井 アキト : Keyboard

 今年の九州ライブハウスツアーセットリストは「T−SQUARE コンサートツアー2019 『HORIZON』」のタイトルなのだから,夏の福岡ホール・ツアーセットリストと同一。
 だから新鮮味というかワクワク感はなかったのだけど,やっぱりキーボード・プレイヤーの違いは殊の外大きいことを実感して帰宅。

 『HORIZON』で言えばフィリップ・セス白井アキトだし,夏のツアーで言えば佐藤雄大白井アキトだし,【MAYBE I’M WRONG】で言えば和泉宏隆白井アキトだし,【RONDO】で言えば河野啓三白井アキトだし。

 河野啓三,何とかならないものですか? 早く復帰してほしいです。過去の自分の中ではあれほど「本田雅人命」だったのに,もはや現T−スクェア本田雅人は感じない。【明日への扉】にしても完全に「伊東たけし色」で塗り変えられてしまっている。
 お願い神様,もう1度だけ河野啓三キーボードを聴かせてください。河野啓三キーボードを忘れたくない。記憶が「白井アキト色」に塗り変えられてしまう前に,お願い,もう1度だけ…。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ前半のセットリストを報告しておきます。

続きを読む

ベニー・グリーン / ウォーキン・アンド・トーキン5

WALKIN' AND TALKIN'-1 ブルーノートの4000番台と来れば,1500番台の直球ど真ん中な黒いハード・バップからライトなハード・バップへの変革期の記録である。ファンキーがあればモードもある。フリーへの動きも感じることができる。実に“美味しい”100枚が並んでいる。

 そんな中,変化とか新しさを毛頭考えず,自分が心酔してきたハード・バップをひたすら楽しく形にした演奏もある。その筆頭格がベニー・グリーンの『WALKIN’ AND TALKIN’』(以下『ウォーキン・アンド・トーキン』)であろう。
 そうして『ウォーキン・アンド・トーキン』の味は,4000番台の下から何番目かの人気盤なのが勿体無いくらいに,他の99枚とは絶対に被らない“格別の味”がするのであった。

 『ウォーキン・アンド・トーキン』のメンバーは,トロンボーンベニー・グリーンテナーサックスエディ・ウィリアムスピアノギルド・マホネスベースジョージ・タッカードラムアル・ドレアーズ
 どう見ても小粒のメンバーばかり。音楽的には懐古趣味。これではそう滅多にジャズ・ファンの話題に上ることもないであろう。

 でもいいんです。それでいいんです。『ウォーキン・アンド・トーキン』は「聴く人を選ぶ」アルバムなのです。
 『ウォーキン・アンド・トーキン』の“美味しさ”が分かる人は今でも愛聴し続けています。ハード・バップが過ぎ去ろうかという時代にビ・バップより更に遡るジャズの故郷を聴かせてくれている。
 先を競って都会に出ようとして時代に,地方へ土着して,あっけらかんと笑っているベニー・グリーンのレギュラー・バンド御一行様…。

 『ウォーキン・アンド・トーキン』を聴いていると,ベニー・グリーンのような人をジャズメンと呼ぶんだなぁ,と思ってしまう。
 『ウォーキン・アンド・トーキン』で,ベニー・グリーンが演奏するのはトロンボーンではない。もしやメインは掛け声と手拍子と指パッチン!?であってトロンボーンはおまけである。ベニー・グリーンは「ホワワ〜んとした」音を出す人である。

 そんなベニー・グリーンに引っ張られて,快調に飛ばしてくれるのがテナーサックスエディ・ウィリアムスピアノギルド・マホネスである。
 この三者の音の絡み合いが“歩きながら&話をしながら”の『ウォーキン・アンド・トーキン』そのものであろう。

WALKIN' AND TALKIN'-2 管理人の結論。『ウォーキン・アンド・トーキン批評

 『ウォーキン・アンド・トーキン』は,ジャズのどんなスタイルにも属していない。ただジャズの楽しさを聴かせるだけのアルバムである。

 「いやぁ,映画って本当にいいものですね」と語ったのは水野晴郎だが,さながらベニー・グリーンは「いやぁ,ジャズって本当にいいものですね」と語りかけているようなもの。

 管理人は年に1度は『ウォーキン・アンド・トーキン』を一日中聴き続けて過ごすことがあります。単純にCDを他の物に入れ替えたりPCオーディオのプレイリストを選択し直すのが面倒だという理由ではありません。本当に『ウォーキン・アンド・トーキン』を何十回でも気持ち良く聴ける日があるのです。

  01. THE SHOUTER
  02. GREEN LEAVES
  03. THIS LOVE OF MINE
  04. WALKIN' AND TALKIN'
  05. ALL I DO IS DREAM OF YOU
  06. HOPPIN' JOHNS

(ブルーノート/BLUE NOTE 1959年発売/TOCJ-4010)
(ライナーノーツ/ロバート・レヴィン,原田和典,中安亜津子)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

20191103 DIMENSION LIVE NO.2

 「DIMENSION HISTORICAL LIVE 2019 VOL.03」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 いや〜,最高だった。なぜって? それは今回の福岡公演がDIMENSIONにとっての「初めてづくし」の目撃者となれたから!

