アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2016年10月

DIMENSION / 294

29-1 2016年10月12日にリリースが決定していたDIMENSIONの『29』の発売日が延期になった。変更後の発売日は2016年10月26日。つまり2週間の延期とのこと。

 SMAPの解散が発表された時,解散は単純に5人だけ,あるいはジャニーズ事務所だけの問題ではなく,SMAP解散による“経済損失”は,直接効果,一次波及効果,二次波及効果を計算すると,たった1年間で636億円だという記事を読んだ。つまりはレコード会社やジャケット写真の撮影などなど,SMAPの周囲で働く何千人もの生活に影響が及ぶという事実。

 SMAPクラスでこの数字なのだから,DIMENSIONCDリリース延期による“経済損出”は1000億オーバー? DIMENSIONの周囲で働く何万人もの生活に影響が及ぶのを覚悟の上で2週間も延期するとは…。なあ〜んてね。

 でも冗談ではなく,一旦決まった発売日を延期するとは一大事である。その理由が公式Webサイトの説明によると「制作上の都合により」と書かれている。
 この文言だけでは何も分からなかったが,10月26日(フラゲした管理人は10月25日)に店頭に到着した『29』を聴いてみて納得。

 DIMENSIONCDはいつだって,練りに練り上げられており,徹底的に作り込まれたものばかりだが『29』に織り込まれた細かい無数のディテールを発見する時,こんな大仕事をよくぞ2週間の延期でまとめたなぁ,という感想しか出ない。作り“込み方”がとにかく凄い!

( 先の公式Webサイトには「楽曲制作にかなりの時間を費やしたとだけあって,今まで以上の練りに練られた極上のサウンドプロダクツに加え,随所に散りばめられた絶妙なメロディラインがアルバム全編を通して聴く者の心を捉えて離しません。聴くたびに新たな発見がある最上級のインストゥルメンタルミュージック...この秋,是非お聴き下さい!」との文言あり。やっぱり『29』のサウンドプロダクツはただごとではない )

 アッパレ! DIMENSION! アッパレ! 増崎孝司! アッパレ! 小野塚晃! アッパレ! 勝田一樹! さすがは『29』次元!

 『LE MANS』『FIRST DIMENSION』から『28』までDIMENSIONは一貫してメロディー良し。アドリブ良し。アレンジ良しの演奏良し。
 そんなDIMENSIONが『29』次元で勝負してきたのは,曲想とかAメロとかBメロとかサビといった大枠ではなく,メロディー自体が難易度の高いテクニカル・メロディーであろう。

 ズバリ『29』の聴き所は,このメロの展開だから放たれたと確信できるアドリブの完成度であろう。
 めまぐるしく展開していくメロディーから垣間見れる美しいアドリブが,何度聴いても新鮮で,何度聴いても「これしかない!」。
 個人的にはかつて本田雅人がそうであったように,何か新しいものが生まれるまでに何回も何回もアドリブを録り直したのではなかろうか?

 増崎孝司のロック・テイスト,小野塚晃ジャズ・テイスト,勝田一樹ファンクネスが,楽曲のカラーに合わせてテクニカルに混ざり合い,DIMENSIONらしい“深い色合い”で見事に表現されている。
 【THE ROAD TO PEACE】〜【3 FOCUS】〜【GROOVOLOGY】〜【THE SECOND PLACE】の流れが『29』の個性を特徴付ける,実にカラフルなアルバム・カラー!

29-2 これは“百戦錬磨”のスタジオ・ミュージシャンにとっては「至難の業」に違いない。
 大枠なんかはとっくに完成していたのだから「生みの苦しみ」とはちょっと違う。最後の最後“残りコンマ1秒のディテール探し”のために制作スケジュールがオーバーするまでに膨大な時間がかかったのだ。納得のいくアドリブが降りてくるまでに膨大な時間がかかったのだ。管理人はそう思う。

 こう考えるようになったのが『29』を聴き始めて3日後のこと。すでに全曲のメロディーが頭に入った状態でテクニカル・メロディーではなくアドリブを聴きまくって丸2日が経過した。その結果がこうである。

 管理人の結論。『29批評

 全ての道はローマに通ず。改め『29』の全ては【BLUE ROOM】に通ず。
 ラストの【BLUE ROOM】1曲を聴かせるがために【BLUE ROOM】前の9曲が伏線を張っている! アドリブの全てが実はハーモニーだった,という“大どんでん返し”!

 いや〜,2017年のノーベル賞はボブ・ディランに続いてDIMENSIONが受賞します。ジャズ通の村上春樹さん,お先にごめんなさい。

PS 逆に言うと“凝りに凝ったイントロダクション”の『29』はお目当て=美メロの少ない星4つ。CDと同じソロLIVEでは弾かないだろうから『29』がLIVEでどう演奏されるかが楽しみでなりません!

  01. The Road To Peace
  02. Night Bird
  03. Timeline
  04. Get Up With It
  05. 3 Focus
  06. Groovology
  07. The Second Place
  08. Hope
  09. Keep Going
  10. Blue Room

(ザイン/ZAIN RECORDS 2016年発売/ZACL-9094)
(☆スリップ・ケース仕様)
(☆BLU−SPEC CD2仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デクスター・ゴードン / ドゥーイン・オールライト4

DOIN' ALLRIGHT-1 デクスター・ゴードンと言うと“ワンホーン”のイメージが強い。映画「ラウンド・ミッドナイト」での,椅子に腰掛けながらの演奏シーンがイメージとして強く残っているから。
 映画「ラウンド・ミッドナイト」を見ていないデクスター・ゴードン・ファンの中にも,デックス=“ワンホーン”のイメージを抱いているのでなかろうか? なぜならデクスター・ゴードンの代表作である『GO!』や『OUR MAN IN PARIS』が“ワンホーン”だから。

 しかしデクスター・ゴードンについて回る“ワンホーン”のイメージは単純に編成の問題ではない。デクスター・ゴードンは,いつでも,どんな編成で吹いても“ワンホーン”のデックスのままなのである。

