アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

熱帯JAZZ楽団 / X 〜SWIG CON CLAVE〜4

X 〜SWIG CON CLAVE〜-1 『勝 腺咤廝稗裡如。達錬痢。達味腺孱邸』は,ウディ・ハーマンカウント・ベイシーグレン・ミラースイング・ジャズの定番曲に焦点を当てた正統派ビッグ・バンドとしての演奏集。

 スイング・ジャズの特長とはソロアドリブというよりアレンジ命。個性溢れる名アレンジャー陣が多数在籍する「熱帯JAZZ楽団」が,どこまで「TROPICAL」できるか?が「名盤か否か」の分かれ目であろう。

 手垢のついた【フォー・ブラザーズ】【ナイト・アンド・デイ】【茶色の小瓶】【ムーンライト・セレナーデ】の定番曲が「TROPICAL」している。予想以上にラテンジャズしていて面白いアレンジである。

 ラテンのリズムの心地良さの上にジャズらしいインプロビゼーションがスパイスされた,でもアンサンブルの醍醐味を楽しめるビッグ・バンドでないと絶対に出せない“味”がある。
 書き譜で演奏しているはずなのに「熱帯JAZZ楽団」を聞いていて受ける印象とは基本「自由」。曲の流れに合わせてメンバーが思い思いに自由にアンサンブルを重ねている印象を受けた。

 『勝 腺咤廝稗裡如。達錬痢。達味腺孱邸』として,スイング・ジャズの定番曲を1枚のアルバムとして聴かせてくれると,今までは曲単位で楽しんでいた「熱帯JAZZ楽団」のバンドとしての「まとまり」を感じるようになった。
 どんな曲調を演奏するにしても,いつでも「TROPICAL」という個性が表に出てしまうように感じる。これまで以上にアルバムに「TROPICAL」な「統一感」が出るようになった。

 だからビッグ・バンドの円熟期のタイミングで,大好きなジンサク時代の【スネークマンズ・シャッフル】を再演してくれたのが宝物!
 『WIND LOVES US』収録の【スネークマンズ・シャッフル】も,ジンサクラテンフュージョン期の大名演であり,神保彰がノリノリでアフロ・キューバンしていた大名演が素晴らしかった。

 だが『勝 腺咤廝稗裡如。達錬痢。達味腺孱邸』収録の【スネークマンズ・シャッフル】はそれ以上の大名演である。その要因こそが,先に書いた「自由」であろう。

X 〜SWIG CON CLAVE〜-2 神保彰のイメージする音をメンバー全員が共有できていない感じがする。全員が自分の思い思いの【スネークマンズ・シャッフル】を演奏している。つまりは微妙な部分が神保彰ドラミングとズレている。

 でもこれだから聴いていて面白いのだ。白にしても真っ白があれば,オフホワイトもあるし,生成りもある。それと同じで【スネークマンズ・シャッフル】の曲としての面白さも,人によっては前半であったり,サビだったり,リズムであったりするものである。

 「熱帯JAZZ楽団」の全員が全員,楽団員の頭の中に興味津々である。どこをどんなテンポでどんな音色で強調してくるのかと,他のメンバーの発する音に耳を傾けながらも,自分なりの譲れない部分を表現している。

 そんな人それぞれの感性を1つの完成形としてまとめ上げるのではなく,みんなが思う【スネークマンズ・シャッフル】の曲としての面白さを全部取り上げ,アクセントとしてバラバラに登場している。それでいて大枠としては全員ズレていないのだから何の問題もない。うん。これってジャズの面白さだよなぁ。 

  01. DINNER WITH FRIENDS
  02. ALBA BLANCA
  03. SNAKEMAN'S SHUFFLE
  04. FOUR BROTHERS
  05. NIGHT AND DAY
  06. LAMENTACION
  07. LITTLE BROWN JUG
  08. LA RUMBA PARA DEBBY 〜Waltz for Debby〜
  09. MOONLIGHT SERENADE
  10. ARRIBA! para los fantasistas
  11. NIGHT AND DAY (Inst.)