 まずは「つるっと。これはよかギターね」。本番前に「ゲイツ7」横のギター屋さんで購入されました増崎孝司の70年代のビンテージ・ギター。そのフレッシュなギター・サウンドを一番先に一番最初に聞くことができる特別なお客様として招待されたから!

 増崎孝司の「純粋な気持ちを,純粋な音を初めて博多に置いておきたいと思います」っていうのはきれいごと? 自慢したいだけでした。「ゴールド・カードで『TAKASHI MASUZAKI』。1回。何?分割って聞いたことない」のが本当のマスヤンなのです。

 次はついに出ました,増崎孝司の「そのうちユーチューバーになる」宣言! 続いて出ました小野塚晃による「暗黒系フュージョン・バンド」宣言! DIMENSIONは“超絶技巧”でもアイドルでもなく暗黒系悪魔バンド! 青空が似合わない感じなので,メイクも考案するとのことです。暗黒JAZZで来年のオリンピックを吹き飛ばすそうです。

 3つ目のお初は,本番中にアンコールで何を演奏するのか?スタジオ・ミュージシャンの打ち合わせを生で見れました。九州のスーパースターを脇に置いて増崎孝司のバック・バンドの4人が考案したのが【銀座の恋の物語】改め【TONES】前の【BEAT #5】。合体するのは「トム・ブラウン」だけではないのです。
( もしかしたら【AFTER THE RAINBOW】も本編には予定していなかった福岡特別演奏曲だった? 【BEYOND THE SKY】がラストのアナウンスがあったし【AFTER THE RAINBOW】のイントロが乱れていたし… )

 …って,真面目に書き連ねると,流石は“隠れた名曲”を深掘りするドリーム企画。前半戦は1曲毎に演奏の前後に曲紹介をしてくれました。

INTO A NEW WORLD】。クラブ・ミュージックにハマッテいた時期。HIPHOPっぽい。
IMPRESSIONS】。JAZZYなバルセロナっぽい。
MAKE A SPLASH】。ループで推す。マシンと一緒のやる走りとなった曲。
BREAK OUT】。3人で作った時「これは大体誰が演奏できるんだ。俺たちもできないし,演奏できるリズム隊もいないよ」。DIMENSIONの代表曲の1つ。一か所見失うともう戻れない。レールから外れたら絶対戻れない曲。
WORLD ORDER】。ブリティッシュ。シンセサイザーを多用した。ニューロマンティックが大好きな勝田が吹いているというのをイメージして聴いてほしい。

そして【DOUBLE MARKET】についての回想録。行きつく島もない。メロが高すぎる。その当時はこんなに高くても大丈夫だろうなぁと思う感じで書いた曲がたくさんある。あの頃ってチャレンジ精神の方が出来る出来ないことよりもチャレンジ精神の方が強かった。いや,俺なら出来るはずだ。俺知ってるもん。だって俺だぜ。何でも出来るつもりでいた。
アルトサックスのファシャープが全20回出てくる。サンボーンの【RUN FOR COVER】は一回出てきたら,後はお前らやっとけみたいな感じ。このクダリ気に入っている。説得力がある。
どのキーを使えばいいかとか分かんなくて。まさかそんなに辛いとは。最初にこうちょっと低めを書いたりとかしたら,なんかこれぐらいは楽勝だな。だったらもっと上でいいよ。もうちょっと上でいいよみたいな感じになったらバンバン上に集合してってね。高層マンションみたいな感じになった。でもそれがDIMENSIONらしい。

 若かりし頃は,革パンで金髪で薄い青いグラサンしてドクロのネックレスをしていた。飛び抜けた存在になろうとしていた。他の人たちとは違うを意識していた3人だが,大人になって伸びてる鼻がだんだん収納気味になり,今では爽やかフュージョンを演奏しているDIMENSIONの最後の勇姿?をマスヤンのインスタからお借りしました。次のLIVEには「デーモン勝田」が写っているのかも?

 とにもかくにも管理人は世界中の音楽ファンへ向けて声を大にしてこう叫びたい! 「DIMENSIONは世界最高峰のライブ・バンドである」!