 『DOIN’ ALLRIGHT』(以下『ドゥーイン・オールライト』)を聴いてみて,デックス=“ワンホーン”と感じる理由を再認識することができた。
 『ドゥーイン・オールライト』は,デクスター・ゴードンにしては貴重なトランペットフレディ・ハバードとの2管フロント。
 フレディ・ハバードの“パリッ”としたトランペットは超個性的であるが,その隣りで鳴り響く“男性的で野太くゴツゴツとした”デクスター・ゴードンテナーサックスの存在感たるや,王将格のトランペットを「捻りつぶして」しまっている。

 ズバリ『ドゥーイン・オールライト』は事実上,2管ではなくデクスター・ゴードンの“ワンホーン”として楽しむべきアルバムである。
 このように書くとソニー・ロリンズのような“ワンマン”を連想されるかも知れないが,デクスター・ゴードンはそうではない。あくまで“ワンマン”ではなく“ワンホーン”のデックスである。
 デクスター・ゴードンテナーサックスが鳴れば,フレディ・ハバードトランペットでさえハーモニー楽器に成り下がってしまう。

 ソニー・ロリンズのような天才的なアドリブがあるわけではなく,ジョン・コルトレーンのような神々しさも無いのだが,明快で,颯爽としたテナーの胴鳴りを聴いていると「あっ,自分ってテナーサックスに一番ジャズを感じてしまうんだな」と自覚させられてしまう。
 この辺の感覚が“ジャズ・ジャイアント”の一人として,デクスター・ゴードンは「絶対に外せない」と思わせる魅力なのだと思う。

 なんだかフランク・シナトラのようでもあり,一転して演歌歌手のようでもある。ビートに対してほんのわずか遅らせて吹くから,あのゆったりしたノリが出てくる。ディレイがかって聴こえる。そこが何とも言えないデクスター・ゴードン特有の“味”だと思う。

DOIN' ALLRIGHT-2 デクスター・ゴードン特有の“味”に,ピアノホレス・パーランベースジョージ・タッカードラムアル・ヘアウッドが耳をそばだて聴き入っている。
 デクスター・ゴードンの大らかなスケール感がトランペットフレディ・ハバードをも説得し,場の空気を支配していく。

 読者の皆さんにも『ドゥーイン・オールライト』におけるデクスター・ゴードンの「アメとムチ」を聴いてほしい。
 デクスター・ゴードンの,ゆったりと包み込むようにブロウするテナーサックスの“味”にハマってしまうと,ソニー・ロリンズジョン・コルトレーンが繰り出す高速パッセージが,何だか無意味で過剰でせわしなく聴こえてしまうようになる。

 改めて思う。デクスター・ゴードンほど“ワンホーン”が似合う男はいないのではなかろうか? デクスター・ゴードンの,太く豪快にして,ほろりとくるテナーサックスがあれば,余計なものは要らないと思う。

 そう。デクスター・ゴードンテナーサックスの中に“ワンホーン”の醍醐味が全部詰まっている。ずっと聴き続けていたい…。

  01. I WAS DOING ALL RIGHT
  02. YOU'VE CHANGED
  03. FOR REGULARS ONLY
  04. SOCIETY RED
  05. IT'S YOU OR NO ONE

(ブルーノート/BLUE NOTE 1961年発売/TOCJ-4077)
(ライナーノーツ/アイラ・ギトラー,後藤誠,辻昇)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

渡辺 香津美 / MOBO倶楽部5

MOBO CLUB-1 「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」( by 踊る大捜査線 )と渡辺香津美も考えたのだろう。
 “時代の遥か先を行く音楽”『MOBO』を遠い将来でも近い将来でもなく,今,この現場で鳴らしたい! アメリカではなくここ日本で鳴らしたい!

 そんな渡辺香津美の「日本で,今,この現場で」欲求に駆られて作り上げたのが“セッション三昧”するための「MOBOバンド」。
 そんな「MOBOバンド」の貴重なセッションの記録こそが『MOBO CLUB』(以下『MOBO倶楽部』)である。

 「MOBOバンド」とは『MOBO』の“売り”であったツイン・ベースツイン・ドラム編成を踏襲した,ベースグレッグ・リー渡辺建ドラム村上“ポンタ”秀一パーカッション仙波清彦による“凄腕”純国産での『MOBO』の発展バンド。

 いや〜,ロビー・シェイクスピアスライ・ダンバーのジャマイカ隊とマーカス・ミラーオマー・ハキムのニューヨーク隊も凄かったけど「MOBOバンド」の超重量級リズム隊ももの凄い! 自由闊達,変幻自在,縦 横無尽の超弩級のセッション大会に一発KO!

 個人的にはグレッグ・リーベース・ラインが最高で,このベース・ラインを追いかけていると,いつでもあの頃の「MOBOバンド」。そして「MOBO」にTRIPしてしまう!
 ノリノリで大暴れな“和製”ツイン・ベースの躍動感こそが『MOBO倶楽部』の肝であろう。

 しかし『MOBO倶楽部』を聴いていると『MOBO』以上にカズミ・バンドの『GANAESIA』からの影響を感じてしまう。
 これって“怪人”坂田明アルトサックスヴォイスというよりもラップのせい? 『MOBO』の完成された世界観以上に,混沌と整然が絶妙に同居する抽象性に『GANAESIA』からの影響を感じてしまう。

 ズバリ『MOBO倶楽部』における「MOBOバンド」の真髄とは,面白さと過激さを本気で追求したプログレ・フュージョン
 『MOBO倶楽部』における「MOBOバンド」とは,カズミ・バンドが演奏するキングクリムゾンである。渡辺香津美ギターシンセが,かなり挑戦的というか挑発的というか,アヴァンギャルドで“ぶっ飛んでしまっている”。

 シンプルなペンタトニックの,だけど,どこか壊れたメロディが,グギグギのディストーションで鳴り響く。ノリノリのスケール・オンから瞬間的にアウト・オブ・スケールの強烈なフレーズが攻めてくる。
 本気でヤンチャする渡辺香津美に「向かうところ敵なし」。渡辺香津美に「恐いものなし」。

MOBO CLUB-2 そう。渡辺香津美は『MOBO倶楽部』で完璧にプログレを消化したのだと思う。それが「今,現場で起きている」渡辺香津美のプログレ・フュージョンなのである。
 
