アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2009年09月

アキコ・グレース / 東京 / 最初の光~飛翔4

 『TOKYO』の13曲目は【最初の光~飛翔】。


 【最初の光~飛翔】とは,朝の「目ざめの」であり,静寂を破る「小鳥たちのさえずり」である。夜明け前の静寂が朝日とともに失われ,家族でのにぎやかな朝食が始まるのだが,一羽の小鳥は,再び静寂を求め天高く飛翔するストーリー?
 そう。【最初の光~飛翔】には,家族団らんの温かさと独身貴族の心地良さが同居している。そのどちらもが美しい。

 【最初の光~飛翔】は,前半の【最初の光】をヴァイオリニスト中西俊博が,後半の【飛翔】をアキコ・グレースが書き分けているので,管理人も,前半を静,後半を動と決めつけることができさえすれば,一端のレビューとして成立するように思う。

 しかしそうは書けない。【最初の光~飛翔】は単純ではない。これは完璧な共作である。2人の名作曲家が曲想において一致している。見事なストーリー展開をアキコ・グレースジャズ・ピアノで脚色していく。
 ラストに感じる“高揚感”は,天高く飛翔した小鳥の水浴びである! 翼をおもいっきり広げていくと,独りだったはずなのに家族の翼とぶつかってしまう。家族団らんの音が最高にスリリング!

AKIKO GRACE : Piano
KIYOTO FUJIWARA : Bass
TAPPY IWASE : Drums
TOSHIHIRO NAKANISHI : Violin

CHIEKO KINBARA STRINGS
HARUKO YANO, NAORU KOMIYA, YUKIKO IWATA : 1st Violin
NAGISA KIRIYAMA, NORIYO OHBAYASHI, YUKO OHKUBO, MOTOKO FUJIIE : 2nd Violin
YUJI YAMADA, HIROHITO FURUGAWARA : Viola
MASAMI HORISAWA, AYANO KASAHARA : Cello

エディ・ヒギンズ・トリオ / アゲイン / AGAIN4

 『AGAIN』の1曲目は【AGAIN】(以下【アゲイン】。


 【アゲイン】に,エディ・ヒギンズの“らしさ”がある。

 ティン・パン・アレー系の【アゲイン】が,ここまで無理なくスイングするとは…。ミディアム・バラードの【アゲイン】一曲で,一気にエディ・ヒギンズにハマッテシマッタ。

 なんと“チャーミングな”ピアノなのだろう。表情が瞬時に変化する絶妙なタッチが「カクテル光線」を放射する。
 【アゲイン】が流れ出すと,管理人は瞬時に土曜日の17時へとトリップできる。そう。【アゲイン】は「サントリー・サタデー・ウェイティング・バー“AVANTI”」の“裏テーマ”である。 ← 実際の放送内容とは無関係です。あくまでイメージです。実際の「AVANTI」ではトミフラMJQフォープレイ率が高いです。昔はあれほど聞いていたのに,最近聞けてないよなぁ…。

EDDIE HIGGINS TRIO
EDDIE HIGGINS : Piano
RAY DRUMMOND : Bass
BEN RILEY : Drums

エディ・ヒギンズ・トリオ / アゲイン4

AGAIN-1 「録音好し,ジャケット好し,選曲好し」で大人気のVENUS
 VENUSのターゲットは明快だ。「録音好し,ジャケット好し,選曲好し」とは「オーディオ好きで,美女好きで,スタンダード好きな」中高年のジャズおやじ向けのレコード会社である。

 そう。ニッチな市場で一定の売り上げが見込める「ジャズ天国」ならではの土壌が産み落とした「日本一のジャズ・レーベル」がVENUSなのである。
 VENUSの“看板”であるエディ・ヒギンズピアノを聴く度に,管理人はVENUSの存在を日本人として誇りに思う。よくぞエディ・ヒギンズを,世界の(特に日本の)ジャズ・ファンへと紹介してくれた!

