アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2017年05月

ジャンゴ・ラインハルト / ジャンゴロジー〜スペシャル・エディション5

DJANGOLOGY-1 管理人にとってジャンゴ・ラインハルトと来れば,ジャンゴ・ラインハルト本人ではなく,モダン・ジャズ・カルテットMJQ)の【DJANGO】である。

 MJQの【DJANGO】がとにかく好きで【DJANGO】を演奏しているアルバムがあると片っ端から買い漁った時期がある。
 だから管理人はジャンゴ・ラインハルト本人を聴く前に擦り込まれた【DJANGO】に対するイメージで,実は全く無関係なジャンゴ・ラインハルトのイメージを形作っていた。
 【DJANGO】は買い集めるも,ジャンゴ・ラインハルト本人は聴いていない。このいびつな状態が10年間は続いていたように思う。

 なぜジャンゴ・ラインハルト本人の演奏は聴かなかったのか? それはジャズ好き=オーディオ好き!
 演奏内容に興味はあるが,あの古臭い音質で聴く気にはなれない。以前にチャーリー・パーカーの全曲集を買ったのだが,あれがトラウマになった。チャーリー・パーカーは,チャーリー・パーカー本人でなくても「パーカー派」を聴いていればよい,と思っていたものである。← 深く反省。

 だから『DJANGOLOGY』(以下『ジャンゴロジー〜スペシャル・エディション』)の購入理由はリマスタリング!
 聴いてみた感想は,それなり,であったが,それほどまでに聞き難くはない。聴き続けるうちに耳が慣れて気にならなくなるレベル。「OK GOOGLE」からの「HEY SIRI」。

 『ジャンゴロジー〜スペシャル・エディション』における「古き良き時代の音造り」に「うっとり」! とても心地良くゆったりと和んでしまう。最新マスタリングを施そうとも,この手の音が流れ出すとモノクロのヨーロッパ映画の世界に連れて行かれてしまう。雰囲気あるよなぁ。
 しかもそれだけではなくスリリング! ジャンゴ・ラインハルトが演奏するシャンソン・ナンバー,クラシック・ナンバーがジャズしている!

 ジャンゴ・ラインハルトの奏でるギターのアプローチは,同時代のジャズ・ギタリストたち,例えばジム・ホールケニー・バレルジョー・パスウェス・モンゴメリー等と比較すると,バンジョー仕込みの演奏スタイルが異質に響く。
 元来,ジャンゴ・ラインハルトはジプシーなのだから,ジャズギターに“おフランス的な哀愁が漂っている”のも当然であろ。

 でもでも,ジャンゴ・ラインハルトジャズギターに付随するエスプリ,渋さ,歌心などは「ツボ中のツボ」!
 『ジャンゴロジー〜スペシャル・エディション』はクインテット編成での録音であるが,ステファン・グラッペリとのヴァイオリンデュオで聴かれる「アドリブの応酬」が「ジャズの王道中の王道」!

 成功の秘密はジャンゴ・ラインハルトステファン・グラッペリを,ステファン・グラッペリジャンゴ・ラインハルトを,それぞれ生かすためにフロントで演奏していてもバッキングに回っても“相手を活かし自分も活かす”表情豊かな模範演奏にあると思う。
 ステファン・グラッペリジャズヴァイオリンもまた『ジャンゴロジー〜スペシャル・エディション』の聴き所の1つであろう。素晴らしい。

DJANGOLOGY-2 最良のパートナーを得て,創造性豊かなアドリブを演奏する“小粋さ”にグイグイ引き込まれてしまう。アーリー・ジャズだからと言って放置したのは間違いだった。
 と言うよりも,この演奏スタイルには古い録音の方が合っている,となんだか訳の分からない信念を抱くようになったオーディオ・マニアとしては「失格選手」な管理人…。

 最後に,管理人のような「ジャズは高音質で楽しないと!」主義の読者の皆さんへ。
 『ジャンゴロジー〜スペシャル・エディション』だけはポリシーから積極的に除外すべき1枚です。是非,騙されたと思って聴いてみてくださいねっ。すぐに音質のことは忘れて演奏に耳が向いてしまうこと間違いなし。本当に音も悪くないから。