 ただし『MOBO倶楽部』の「今」は一晩だけ楽しめる音楽などではない。ジャズを消化しフュージョンを消化しロックとプログレをも消化してきた渡辺香津美だから作ることのできた「連綿と続く構築された快楽」。

 『MOBO』が“時代の遥か先を行く音楽”であったならば『MOBO倶楽部』は“未来永劫鳴り続ける音楽”である。素晴らしい。

  01. 風連
  02. 予感
  03. つるかめひなタンゴ
  04. 危険がいっぱい
  05. 強制接吻
  06. サッちゃん
  07. CIRCADIAN RHYTHM
  08. Σ

(ポリドール/DOMO 1984年発売/UCCJ-4114)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/中原仁,石沢弘治)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ビル・エヴァンス / ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ5

BILL EVANS TRIO WITH SYMPHONY ORCHESTRA-1 リリカルなビル・エヴァンスのバックにシンフォニーオーケストラ。この組み合わせが悪いはずがない。
 ただし,ビル・エヴァンスピアノはかなりの強面ゆえに,このアイディアを実際に具現化するのは思いの外,容易ではない。

 “天才アレンジャー”クラウス・オガーマンの選択肢は,ピアノを前面に押し出して鳴らすべきか? それともオーケストラピアノと対立,あるいは共存させるべきか?

 かくして完成された『BILL EVANS TRIO WITH SYMPHONY ORCHESTRA』(以下『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』)が何ともスッキリ!

 リリカルなビル・エヴァンスが大好きであれば,ド・ストライクなシンフォニーオーケストラとの共演盤。『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』を聴かずして,ビル・エヴァンスを語ってはいけない“極上”レベルの共演盤。

 有名クラシック曲の選曲と控えめながら音楽の躍動感を意識させる名アレンジに耳がくすぐられる…。
 ゆえに『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』の成功の主役はクラウス・オガーマンと思われがちだが,絶対にそうではない。この全てはビル・エヴァンス側の“大仕事”の結果である。

 ズバリ『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』の構図とは,ビル・エヴァンスクラウス・オガーマンの編曲を“聴き分けた”大名盤である。

  思えばピアノ・トリオの印象が強いビル・エヴァンスであるが,ヴァーヴへの吹き込みは冒険作の方が多く,ヴァーヴビル・エヴァンスと来ればピアニストというよりもジャズメンと呼ぶにふさわしい活動のピークの時期。
 サックスフルートの特徴を引き出すことに成功させていたビル・エヴァンスが,シンフォニーオーケストラが有する“カラフルな甘さ”を見事に引き出している。

 オーケストラの音色をサックスフルートなど,1つの共演楽器に見立てた感じで,いつも通りに“ジャズの言語で”ピアノのバランスを合わせていく。
 ビル・エヴァンスとしては,相手が大物オーケストラであろうと気に留めてやいない。よく聴くとピアノシンフォニーオーケストラがバラバラな時間が随所にある。

BILL EVANS TRIO WITH SYMPHONY ORCHESTRA-2 これを偶然と取るか,必然と取るかは聴き手の判断次第であろうが,交わりそうで交わらない両者が絶妙にシンクロした瞬間が『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』のハイライト!

 ビル・エヴァンスには自分の個性を薄めて「伴奏役」に徹する気などさらさらない。爽やかなストリングズに溶け込むわけでもなく,対立するわけでもなく,ただシンフォニーオーケストラと同じ時間,同じ場所で,互いの考えを共有しながら,同時に音を発しているだけ…。

 そう。『ビル・エヴァンス・トリオ・ウィズ・シンフォニー・オーケストラ』でのビル・エヴァンスは,いつも通りのビル・エヴァンスである。いつも通りにビル・エヴァンスが超然としている。

 シンフォニーオーケストラと共演しようとも,有名クラシック曲を演奏しようとも,やはりビル・エヴァンスビル・エヴァンスであった。ビル・エヴァンスをなめてはならない。

  01. GRANADAS
  02. VALSE
  03. PRELUDE
  04. TIME REMEMBERED
  05. PAVANE
  06. ELEGIA (ELEGY)
  07. MY BELLS
  08. BLUE INTERLUDE

(ヴァーヴ/VERVE 1966年発売/UCCU-9285)
(ライナーノーツ/ビル・エヴァンス,ルイス・フリードマン,藤本史昭,中山康樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

和泉 宏隆 トリオ / ビヨンド・ザ・リバー5

BEYOND THE RIVER-1 『BLUE IN RED』で同時期にT−スクェアを退団した本田雅人和泉宏隆だが,2人の卒業に対する印象は真逆…。
 そう。自らの意思ではなく「追い出された」本田雅人と,自らの意思で「飛び出していった」和泉宏隆のイメージがある。事の真相は定かではない(ということにしておこう)…。

 だから和泉宏隆の場合,そこまでして演り始めたピアノ・トリオなのに…。周りに迷惑をかけてまで始めたピアノ・トリオなのに…。これ位の出来だったら何で…。
 そんな思いがあったから,個人的に厳しい態度で和泉宏隆の新作を評価している自分がいた。和泉さん,心無い対応を本当にごめんなさい。

 しかし,そんな謝罪を必要としない大満足なアルバムが出た。和泉宏隆ピアノ・トリオによる『BEYOND THE RIVER』(以下『ビヨンド・ザ・リバー』)である。

 ついに好き嫌いを超えた部分で和泉宏隆名盤に出会えた「喜び」を感じた。「星4つ」で評価していた『LIGHTS IN A DISTANCE』と『A SQUARE SONG BOOK』には,それでも多少,贔屓目の部分があったように思う。

 ただし,名盤ビヨンド・ザ・リバー』にしても,管理人が和泉宏隆に当初期待していたピアノ・トリオ・アルバムとは随分違っていた。
 T−スクェアで得た「栄光と名声と高収入」の全てを振り捨ててまで独立した和泉宏隆に,例えば年棒20億円の提示を蹴ってまで広島東洋カープに復帰した黒田博樹の「男気」のようなものを期待していた。

 一から武者修行に出掛け,一日10時間ピアノを練習し“孤高の人”として,5年後にジャズ・シーンに華々しく再登場してくるような和泉宏隆の姿を想像していた。ここで再び和泉さん,無茶苦茶な想像を本当にごめんなさい。