 確かにエディ・ヒギンズは“カクテル・ピアノ”である。エディ・ヒギンズピアノの音は,パクパク,モグモグ,グイグイッと口に(耳に)入ってしまう。
 実に飲みやすい。実に聴きやすい。そういう意味で,ジャズ初心者に間口が広い=カクテル・ピアノである。

 しかしエディ・ヒギンズピアノの音は,ジャケット写真からイメージさせられる「甘口のカクテル」などではない。スッと咽喉を通った後に“ピリリと舌を刺す”辛口のジャズメンである。
 日本酒または白ワインである。軽快で繊細な演奏なのにキレがある。薄味なのにコクがある。要は原曲のイメージを薄めすぎないジャズ・ピアノなのだ。

 エディ・ヒギンズが,超一流のカクテル・ピアノ弾き,のスタイルを身に着けたことには,VENUS契約以前の演奏活動に理由がある。
 エディ・ヒギンズは,シカゴにあるジャズ・クラブ「ロンドン・ハウス」のハウス・トリオのリーダーとして12年,フロリダのジャズ・クラブ「バッバス」でも4年間活躍していた。そう。エディ・ヒギンズは“現場叩き上げ”のジャズ・ピアニストであった。

 毎晩,酒に酔ったお客の前でカクテル以上にピアノで酔わせるには…。心地良く美しいメロディは原曲通り崩さずに演奏すること。聴いていて疲れない演奏であること。時にはスタンダードを離れて,ポップな人気曲をジャズにアレンジすること…。
 それら聴衆とダイレクトに相対するクラブ演奏の“極意”を身に着けたことが「美しいものをより美しく,客を喜ばせるためには自分のスタイルには固執しない,しかし辛口職人気質」の庶民目線での演奏が,VENUSの“看板”としての圧倒的支持につながっているように思う。

 『AGAIN』(以下『アゲイン』)を聴いてみてほしい。これぞ“エディ・ヒギンズ・スタイル”そのものである。いくら日本人好みに仕上げたとはいえ,ここまでツボをあてられると「参りました。おいしゅうございました」の言葉しかまず出やしない。

 【祇園小唄〜京都ブルース】のような日本人向けのオリジナル曲は言うに及ばず,あれこれと他のジャンルの人気曲を持ってきてはジャズ・アレンジしているのだが,そのどれもが,自然なアドリブ,馴染み深いアレンジで,抜群に咽喉越しが良い。
 そう。『アゲイン』は,初めてジャズ・クラブに来店した人に(初めてジャズを聴いた人に)「ジャズって素敵。スイングって楽しい」と理屈抜きに理解させてしまいそうな“エディ・ヒギンズ・トリオ”による名演集であろう。

AGAIN-2 『アゲイン』の魅力は,初心者向けばかりではない。VENUSのターゲット層である,中高年のジャズおやじにとって興味深いのは,エディ・ヒギンズと対極にあるビル・エヴァンスの代表曲が収録されていること。

 これは余談であるが,管理人はエディ・ヒギンズの演奏からビル・エヴァンスをリスペクトしているように思えてならない。発散派のエディが,内省派のエヴァンスに憧れを抱く気持ちも良く分かる?

 最後にVENUSの付加価値である録音であるが,ライナーノーツで寺島さんも書いている通り,レイ・ドラモンドベースにパンチの弱さを感じたなら,高級オーディオで聴き直してみてください。この重低音に“のけぞってしまう”こと間違いなしですよっ。

PS 訃報です。エディ・ヒギンズ氏は先月末(2009年8月31日),死の眠りにつかれました。ここに謹んで哀悼の意を表します。

  01. Again
  02. How Insensitive
  03. Gion Kouta〜Kyoto Blues
  04. My Foolish Heart
  05. Yellow Days
  06. My Romance
  07. I'll Never Be The Same
  08. Walk Alone
  09. Now Please Don't You Cry, Beautiful Edith
  10. Polka Dots And Moonbeams
  11. Will You Still Be Mine?
  12. Hurry Song

(ヴィーナス/VENUS 1999年発売/TKCV-35068)
(ライナーノーツ/寺島靖国)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

