アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2020年02月

ブライアン・ブロンバーグ / ベース・アクワーズ4

BASS ACKWARDS-1 ブライアン・ブロンバーグの『BASS ACKWARDS』(以下『ベース・アクワーズ』)を聴いて,これがベーシストソロ・アルバムだと思う人は世界に1人もいないことだろう。
 『ベース・アクワーズ』とは「100%ギタリスト」のソロ・アルバムに聴こえる。それもハード・ロック系のギンギンなエレキギターを弾きまくったアルバムに聴こえる。初めの数回は…。

 しかし,ブライアン・ブロンバーグ好きが繰り返し聴けば,ベース好きが繰り返し聴けば,これぞ史上最高の“百花繚乱のベース・アルバム”であることを実感せずにはいられない。
 ブライアン・ブロンバーグが『ベース・アクワーズ』で,再びエレクトリックベースに「革命」を起こしたことが伝わってくる…。

 そう。ベースを究めればギターなんて要らない。ギターという楽器の中身は実はベースだったのだ。
 ベースとは地味な性格の人に似合う楽器。ギターとは派手な性格の人に似合う楽器。弦が4本ならベースと呼ぶし弦が6本ならギターと呼ぶ。ただ見かけだけの違い。バンドに上手なベーシストが1人いればギタリストはエアーでOK&お飾りでOK。

 『ベース・アクワーズ批評であれば,そんな暴言さえも許されるくらい,ベースギターを超えている! ベースギターに勝っている!
 ブライアン・ブロンバーグの「ベース愛」が爆発して,ブライアン・ブロンバーグがついにベーシスト稼業を「廃業」した趣きさえあるのだが,真実はその逆であり,ブライアン・ブロンバーグがまたまたベースという楽器の可能性を拡げているのだ。

 ベース,お・そ・ろ・し・や〜。ベース,お・く・ぶ・か・し〜。

BASS ACKWARDS-2 『ベース・アクワーズ』を繰り返し聴き込むと,ギターのように聴こえていたはずのベースが,真に骨太ベース・サウンドとしてハッキリと聴こえ出すようになる。
 ギターと(高音域担当の)ピッコロベースの違いは音の長さと太さ。ピックではなく指弾きの醍醐味である「深い音色」がベースの“らしさ”である。

 ブライアン・ブロンバーグは絶対にギターなど弾かない。ブライアン・ブロンバーグベース以外の楽器を手に取ることもない。

 ここまでギタリスト然としたアルバムを作ったくせに,ここまでベースを感じさせてくれるとは…。
 ブライアン・ブロンバーグベーシストとしてのプライドは揺るぎない。

  01. Through The Window
  02. The Dungeon
  03. Good Morning
  04. Trade Show
  05. Carlos
  06. Top Down
  07. Fooled Ya!
  08. The Message Within
  09. Flight Of The Phoenix

(キングレコード/KING RECORD 2004年発売/KICJ 467)
(ライナーノーツ/森川進,坂本信)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

石若 駿 / CLEANUP4

CLEANUP-1 日本が誇る若手ドラマーの2TOP。その1人がフュージョン方面の坂東慧であれば,もう1人はジャズ方面の石若駿であろう。

 T−スクェアのメイン・コンポーザーである坂東慧の作曲センスの高さは有名であるが,石若駿ソロデビュー作『CLEANUP』を聴いて,石若駿もまた“稀代のサウンド・クリエイター”を実感した。

 どうにもドラマーという人種は,バリバリと叩く人だと思わせておいて,どいつもこいつもソロ・アルバムを作るとなると叩かない。音楽全体のまとめ役として,共演者を前に出して,自分自身は黒子役に徹している。それでいてタム一発で客観的に意見している。そこはこう吹けよ,とアイディアを伝えている感じ?
 ライブではあんなに叩きまくって,全部を持って行こうとするくせにぃ。このGAP萌えが計算なのだろうか?