  01. I Saw Stars
  02. After You've Gone
  03. Heavy Artillery (Artillerie Lourde)
  04. Beyond The Sea (La Mer)
  05. Minor Swing
  06. Menilmontant
  07. Brick Top
  08. Swing Guitars
  09. All The Things You Are
  10. Daphne
  11. (It's Only A) Paper Moon
  12. Improvisation on Tchaikovsky'S "Pathetique" (Andante)
  13. The World Is Waiting For the Sunrise
  14. Djangology
  15. Ou es-tu, mon amour? (Where Are You, My Love?)
  16. Marie
  17. I Surrender, Dear
  18. Hallelujah
  19. Swing 42
  20. I'll Never Be The Same
  21. Honeysuckle Rose
  22. Lover Man (Oh, Where Can You Be?)
  23. I Got Rhythm

(BMG/BLUEBIRD 1949年発売/BVCJ-37330)
(ライナーノーツ/フランク・ヴィニョーラ,ドン・ゴールド)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

国府 弘子 / ピアノ一丁!4

ピアノ一丁!-1 国府弘子の次の新作を早く聴いてみたい。
 これが8年間,楽しみに待ち続けた『ピアノ一丁!』を聴き終わったばかりの管理人の感想である。

 フォローでも何でもなく『ピアノ一丁!』はいいアルバムだと思う。国府弘子ソロ・ピアノの一音一音が上品で美しい。真に芳醇なピアノである。アルバム単体として評価できるのなら,文句なしの「名演集」であろう。
 しかし『ピアノ一丁!』は国府弘子名義のアルバムである。国府弘子名盤群の中に入れてみると,どうにも異質である。管理人の愛する“弘子さま”が感じられないのだ。

 ズバリ,自分の感情を素直に告白すると『ピアノ一丁!』で,国府弘子が随分遠くへ行ってしまったように感じてしまった。何だかサバサバした感じの歌い方であって,メロディーが少し憂いを帯びている。
 元来,国府弘子は,ジャズ・ピアニストでも,フュージョンピアニストでもなかったのだが『ピアノ一丁!』では,意識的にヒーリング系を演じているように思う。

 そう。『ピアノ一丁!』のテーマは“癒し”であろう。国府弘子自身が乳がんとの闘病生活を送っている間に,近しい調律師の小沼則仁さん,敬愛する松岡直也さん,大好きな寅さんの訃報も聞いて過ごした( ← この3人については『ピアノ一丁!』で楽曲を選び各人へのレクイエムとして演奏している )。
 3部からなる組曲「ピアノテラピー」は,そのものズバリの,不調期の自分を癒すための作品だそうだ。

 だから『ピアノ一丁!』からは,国府弘子の憂いや悲しみ,そして慈愛が聴こえてくるようで,じっくりと聴いていられなくなる。一番聴きたかった【サクセス・ムーン・ダンス】でさえ,慰められているような気がして物悲しくなってしまう。
 いつもの元気調子なのは【ピアノ一丁!のテーマ】だけだったなぁ。

ピアノ一丁!-2 そう言えばキース・ジャレットにも同じようなアルバムがあった。慢性疲労症候群からの回復途上に録音された『THE MELODY AT NIGHT,WITH YOU』も,個人的には過大評価だと思っている。
 あれって本当にキース・ジャレットの最高を知っているなら評価できない“最右翼の迷盤”であろう。

 真にキース・ジャレットの実力を知り(自称)真に国府弘子の実力を知る者(自称)としては『ピアノ一丁!』を評価はできない。
 元気でそれでいてオセンチな“弘子さま”が戻ってきた時,盛大に国府弘子の快気祝いをしたいと思っている。

  01. Theme from Piano Iccho!
  02. You Tune My Heart
  03. So In Love
  04. Somewhere
  05. I. Time On My Own (SUITE "PIANO THERAPY")
  06. II. The Forest In My Dreams (SUITE "PIANO THERAPY")
  07. III. Meditation (SUITE "PIANO THERAPY")
  08. Success Moon Dance
  09. Goldern Slumbers
  10. Rhapsody In Blue
  11. Blood Circulation
  12. Starland
  13. Happy
  14. Cosmos Avenue
  15. Otoko Wa Tsuraiyo

(ビクター/JVC 2015年発売/VICJ-61708)
(ライナーノーツ/国府弘子)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デューク・ピアソン / イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー5