(ビクター/JVC 2006年発売/VICJ-61355)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フューズ・ワン / フューズ5

FUSE-1 「CTIオールスターズ」が「CTIジャズオールスターズ」であるならば「フューズ・ワン」は「CTIフュージョンオールスターズ」である。

 フュージョンの老舗であるCTIの企画盤「フューズ・ワン」の『FUSE』(以下『フューズ』)は,フュージョン・ブームの末期に発売された,フュージョン・ブーム再燃を狙った起死回生盤。
 ゆえに『フューズ』の収録曲【DOUBLE STEAL】がTDKTVCM曲として採用されたのにも理由があったのです。

 話のついでに脱線するが,俗に【DOUBLE STEAL】を「フュージョン・ブーム最後の名演」と呼ぶことに抵抗はないが,どうせだったら【GRAND PRIX】か【TAXI BLUES】のどちらかがTVCMで流されていたならフュージョン・ブームも延命していたと管理人は信じている。

 「フューズ・ワン」のメンバーは,テナーサックスソプラノサックスフルートジョー・ファレルギタージョン・マクラフリンギターラリー・コリエルキーボードロニー・フォスターキーボードドン・グルーシンキーボードジェレミー・ウォールキーボードホルヘ・ダルトピアノヴィクター・フェルドマンハーモニカヒュー・マクラッケンベーススタンリー・クラークベースウィル・リードラムトニー・ウィリアムスドラムレニー・ホワイトドラムレオン・チャンクラーパーカッションポウリーニョ・ダ・コスタパーカッションロジャー・スキーテロ ETC

 『フューズ』の最高は,上記クリード・テイラー人脈の超豪華スーパースター軍団の演奏の良さに秘密があるのか? それとも名曲ばかりの選曲の良さに秘密があるのか? いやいや,演奏とメロディーの相乗効果にある!でしょう。

 とにかく曲がいいのだが「フューズ・ワン」の名手たちが,美メロをこれ以上ないハーモニーで表現しきっている。凄いんだけど聴き馴染みが本当に良い。頭の中でいつまでもリフレインする名曲&名演集の決定版の1枚である。

FUSE-2 …が,しかしである。以上が表『フューズ批評であり,上記の文章にウソ偽りなど混じってはいないのだが「フューズ・ワン批評には表と裏の2種類がある。
 ズバリ,裏『フューズ批評の真実とは「フューズ・ワンフィーチャリングスタンリー・クラーク」のことである。

 とにかくスタンリー・クラークベースのバカテクこそが『フューズ』最大の聴き所である。曲調にしてもソロ・スペースにしても全てがスタンリー・クラークベースのために“お膳立てされている”で間違いない。

 ここまであからさまに贔屓されているスタンリー・クラークのどの部分にクリード・テイラーが魅了されたのかは今もって不明であるが,クリード・テイラーの心の声は明らかである。

 ECMマンフレート・アイヒャーRTFチック・コリアよ,スタンリー・クラークを横取りしやがって〜。 

  01. GRAND PRIX
  02. WATERSIDE
  03. SUNSHINE LADY
  04. TO WHOM ALL THINGS CONCERN
  05. DOUBLE STEAL
  06. FRIENDSHIP
  07. TAXI BLUES

(CTI/CTI 1980年発売/KICJ 2169)
(ライナーノーツ/中原仁)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

熱帯JAZZ楽団 / IX 〜MAS TROPICAL!〜4

IX〜MAS TROPICAL!〜-1 『宗 腺唯腺咫。圍劭錬丕稗達腺漫〜』に渡辺貞夫がゲスト参加すると聞きつけた時,もしや「熱帯JAZZ楽団」が渡辺貞夫を喰ってしまうのでは?と期待したのだが,やっぱり渡辺貞夫渡辺貞夫
 ズバリ『宗 腺唯腺咫。圍劭錬丕稗達腺漫〜』の真実とは「渡辺貞夫 WITH 熱帯JAZZ楽団」であった。

 そう。『宗 腺唯腺咫。圍劭錬丕稗達腺漫〜』で渡辺貞夫と共演していた「熱帯JAZZ楽団」の立ち位置は「ビッグ・バンドならぬバック・バンド」!
 これを渡辺貞夫の凄さと取ったあなたは「熱帯JAZZ楽団」の真のファンである。同時に“善良の塊り”渡辺貞夫の大ファンでもある。間違っても「熱帯JAZZ楽団」の演奏が,イマイチだ,と取ってはなりません。

 そもそもビッグ・バンドソロ・オーダーは短いものです。だから全編渡辺貞夫が前面に出る【オレンジ・エクスプレス】と【ベサメ・ムーチョ】がバック・バンド風に聴こえるのも当然のこと?