 石若駿とは元来ジャズドラマーではない。藝大時代はクラシックだし,歌ものも演るはメタルやファンクも演る“オールラウンダー”であることを承知している。
 でもそれでも,個人的に石若駿と来れば,日野皓正グループで見た,あのドラムソロが凄すぎて忘れられない。

 あの夜の石若駿の残像を求めて『CLEANUP』を聴いてみた。そして見事に裏切られてしまった。
 ズバリ『CLEANUP』の第一印象はウェイン・ショーターであった。つまりはモードである。

 洗練されたアンサンブルが耳に残る。ソウルフルなサックスや,コンテンポラリーなギター,ハード・バピッシュなピアノ,コク味こってりの肉太ベースの後ろで,小回りの利いた鋭敏なドラムが確かにいい仕事をしている。時折織り交ぜてくる“変拍子の味わい”が絶妙で効いている。

 聞けば『CLEANUP』はスタジオでの“一発録り”だそうだ。1分ちょっとの短い即興演奏も3曲収録されている。
 しかし,印象としては「大事に大事に」な感じ。アドリブも全部「書き譜」のように聴こえてしまうから「こじんまりとまとまった感じ」で,質は高いが面白いアルバムではない。

 そう。『CLEANUP』を聴き終えた時の感覚は桑原あいの「トリオ・プロジェクト」に近いと思った。凄いんだけど高揚感が伴わない。
 恐らく『CLEANUP』とは,ジャズのベーシックな部分を深堀したアルバムなのだろう。最新の手法でモードジャズを演奏している。

 だから音圧に圧倒されるとかではない。難易度の高さが耳について疲れてしまう。成熟とか円熟という形容詞が石若駿ドラミングから匂ってくる。
 いいや,ドラム石若駿だけではない。アルトサックス中島朱葉テナーサックス吉本章紘ギター井上銘ピアノアーロン・チューライピアノ高橋佑成ベース須川崇志ベース金澤英明という,若手なのに全員が全員,成熟とか円熟という表現がぴったりな大人なモードジャズ・プレイヤーの音・音・音!

CLEANUP-2 管理人の結論。『CLEANUP批評

 『CLEANUP』は石若駿を聴くアルバムではない。「石若世代」を聴くためのアルバムである。

 かつてTKYAQUAPITなど,小沼ようすけJINOTOKU秋田慎治金子雄太大儀見元など,J−ジャズのニューウェーブが一堂に登場した時代があった。

 『CLEANUP』を聴いて,あの時代に感じていたと同じ息吹を感じてしまった。本物を演奏する若手ジャズメンの新世代「石若世代」の台頭がすぐそこにまで来ている…。

  01. The Way to "Nikolaschka"
  02. Dejavu #1
  03. Darkness Burger
  04. A View From Dan Dan
  05. Cleanup
  06. Professor F
  07. Ano Ba
  08. Dejavu #2
  09. Into The Sea Urchin
  10. Big Saaac.
  11. Siren
  12. Wake Mo Wakarazu Aruku Toki
  13. Tanabata #1

(サムシンクール/SOMETHIN' COOL 2015年発売/SCOL-1011)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/石若駿)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャーリー・ラウズ / ボサ・ノヴァ・バッカナル4

BOSSA NOVA BACCHANAL-1 チャーリー・ラウズの『BOSSA NOVA BACCHANAL』(以下『ボサ・ノヴァ・バッカナル』)は,世界的なボサノヴァ・ブームが巻き起こる中でリリースされたボサノヴァ集であるが,ただ流行を追っただけのボサノヴァ・アルバムとは一線を画している。
 そう。『ボサ・ノヴァ・バッカナル』とは,ボサノヴァ・アルバムではなく純粋なジャズ・アルバムなのである。

 チャーリー・ラウズがボサノヴァを題材として選んだのは,メロディー・ラインやベース・ライン,そしてコード進行がアドリブで崩してみるのに面白いと感じていたからである。

 ピアノレスで例のツインギターの「乾いた」バチーダが鳴っているので,フォーマットとしては完全なるボサノヴァ集の形であるが,コマーシャルに走った部分もなく,逆にアーティスティックで実験作の印象が残るし,アルバム全編でリズミカルなフレーズが次々に飛び出してくるので,こんなジャズ・アルバムをBGMとして聞き流すことなどできやしない。完全に「拝聴」姿勢のアルバムである。