 ズバリ『ビヨンド・ザ・リバー』で登場した“NEW・和泉宏隆”とは,実に柔らかな“ヒーリング・ピアニスト”であった。
 T−スクェア脱退直後の「気負い」など全く感じられない。それはそれは“清らかなピアノ”が響かせていく。今聴いているピアニストが誰なのかを意識することはない。ただただ気持ち良いピアノの音が流れていく。

BEYOND THE RIVER-2 シンコペーションでフレージングの流れを生み出し,川や風といった移ろうもののイメージを浮かべさせる“ヒーリング・ピアニスト”。
 優しく柔らかくて,流れるようで情緒的で,それでいて一本の筋が通っていて…。目を閉じると白銀の世界。あぁ,切ないほどに美しすぎます。

 これには本当に驚いた。和泉宏隆が弾きたかったピアノが,スーッと身体の奥に沁み渡る…。
 和泉宏隆が目指していたのはメリハリ命の“ジャズ・ピアニスト”ではなかった。浮かんでは消えて無くなるピアノのBGMに,自らの我を押し殺した“NEW・和泉宏隆”の真実を見る。

  01. Heart Land
  02. Northern Island Breeze
  03. GladioluS
  04. Moon Palace
  05. Eyes Of Flora
  06. Prelude
  07. Snow Flower
  08. Spiral Fusion
  09. Golden Land
  10. Time Remembered

(アンドフォレスト・ミュージック/&FOREST MUSIC 2008年発売/NNCJ-1014)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デューイ・レッドマン〜フィーチャリング・ジョシュア・レッドマン / アフリカン・ヴィーナス4

AFRICAN VENUS-1 管理人にとってデューイ・レッドマンの存在が大きすぎる。
 何と言ってもデューイ・レッドマンは,管理人の愛するキース・ジャレットアメリカン・カルテットテナーサックス・プレイヤー。加えて,これまた管理人の愛するパット・メセニーにとっても『80/81』から推し量るにマイケル・ブレッカーと同格の位置にいる。

 …にも関わらず,世間での評価は余りにも低い。管理人とすればジャズの偉大なサックス奏者の歴史において“絶対に欠かすことのできない存在”であるが,世間的にはそうではないのだ。

 追い込まれた管理人は,デューイ・レッドマンの偉大さを語るために,反則とは知りつつも,オーネット・コールマンの右腕であった事実やジョシュア・レッドマンの父である事実についても伝えるのだが,一向に響かない。
 なぜなのだ。管理人だけがデューイ・レッドマンを「過大評価」しているのか? そうなのかもしれない。

 でもそれでいい。あのキース・ジャレットが自分のレギュラー・バンドでフロントを任せたサックス奏者はデューイ・レッドマンヤン・ガルバレクの2人だけ。個人的にはキース・ジャレットの絶頂期は,間違いなくアメリカン・カルテットでの活動であると信じている。
 だからデューイ・レッドマンなのである。管理人にとってデューイ・レッドマンの存在が大きすぎる。

 『AFRICAN VENUS』(以下『アフリカン・ヴィーナス』)は,デューイ・レッドマン晩年の日本企画盤。
 どうやらこの『アフリカン・ヴィーナス』。純粋にデューイ・レッドマンCDを作ろうとしたわけではなく,当時,話題沸騰中だったジョシュア・レッドマンを引っ張り出すための“バーター”としてのデューイ・レッドマンのリーダー・アルバムだったとは…。

 マジでショックである。デューイ・レッドマンの市場価値とはジョシュア・レッドマンの父としてだけ? なんだかなぁ。

AFRICAN VENUS-2 確かに『アフリカン・ヴィーナス』における,デューイ・レッドマンジョシュア・レッドマンの“親子共演”を聴き比べた限り,音楽的にはデューイ・レッドマンの「大負け」である。
( というか“影の主役”ジョシュア・レッドマンの吹く「王道」が素晴らしすぎる。ここでのジョシュア・レッドマンの「覚醒」ぶりはマイケル・ブレッカー並み! )

 ただし,根っ子の部分では,流石のジョシュア・レッドマンも「偉大なる父」を超えることができていない。これこそがキース・ジャレットが見ていたデューイ・レッドマンの本物であり,パット・メセニーが見ていたデューイ・レッドマンの本物であり,オーネット・コールマンが見ていたデューイ・レッドマンの本物なのであろう。

 ズバリ,デューイ・レッドマンの本物とは「妖しさ」である。どうにも「情緒不安定」なテナーサックスである。何を演りたいのか伝わりにくいユニークなフリー・ブローの“パッション”に持っていかれる。

  01. AFRICAN VENUS
  02. VENUS AND MARS
  03. MR. SANDMAN
  04. ECHO PRAYER
  05. SATIN DOLL
  06. TAKE THE "A" TRAIN
  07. THE TURNE AROUND

(ヴィーナス/VENUS 1993年発売/TKCV-79013)
(ライナーノーツ/大村幸則)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

TVCM / 上原ひろみ / 伊藤園 TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC(ティーズ ティー ニューオーセンティック)「走り出す旋律」篇

 最近の上原ひろみの活躍ぶりが目覚ましい。例えば「ザ・トリオ・プロジェクト」の『SPARK』が,全米ビルボードの「Top Jazz Albums」という総合ジャズ・チャートにおいて初登場1位を獲得したそうです。
 同時に全米ビルボードの「Traditional Jazz Albums部門」でも1位を獲得したそうで,これは『SPARK』の出来うんぬんではなく「HIROMI」ブランドの“名前で獲った”第1位に上原ひろみの凄さを感じた今日この頃…。

 でもでも。それってアメリカでのお話なのです。日本に住み福岡に住んでいる管理人には「HIROMI」のブランド力を実感することはなかったのです。
 でも,本当に上原ひろみが売れている。そのことを目に見える形で実感することになりました。それがこちらのTVCMです。


 茶系飲料ブランド「ティーズ ティー ニューオーセンティック」のコンセプトは『正統なのに,独創的』。
 “世界のHIROMI”がクラシックからジャズに移り変わるピアノに乗せて『正統なのに,独創的』なコンセプトを表現するとこうなるのでしょう。贔屓目なしに素晴らしいと思います。