 それと渡辺貞夫が「熱帯JAZZ楽団」の実力を高く評価しているからこその大熱演。『宗 腺唯腺咫。圍劭錬丕稗達腺漫〜』での渡辺貞夫の演奏がいつも以上に気合いが入っている。
 “百戦錬磨”のナベサダ自身【オレンジ・エクスプレス】も【ベサメ・ムーチョ】も,久しぶりに演奏したことだろう。だから新鮮味があったのだろう。
 でもそれ以上に,こんなにも深いアンサンブルで演奏されたら,フロントとして燃えなければウソだろうし,ジャズメンとしても名乗れないであろう。

 『宗 腺唯腺咫。圍劭錬丕稗達腺漫〜』における渡辺貞夫の“突出”は,裏を返せば「熱帯JAZZ楽団」の爆演のおかげである。
 渡辺貞夫抜きの「熱帯JAZZ楽団」のオリジナルでは,いつものノリとハーモニー満載でリラックスした演奏集。かなり小難しいこともやってきている。

IX〜MAS TROPICAL!〜-2 「熱帯JAZZ楽団」の10周年記念盤『宗 腺唯腺咫。圍劭錬丕稗達腺漫〜』は,カルロス菅野にとって初めての「挑戦作」であり「冒険作」である。

 敢えて猛者たちの自我を封印し,全員がパーツの一部として意識的に演奏してきた,安定とか落ち着きといった言葉は10周年を迎えた「熱帯JAZZ楽団」には似合わなくなってしまった。

 ボーナス・トラックの【コーヒー・ルンバ】が軽やかでウキウキで大好きです。抑制された美しさと自由奔放な表現手法に大物たちの「自己表現」が表われたように感じます。 

  01. Machete
  02. Orange Express
  03. El Futuro
  04. Casa Verde
  05. Cosa Latina
  06. Besame Mucho
  07. Mambeo Mareo
  08. Quien Sera
  09. Tu Pintura
  10. Almost There
  11. Moliendo Cafe

(ビクター/JVC 2005年発売/VICJ-61277)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

クリス・ポッター / サーキッツ5

CIRCUITS-1 あのパット・メセニーが「30年振りに指名した木管奏者」なのだから,クリス・ポッターが「世界一」の称号で呼ばれたとしても,別段気に留めることはなかった。
 ただし自分自身の中で,お奨めのサックス奏者は?と尋ねられてもクリス・ポッターと答えたことは一度もなかった。クリス・ポッターの存在が頭の中に入っていないという事実。

 事実,クリス・ポッターの演奏は“新・帝王”ポール・モチアンの「TRIO2000」「ジ・エレクトリック・ビバップ・バンド」で数枚シンドメンとして耳にしてきた程度。
 クリス・ポッターをメインとして聴き出したのは『UNITY BAND』『KIN(←→)』『THE SIRENS』の3枚しかなかったので“1枚聴いたら追加でもう1枚”という反応も起こらなかった。
 思うに,クリス・ポッターにはコレと言った“味”がないのだろう。ノブが言うところの「クセが強い!」の反対なのだろう。

 クリス・ポッターサックスが強力だ。他の誰もが立ち向かえないほど強力だ。しかし,どの曲においてもサックスが主役のはずなのに嫌味なく曲の雰囲気に溶け込んでしまっている。サックスがどうのこうのというよりは“メロディーが鳴っている”と感じてしまう。

 そう。クリス・ポッターの無機質でテクニカルなサックスには,曲全体を聴かせてしまう稀有な魅力があると同時に,人間=クリス・ポッターのメカニカルな演奏スタイルには感情移入がし難いのだ。