 チャーリー・ラウズと来れば,長らくセロニアス・モンクのバンドのフロントマンとして活躍したテナーサックス・プレイヤー。
 あの超個性的なセロニアス・モンクピアノを邪魔せず,それでいて「モンクス・ミュージック」の世界の成立に欠かすことのできないテナーサックス・プレイヤー。

BOSSA NOVA BACCHANAL-2 『ボサ・ノヴァ・バッカナル』について書けば,セロニアス・モンクアルフレット・ライオンである。
 アルフレット・ライオンの意向を汲んだチャーリー・ラウズブルーノートらしいテナーサックスを吹いている。

 そう。『ボサ・ノヴァ・バッカナル』は,やっぱりブルーノートジャズ・アルバムなのである。アルフレット・ライオンジャズ・アルバムなのである。

  01. BACK TO THE TROPICS
  02. ACONTECEU
  03. VELHOS TEMPOS
  04. SAMBA DE ORFEU
  05. UN DIA
  06. MECI BON DIEU
  07. IN MARTINIQUE

(ブルーノート/BLUE NOTE 1963年発売/TOCJ-4119)
(ライナーノーツ/レナード・フェザー,上条直之,藤田邦一)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

東風 / ウィッシズ5

WISHES-1 菊地雅章の“電化マイルス”大接近と来れば1981年の『SUSUTO』と1982年の『ONE WAY TRAVELLER』と思われているが,実はその5年前に,それこそ正規“電化マイルス”のサイドメンたちと,トランペッターマイルス・デイビスから日野皓正に変えただけの「擬似・電化マイルス」を実験していた。
 それが「日野皓正=菊地雅章オクテット」改め「東風」名義での『WISHES』(以下『ウィッシズ』)である。

 「東風」とは,キーボード琵琶菊地雅章トランペットパーカッション日野皓正ソプラノサックスフルートデイヴ・リーブマンテナーサックスソプラノサックススティーヴ・グロスマンギターレジー・ルーカスベースアンソニー・ジャクソンドラムアル・フォスターパーカッションエムトゥーメの面々。

 『アガパン』の数年前の布陣である。1976年のマイルス・デイビスは6年にも渡る引退生活の真っ只中。『イン・ア・サイレント・ウェイ』『ビッチェズ・ブリュー』『アット・フィルモア』『ライヴ・イヴィル』『オン・ザ・コーナー』『ゲット・アップ・ウイズ・イット』『アガルタ』『パンゲア』ETC
 マイルス・デイビスの新作がでなくても,上記のどれか1枚があれば「一生事足りる」級の名盤がザックザク。誰も菊地雅章に,引退中のマイルス・デイビスの代わりを務めろ,なんて言っていない。

 そのことを菊地雅章は誰よりも分かっている。後の『SUSUTO』にしても『ONE WAY TRAVELLER』にしてもプーさんなりの“電化マイルス”を演ったわけではなかったのだ。

 そう。菊地雅章が手掛けた「擬似・電化マイルス」作『ウィッシズ』は,マイルス・デイビスが追い求めていたのと同じゴールを,マイルス・デイビスとは全く別のアプローチで追い求めてみせた実験作。
 マイルス・デイビスのロック&ファンク的なアイディアにはまだまだ手の付けられていない領域がある。可能性が広がっている。

WISHES-2 その肝となるのがベース・ラインでありアンソニー・ジャクソンの起用である。これが『ウィッシズ』で菊地雅章が提示した答えである。
 アンソニー・ジャクソンベース・ラインが最高である。どうしてマイルス・デイビスアンソニー・ジャクソンを自分のバンドで起用しなかったのだろう。

 『ウィッシズ』と来れば,アルバム冒頭の菊地雅章が演奏する“雅楽そのまんま”が有名なのだけれど,個人的にはその続く部分である。
 【オーロラル・フレアー:パート2】でのインプロヴィゼーションジャズファンク! アンソニー・ジャクソンの柔軟なベース・ラインが脳裏の「奥の奥まで」突き刺さる!