IT COULD ONLY HAPPEN WITH YOU-1 『HOW INSENSITIVE』のB面から『IT COULD ONLY HAPPEN WITH YOU』(以下『イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー』)へと続くブラジリアン・フュージョンの大名演…。

 アイアート・モレイラフローラ・プリムを起用したブラジリアン・フレイバーは,出来上がりこそ異なれど,チック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエヴァー」と同じ方向性を見据えていたように思う。

 デューク・ピアソンピアノではなくエレピを中心に据えている。デューク・ピアソンエレピコンビを組むのがエルミート・パスコアールフルートである。
 フローラ・プリムヴォーカルが不安定で「ギャル」しているところも『イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー』特有の“味”である。

 『イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー』の録音年は1970年。あの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』より2年も前のことである。
 『イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー』の発売年は1974年。あの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』より先にリリースされてさえいれば…。

 デューク・ピアソンは,今では「知る人ぞ知る」存在である。だからマニアックなジャズ・ファンとしては「自分だけの」デューク・ピアソンみたいな感じがして熱狂度が上がるのだと思う。
 だから『イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー』の4年間の「遅れ」が惜しまれる。デューク・ピアソンの「地位向上」という意味合いが強いのだが『イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー』の4年間の「遅れ」は,ジャズフュージョン界にとっても損失であった。

 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』とか『ウェザー・リポート』が,すぐに爆発的なヒット作と成り得たのは,チック・コリアジョー・ザビヌルウェイン・ショーターが「マイルス・スクール」の卒業生だったからだろう。
 その意味で,マイルス絡みではないデューク・ピアソンブラジリアン・フュージョンが「天下」を取ろうものなら,ジャズフュージョン界の動向は,チック・コリアに“先んじた”デューク・ピアソンに大いに影響されていたことであろう。
 ドナルド・バードマイルス・デイビスを押さえて“新・帝王”として君臨していたのかも?

IT COULD ONLY HAPPEN WITH YOU-2 管理人の結論。『イット・クッド・オンリー・ハプン・ウィズ・ユー批評。 

 “SOFTLY”な【IT COULD ONLY HAPPEN WITH YOU】〜【STORMY】〜【EMILY】の3連チャンのジャズヴォッサが艶やかすぎて『リターン・トゥ・フォーエヴァー』の衝撃クラスの快感である。

 単純に気分が良くなるという楽曲ではない。ジャズにブラジルのエッセンス,ジャズボサノヴァのエッセンスというものではなく,ジャズの本質とフュージョンの本質が絶妙に入り混じった,全く新しい音楽の誕生なのである。

  01. GIRA. GIROU (ROUND AND ROUND)
  02. HERMETO
  03. LOST IN THE STARS
  04. IT COULD ONLY HAPPEN WITH YOU
  05. STORMY
  06. EMILY
  07. BOOK'S BOSSA

(ブルーノート/BLUE NOTE 1974年発売/TOCJ-50526)
(ライナーノーツ/高井信成)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

国府 弘子 / オラ!5

HOLA!-1 「非主流のジャズ・ピアニスト国府弘子ピアノ・トリオ第二作『HOLA!』(以下『オラ!』)は,10年以上の“レギュラー”ピアノ・トリオを組む,ベース八尋洋一ドラム岩瀬立飛との「国府弘子・スペシャル・トリオ」での初レコーディング。

 ライヴで鍛え上げられた,国府弘子八尋洋一岩瀬立飛との「鉄壁のコンビネーション」は,あのクリスチャン・マクブライドミノ・シネル組のピアノ・トリオを凌駕している。

 「スペイン」をテーマとした『オラ!』の楽曲は,情熱的なのに緩急自在のアレンジが施されており,緻密で細やかな展開で盛り上がり続ける。国府弘子ジャズ・ピアノでここまで大立ち回りできたのは,国府弘子のリクエストを一音だけで察知できるベーシストドラマーがいればこそ! 「書き譜のようなカチッとしたアドリブを武器に」実に気持ち良く暴れ回っている。

 国府弘子ドラムを叩き,八尋洋一ピアノを弾き,岩瀬立飛ベースを弾いているような“以心伝心”のピアノ・トリオが,3人で“国府ワールド”を奏でている。
 国府弘子さん,こんな「秘蔵」世界レベルのピアノ・トリオを有していたのでしたら,もっと早く聴かせてくれてもよかったのにぃ。最高です。本当に涙ちょちょ切れてしまいました。心震える〜。