 普段は“ジャズ・ピアニスト”というよりも「プログレ・キーボード・プレイヤー」の印象が強い上原ひろみに“ジャズ”を感じてしまいます。
 「走り出す旋律」篇のタイトル通りに,ピアノが,そして上原ひろみが走っている。見せる&魅せる→TVCM

 “手数王”サイモン・フィリップスと組んだアクロバティックな演奏が上原ひろみ「トレードマーク」に違いないが,個人的に上原ひろみの聴き所とは,感情が大爆発するバラードにこそあると信じている。

 ゆえに続編となる?「〇〇〇〇」篇では,しっとりとピアノを弾き上げる「大空を見つめる」上原ひろみを見てみたい…。
 お茶や紅茶って,ゆっくりと座って味わうものだと思うから〜。茶畑・静岡のお姫様「HIROMI」〜。

 うん。「TEAs’ TEA」を飲んでみようっと〜。

デオダート / ツァラトゥストラはかく語り5

PRELUDE-1 デオダートの【ツァラトゥストラはかく語りき】を部屋で聴いていると,妻が「なんでこんなの聴いているの?」と尋ねてきた。そう。管理人の家庭では日常的に,ジャズフュージョンか,そうでなければラジオが流れている。
 映画にも関心の薄い妻にとって「2001年宇宙の旅」という言葉は出なかったが【ツァラトゥストラはかく語りき】が有名映画のサウンドトラックであることまでは識別できたのだろう。そうしてポツリとこう言った。「この曲,こんなにカッコ良かったっけ?」。

 そう。それなのだ。【ツァラトゥストラはかく語りき】と来れば「2001年宇宙の旅」ではないのだ。【ツァラトゥストラはかく語りき】の「王道」と来ればCTIなのだ。デオダートの【ツァラトゥストラはかく語りき】こそが最高にカッコイイ!
 ズバリ,本家以上に「宇宙の旅」している交響曲! TOMORINCHAN発進〜! GO(ガオォ)!

 【ツァラトゥストラはかく語りき】について語りたいことも,語らねばならないこともあくさんあるが,とにかくカッコイイ。その一言で全てを言い得てしまう“類まれなる大名演”。
 管理人の【ツァラトゥストラはかく語りき】収録のアルバム・タイトル『PRELUDE』(以下『ツァラトゥストラはかく語りき』)のレビューは以上である。

( ここから先は読んでも読まなくても構わない。ここから先は管理人からジャズフュージョン批評家たちへの反論を記すことにする )

 世評では【ツァラトゥストラはかく語りき】について,やれ「フュージョン以前のクロスオーヴァーの名曲」だの,やれ「ジャズ・アレンジされたクラシックの代表曲」なのだと語られているが,それは違うと思う。

 デオダートの【ツァラトゥストラはかく語りき】とリヒャルト・シュトラウス作曲の交響詩【ツァラトゥストラはかく語りき】を聴き比べてみると分かる。デオダートの【ツァラトゥストラはかく語りき】の中に登場するシュトラウスの【ツァラトゥストラはかく語りき】の原型は,冒頭のキャッチャーな「金管楽器の雄叫び」だけである。
 つまりデオダートは,印象に残る冒頭の部分だけを素材として,後は卓越したアレンジ能力を駆使して,ピッカピカのCTIフュージョンに大変身させているのだった。

 デオダート版【ツァラトゥストラはかく語りき】のアレンジの肝はビリー・コブハムの実にタイトなドラミングである。ビリー・コブハムの“エレクトリック”志向のジャズドラムがあればこそのスタンリー・クラークエレクトリックベースだろうし,ジョン・トロペイのロックなエレクトリック“カッティング”ギターの素晴らしさであろう。

PRELUDE-2 そこへ乗っかる,ラテン・フュージョンデオダートの優雅なエレピと,アイアート・モレイラレイ・バレットパーカッションの“華やかさ”はどうだ?
 加えて,電化マイルスウェザー・リポート,それからマハヴィシュヌ・オーケストラまでもを呑み込んだデオダートが“隠し味”で準備したホーンストリングスによる「オブラート」はどうだ?

 「キタ,キタ,キターッ」な感じで登場するパーカッション,そしてホーンストリングスシンフォニーに,デオダートの中の“荘厳な音絵巻”を強く感じ取る。

 そう。デオダートが『ツァラトゥストラはかく語りき』で見据えていたのは,世評で語られている「ジャズとクラシックの融合」というコマーシャルな側面などではない。
 デオダートのアイディアは他の多くのミュージシャンに盗まれてしまったが,それらのほとんどはイミテーションであり,コピーの域にも達してはいない。

 ズバリ『ツァラトゥストラはかく語りき』の真髄とは,ジャズ,ロック,シンフォニーが「渾然一体」となった快感のサウンドであって,どんな切り口で聴こうとも,とにかく気持ちいい&カッコイイ。
 デオダートのサウンド・マジックよ,永遠なれ!

PS 『ツァラトゥストラはかく語りき批評=軸となる【ツァラトゥストラはかく語りき】のトラック批評となってしまったが,残る5トラックも【ツァラトゥストラはかく語りき】に負けず劣らずの名演集。繰り返すが,全曲がとにかく気持ちいい&カッコイイ。

  01. ALSO SPRACH ZARATHUSTRA (2001)
  02. SPIRIT OF SUMMER
  03. CARLY & CAROLE
  04. BAUBLES, BANGLES AND BEADS
  05. PRELUDE TO AFTERNOON OF A FAUN
  06. SEPTEMBER 13

(CTI/CTI 1973年発売/KICJ-8218)
(ライナーノーツ/豊島としき)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フライド・プライド / MUSICREAM4

MUSICREAM-1 なんだかんだで『THAT’S MY WAY』で飽きがきて,5thTWO,TOO』をパスしたフライド・プライド
 6thMUSICREAM』では何と!邦楽のカヴァーが入っているとの情報につられてフラゲでGET(でも一番のお目当てはシャカタクの【NIGHTBIRDS】だったりする)。