 管理人は『ウィッシズ』が大好き。そして恐らくはマイルス・デイビスも『ウィッシズ』が大好き。
 『ウィッシズ』での大名演があったから1978年のプーさんマイルス・デイビスとのレコーディングセッションが実現したのかな?

  01. AURORAL FLARE; PART 1 (BASED ON GAGAKU−"HYOJO:
     KANSHU")

    AURORAL FLARE; PART 2
  02. CARIBBEAN BLUE
  03. LA MOCA ESTA DORMINDO
  04. PACIFIC HUSHES
  05. ELECTRIC EPHEMERON
  06. ALONE

(イースト・ウィンド/EAST WIND 1976年発売/PHCE-2039)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/児山紀芳)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ゲイリー・マクファーランド / ソフト・サンバ4

SOFT SAMBA-1 ゲイリー・マクファーランドと来れば,ナベサダ・フリークとしてはやっぱり「ナベサダにブラジル&ボサノヴァの影響を与えた人物」となるだろう。純粋にヴィブラフォン奏者としての評価は抜きにである。

 バークレー音楽院を卒業した渡辺貞夫が最初にツアーに参加したのが,ゲイリー・マクファーランドのバンドだったのは有名なお話。ハード・バップかフリージャズで腕試しをするしかない,ゴリゴリのジャズメンだったナベサダが,ブラジル音楽,ボサノヴァ,ポップなソフト・ジャズに開眼したのは,ゲイリー・マクファーランドのミュージシャンシップに惚れてしまったからだそうで,渡辺貞夫が日本にジャズメンとして初めてボサノヴァを持ち帰るきっかけとなった。

 こんなエピソードを聞いてしまえば,ナベサダ・フリーク足る者,渡辺貞夫が最初にツアーに参加した元ネタを聞いてみたいと思うもの。渡辺貞夫を魅了したゲイリー・マクファーランドのミュージシャンシップに触れてみたいと思うもの。

 渡辺貞夫が参加したのは『SOFT SAMBA』(以下『ソフト・サンバ』)のフォロー・ツアー。『ソフト・サンバ』の一体どこに渡辺貞夫は魅了されたのか?

 ブラジル音楽と来れば,やはり独特のリズムと考えがちだが『ソフト・サンバ』はビートルズでありポップスであり映画音楽集。
 当時の渡辺貞夫は,やれ,ビ・バップだ,やれ,アドリブだ,といきがっていたはず。そんな渡辺貞夫を『ソフト・サンバ』の有名美メロとゲイリー・マクファーランドの涼しいヴィブラフォンが癒してくれたのだろう。

 そう。『ソフト・サンバ』の真の魅力は「脱力ジャズ」!
 個人的には腑抜けだし,ぬるいし,だるいしのラウンジ系だから『ソフト・サンバ』はアルバムの最後までは聴き通せない。いつも途中で飽きてくるのだが,そんな時に【AND I LOVE HER】と【EMILY】がちょうどいい曲順に配置されている。この2曲でテンションが上がっての完走である。

SOFT SAMBA-2 パパヤパヤと口笛が流れて来ると,そこは一気にノスタルジー&夢心地。
 普段はゲイリー・マクファーランドなんてほとんど聴かないのだが,年に一度ぐらいはどうしても聴きたくなる夜がある。表面上はソフトサンバだが,どうしてどうして…。

 ゲイリー・マクファーランドのハートは,ゴリゴリのジャズメンと同じなのである…。
 ゲイリー・マクファーランドは,同じくボサノヴァでヒットを飛ばしたスタン・ゲッツと同じ人種なのである…。

  01. RINGO
  02. FROM RUSSIA WITH LOVE
  03. SHE LOVES YOU
  04. A HARD DAY'S NIGHT
  05. THE GOOD LIFE
  06. MORE
  07. AND I LOVE HER
  08. THE LOVE GODDNESS
  09. I WANT TO HOLD YOUR HAND
  10. EMILY
  11. CALIFORNIA, HERE I COME
  12. LA VIE EN ROSE