 元来・常識人なクリス・ポッターには,ECM的なCOOLで理知的な演奏など似合わない。超絶系で絶唱系でグルーヴ路線で攻めて初めて,クリス・ポッターの持ち味が自然と中和されていい塩梅に仕上がるタイプ。
 クリス・ポッター瞬発力と即興の力強さは,あのマイケル・ブレッカーについに肉薄したように思う。

 『サーキッツ』とは「回路」の意味。PCボードでエレクトリックな基盤のことを連想するが「サイバーで無機質もの」と捉えるのは短絡的かもしれない。
 各曲をよく観察すると,この「回路」とは人間の神経や循環器であり,また都市や交通といった人々の営みでもあり,ひいてはクリス・ポッターが奏でる“空気を送り込む楽器”の比喩でもある。

CIRCUITS-2 『サーキッツ』でのクリス・ポッターの演奏は,マルチ・リードだけではなくサンプラー等を用いたオーバーダブが施されており,もはやテナー云々を語るレベルにはとどまらない,高度なテクニックを駆使したエネルギッシュなプレイに満ちている。
 そう。やっぱりクリス・ポッターサックス奏者というよりも「音楽家」として『サーキッツ』に参加している。

 だから『サーキッツ』の聴き所は“メロディー”である。イケイケなのに複雑な構造を持つクリス・ポッターオリジナルがしっかりと耳に残る。クリス・ポッターの作る美メロは,変拍子の上に乗せると“キャッチー”に鳴ってしまうのだから,クリス・ポッターのハイセンスに舌を巻くばかり。

 だから管理人の潜在意識の中に,お奨めのサックス奏者=クリス・ポッターのイメージがないんだろうなぁ。
 その意味でマイルス・デイビスパット・メセニージャコ・パストリアスマーカス・ミラーマイケル・ブレッカーと同じ種類の存在である。

 そう。クリス・ポッターとはサックス奏者を超えたところで語られるべき存在である。クリス・ポッターとは稀代の「音楽家」なのである。 

  01. Invocation
  02. Hold It
  03. The Nerve
  04. Koutome
  05. Circuits
  06. Green Pastures
  07. Queens of Brooklyn
  08. Exclamation
  09. Pressed For Time

(エディション・レコーズ/EDITION RECORDS 2019年発売/AMIP-0148)
(☆直輸入盤仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-6

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は1〜5位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

スタッフ★5.スタッフ
スタッフ


--------------------------------------------------------------------------

ネイティブ・ダンサー★4.ネイティブ・ダンサー
ウエイン・ショーター


--------------------------------------------------------------------------

ヘビー・ウェザー★3.ヘビー・ウェザー
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------

ヘッド・ハンターズ★2.ヘッド・ハンターズ
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★1.リターン・トゥ・フォーエヴァー
チック・コリア


--------------------------------------------------------------------------

 チック・コリアの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が20世紀最高のフュージョン・ミュージックである。
 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』については,70年代ジャズフュージョンの“最高傑作”という評価が確定しているが,ここへ持ってきて20世紀の“最高傑作”という称号も受賞したが,これについても特に異論はない。

 4曲全てがフュージョンの代表曲,20世紀の名曲として現在もチック・コリアのレパートリーの一部を成している。
 オリジナル盤のアレンジについても,あの時代だからこそ感じるインパクトが底辺に流れているし,ジョー・ファレルスタンリー・クラークアイアート・モレイラフローラ・プリムのあのメンバーがいて,エレクトリックへ流れつつもアコースティックも捨てきれない楽器の流行があって,そしてフュージョン直前のフリージャズの興隆があっての大名盤

 でもでも『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が仮に明日発売されたとしたら,21世紀を代表する“カモメ”になるに違いない! 全ての成功は,時代を超えるチック・コリアの“天才”にある!