 ふむふむ。やっぱりフライド・プライドの手にかかれば日本語も英語も区別なし。原曲がジャズでもフュージョンでもJ−POPでも洋楽でもR&Bであろうとも,全てを呑み込む「フライド・プライドオリジナル」の音楽が展開されている。

 『MUSICREAM』も“バッチリ”であった。でも正直,もうお腹一杯な気持ちになる。2,3回聴けばもう十分な気がする。
 振り返れば,現在のフラプラで演れるアイディアは「コンコード三部作」で全て演り尽くしてしまったように感じる。

 『HEAT WAVE』の時点で既に「最小公倍数が最大公約数」的なフラプラ特有の表現の限界にまで達していた。デュオという枠組みの中で,どこまで音楽性を拡げられるのか? 毎日が己(フラプラ)との“消耗戦”だったのだろう。

 フラプラ・ファンとしては,胸が締め付けられる思い出の『MUSICREAM』。
 「唯一無二」の存在であるがゆえに,レコーディングを重ねる度に新鮮味が失われてゆく…。「フライド・プライドオリジナル」の魅力が薄れてゆく…。

 『MUSICREAM』での「カンフル剤」=邦楽カヴァーはもうしばらくは使えない。
 残された道はオリジナル曲ということになるのだが,世界最高峰のカヴァー・アレンジを封印するのは“諸刃の剣”で悩ましい。

MUSICREAM-2 個人的には横田明紀男ギターがメロを弾きすぎていることが気掛かりである。もっとJAZZYにギターを弾きまくってほしい。
 メンタルを鍛え直して?もう一度,音数の多い“多弁な”リーダーに戻ってほしい。

 管理人の好きなフライド・プライドとは「ジャズ・ユニット」として“せめぎ合っている”フライド・プライドである。
 お洒落に聴かせるヴォーカル・ナンバーは『MUSICREAM』で終わりにしてくれたなら…。

 それにしてもSHIHOのドアップのジャケ写の大インパクト! こちらのビューティー路線は嫌いではありません…。

  01. CAN'T TAKE MY EYES OF YOU
  02. リバーサイド・ホテル
  03. 接吻 KISS
  04. Nightbirds
  05. Words With Wings
  06. Get Down To Me
  07. Midas Touch
  08. 永遠に
  09. Higher Ground
  10. La La Means I Love You

(ビクター/JVC 2006年発売/VICJ-61356)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デヴィッド・T・ウォーカー / ドリーム・キャッチャー5

DREAM CATCHER-1 「なんだかノリに乗っているなぁ。『デヴィ爺』が若い!」。
 これが『DREAM CATCHER』(以下『ドリーム・キャッチャー』)を聴いた管理人のファースト・インプレッションであった。

 デヴィッド・T・ウォーカーの愛称とは「デヴィ爺」であるが“じいさん”呼ばわりするのはデヴィッド・T・ウォーカーが百戦錬磨の“いぶし銀”だから!
 真実のデヴィッド・T・ウォーカーとは“じいさん”とは対極にいる,さながら“永遠のギター・キッズ”! デヴィッド・T・ウォーカーに似つかわしい本来の愛称とは「デヴィ爺」改め「デヴィ造」なのであろう。 ← 造は若造の造。

 『ドリーム・キャッチャー』でのデヴィッド・T・ウォーカーこそが,実に楽し気にギターを弾く「デヴィ造」である。自分の大好きなジャズ系やR&B系,そしてブラック・コンテンポラリーなナンバーを「愉快な仲間たち」と自由気ままに演奏している。
 その意味で『ドリーム・キャッチャー』こそが,デヴィッド・T・ウォーカーにとっての“夢のアルバム”。だから『DREAM CATCHER』なのだろう。

 デヴィッド・T・ウォーカーは,ギター・ピックの角ではなく平らな背の部分を使用する。まるでギターではなくハーブでも奏でているかのような,時に激しくもとことん優しく“ギターを歌わせる”プレイ・スタイルが,デヴィッド・T・ウォーカーの“独特な音空間”を生んでいる。
 物腰柔らかな人柄がそのまんま音として出て来るタイプ。どんだけギターが上手いんじゃい!

 『ドリーム・キャッチャー』は,フュージョンを基本としたファンキー寄りのアルバムであって,デヴィッド・T・ウォーカーの“メロウ”が堪能できるギターフュージョン
 “本家”クルセイダーズのメンバーが脇を固めた前作『...FROM MY HEART』以上に“クルセイダーズっぽく”聴こえるのは,それだけクルセイダーズへの「デヴィ爺」の貢献が顕著な証し。

DREAM CATCHER-2 ズバリ,デヴィッド・T・ウォーカーというギタリストは,ファンキーな歌ものでこそ魅力を最大限に発揮する“心を揺さぶる”セッションギタリスト
 デヴィッド・T・ウォーカーの感情の噴出が,ギターからバンドへ,そしてリスナーへと伝播していく「感動の渦」…。

 デヴィッド・T・ウォーカーの場合も,きっかけはラリー・カールトンと同じ。クルセイダーズ「さまさま」である。
 ある意味,人気ロック・バンドのスーパー・ギタリストとは対極にいたはずの「黒子」のセッションギタリストたちがこれだけの人気を博すとは,いい時代になったものだ。

PS さすがに今ではそう思わないが,メディアにデヴィ夫人が露出し始めた頃のこと,デヴィ夫人の文字を見る度に「デヴィ爺」の夫人を想像してしまってニヤニヤするのが常でした。読者の皆さんの中にも?

  01. HEALING WHEELS
  02. AN-NOOR
  03. DREAM CATCHER
  04. THE BEST I'VE GOT
  05. STORYTELLERS
  06. TIME OF STILLNESS
  07. THE ONE
  08. SPIRITUALLY DRESSED
  09. RADIUS

(江戸屋/EDOYA 1994年発売/BVCM-35166)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/デヴィッド・T・ウォーカー,山岸潤史,ウエヤマシュウジ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フライド・プライド / THAT'S MY WAY4

THAT'S MY WAY-1 フライド・プライドとは,ヴォーカルSHIHOギター横田明紀男が組んだ「ジャズ・ユニット」なのだが,実際にはここに3番目のメンバーが加わっている。
 例えば,パーカッションNOGERAMEGUTOMMYシーラE.…。

 しかし,パーカッションが加わろうとも,フライド・プライドはあくまでもフライド・プライドのままである。
 そんなフライド・プライドが「ジャズ・ユニット」から「ジャズ・バンド」へと表現を拡大させて,新たに“世界一”を目指したのが,4thTHAT’S MY WAY』である。

 「ジャズ・ユニット」のフライド・プライドが,ピアノアコーディオンギル・ゴールドスタインヴィブラフォンマイク・マイニエリベースマーカス・ミラー高水健司ドラム村上“ポンタ”秀一等の「世界の猛者」たちの“GROOVE”を迎え撃つ!