(ヴァーヴ/VERVE 1965年発売/UCCU-5249)
(ライナーノーツ/都並清史,植木文明)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

CO2 / TOKAI5

TOKAI-1 テナーサックス片山広明アルトサックス林栄一の「変態系2トップ」がフロントを務める「CO2」であるが「CO2」の真の主役はスーパー・ヒーロー・ツインサックスではなく加藤崇之の“七色ギター”である。

 尤も加藤崇之が前面に出ているわけではない。きちんと片山広明林栄一のフォロー役へと回っている。
 それでいて,片山広明林栄一の2本のサックスを拝聴しているつもりが,いつしか加藤崇之ギターばかりを耳で追いかけている自分に気付く…。こういう演奏が大好物なのです!

 こんなにも素晴らしいジャズ・ギタリストが世間に知られずに眠っているのだから,J−ジャズの未来はまだまだ安泰である。
 そのためにも「J−ジャズ史上最高のフリージャズ・バンド」として讃えられる「CO2」はもっと売れないといけない。すでに解散した今であっても,片山広明が亡くなった今でも売れ続けなければならない。
 CO2ライブ盤『TOKAI』を聴いていると,もっと大勢の人に「CO2」を聴いてほしい,という衝動に駆られてしまう…。

 『TOKAI』とは東海村のことだそうだ。JOCの核燃料加工施設で臨界事故が発生したあの東海村。福島第一原発事故はまだだったから,高沸点のジャズとして“臨界事故”をもじったのだろう。
 まだ東海村がジョークとして通用した時代に,意図せずに臨界を迎えた5人の沸点のライブ盤に『TOKAI』というタイトルはふさわしいと思っていたものだ。今となっては反省の毎日。新型コロナウイルス。大流行にならないことを願っているが,隙の甘い生活を送る毎日。

 どんなメロディーであっても,跡形もなく崩しながら実に見事に歌い上げるツインサックス。この演奏は美しいのではなくパワー勝負のサックスであって,超高速なのに一音一音をビジビジと,あたかもドラムのように叩きつけて来る。物凄いド迫力。そして「NO」だと思っていても「YES」と強引に言わされそうな説得力。
 読者の皆さん,これが片山広明なのである。これが林栄一なのである。

 ベース早川岳晴ドラム芳垣安洋によるリズム隊がこれまたイカレテいる。爆音で暴れまくる2人のリズム・チェンジが最高のCOOLなので,1つの棒状の固まりがぐいぐいと押し出され,やがて渦のうねりの如く,強制的に開かされた喉の奥までズシズシと打ち込まれる感じ?

 そんな最高のフロントと最高のリズムをつなぐのが,縦横無尽に形を変えては顔を出す,加藤崇之の“七色ギター”である。
 “七色ギター”=レインボーなわけだが「CO2」はピアノレスという編成上,加藤崇之ギターシンセサイザーキーボード3台分の大立ち回り!

TOKAI-2 エフェクターを組み合わせた加藤崇之フリージャズ・ギターが,バンドの内と外を出たり入ったりしながら曲の輪郭を形成していく。完全にスケッチ・チックなギター・ワークであって,加藤崇之“画伯”の繊細な変態ぶりが最高に面白い。
 楽器だけではなく「犬の遠吠え」を加工した七色の音色だけも十分い個性的であるが,特に合いの手の入れ方が絶妙で「加藤節」あっての「CO2」のオリジナリティーを強く感じてしまう。

 とにもかくにも『TOKAI』とは,バンド内では5番手であろう加藤崇之の下剋上ライブ
 フリージャズの名手4人が揃いにそろって加藤崇之に喰われている。ジャズの醍醐味とは,特にライブの醍醐味とは「やった者勝ち」なのである。

  01. monday night
  02. unite
  03. blade runner
  04. tattata
  05. tejinshi no rumba
  06. hallelujah

(スタジオ・ウィー/STUDIO WEE 2000年発売/SW-203)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャック・マンジョーネ / フィール・ソー・グッド5

