アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2008年09月

レイ・ブライアント / レイ・ブライアント・プレイズ / ミスティ5


 『RAY BRYANT PLAYS』の3曲目は【MISTY】(以下【ミスティ】。


 ジャズ・スタンダード=【ミスティ】の名演は数あれど『レイ・ブライアント・プレイズ』のこの【ミスティ】は,みんな“絶対絶対”好きなはず! この圧倒的名演を前にして,嫌いな理由は分からない&見当たらない。ジャズ好きだからこそ選ぶ「名演中の名演」である。

 レイ・ブライアントのロマンティックでコロコロとした,イントロの数秒間で一気に郷愁に誘われる! 後はもう“どっぷり”世界へ浸るのみ。
 この郷愁。これは日本人の演奏なのか? 山本剛の【ミスティ】が一瞬脳裏をかすめるが,やっぱり,このピアノの響きはレイ・ブライアント特有の“味”である。
 【ミスティ】のメロディ・ラインを丁寧に押さえた“涙の寸止め”! 涙が落ちそうになるその瞬間に“JAZZYな”フレーズがクロスしてくる。う〜ん。どうにも引っ張り上手な“巧みの業”である。素晴らしい。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

RAY BRYANT : Piano
TOMMY BRYANT : Bass
OLIVER JACKSON : Drums

伊東 たけし / T.K. / ALWAYS TOGETHER4

 『T.K.』の6曲目は【ALWAYS TOGETHER】(以下【オールウェイズ・トゥギャザー】)。


 【オールウェイズ・トゥギャザー】は“懐かしい”感じのラブ・バラード。その昔,LFでやっていた日立「ミュージック・イン」で流れていそうなトラックである。← これで分かる人っているのかな? 正解は,スティービー・ワンダーなどのモータウン&ブラック・コンテンポラリーがよく流れる,AMラジオでは珍しい「ザ・音楽番組」でした。

 元来,ザ・システムデヴィッド・フランクの“デジタルな”グルーヴは,アップテンポよりもミディアム~スロー・ナンバーで輝きを増す。その手法をそのまま取り入れた【オールウェイズ・トゥギャザー】ゆえ,エレクトリック・ファンクになって当然のはずが,伊東たけしのエレクトリック“封印”の影響ゆえに,ブラック・ファンクへと変貌を遂げる。

 男女ツイン・ボーカルに負けじと,3人目のボーカリスト伊東たけしアルト・サックスで“歌っている”。伊東たけしのワン・ホーンは,二人のボーカリストを主役から追いやる,完璧な出来であるが,ここはエレクトリック・ファンクリリコンの投入が正解だったのでは?

 CD発売当時は「ザ・システム」の“一世風靡”黄金時代。斬新すぎる最新のサウンドであったが,今,聴き直すと正直古臭い。そう。日立「ミュージック・イン」向けである。

TAKESHI ITOH : Alto Sax
DAVID FRANK : Keyboards, Synthesizers, Drum Machine and Programming
IRA SIEGEL : Guitar
CRAB ROBINSON and DEBBIE COOPER : Lead Vocals

スタン・ゲッツ & ジョアン・ジルベルト / ゲッツ/ジルベルト / P'RA MACHUCAR MEU CORACAO5


 『GETZ/GILBERTO FEATURING ANTONIO CARLOS JOBIM』の3曲目は【P’RA MACHUCAR MEU CORACAO】(以下【プラ・マシュカー・メウ・コラソン】)。


 ジョアン・ジルベルトをして「ブラジル音楽史における傑出した存在」と言わしめた,アリ・バホーゾ作【プラ・マシュカー・メウ・コラソン】の「決定的名演」である。

 イントロから全編鳴り続けるジョアン・ジルベルトの“朴訥”のギターを軸に,ジルベルトの歌声とジョビンピアノインタープレイで“輪唱”している。
 そして主役はスタン・ゲッツ! 2分7秒からラスト近くまで続くテナー・ソロが,ムーディかつ悲しげに鳴り響く。ああ,今年の夏も【プラ・マシュカー・メウ・コラソン】と共に過ぎ去っていく…。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

STAN GETZ : Tenor Sax
ANTONIO CARLOS JOBIM : Piano
JOAO GILBERTO : Guitar, Vocal
TOMMY WILLIAMS : Bass
MILTON BANANA : Drums