 国府弘子の長年の大ファンである管理人が『オラ!』で見つけた「国府弘子の新発見」は,これまでずっとメロディー偏重主義を貫いてきた国府弘子が,初めてリズム重視でアレンジしてみせたアルバムだと思っている。スパニッシュラテンに4ビートに8ビートにクラシック調…。

 これぞ「スペイン」効果! 4ビートの【SPAIN】が映える映える〜! 国府弘子が叩いているかのような岩瀬立飛の超絶ドラミングばかりを耳で追ってしまう。絶品の【THE BALLAD】が白眉である。

 やっぱりリズムが“クリエイトする”ジャズっていいよなぁ。その上を奏でる美メロっていいよなぁ。腰を動かしていると笑顔になれるジャズっていいよなぁ。

HOLA!-2 世界TOPのリズム隊と組んだ『ニューヨーク・アンカヴァード』の肝がミノ・シネルであるとすれば,国内TOPのリズム隊と組んだ『オラ!』の肝は岩瀬立飛のようで,そうではない。
 気後れしていた『ニューヨーク・アンカヴァード』から,威風堂々と貫録を感じる『オラ!』の肝は国府弘子ジャズ・ピアノである。

 「オラ!オラ!,どけどけ。弘子様が通る〜」。
 国府弘子の揺るぎない自信が音となって迫ってくる。爽やかな風が吹いているのだが,微塵も動じない,国府弘子の貫禄と風格を感じずにはいられない。

 管理人は国府弘子の“裏名盤”として『オラ!』を推薦いたします。

  01. Hola!
  02. Mi Tesoro
  03. Catedral
  04. Soiree Dans Grenade
  05. Danza Ritual Del Fuego
  06. Gypsy Baroque
  07. Coccala
  08. Wings
  09. Spain
  10. The Ballad
  11. Mis Amigos

(ビクター/JVC 2007年発売/VICJ-61528)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デューク・ピアソン / ハウ・インセンシティヴ5

HOW INSENSITIVE-1 デューク・ピアソン自身が参加し,作り上げたドナルド・バードの超名盤ア・ニュー・パースペクティヴ』から5年。
 『HOW INSENSITIVE』(以下『ハウ・インセンシティヴ』)はデューク・ピアソンが考える『ア・ニュー・パースペクティヴ』のUPDATE作である。

 「VOICES & JAZZ」で“ゴスペルを聴かせるためのエッセンス”としてのジャズが『ア・ニュー・パースペクティヴ』ならば「VOICES & JAZZ」で“ブラジルを聴かせるためのエッセンス”としてのジャズが『ハウ・インセンシティヴ』なのである。

 ブルーノートの看板を背負い,もはや押しも押されぬ大物となったデューク・ピアソンの視線は,この時期,ジャズの枠を広げることに向けられていた。
 そうして見つけた(魅せられた)ブラジリアン・フレイバーで『ア・ニュー・パースペクティヴ』をUPDATEしてみせた。

 ズバリ『ハウ・インセンシティヴ』を聴いて感じるのが,デューク・ピアソンの,そしてジャズという音楽の“奥深さ”である。
 『ア・ニュー・パースペクティヴ』の「完全盤」となる『ハウ・インセンシティヴ』での試みは,楽器でコーラスする,そして楽器でエスコートするというものである。

 『ハウ・インセンシティヴ』の肝はジャズスタンダードの【STELLA BY STARLIGHT】である。
 この超スタンダードデューク・ピアソンは『ア・ニュー・パースペクティヴ』の“売り”であった「ゴスペル・コーラス」で“スピリチュアル”してみせる。優雅さと軽やかさを感じる洒落た「17名のコーラスの波」が絶妙である。

 そう。『ハウ・インセンシティヴ』の聴き所は,デューク・ピアソンの「静物画」である。ほんのりと温かい「静物画」である。【STELLA BY STARLIGHT】がジャズ史上最高に涼しい。清々しい。

HOW INSENSITIVE-2 ただし,世評では『ハウ・インセンシティヴ』と来れば「クラブ・ジャズ」であって【STELLA BY STARLIGHT】以上に【SANDALIA DELA】【LAMENT】の人気が高い。
 特に島田奈央子さんに代表される【SANDALIA DELA】の「女子受け」は抜群のように思う。