上原 ひろみ / ブレイン / LEGEND OF THE PURPLE VALLEY5

 『BRAIN』の8曲目は【LEGEND OF THE PURPLE VALLEY】(以下【レジェンド・オブ・ザ・パープル・ヴァレー】)。


 【レジェンド・オブ・ザ・パープル・ヴァレー】には,作曲家=上原ひろみの個性が色濃く表現されている。上原ひろみは「稀代の長編作家」である。

 【レジェンド・オブ・ザ・パープル・ヴァレー】の聴き所は,時代を越え国境や人種の壁を越える,普遍性である。良いものはいつ聴いてもどこで聴いても良い。【レジェンド・オブ・ザ・パープル・ヴァレー】には,ジャズフュージョンというジャンルをも越える訴求力がある。そう。全ての音楽ファンに捧げる,作曲家=上原ひろみからの贈り物なのである。
 いつ聴いても何度聴いても唸ってしまう。聴けば聴く程,完成度の高さに感心させられてしまう。10分47秒もの時間をかけて細部のディテールまで描き出した長編大作である。これぞバークリー「作編曲科卒」の成せる業! いいや,これぞ上原ひろみの「有り余る才能」の発露である! 正真正銘の名曲である。

 【レジェンド・オブ・ザ・パープル・ヴァレー】は,最初に提示される27秒から30秒までのピアノのテーマがピアノ・トリオでリフレインされていくのだが,1分4秒から7秒,9分46秒から49秒,10分22秒から10分25秒でのアンソニー・ジャクソンベースによる“語り口”が一番説得力を持っている。脚本を超えた名演技(作曲を超えた名演)・恐るべし,世界のアンソニー・ジャクソン

HIROMI UEHARA : Piano, Keyboards
ANTHONY JACKSON : Bass
MARTIN VALIHORA : Drums

市原 ひかり / SARA SMILE / IT COULD HAPPEN TO YOU4

 『SARA SMILE』の4曲目は【IT COULD HAPPEN TO YOU】。


 【IT COULD HAPPEN TO YOU】は“豪奢な”名演である。バックで“暴れ回る”ピアノ・トリオの前面でフリューゲル・ホーン・ソロを奏でる市原ひかりは“スター”である。

 アダム・バーンバウムの強烈なバック・スピンを華麗に返す市原ひかりはお蝶夫人? いや,宗方コーチ改めルイス・ナッシュの猛特訓を受けて急成長中の岡ひろみであろう。そう。合言葉は「ひかりよ,エースをねらえ!」だ。

 1分58秒から3分38秒までのロング・ソロもいいが,市原ひかりの「ショート・リリーフ」が大好きな管理人は,4分3秒から6秒までの,ほんのわずかな首元への一吹きに感じてしまう。

HIKARI ICHIHARA : Trumpet, Flugelhorn
ADAM BIRNBAUM : Piano
PETER WASHINGTON : Bass
LEWIS NASH : Drums

ジャック・デジョネット / アース・ウォーク / ONE ON ONE4


 『EARTH WALK』の7曲目は【ONE ON ONE】(以下【ワン・オン・ワン】)。


 【ワン・オン・ワン】の醸し出す緊張感は,マイルス・バンド在籍時のジャック・デジョネットの“アレ”である。そう。スペシャル・エディションの裏テーマは,ジャック・デジョネット版・電化マイルスで決まりであろう。

 【ワン・オン・ワン】のタイトル通り,ジャック・デジョネットマイルス・デイビスデュエットしている。これは一人対一人の意味ではない。1つのバンド=電化マイルスと1つのバンド=スペシャル・エディションデュエットである。

 【ワン・オン・ワン】でのメンバー全員のアドリブが実に素晴らしいし,バッキングに回ってのJAZZYな連動性も聴き所である。
 そう。ジャック・デジョネットの電化マイルス・バンドは,リーダーの適度な統制力が,メンバー一丸とバラバラの狭間を行き巡る大傑作=『1969マイルス』の音がする! この緊張感が最高に心地良い!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

JACK DeJOHNETTE SPECIAL EDITION
JACK DeJOHNETTE : Drums
MICKAEL CAIN : Piano and Synthesizers
GARY THOMAS : Tenor Saxophone and Flute
GREG OSBY : Alto and Soprabo Saxophone
LONNIE PLAXICO : Bass