小林 香織 / ファイン / KIRA-KIRA(DVD)4

 『FINE』『SPECIAL DVD』の1曲目は【KIRA−KIRA】(以下【キラキラ】)。


 【キラキラ】こそ,アイドル=小林香織の映像デビュー作! さぞ気合いの入ったPVだろうと期待したが,出来としては“いたって普通”。よくある「客なしライブ」の演奏シーン。

 ただしこの普通の映像が,かえって小林香織の魅力を際立たせている。凝りに凝った料理も良いが,素材そのものを味わうのもまた楽しい。小林香織は今が“旬”のアイドルである。

PS 映画「電車男」を見ました。中谷美紀がきれいでかわいい。エルメスには中谷美紀がぴったり。NO。ドラマ「電車男」も見ました。伊東美咲がきれいでかわいい。エルメスには伊東美咲がぴったり。NO。NO。エルメスと言えば小林香織。管理人には小林香織

KAORI KOBAYASHI : Alto Sax
MASANORI SASAJI : Keyboards
TAKAYUKI HIJIKATA : Guitar
AKIRA OKAZAWA : Bass
SHUICHI "PONTA" MURAKAMI : Drums

ズート・シムズ / プレイズ・ソプラノ・サックス / SOMEDAY SWEETHEART4


 『SOPRANO SAX』の1曲目は【SOMEDAY SWEETHEART】(以下【サムディ・スウィートハート】)。


 【サムディ・スウィートハート】こそ,ズート・シムズソプラノ・サックスを持たせた真価の証明トラックである。

 この“小唄”が最高である。どこまでもリラックスしたズート・シムズが,ソプラノ・サックスという楽器を心底楽しんでいる! ズート・シムズアドリブの意識はないが,そこは生粋のジャズメン。無意識にアドリブが飛び出している。ここがまた最高なのである。

 全編ビブラートのかかったズート・シムズソプラノ・サックスが歌っている。レイ・ブライアントピアノも歌っている。もう仕事を忘れた2人の“趣味の世界”である。
 そこへ“職人”ジョージ・ムラーツの登場! 3分32秒からのベース・ソロは感傷に流されることのない,楽曲の世界に忠実な(ただし結果は大甘な)ビートがズンズン来ている! 3者のコンビネーションの妙であろう。実にいいものを聴かせてもったぁ〜。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

ZOOT SIMS : Soprano Sax
RAY BRYANT : Piano
GEORGE MRAZ : Bass
GRADY TATE : Drums

矢野 沙織 / YANO SAORI / HOYDEN4

 『YANO SAORI』の9曲目は【HOYDEN】(以下【ハイデン】)。


 【ハイデン】は,サルサのリズムに引っ張られたハード・バップである。

 今泉正明ピアノ松島啓之トランペットが,矢野沙織アルト・サックスを奪い合う。
 二股状態?の矢野沙織が,どちらとも密着するものだから,このバトルも徐々にヒートアップ! 上村信大坂昌彦をも巻き込んだ,サルサともハード・バップとも異なる,ジャズ・ブレンド!

 これが新しいのに,どこかで聴いたような“郷愁感”たっぷり。【ハイデン】は,矢野沙織流“温故知新”であろう。

SAORI YANO : Alto Saxophone
KEIJI MATSUSHIMA : Trumpet
MASAAKI IMAIZUMI : Piano
SHIN KAMIMURA : Bass
MASAHIKO OSAKA : Drums
 

本田 雅人 WITH VOICE OF ELEMENTS / MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS / BULLDOG4

 『MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS』の5曲目は【BULLDOG】。


 【BULLDOG】の主役は,本田雅人EWIである。しかし,いつものように「明るく+爽やか+激しく」ではない。メジャーな旋律にも関わらず,音色の裏に「翳り」が貼り付いている。軽快なリズムが逆に物悲しく響いてしまう。

 そう。【BULLDOG】を聴いていると,極上ビートに身体が揺れるが,心は憂いに沈んでいく。T−スクェアで言えば『夏の惑星』で感じる“アレ”である。( ← 分かる人には分かるはず! )