 そう。『ハウ・インセンシティヴ』こそが,ジャズの将来を見据えたデューク・ピアソンの「先見の明」。
 デューク・ピアソン自身もアコースティックピアノに加えエレクトリックピアノフリューゲルホーンまでプレイしてみせている。

 ジャズを根っ子に持ちつつ,ジャズに固執せず,新しい音楽やリズムを取り入れ,ジャズに新たな息吹を吹き込み続けたのがデューク・ピアソン“その人”である。
 感度の高いDJたちに最高評価されたジャズメンはデューク・ピアソン以外に存在しない!

  01. STELLA BY STARLIGHT
  02. CLARA
  03. GIVE ME YOUR LOVE
  04. CRISTO REDENTOR
  05. LITTLE SONG
  06. HOW INSENSITIVE
  07. SANDALIA DELA
  08. MY LOVE WAITS (O MEU AMOR ESPERA)
  09. TEARS (RAZAO DE VIVA)
  10. LAMENTO

(ブルーノート/BLUE NOTE 1969年発売/UCCQ-9135)
(ライナーノーツ/ナット・ヘントフ,佐藤英輔)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

国府 弘子 / ニューヨーク・アンカヴァード4

NEW YORK UNCOVERED-1 国府弘子の立ち位置は,ジャズ・ピアニストでもなくフュージョンピアニストでもない。もっと言えばポップス系のピアニストと呼んでも悪くはない。
 そんな国府弘子の多面性の中心である“ジャズ・ピアニスト”と言う柱を理解するのに『NEW YORK UNCOVERED』(以下『ニューヨーク・アンカヴァード』)を指針として,他のアルバムに接する時,唯一無二の“国府ワールド”を心の底から楽しめるように思う。

 『ニューヨーク・アンカヴァード』は,それだけコアな部分の国府弘子の音楽性が聴けると思う。
 ジャズ・スタンダードを中心としたオーソドックスなピアノ・トリオの「王道」である。派手さや色味の少ないアプローチである。

 国府弘子ピアノ・トリオジャズ・スタンダードというテーマに「じっくりと正面から向き合っている」。
 共演したのは“百戦錬磨な”リズム隊,ベースクリスチャン・マクブライドドラムパーカッションミノ・シネルである。

 世界最高峰のリズム隊を得て,これまでの国府弘子だったら我武者羅に“ガッついた”のであろうが“世界の国府”は“ガッつかない”。
 『ニューヨーク・アンカヴァード』は,基本的に抑え目のジャズ・ピアノであって,敢えて余韻を残すようなジャズ・ピアノを弾いている。
 ただし『ニューヨーク・アンカヴァード』の演奏レベルは高いが内容は面白みがなく星4つ。国府弘子“らしくない”真面目で静かな演奏であるが,これって,録音エンジニアとの打ち合わせなのか?

 管理人は今回の『ニューヨーク・アンカヴァード』をCD盤ではなくXRCD盤で購入した。理由はスチューダーのテープ・レコーダーを使った「ライヴ・トゥ・2トラック」のアナログ録音という触れ込みに目が留まったからだった。
 個人的には(経験がそう多くないので説得力はありませんが)XRCDこそが「世界最高の音源」だと思っている。XRCDSACDは追いつけていないとまで思っている。

 そう。国府弘子が『ニューヨーク・アンカヴァード』で挑戦したのは,ピアノ・トリオジャズ・スタンダードの2大要素に加え,第3にして“本丸の”超高音質録音への挑戦でもあったのだった。

NEW YORK UNCOVERED-2 素晴らしい音質である。国府弘子ピアノの響きが最高である。
 ヤマハのピアノの広告塔としては,チック・コリア小曽根真上原ひろみなどが有名であるが国府弘子の美音も広告塔に割って入るべきであろう。国府弘子ピアニストとして素晴らしいテクニックを有している。

 そしてミノ・シネルの“生きている”パーカッションには度肝を抜かれる。XRCD盤『ニューヨーク・アンカヴァード』に,オーディオの楽しさを思い起こしてもらった気がする。

 さて,クリスチャン・マクブライドミノ・シネルとの共演だけでもビビルのに,海外での超高音質録音という「シビレル」環境でのレコーディングだと言うのに,やっぱり国府弘子はエレガントで聴きやすい。これが天性の“弘子節”の真骨頂なのだろう。