和泉 宏隆 トリオ / ア・スクェア・ソング・ブック / THE CATCHER IN THE RYE4

 『A SQUARE SONG BOOK』の1曲目は【THE CATCHER IN THE RYE】。

 
 【THE CATCHER IN THE RYE】とは「ライ麦畑でつかまえて」のこと? ライナーノーツを読む限りその真偽は定かではないが,一旦そう思って聴き出すと,これが俄然マッチする。もう管理人の中では【THE CATCHER IN THE RYE】は「ライ麦畑でつかまえて」のテーマ・ソングで間違いない。

 【THE CATCHER IN THE RYE】には「ライ麦畑でつかまえて」の暗部はない。「広〜い広〜いライ麦畑で遊んでいる子供たちが,気付かずに崖っぷちから落ちそうになった時に捕まえてあげるような,そんな人間になりたい」物語の,悠然とした優しさに包み込まれる美メロに涙してしまう。

 2分19秒からの村上聖ベースソロはホールデン・コールフィールドの回想シーンである。

HIROTAKA IZUMI : Piano
KIYOSHI MURAKAMI : 6 Strings Bass
JUN AOYAMA : Drums

和泉 宏隆 トリオ / ア・スクェア・ソング・ブック4

A SQUARE SONG BOOK-1 “バカテク系”のフュージョン・バンドの中でも,楽曲の良さが“抜きん出ている”T−スクェアには2人の天才メロディ・メーカーがいる。
 ハードでキャッチーな“純日本的”インスト・ポップ・ライターが安藤まさひろならば,泣ける&しみるの“純日本的”インスト・バラード・ライターが和泉宏隆である。

 T−スクェアのファンは皆,和泉宏隆による珠玉のバラード作品を,敬愛の念を込めて「和泉バラード」と呼んでいる。
 そんな「和泉バラード」好きにとってはたまらない選曲の『A SQUARE SONG BOOK』(以下『ア・スクェア・ソング・ブック』)であるのだが…。

 「ザ・スクェアからT−スクェアに至る16年間の在籍中に提供した数々の名曲が,いまピアノ・トリオで甦る!」。そう。『ア・スクェア・ソング・ブック』は,和泉宏隆トリオによる,スクェア時代の和泉宏隆作曲トラックのリメイク集!
 あの【OMENS OF LOVE】が【TAKARAJIMA】の美メロが,新アレンジで奏でられていく! 要は和泉宏隆自身によるセルフ・カバーであるが,独り立ちしてピアノ・トリオを組んだせいか,どうも印象として“しっくり”こない。もうどうにも“物足りない”のだ。

 理由は単純。和泉宏隆トリオの演奏も素晴らしいのだが,それ以上にスクェアでのアレンジがハマッているのだ!
 管理人の頭の中では,和泉バラードの極上メロディが流れ出すと同時に,あの「奇跡の5人」が演奏した最高のアレンジが流れ出してしまう! あのメロディにはスクェアの音色,スクェアのリズムが最高なのだ!
 そう。管理人にとって『ア・スクェア・ソング・ブック』は,和泉バラードのメロディの良さ以上に,本家スクェアのアレンジの良さを実感するためのCDなのである。

A SQUARE SONG BOOK-2 『ア・スクェア・ソング・ブック』に,往年の「スクェア・サウンド」を期待して買った分だけ期待外れなのかも?
 特に村上聖6弦ベースとは思えない“端整で柔らかなベース・ライン”をフューチャーしたピアノ・トリオとしての演奏は素晴らしい。名曲の「産みの親」が自慢のピアノ・トリオで描きだす,スクェアとは別世界の和泉バラードがいい。

 テイク別の聴き比べはジャズ/フュージョン・マニアの専売特許であるのだが『ア・スクェア・ソング・ブック』は相当手ごわい。
 「スクェアのオリジナル・バージョンと聴き比べてみよう」という“邪念を起こさずに”聴く自信のあるスクェア・ファンだけが楽しめる代物である。

 「違いが分かる男」のゴールドブレンド=『ア・スクェア・ソング・ブック』を召し上がれ?

  01. The Catcher In The Rye
  02. White Mane
  03. Cape Light
  04. Twilight In Upper West
  05. Omens Of Love
  06. November Rain
  07. Play For You
  08. Leave Me Alone
  09. Takarajima
  10. Enrai

(アンドフォレスト・ミュージック/&FOREST MUSIC 2008年発売/NNCJ-1013)
(ライナーノーツ/和泉宏隆)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.