 1分23秒からのメンバー全員によるソロ回しが,もろ「ニセスクェア」改め「VOE」の真骨頂! 松本圭司キーボード)→本田雅人EWI)→須藤満ベース)→則竹裕之ドラム)の2セットのアドリブは「フォー・オブ・ア・カインド」とは“毛色が違う”「VOE」だけのオリジナルである。
 やはり「VOE」のキーパーソンは松本圭司である。2分34秒からの則竹裕之ドラム・ソロと同時に松本圭司が一人で激しく動き出す!
 3分16秒以降のバッキング・アドリブには耳ダンボである。

MASATO HONDA WITH VOICE OF ELEMENTS
MASATO HONDA : Saxophones, EWI, Flute, Synth-programming
KEIJI MATSUMOTO : Keyboards, Piano, Guitar, Accordion, Synth-programming
MITSURU SUTOH : Bass
HIROYUKI NORITAKE : Drums

ケニー・ドーハム / トランペット・トッカータ / NIGHT WATCH4


 『TROMPETA TOCCATA』の2曲目は【NIGHT WATCH】(以下【ナイト・ウォッチ】)。


 イントロからのテーマが印象的な【ナイト・ウォッチ】は,ファンキー&ブルース! ジャズメンの夜は深い。午前様から本格始動。

 42秒からのケニー・ドーハムのトランペット・ソロ〜2分8秒からのジョー・ヘンダーソンのテナー・サックス・ソロ〜3分33秒からのトミー・フラナガンのピアノ・ソロ…。一連の3者3様のアドリブで今宵も更けていくのだが,各人の個性が際立っているにも関わらず,良い意味での「予定調和」が心地良い。
 ジョーヘントミフラドーハムに気兼ねなく自分の好きな旋律を奏でているが,ソロ終わりの一瞬だけ,ドーハムの顔が思い浮かんだか? ドーハム・フレーズでフェイクしていく。そう。アドリブに耳を傾ける時,3人の良好な人間関係が聴こえてくる。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

KENNY DORHAM : Trumpet
JOE HENDERSON : Tenor Sax
TOMMY FLANAGAN : Piano
RICHARD DAVIS : Bass
ALBERT HEATH : Drums

市原 ひかり / SARA SMILE / FRAGILE4

 『SARA SMILE』の2曲目は【FRAGILE】。


 【FRAGILE】で,スティングスイング!? 切ないバラードにもかかわらず,グイグイ迫る緊張感。身も心も躍ってしまう。

 市原ひかりフリューゲル・ホーンに“重み”が足りないのはご愛敬。しかし,得意の中高音のビブラートには,重み以上に“心を動かす”パワーがある。
 そう。市原ひかりの【FRAGILE】への“ひたむきな愛情”が伝わってくる。管理人にはここがうれしくてたまらない。

 このプレイとこのアレンジが,かなり練り上げられているように思える。そんな市原ひかりの【FRAGILE】愛が,メンバー全員にも伝染した見事な名演市原ひかりを盛り上げる。
 特にピアニストアダム・バーンバウムのイントロとソロでの演奏が(ひかり以上に)ひかっている。

HIKARI ICHIHARA : Trumpet, Flugelhorn
ADAM BIRNBAUM : Piano
PETER WASHINGTON : Bass
LEWIS NASH : Drums
DOMINICK FARINACCI : Trumpet

DIMENSION / 11TH DIMENSION “KEY” / COLOUR OF DAYS4

 『11TH DIMENSION “KEY”』の6曲目は【COLOUR OF DAYS】。


 【COLOUR OF DAYS】は,江口信夫の“スティーブ・ガッド的”フュージョンドラミングによって運ばれた,70年代のスタジオ・ミュージシャン系・フュージョンの香りで充満している。

 【COLOUR OF DAYS】の主役は“安藤まさひろ的”アコースティック・ギターを駆使する増崎孝司
 イントロでのアクセント=フラメンコ・ギターと,1分21秒からのギター・ソロは“アコギなのにエレキっぽい”安藤まさひろ的フレーズのオンパレード! 増崎孝司は“隠れ”安藤フリークなのでは?