 『ニューヨーク・アンカヴァード』で,国府弘子は「非主流のジャズ・ピアノ」を弾いている。唯一無二の“国府ワールド”とは「非主流のジャズ・ピアノ」のことなのである。

  01. BESAME MUCHO
  02. STELLA BY STARLIGHT
  03. KEY LARGO
  04. TICO TICO
  05. MALAIKA (P.D.)〜SAFARI
  06. ANTONIO'S SONG
  07. JU-GE-MU
  08. THREE VIEWS OF A SECRET
  09. MIAGETE GORAN YORU NO HOSHI WO
  10. ONLY TRUST YOUR HEART

(ビクター/JVC 2004年発売/VICJ-61241)
(☆XRCD仕様)
(ライナーノーツ/児山紀芳,山下洋輔)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デューク・ピアソン / ナウ・ヒア・ジス5

NOW HERE THIS-1  デューク・ピアソンソロ名義になっているが『NOW HERE THIS』(以下『ナウ・ヒア・ジス』)は「デューク・ピアソンビッグ・バンド」の第二弾である。

 前作『INTRODUCING DUKE PEARSON’S BIG BAND』からは「あれもこれもという印象」を受けたが『ナウ・ヒア・ジス』のトータル・サウンドはまとまっている。

 抜きん出た奇抜さなどは感じないが,いわゆる伝統的なビッグ・バンドとは一味違うモーダルな仕上りである。維持費のかかるビッグ・バンドをここまでチューンアップしてくるとは,デューク・ピアソンの本気度を感じないわけにはいかない。

 真にデューク・ピアソンが「本当にやりたいことをやりきったフォーマット」とは「デューク・ピアソンビッグ・バンド」ではなかろうか?
 作曲もそうなのだが,特に編曲の魅力に“憑りつかれた”デューク・ピアソンが“自腹を切ってまで”大盤振る舞いした『ナウ・ヒア・ジス』の“鳴りっぷり”が最高に素晴らしい。

 『ナウ・ヒア・ジス』のメンバーは,トランペットジム・ボッシーランディ・ブレッカーバート・コリンズジョー・シェプリーマービン・スタムトロンボーンガーネット・ブラウンジミー・クリーブランドベニー・パウエルケニー・ラップサックスジェリー・ドジオンアル・ギボンズフランク・フォスタールー・タバキンペッパー・アダムスに,ピアノデューク・ピアソンベースボブ・クランショードラムミッキー・ローカーの17名編成。

 こんな凄腕ジャズメンばかりを起用するとは「デューク・ピアソンビッグ・バンド」は,ブルーノートのプロデューサーとしての立場を私的に利用した,デューク・ピアソンの「職権濫用」の結晶であろう。

 こんなにも重量級の面々なのに軽やかなサウンドが“飛び出してくる”秘訣こそが,ブルーノートのプロデューサーとして数多くのレコーディングに立ち会いながら「こうでもない。ああでもない」と常に自らのビッグ・バンドの構想を練っていたデューク・ピアソンの“粘り勝ち”にあると思う。

NOW HERE THIS-2 惜しむべきは『ナウ・ヒア・ジス』の次が出なかったこと。もう1作出ていたなら,デューク・ピアソンピアノ・トリオではなく,デューク・ピアソンビッグ・バンドになっていた。そう本気で思っている今日この頃の管理人…。

 管理人の結論。『ナウ・ヒア・ジス批評

 デューク・ピアソンが,メンバーを吟味し,アレンジを吟味し,自らの夢を追い続けた「デューク・ピアソンビッグ・バンド」とは「デューク・ピアソンの,デューク・ピアソンによる,デューク・ピアソンのためのビッグ・バンド」。
 『ナウ・ヒア・ジス』は相当いいですよっ!