FEELS SO GOOD-1 『FEELS SO GOOD』(以下『フィール・ソー・グッド』)は“永遠の名盤”である。
 何てったって抜群にメロディーが良い。いつまでもメロディーが心に残る。CDを聴く。ただそれだけなのに本当に気分が良くなってくる。徐々にテンポが上がってきて次の展開が分かっていても,その瞬間に「キター!」と萌えてしまう。
 音色やリズムといった音楽的要素のバランスが最高で,特にアルバムのワン・ツーである【FEELS SO GOOD】〜【MAUI−WAUI】の流れは神! この2曲ばかりを何百回聴いたことだろう。

 『フィール・ソー・グッド』は“時代の名盤”である。
 管理人の青春時代=暗黒時代。こう書いてもそんなに悪い思い出ばかりではないのだが,根が真面目なものだから悪いことをしていてもちっとも楽しくなかった学生時代。嫌なことがあると【FEELS SO GOOD】と【MAUI−WAUI】を聴いて「気分を上げていた」青春時代がよみがえる。
 いつもみんなに羨ましがられて言われていたが「音楽聞いてストレスが解消するなんて,そんなにストレスないってことでしょう〜」。

 『フィール・ソー・グッド』はチャック・マンジョーネの“永遠の名盤”である。
 全てのオリジナルを書き上げたのがチャック・マンジョーネであるし,やっぱりフリューゲル・ホーンという,優しいまるやかな金管楽器の音色が極上のメロディー・ラインにぴったりハマる。
 高音のフリューゲル・ホーンが,突き抜けずに優しげに響くフュージョン・サウンドは,大人になった今でも,いつ聴いても何度聴いても気分が和らぐ&心が温かくなる。こりゃあ,死ぬまで聴き続けるだろうなぁ。

 加えて『フィール・ソー・グッド』は,ギタリストグラント・ガイスマンにとっての“永遠の名盤”であり,サックスフルートクリス・バダラにとっての“永遠の名盤”でもある。
 ジャズフュージョンにハマッテ来ると,徐々にサイドメンの演奏に耳が行ってライナーノーツで名前を確認するようになるのだが,グラント・ガイスマンクリス・バダラの名前は『フィール・ソー・グッド』以外に見かけた記憶がない。そんなことあるの? 超名演ギターフルートなのだから,てっきり引っ張りだこのスタジオ・ミュージシャン集団かと思ってしまったものでして〜。

FEELS SO GOOD-2 管理人の結論。『フィール・ソー・グッド批評

 ズバリ,チャック・マンジョーネの『フィール・ソー・グッド』はフュージョンを代表する超名盤の1枚!
 フュージョンに疎い読者の皆さんでも,恐らくはAOR系やPOPS系の音楽番組で絶対耳にしたことがある2大名曲【FEELS SO GOOD】【MAUI−WAUI】を大収録!

 管理人もジャケット写真のチャック・マンジョーネのように『フィール・ソー・グッド』を抱きしめたまま楽園に持って行きたい超名盤

 最後に注意事項。『フィール・ソー・グッド』を10回聴くと1回は聴き終わるとなぜか涙がこぼれてしまいます。そして外出先でも無意識にメロディーを口ずさんでしまっています。自分の世界に入り込む時間と場所にはくれぐれもご注意くださ〜い。

  01. FEELS SO GOOD
  02. MAUI-WAUI
  03. THEME FROM “SIDE STREET”
  04. HIDE & SEEK (READY OR NOT HERE I COME)
  05. LAST DANCE
  06. THE XITH COMMANDMENT

(A&M/A&M 1977年発売/D18Y4104)
(ライナーノーツ/チャック・マンジョーネ,岩浪洋三)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

山下 洋輔 トリオ / FROZEN DAYS4

FROZEN DAYS-1 カシオペアザ・スクェアで幕開けした管理人のジャズフュージョン人生。そこからまずは主要なフュージョン・グループ,ナニワ・エクスプレスMALTA松岡直也辺りを聴きまくりトドメはやっぱりウェザー・リポート。この流れは今でも続いている。