DIMENSION
TAKASHI MASUZAKI : Guitars
AKIRA ONOZUKA : Keyboards & Programming
KAZUKI KATSUTA : Alto Saxophone

GUEST MUSICIAN
NOBUO EGUCHI : Drums

サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ / セントラル・パーク・ノース / TOW AWAY ZONE5

アナログレコード

 『CENTRAL PARK NORTH』の1曲目は【TOW AWAY ZONE】(以下【タウ・アウェイ・ゾーン】)。


 【タウ・アウェイ・ゾーン】こそ,ビッグ・バンド嫌いの“特効薬”! 【タウ・アウェイ・ゾーン】こそ,ジャズ・ロックの完成形! 全員の笑顔が“音の表情”を通して溢れ出している。

 骨太リーダー=メル・ルイスの“しなやかな”ドラミングリチャード・デイビスの“走り回る”ベースに,ローランド・ハナの“メロディアス・バップ”ピアノ! ここにバリー・ガルブレイスサム・ブラウンツイン・ギターが加わるから,もう大変! 「マンディ・ナイト・フィーバー」の大騒ぎ!
  
 ブラス・セクションも「これでもか,これでもか」の大合唱! TVのドタバタ劇のBGMで流れていそうなノリノリ・ビート!
 松田翔太と香椎由宇が「ハイ,ソニー」のキャッチ・コピーで宣伝するスマイルシャッター(笑顔検出)のCMがあるが,そもそも笑えないと身も蓋もないのでは?
 そこで「ハイ,ソニー」の前に【タウ・アウェイ・ゾーン】! 表情が硬くて笑えない人,笑うことが苦手な人に聴かせてあげたい。【タウ・アウェイ・ゾーン】さえ流れれば,自然と笑みがこぼれるのでは? ビッグ・バンド界指折りの名演であろう。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

THAD JONES=MEL LEWIS JAZZ ORCHESTRA
THAD JONES : Flugel Horn
MEL LEWIS : Drums
SNOOKY YOUNG : Trumpet
JIMMY NOTTINGHAM : Trumpet
RICHARD WILLIAMS : Trumpet
DANNY MOORE : Trumpet
EDDIE BERT : Trombone
JIMMY KNEPPER : Trombone
BENNIE POWELL : Trombone
CLIFF HEATHER : Trombone
JEROME RICHARDSON : Sax
JERRY DODGION : Sax
EDDIE DANIELS : Sax
JOE FARRELL : Sax
JOE TEMPERLY : Sax
BARRY GALBRAITH : Guitar
SAM BROWN : Guitar
ROLAND HANNA : PIANO
RICHARD DAVIS : Bass & Fender


セントラル・パーク・ノース
ランキングを見てみよう!

ランディ・ブレッカー・ウィズ・マイケル・ブレッカー / サム・スカンク・ファンク / FREEFALL4


 『SOME SKUNK FUNK』の8曲目は【FREEFALL】(以下【フリーフォール】)。


 【フリーフォール】は『サム・スカンク・ファンク』唯一のジャズ・ナンバー! ブレッカー・ブラザーズにしては“超貴重”な4ビートでビッグ・バンドがスイングしている。

 “手色の違う”ブレッカー・ブラザーズのせいなのか,管理人にはランディ・ブレッカーのプレイが今ひとつ見えてこない(聴こえてこない)。
 こう書くとアレだが,演奏は良い。好みである。問題は【フリーフォール】には,いつものランディ・ブレッカーがいないだけ…。
 すみません,このトラック批評ランディ・ブレッカーのプレイを聴き分けられない管理人の負け惜しみなのです。

 【フリーフォール】には,2つのトランペット・ソロが入っている。つまり1分43秒からと3分55秒からのソロ・パートである。このどちらかがランディ・ブレッカーで,どちらかがWDRメンバーであろうが,このどちらも“渋め”のアドリブだから???
 【フリーフォール】には,管理人の知らない“新星”ランディ・ブレッカーがソロイストとして参加している。くやしい〜。

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

RANDY BRECKER : Trumpet
MICHAEL BRECKER : Tenor Saxophone
JIM BEARD : Piano & Synthesizer
WILL LEE : Electric Bass
PETER ERSKINE : Drums
MARCIO DOCTOR : Percussion

THE WDR BIG BAND KOLN CONDUCTED BY VINCE MENDOZA

livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.