アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2007年04月

チック・コリア・エレクトリック・バンド / トゥ・ザ・スターズ・ツアー・エディション / CTA5

 『TO THE STARS TOUR EDITION/DISC 2』の1曲目は【CTA】)。


 【CTA】は,新生チック・コリア・エレクトリック・バンドで完成した,CCEB時代の代表曲。
 やはり,ジョン・パティトゥッチデイヴ・ウェックルの“鉄壁リズム隊”が加わると,曲の印象が“倍速”に変化する。
 流れるようなビートのうねりの中,フロント3人が“クールなブロー”を決めまくる!

 緻密なエレクトリック・ミュージックではあるが,プログラムされた機械音とは対極にある“生音”を感じさせてくれる。これがチック・コリアがイメージした,真の【CTA】の全貌であろう。

 ハイライトは,他のメンバーのソロのバックに回っても“手加減無し”で,パルスを送り続けるデイヴ・ウェックルドラミング! 6分台以降で聴かせる4人とのインタープレイで,アドリブを終始リードするタイトなドラミングは,コンテンポラリー・ジャズフュージョン系の最高峰!

CHICK COREA ELEKTRIC BAND
CHICK COREA : Keyboards, Piano
FRANK GAMBALE : Guitar
ERIC MARIENTHAL : Sax
JOHN PATITUCCI : Bass
DAVE WECKL : Drums

松岡 直也 / ウォーターメロン・ダンディーズ / WATERMELON DANDIES4

 『WATERMELON DANDIES』の8曲目は【WATERMELON DANDIES】。


 「くだもの気分で 生きてはいるけど ほんとは野菜育ちだぜ〜♪」。高橋ゲタ夫の歌う,この歌詞にドキッとさせられる読者の皆さんも多いのでは? かく言う管理人もその一人です。田舎育ちの都会人気取り…。

 【WATERMELON DANDIES】は,そんな哀愁を一蹴する,ラテン・ボーカル・ナンバー。
 ノリも音も“軽い”ので,特に歌詞が“うるさいわけでもなく”ちょうどいい。聴きたい時にだけ歌詞に耳が行く,何ともリスナー思いのトラックであります。

 イントロから続く,ご機嫌なパーカッションを中心に,全ての楽器が「松岡直也グループ」に必要不可欠な音を奏で出す。「やって参りましたスイカ男♪」! うむ。何ともいい感じで,ちょうどいい。結構好きです。

NAOYA MATSUOKA : Keyboards
GETAO TAKAHASHI : Bass, Lead Vocal
HIROMICHI TSUGAKI : Keyboards
NORIYUKI HIROSE : Drums
AKIRA WADA : Guitar
WILLIE NAGASAKI : Timbales
SHINGO KANNO : Congas, Background Vocal

GUEST PLAYER
MICHIAKI TANAKA : Bata(Oconcolo)

ウェス・モンゴメリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / UNIT 75

アナログレコード

 『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の3曲目は【UNIT 7】(以下【ユニット・セヴン】)。


 【ユニット・セヴン】の“キレ”と“ノリ”は「特A級」の感動品! ジャズの楽しさがここにある!

 ウェス・モンゴメリーのオクターブ奏法が,一人カウンターの一人ユニゾン! そこへウイントン・ケリーがのっけてくるもんだから,もう大変! “キレ”と“ノリ”が冴えわたり倍加していく。真にオーバードライブ!

 演奏全体が“スインギー”なので,どこからどこまでが,と線引き不能であるが,特に3分後半から5分前半にかけての熱演は,ただ聴いているだけなのに,グイグイと上方に引っ張り上げられる,幸福な“浮遊感覚”に襲われる。
 この感覚を文章で説明することは難しいが,分かる人には分かると思う。もし未体験であるなら,是非一度【ユニット・セヴン】で体感していただきたい。人生,もったいないです。

 【ユニット・セヴン】には(ウェス・モンゴメリーに限らず)ジャズ・ギターを好きにならせる“力”があると思っています。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

WYNTON KELLY TRIO-WES MONTGOMERY
WES MONTGOMERY : Guitar
WYNTON KELLY : Piano
PAUL CHAMBERS : Bass
JIMMY COBB : Drums
 

ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー
ランキングを見てみよう!

アキコ・グレース / 東京 / 島唄3

 『TOKYO』の9曲目は【島唄】。


 【島唄】は,地元沖縄の人々にも愛され,受け入れられた,J-ポップの名曲! この民謡的で心に響くメロディをJ-ジャズ最高峰のピアノが彩っていく! そんな期待に胸弾ませて…。

 斬新なアレンジのせいもあろうが【島唄】の魅力がストレートに伝わってこない。この辺りはボーカルやホーンにかなわない,ピアノの宿命と言えばそれまでだが,ここでそんなことを言いたいのではない。
 やはりアキコ・グレースは都会人だ。東京は表現できても沖縄は…。

 その点,藤原清登はいい。2分48秒からのベースの音色は,大海原へ船を漕ぎだす“オールの音”そのものである。

AKIKO GRACE : Piano
KIYOTO FUJIWARA : Bass
TAPPY IWASE : Drums

山中 千尋 / ラッハ・ドッホ・マール / THE DOLPHIN5

 『LACH DOCH MAL』の5曲目は【THE DOLPHIN】(以下【ザ・ドルフィン】)。


 【ザ・ドルフィン】は,管理人にとって「おしゃべり,コーヒー,デパート」である? 軽快かつ濃密な楽しい一時が走馬燈のように駆け巡る。

 このピアノには“癒やしの力”がある。軽い! 真にリラックスできる。くつろげる。
 要するに,一歩下がった“伴奏”であり,イージー・リスニングなのであるが…。でも“好きなものは好き”なんです。

 細かい批評は置いておこう。明日もいい日になりそうである。

CHIHIRO YAMANAKA : Piano
LARRY GRENADIER : Bass
JEFF BALLARD : Drums
JOHN CARLINI : Guitar

livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.