 どちらにしても当時の主要な情報源はFMラジオとFM雑誌であった。ジャズフュージョンのFMラジオと来れば,平日夜に毎日放送されるNHK−FM「クロスオーバー・イレブン」とFM東京系「ソニー・デジタル・サウンド」。週末にはNHK−FMの「セッション○○」とFM東京系の「渡辺貞夫・マイ・ディア・ライフ」である。「サントリー・サウンドマーケット」とか「ローディ・ライブ・コンサート」とか「ゴールデン・ライブ・ステージ」とか「渡辺香津美・ドガタナ・ワールド」辺りもよく聴いていた。

 …でっ,何が書きたいのかというと「渡辺貞夫・マイ・ディア・ライフ」である。この番組を毎週エアチェックしていたので,管理人は「もうフュージョンには戻れない」というくらいにジャズに影響されていた。尤もジャズなんて,チンプンカンプン,だったし大人な雰囲気に魅了されていただけである。

 その流れでジャズ雑誌を買うようになった。途中からコマーシャリズムに嫌気がさして買わなくなったが「スイング・ジャーナル」にジャズのイロハを教えてもらった。そして書籍も「拾い読み」するようになり,初めて自分のおこずかいで買ったのが山下洋輔の「ピアニストに手を出すな!」であった。

 「ピアニストに手を出すな!」の中にはフリージャズの大物の名前がわんさか出てくる。その全員の名前など初めて知ったし,何よりどんな楽器の人かも分からないし,つまりは音を聴いたこともない。妄想に次ぐ妄想の毎日だったが,そんな状態でも「若さは力」。この書籍を繰り返し読んでいた記憶がある。

 …でっ,山下洋輔の『FROZEN DAYS』である。管理人にとって山下洋輔の『FROZEN DAYS』とは「ピアニストに手を出すな!」とイコールであった。
 つまり,何回聴いても意味が理解できない。良さが理解できない。面白くもなんともない。それでこの記事の冒頭に戻ることになる。「もうフュージョンには戻れない」と感じていたはずのに,フリージャズに敗れて「尻尾を蒔いて」逃げてしまった。

FROZEN DAYS-2 あれから30年。管理人も立派なオジサンになった。いろいろと趣味をかじってきたが,一番長続きしているのが音楽でありジャズフュージョンである。すでに大抵の名盤と呼ばれるものは聴いてきたという自負はある。

 そろそろだと思った。今なら『FROZEN DAYS』を攻略できそうな気がしていた。
 でもダメだった。『FROZEN DAYS』の良さがやっぱり&さっぱり分からない。もはや感性の問題なのだろう。
 オーネット・コールマンは大好きなのに山下洋輔は基本的には苦手で敬遠している。しかし森山威男は大好きなのだから,どういうこと?

 キャリアを積み重ねてきたとしても,自分でも好き嫌いの基準が良く分からない。要は聴いてみること,1枚でも多くアルバムを聴くことなのである。

  01. PROPHASE
  02. DOUBLE HELIX
  03. CHIASMA
  04. INTERPHASE
  05. MITOCHONDRIA

(日本クラウン/CROWN 1975年発売/DICR-2008)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/河野典生)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ゲイリー・バートン&パット・メセニー / クァルテット・ライヴ4

QUARTET LIVE-1 全員がレジェンドでマスターの集まりである“実力派だからここまでできる”軽いセッション・アルバム『LIKE MINDS』とは全く違う,ゲイリー・バートンパット・メセニーの続編が『QUARTET LIVE』(以下『クァルテット・ライヴ』)。

 『LIKE MINDS』とは何が違うかって? それこそパット・メセニーの立ち位置である。『LIKE MINDS』では前へ前へと,俺が俺がと,周りの大人たちに認められて?主役を務めたパット・メセニーが見事に「一介のバンドマン」を務めている。

 そう。『クァルテット・ライヴ』の主役はあくまでもゲイリー・バートンであり,パット・メセニーはサイドメンとして,得意とするライブ演奏にも関わらず「抑え目のギター」を弾いている。
 その意味でも100%“パット・メセニー印”であった『REUNION』とも違っている。うん。渋いぞ,メセニー〜!