 300曲を凝縮した13曲。本当に濃すぎるので疲れる。でも疲れていない。なぜなら「ゲイツ7」はパワー・スポット。隣りのラーメン屋もパワー・スポット。カツオの血液は長浜の汁で出来ています。
 九州の大地が育んだ天才ミュージシャン→(増崎孝司は)「さつまいもかっ」→(川崎哲平を)「育てて良かった」。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。

続きを読む

20191103 DIMENSION LIVE NO.1

 行ってきました! 11/3「Gate’s7」の「DIMENSION HISTORICAL LIVE 2019 VOL.03」!

 いや〜,最高だった。6月から「DIMENSION HISTORICAL LIVE」なるものが始まったことすら知らなかったが,友人からこの企画内容を聞いてからというものテンション上がりっぱなし!

 「DIMENSION HISTORICAL LIVE」とはDIMENSIONの歴史を振り返り“隠れた名曲”を掘り下げるというもの。本当はディメの楽曲は全曲名曲だと思っているので“隠れた名曲”など存在しないのだけど,やはりLIVEとなると定番曲がかからないのは大問題。ねっ? でしょ?

 だから普段のLIVEではかからない“隠れた名曲”が聴けるとは「願ったり叶ったり」な夢の企画。『30』で停滞したのが結果として「運のツキ」? 前に進むために過去を振り返るのは大切なことですよね?

 新作なしのDIMENSIONが超強力! 個人的には多分,LIVEで初めて聴いた【INTO A NEW WORLD】【IMPRESSIONS】【NEVER】【BEYOND THE SKY】【AFTER THE RAINBOW】にガッツポーズ!

 ただし「DIMENSION HISTORICAL LIVE」の「VOL.01」が1〜6枚目。「VOL.02」が7〜13枚目の括り。だから「VOL.03」は14〜20枚目。いっても21枚目と思って予習していましたが,23と24まで入れてきたし,あれれ,4枚目や5枚目からも演奏している? あれれ?
 でも普段のLIVEではかからない曲がメイン・ディッシュであれば,ちっちゃいことは気にするな。それ,ワカチコワカチコ〜。

 ここで「DIMENSION HISTORICAL LIVE」の秘密を暴露します。DIMENSIONの持ち曲は300曲。社長からは全300曲の演奏を提案されたそうですが,メロは300も覚えられない。
 ということで,今回の「VOL.03」では,譜面を置いているがフロントは録音をただ流しているだけ。全部小野塚さんのコンピューターから出ていた〜(冗談です)。

 管理人の整理番号は3番。座席は昨年と同じで,左から中央寄りの2番目で前から2卓目の前列。今年もATSUSHIさんとご一緒できました。ATSUSHIさん,陣太鼓のお土産ありがとうございました。

 さて,まずは恒例のメンバー紹介から…

 ★ 増崎 孝司 : Guitar
 ★ 小野塚 晃 : Keyboard
 ★ 勝田 一樹 : Alto Saxophone
 ☆ 川崎 哲平 : Bass, Synth Bass
 ☆ 則竹 裕之 : Drums

 DIMENSIONライブこそが真のツンデレ。演奏のカッコ良さとMCの漫談とのギャップが大きすぎる〜。MCについては明日のLIVEレポートで書くとして,引き出し上手の博多の観客に勝田一樹をして「あれっ,俺ってこんなフレーズ知ってっけな」と思わせる「博多フレーズ」のオンパレード&増崎孝司の「博多どんたく早弾きフレーズ」。やはりDIMENSIONは“超絶技巧集団”を再認識。

 “超絶技巧”が成立するには「淀みのない」リズム隊が欠かせない!
 今回ついにDIMENSIONのオシャレTシャツを着用して事で,身も心も「TのN」ではなく「DのN」となった則竹裕之が,もはや鬼瓦のような「苦悶の喜び」ドラミングが素晴らしかった。
 そして「福岡公演の主役」である,DIMENSIONをサポートしてくれたベースの中で一番上手な?“GROOVEマスター”川崎哲平が素晴らしかった。

 と言ってもベースのことではなく(別名:櫻井哲夫バガボン鈴木須藤満)の完璧な流れは「演奏以外の事ができないと生き残れない」芸能生活の賜物ですね。哲平くんは全てが読めてる男なのであります。
 そんな「日本のマーカス・ミラー川崎哲平がリードする【RUN FOR COVER】。ジングルやらせるとメッチャ上手い。なんでフルサイズじゃなくてジングルが上手いの?

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ前半のセットリストを報告しておきます。

続きを読む
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.