  01. DISAPPROACHMENT
  02. I'M TIRED CRYIN' OVER YOU
  03. TONES FOR JOAN'S BONES
  04. AMANDA
  05. DAD DIGS MOM (AND MOM DIGS DAD)
  06. MINOR LEAGUE
  07. HERE'S THAT RAINY DAY
  08. MAKE IT GOOD
  09. THE DAYS OF WINE AND ROSES

(ブルーノート/BLUE NOTE 1969年発売/TYCJ-81064)
(ライナーノーツ/マイケル・カスクーナ,岡崎正通)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

国府 弘子 / ピアノ・ヴォイセス5

PIANO VOICES-1 『PIANO VOICES』(以下『ピアノ・ヴォイセス』)を聴いて,今までは単なる『PIANO〜』シリーズでのネーミングだと思い込み気に留めていなかった『PIANO LETTER』〜『PIANO TAPESTRY』〜『PIANO ANNIVERSARY』のアルバム・タイトルが絶妙だと思うようになった。

 『PIANO LETTER』は「ピアノで書いた手紙」そのものである。『PIANO TAPESTRY』は「ピアノで織り上げた一枚の布」そのものである。『PIANO ANNIVERSARY』。こちらは15周年記念アルバムということで良い。
 この3枚の『PIANO〜』シリーズについての言及はこれ位で良い。今夜の主役は『ピアノ・ヴォイセス』である。

 そう。『ピアノ・ヴォイセス』とは「ピアノの歌声」そのものである。つまり国府弘子の「心の歌声」がダイレクトにピアノで表現されている。
 いや〜,参った。“弘子節”にやられてしまった。聴いていて涙がこぼれてしまった。何度聴いても感動で心が震えてしまう…。

 基本『ピアノ・ヴォイセス』は『PIANO TAPESTRY』に続く「ピアノソロ」の第2弾。
 【家路】〜【アメイジング・グレース】と来て,こんなに奥深い表現を聴いたのは久しぶりだと“聴き耳立てて”迎えた【ムーン・リバー〜酒とバラの日々】が相当にヤバイ。

 ハーモニカトゥーツ・シールマンス名演は多いが『ピアノ・ヴォイセス』の【ムーン・リバー〜酒とバラの日々】での演奏も,指折りの名演の1つに数えられるべきだと思っている。
 【ムーン・リバー】のイントロが流れてきただけで,もはや管理人は「パブロフの犬」である。条件反射的に泣けてくる体質になってしまった。

 この感動はトゥーツ・シールマンスハーモニカだけではない。しっかりとバッキングする国府弘子ピアノハーモニカとシンクロして“歌っている”のだ。刺激的かつナイーブなピアノの落差がド・ストライク!
 続く【見つめていたい】と【遥かなる影〜やさしく歌って〜ウスクダラ(トルコ民謡)〜黒いオルフェ(カーニヴァルの朝)】を聴く頃にはCDプレイヤーの前で“耳をソバダテ”猪突猛進のイノシシ状態で,国府弘子の「心の歌声」を一音たりとも聴き逃すまい,との臨戦態勢で息を詰めるようになる…。

PIANO VOICES-2 そうして『ピアノ・ヴォイセス』の2度目の山場がやって来る。【SUCCESS MOON DANCE】である。
 【SUCCESS MOON DANCE】を聴いた瞬間,自分の中では間違いなくミシェル・ペトルチアーニカヴァーだと思ってしまった。
 それくらいに“すがすがしい”メロディー・ラインである。途中【BIRDLAND】のメロディーが飛び出してくるところも冴えている。なんつったって【SUCCESS MOON DANCE】はスティール・パンとのデュオである。スティール・パンジャコ・パストリアスウェザー・リポート=【BIRDLAND】なのだから…。と脱線スマヌ…。

 しか〜し【SUCCESS MOON DANCE】は国府弘子の作曲であったのだ。この事実に直面して管理人の中で“国府ワールド”が“ワールド・ワイド”してしまった。

 管理人の「ジャズ批評家」人生をかけてこう叫ぼう! 国府弘子は「世界的な“ジャズ・ピアニスト”」! 国府弘子ピュアなのに相当深い!

  01. Going Home
  02. Amazing Grace
  03. Moon River 〜 The Days Of Wine And Roses
  04. Every Breath You Take
  05. (They Long To Be) Close To You 〜 Killing Me Softly With His
     Song 〜 Uskadara 〜 Manha De Carnaval

  06. Success Moon Dance
  07. Summertime
  08. Shangri-La
  09. When You Wish Upon A Star
  10. Angelus
  11. Happiest You (For Your Wedding)

(ビクター/JVC 2003年発売/VICJ-61151)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/国府弘子)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デューク・ピアソン / ザ・ファントム5

THE PHANTOM-1 管理人の大好きなデューク・ピアソンが『THE PHANTOM』(以下『ザ・ファントム』)の中にいる。
 『ザ・ファントム』の中に,知的なバランサーという表の顔から見え隠れしている,アヴァンギャルドなデューク・ピアソンの本性がこぼれ落ちている。
 デューク・ピアソンの多面性が1枚のアルバムとしてバランスよくまとまっているのだから,デューク・ピアソンのハイセンスはとんでもない!