 選曲を見渡す限り『クァルテット・ライヴ』の趣旨としては,何か新しいメロディーを産み出そう,ということではなく,昔の名曲を現代風にアレンジして「ねっ,いい音楽でしょ?」と再評価を促す感じ?
 それくらいにパット・メセニーギター・プレイはゲイリー・バートンの独特の世界観に今以って尊敬の念を抱いている感じ?

 長らく「芸術指向」に走っていたパット・メセニーとしては,一番演奏しているのが楽しかったあの頃のゲイリー・バートンの胸を借りて「原点回帰」でリフレッシュする意味合いもあったと思う。
 ゲイリー・バートンの名曲を演奏することで,過去の失われた自分を取り戻す作業だったように思う。

 それくらいに『クァルテット・ライヴ』前のパット・メセニーは疲れていたと思う。休むのではなく走りながらの“癒し”が必要な時期だったと,長年のメセニー・ファンとしては感じていた。

 そ・こ・で・ゲイリー・バートン師匠のお出ましである。ゲイリー・バートンヴィブラフォンは本当にCOOLでHOT! 表面的には静かなのに内面では熱く燃え上がっている!
 そう。高度な楽曲とアンサンブルで演者をも魅了する,ゲイリー・バートン・グループで演奏する行為こそが『THE WAY UP』後,燃え尽きて迷走しかけていたパット・メセニーにとって“最良の特効薬”となったと思う。

QUARTET LIVE-2 『クァルテット・ライヴ』で,ゲイリー・バートンの繊細なヴィブラフォンに,エモーショナルかつ表情豊かな「抑え目のギター」で絡み続けるパット・メセニーに“完全復活”を感じた自分が今となっては懐かしい。

 1974〜1976年でのゲイリー・バートン・グループでの3枚のレコーディング。独立から14年後,1990年の『REUNION』〜1998年の『LIKE MINDS』と来て,2009年の『クァルテット・ライヴ』で3度目のリユニオンを果たしたゲイリー・バートンパット・メセニーの名コンビ。

 『クァルテット・ライヴ』から約10年。そろそろ4度目のリユニオンの時期でしょうか?

  01. Sea Journey
  02. Olhos de Gato
  03. Falling Grace
  04. Coral
  05. Walter L
  06. B and G (Midwestern Night's Dream)
  07. Missouri Uncompromised
  08. Fleurette Africaine (Little African Flower)
  09. Hullo, Bolinas
  10. Syndrome
  11. Question and Answer

(コンコード/CONCORD 2009年発売/UCCO-1075)
(ライナーノーツ/ゲイリー・バートン,パット・メセニー,スティーヴ・スワロウ,アントニオ・サンチェス,成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10-1

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。

 実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にランクインしたリクエスト曲の中から,原哲夫とエディ・ヒギンズの話し合いによって選ばれた14曲のスタンダード集が『懐かしのストックホルム』としてリリース。
 今回は(純粋に読者投票の結果)21〜25位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★25.ウィッチクラフト
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day★24.イージー・リビング
スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day


--------------------------------------------------------------------------

メモリーズ・オブ・ユー★23.メモリーズ・オブ・ユー
メモリーズ・オブ・ユー
ケン・ペプロフスキー・カルテット

--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★22.ウイ・ウイル・ビー・トゥゲザー・アゲイン
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★21.ムーンライト・ビカムズ・ユー
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

 【ウィッチクラフト】【ウイ・ウイル・ビー・トゥゲザー・アゲイン】【ムーンライト・ビカムズ・ユー】は『懐かしのストックホルム』収録。
 【イージー・リビング】は『スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day』収録。【メモリーズ・オブ・ユー】のエディ・ヒギンズの演奏はデータなし。

 【メモリーズ・オブ・ユー】をエディ・ヒギンズが演奏しなかったのは,同じくヴィーナス・レコードケン・ペプロフスキー・カルテットに【メモリーズ・オブ・ユー】の大名演が存在するからであろう。
 共喰いを避ける意味合いなのだろうが,2つの名演聴き比べの相乗効果があったのたかもしれません…。

 『スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day』とは『懐かしのストックホルム』と同じ趣旨のソロ・ピアノ編です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.