 そう。世界最強の“GROOVE”を自らの体内に取り込もうとするのではなく,バンド編成を拒否したかのようなヴォーカルギターが素晴らしい。
 ズバリ『THAT’S MY WAY』の真実とは,フライド・プライドが考える「攻めのジャズ」なのであろう。

 横田明紀男ギターが,いつもの「裏メロ&リズム」の“超絶技巧”から解放されて「滅多に聴けない!」ストレートにSHIHOヴォーカルとユニゾンする場面が多いのが個人的には『THAT’S MY WAY』の大収穫である。

 しか〜し「攻めのジャズ」を志向した『THAT’S MY WAY』では,フライド・プライドフライド・プライドのままであり続ける,のは難しかった。従来の絶妙のバランスを気負いすぎて崩してしまったか?

THAT'S MY WAY-2 ギル・ゴールドスタインの演奏もマイク・マイニエリの演奏もマーカス・ミラーの演奏も高水健司の演奏も村上“ポンタ”秀一の演奏も大好きなのに,肝心要のSHIHOヴォーカル横田明紀男ギターが“空回りして聴こえる”のが残念である。

 管理人の結論。『THAT’S MY WAY批評

 『THAT’S MY WAY』でのバンド編成へのチャレンジは,フライド・プライドの「第二章」への模索だったと思うのだが,どうにも散漫な印象が拭えない。
 いつもの「最小公倍数が最大公約数」的なフラプラ“らしい”演奏での「第二章」を待っている。

  01. That's My Way
  02. Ribbon In The Sky
  03. Every Road Leads To You
  04. Between The Sheets
  05. Magic Eyes
  06. Universality
  07. Unbreakable
  08. Go Away Little Boy
  09. Moonlight
  10. Blackout
  11. Imagine

(ビクター/JVC 2004年発売/VICP-62778)
(ライナーノーツ/皸羶成)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デヴィッド・T・ウォーカー / フロム・マイ・ハート5

...FROM MY HEART-1 デヴィッド・T・ウォーカーである。彼のファンは愛情を込めて「デヴィ爺」と呼んでいる。今回はそんな「デヴィ爺」についてのお話。

 本当はデヴィッド・T・ウォーカーギターが大好きなのだが,好きなギタリストの名前を聞かれると,いつもパット・メセニーやらジョン・スコフィールドやらビル・フリゼールやらリー・リトナーやらラリー・カールトン辺りのビッグでメジャーなアルバムの話に終始しつつ,最後に付け足し程度でランクインされてしまうのがデヴィッド・T・ウォーカー

 ただし,一旦,デヴィッド・T・ウォーカーの話題になると,そこからが長い。出るわ出るわ,延々と「デヴィ爺」の魅力について仲間内で盛り上がる。そんな不思議なセッションギタリストデヴィッド・T・ウォーカーなのである。

 まぁ,職人なんだよなぁ。いぶし銀なんだよなぁ。そんな魅力が分かる人には分かるし,分からない人にはさっぱりわからない。
 ギター・ヒーロー・タイプではなく,リード・ギターを弾くこともなく,サイド・ギターなのに,その音楽に欠かすことのできない“メロウなギタリスト”。

 そう。管理人がお題として「デヴィ爺」について論戦する場合は,デヴィッド・T・ウォーカーの万華鏡的なギターの魅力を“メロウ”の一言で押し通すことに決めている。
 デヴィッド・T・ウォーカーの特徴は,とにかく空気感にある。空気を切り裂くのではなく,空気を変えるのでもなく,空気に乗ってしまうギターを弾く男。ナチュラルで人肌的な温もりを感じるのだ。そして色気がある“メロウ”。

 『...FROM MY HEART』(以下『フロム・マイ・ハート』)を聴いてみてほしい。管理人の「デヴィ爺」への主張が,ほんのちょっとでも伝わると思うから…。

 『フロム・マイ・ハート』での「デヴィ爺」のギターが“笑顔が伝わってくるような”ギターなのである。軽快なフュージョン・サウンドが原因ではない。とにかく気心の知れた仲間とのセッションが“楽しくてしょうがない”感じのギターなのである。

...FROM MY HEART-2 こんなギターをサイドで弾かれたらたまらないだろうなぁ。ゲスト陣もリラックスして,知らず知らずに自分の全てを出し尽くしたに違いない。
 デヴィッド・T・ウォーカーの独特のタイム感やコードプレイの味が出ている。“メロウ”の味が沁みている。

 凄い小技が効いているのだろう。何だか分からない隠し味が仕込まれているのだろう。聴いていて“感触の残る”ギターである。
 でもそんなの一切気にならない。「この小技は,この隠し味は,この感触は」の話はナシにしよう。四角四面に分析しながら聴くなんて勿体なさすぎる。

 そう。『フロム・マイ・ハート』の聴き所は,デヴィッド・T・ウォーカーの“HEART”である。デヴィッド・T・ウォーカーが“心から捧げた”ギターの優しさを感じてほしい。

  01. THANKS TO YOU
  02. MEMORY AND THE REALITY
  03. A PLACE FOR US
  04. THE SIDEWALK TODAY
  05. EMPATHY SYSTEM
  06. SHARING WALLS
  07. IN LOVE AND LIFE
  08. SPEAK OF BALANCE
  09. FROM MY HEART

(江戸屋/EDOYA 1993年発売/BVCM-35165)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/デヴィッド・T・ウォーカー,吉成伸幸)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フライド・プライド / ヒート・ウェイヴ5