 『ザ・ファントム』は,モーダル&スピリチュアルの極みの【THE PHANTOM】と趣味の良いピアノ・トリオな【SAY YOU’RE MINE】の2曲に尽きる。
 この2曲の存在が「陰と陽」的に輝いて『ザ・ファントム』を味わい深い,そして忘れがたいアルバムへと昇華させている。この「足し算と引き算」の塩梅がこそが“天才”デューク・ピアソンの魅力に尽きる。

 ミステリアスなエキゾチック風の【THE PHANTOM】は聴けば聴くほど深みにハマル。管理人には耳タコな1曲であって,ムーディーなフルートが森の中を旋回し,地上ではジャングルの奥地から2台のコンガの音が地鳴りしている。
 なのにビシッと均整の取れたアングルで画角に全体がきれいに収まっている。ふとした瞬間にイマジネーションの世界からスタジオで演奏している現実に引き戻されてしまう。ボビー・ハッチャーソンヴァイブが人工的なのだ。心のヒダにヒリヒリくるのだ。

 そんなモーダルなサウンド・メイキングが何度聴いても快感である。疑似コンクリート・ジャングル・サウンドがたまらなく刺激的である。
 ブラジル有のラテン有のボッサ有の「ブラジリアン・エキゾチック・コラージュ」期の計算されたノリと計算以上のノリ。デューク・ピアソンは『ザ・ファントム』の時点ではすでに「脱・王道」「脱・アメリカ」で世界を見据えている。

 そうして,ジャズの枠を飛び出しそうで,ギリギリで枠内に留まっている。過剰で,贅沢で,誘うようで,悪趣味の直前ぎりぎりで留まってみせる「禁断の果実」に手を伸ばしている。妖しくはない。でもイケナイ音楽を聴いているようで,いつ聴いてもドキマギしてしまう。好きなんだよなぁ。この感じ。

 『ザ・ファントム』のもう一方の雄=【SAY YOU’RE MINE】は,涼しい顔して笑い飛ばす,デューク・ピアソンの哀愁のピアノに心を打たれてしまう。
 悲しみを乗り越えるには可憐さ,すなわち勇気や強さが必要であることを【SAY YOU’RE MINE】を聴く度に思い起こされる。

THE PHANTOM-2 ズバリ【SAY YOU’RE MINE】が,バラードのクセして?自己主張している。遠慮がちというか,自信なさげにというか,でもハッキリと自己主張してくる。普段とは違う何か,に引っ掛かる。
 そう。デューク・ピアソンは悲しみの全てをすでに知っている。でっ,どれだけ伝えるべきか? どこをどう伝えるべきか?だけを迷っているのだ。

 リリカルな演奏だ。感情を抑えた演奏だ。それでもデューク・ピアソン“らしさ”の残るファンキーな演奏だ。悲しみを吹き飛ばしてしまうバラードなのだ。愕然とするノリのバラードに興じるしか道はない。

 【THE PHANTOM】にしても【SAY YOU’RE MINE】にしても,常に時代の先を見つめていたデューク・ピアソンだからこそ作り上げることのできた楽曲である。
 『ザ・ファントム』は,ジワジワと感動が後から押し寄せてくるアルバムである。自分が成長すればそれだけ大きな感動を手に入れることのできるアルバムだと思う。

  01. THE PHANTOM
  02. BLUES FOR ALVINA
  03. BUNDA AMERELA (LITTLE YELLOW STREETCAR)
  04. LOS OJOS ALEGRES (THE HAPPY EYES)
  05. SAY YOU'RE MINE
  06. THE MOANA SURF
  07. THEME FROM ROSEMARY'S BABY

(ブルーノート/BLUE NOTE 1968年発売/UCCQ-5075)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/ナット・ヘントフ,マイケル・カスクーナ,行方均)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.