 チック・コリアが最高である! 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が最高である! フュージョンが最高である!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フル・ムーン(ラーセン・フェイトン・バンド) / フル・ムーン・ライヴ5

FULL MOON LIVE-1 管理人はブートは買わない。と言いつつも,買ったことがないだけで友人から借りて聞いたことはある。ユーチューブもブートみたいなものと考えると時々ブートを聞いていることになる。でも(これからも絶対に買わないとは言い切れないが)基本的にブートは買っていない。

 こんなスタンスの音楽ファンはきっと多いと思う。海賊盤は悪である。世に出してはいけない。そのことを自覚すればこそ,好きなアーティストの音源は全部聴いてみたいしコレクションもしたい,という内面の葛藤と闘うことになる。
 レコード会社はそのことを分かっている。それで悪魔の囁き「やれ別テイクだ。やれ発掘盤だ」と誘ってくる。攻勢を仕掛けてくる。

 そんなレコード会社の近年の荒業の1つに「公式ブートレグ」の発売がある。公式であるからファンも良心が痛まない。公式であるから音質も一定基準を満たしている。いい時代である。

 …でっ,前置きが長くなってしまったが,今夜ご紹介するのは「フル・ムーン」の「公式ブートレグ」『FULL MOON LIVE』(以下『フル・ムーン・ライブ』である。
 この『フル・ムーン・ライブ』が真に最高である。諸手を挙げて推薦する屈指の名盤の1枚である。

 先に公式なら音質も一定基準を満たしていると書いたが『フル・ムーン・ライブ』の元ネタはバジー・フェイトンの個人所有の録音テープ。どんなに最高の編集技術を駆使しようと元ネタがカセットテープ・レベルであればどうしようもない。どれほどマスタリングで加工しようともチープな音質に変わりはない。音質としてはブートの中でも劣悪な部類に入るレベルであろう。

 でもでもでも,それでも『フル・ムーン・ライブ』が真に最高である。当然のことなのだがCDって音質の前に内容である。内容が良ければ音質が悪いという理由だけでCD未発売という選択肢はないのである。未発売は世界の大損失なのである。

 とにかく,冒頭の【MESSAGE FROM BEYOND】である。このヒートアップする観客の勢いに圧倒されてしまう。アドレナリンが止まらなくなる。
 ドラムパーカッションの最高の乱れ打ちに煽られた観客の熱狂的な叫び声が,続くバジー・フェイトンギターにパワーを与えている。
 流ちょうすぎるギターのテーマが重なり入ってきた瞬間の歓びと言ったら…。あの高揚感は他の何物にも代え難い。【MESSAGE FROM BEYOND】における出だしの数秒間がバジー・フェイトン名演の中の名演で間違いない。

 自分がライブ会場のど真ん中にいるような気になれる程「フル・ムーン」の演奏に没入できる。イントロが流れるとすぐにベイクド・ポテトへトリップできる。これほどの臨場感を感じられるのも「公式ブートレグ」の魅力であろう。

FULL MOON LIVE-2 とにかく『フル・ムーン・ライブ』はノリと選曲がいいんだよな。これがっ! 「フル・ムーン」のヒット曲が連続で大盛り上がりで演奏されていく!
 スタジオ録音ではヴォーカル優位の「フル・ムーン」であるが,編集の都合なのか?『フル・ムーン・ライブ』におけるバジー・フェイトンヴォーカル曲は1曲のみ。インスト曲ばかりなのが特にお気に入り!

 『フル・ムーン・ライブ』を聴く前から「フル・ムーン」が好きだったのだが『フル・ムーン・ライブ』を聴いてからというもの,以前の何倍も「フル・ムーン」が好きになったし,改めて聴き直した『FULL MOON』『LARSEN−FEITEN BAND』『FULL MOON FEATURING NEIL LARSEN & BUZZ FEITON』が好きになった。

 管理人の「フル・ムーン」のファン人生を変える転機となった『フル・ムーン・ライブ』にはそれだけ大きな力があるということです。ライブ盤にはそれだけ大きな力があるということです。

  01. MESSAGE FROM BEYOND
  02. LITTLE COWBOYS
  03. FUTURAMA
  04. AZTEC LEGEND
  05. FURTHER NOTICE
  06. SIERRA
  07. DEMONETTE
  08. PHANTOM OF THE FOOTLIGHTS
  09. SUDDEN SAMBA

(ドリ−ムズヴィル・レコード/DREAMSVILLE RCORDS 2002年発売/YDCD-0089)
(ライナーノーツ/工藤由美)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.