HEAT WAVE-1 フライド・プライドの“最高傑作”が『HEAT WAVE』(以下『ヒート・ウェイヴ』)である。
 いいや,それだけではない。『ヒート・ウェイヴ』こそが「ヴォーカルギタージャズ・ユニット」の“最高傑作”の1枚でもある。

 タック&パティを取るか,フライド・プライドを取るかは,もはや好みの問題である。そう。『ヒート・ウェイヴ』でフライド・プライドタック&パティの肩を並べている。
 次作『THAT’S MY WAY』で方向転換しなければタック&パティを間違いなく越えていたであろう。

 それ程管理人が入れ込む理由は『ヒート・ウェイヴ』が「ジャズ・ユニット」という枠を越え,ジャンルとしてのジャズも越え,フライド・プライドの輝く個性が鳴っているからである。

 『ヒート・ウェイヴ』の選曲を眺めると,CDショップで敢えてジャズ・コーナーへ置く必要などない。ポップスの売り場にもロックの売り場にも置ける。
 でもでも演奏を聴いてしまうと,絶対にジャズ・コーナーに置いてもらわないといけない。「スゴテク」から来るレパートリーの幅と高さは関係ない。つまりフライド・プライドは「何を演ってもフライド・プライド」になってしまう。これが実感できるのが凄いと思う。

 元来のジャズが持っていた自由な発想,心が欲する最高に気持ち良いアレンジが溢れ出ている。その意味では『ヒート・ウェイヴ』のフライド・プライドは「ジャズ・ユニット」ではなく「2人ジャズ・オーケストラ」している。つまりスケールの大きなジャズ演奏なのである。

 1stFRIED PRIDE』〜2ndSTREET WALKING WOMAN』とコンビネーションを高めてきて,迎えた3rdヒート・ウェイヴ』では,ヴォーカルSHIHOギター横田明紀男が,カッコイイと思うフレーズを互いに“ぶつけ合っている”。
 SHIHO横田明紀男の音楽的な信頼関係があればこその“我の張り合い”がとにもかくにもカッコイイ。

HEAT WAVE-2 SHIHOが「やってみろよコノヤロー!」と横田明紀男に罵声を浴びせれば,横田明紀男SHIHOに「とうとう本性を現しやがったな,この雌狐が!」とぶつかり合っている?

 そう。『ヒート・ウェイヴ』こそがSHIHO横田明紀男の熱き血潮の“最高傑作”。「鉄は鉄によって研がれる」を地で行く,SHIHO横田明紀男の「研ぎ合い」の美しさに「血湧き肉躍る」〜。

 「ヴォーカルギタージャズ・ユニット」としての「シンプルさ」がフライド・プライドの“弱みではなく強み”である。音楽ってこんなにも素晴らしい。

  01. SMOKE ON THE WATERSMOKE ON THE WATER
  02. MY ROMANCE
  03. THE SECOND STAR TO THE RIGHT
  04. COME TOGETHER
  05. MY CHERIE AMOUR
  06. FREE
  07. ALFIE
  08. NOW AND FOREVER
  09. FANTASY
  10. HUSH-A-BYE
  11. YOUR LOVE
  12. YESTERDAY

(コンコード/CONCORD 2003年発売/VICJ-61117)
(ライナーノーツ/皸羶成)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャールス・ロイド・カルテット / ドリーム・ウィーヴァー4

DREAM WEAVER-1 ジョン・コルトレーンから出発したチャールス・ロイドテナーサックスが,その当時まだ無名だったピアノキース・ジャレットベースセシル・マクビードラムジャック・デジョネットの個性をまとめてオリジナリティを確立した1枚が『DREAM WEAVER』(以下『ドリーム・ウィーヴァー』)。

 『ドリーム・ウィーヴァー』の決めごとの少ない演奏スタイルは,ジョン・コルトレーンモードジョン・コルトレーンフリージャズジョン・コルトレーンの民族音楽を,キース・ジャレットセシル・マクビージャック・デジョネットに“自由に解釈させるための仕掛け”である。

 これってチャールス・ロイドにとっては,最高に楽しいセッションでもあり,最高に苦しいセッションでもある。
 なぜならば4人4様の考える「コルトレーン・サウンド」は不安定そのもの。チャールス・ロイドカルテットが「卵の殻で海を渡」ろうとした実験作が『ドリーム・ウィーヴァー』の真実なのだと思う。

 『ドリーム・ウィーヴァー』を称して“フリー・ジャズのロック化”という言葉が使われるが,確かにチャールス・ロイドがリードした音楽手法はジャズの本流から距離を置いている。
 内面から迸るアドリブを中心に据えるのではなく,キース・ジャレットセシル・マクビージャック・デジョネットといった新世代のロック感覚を音楽の中心に据えている。

 うん。面白い演奏である。ただし『ドリーム・ウィーヴァー』の本質は「時代の音楽」であって,かつてジョン・コルトレーンが切り開いていた“新しいジャズ”ではない。

 “神童”キース・ジャレットフィーチャリングしたピアノソロの「おおっ!」という驚き。
 キース・ジャレットピアノを聴き漁ってきた耳からすると『ドリーム・ウィーヴァー』のピアノが別種類。ロック・ファンを魅了するアドリブ・ラインはチャールス・ロイドの功績として讃えられるべきであろう。

DREAM WEAVER-2 ただし,ロックに寄ったキース・ジャレットは評価できない。表面的な変化を追いかけるだけでは感動が伝わらない。キース・ジャレットとて「内なる衝動」のないピアノは“お飾りファッション”にすぎないと思う。

 そう。『ドリーム・ウィーヴァー』の真実とは,当時のフラワームーブメントとかヒッピーといった“時代の波に乗っかった!フリー・ジャズのロック化”に違いない。もっと掘れれば歴史的名盤…。

  01. AUTUMN SEQUENCE
     a) AUTUMN PRELUDE
     b) AUTUMN LEAVES
     c) AUTUMN ECHO
  02. DREAM WEAVER
     a) MEDITATION
     b) DERVISH DANCE
  03. BIRD FLIGHT
  04. LOVE SHIP
  05. SOMBRERO SAM

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1966年発売/WPCR-27030)
(ライナーノーツ/ジョージ・アバキャン,後藤誠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.