アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2021年02月

ゲイリー・バートン・クインテット・ウィズ・エバーハルト・ウェバー / リング3

RING-1 純粋にゲイリー・バートンが好きだし,ECMも好きだし,パット・メセニーが大好き!
 しかし『RING』(以下『リング』)については評価しない。ゲイリー・バートンの“らしさ”が感じられないし,パット・メセニーの“らしさ”が感じられない。唯一,ECMの“らしさ”だけはガンガン来る。

 そう。『リング』を聴いて感じるのは,この時点ではヘボイ,パット・メセニーに着目したマンフレート・アイヒャーの選眼力である。よくぞ,こんな状態のパット・メセニーにリーダー作を録音させたものだ。アッパレ,マンフレート・アイヒャー

 お前は本当にパット・メセニー・ファンなのか?と叩かれようとも『リング』でのパット・メセニーの演奏はひどい。ちょい役もちょい役としての淡々とした演奏である。
 ゲイリー・バートンとしても,パット・メセニーへの期待は高くなかった。パット・メセニーの述べた「ゲイリー・バートンさんのファンです」の言葉とゲイリー・バートンの曲を暗譜で弾けた事実だけでレコーディングに参加させた,それだけのこと。
 ゆえにパット・メセニーをコンプリートする気がないのであればメセニーファンであってもスルーして構わない,と断言しよう。

 そもそも『リング』とは,ゲイリー・バートンエバーハルト・ウエーバーとの共演企画盤。
 ヴィブラフォンベースだけでは難しいから,当時のゲイリー・バートン・グループも全員参加させることにしよう。そうなるとベーシストエバーハルト・ウエーバースティーブ・スワローのツイン・ベースになるから,バランスを取る意味でギタリストも2人にしよう。だからミック・グッドリックともう1人を起用しよう。ミック・グッドリックは曲も書けるし,グループの看板ギタリストとして外せない。だからもう1人は無名の新人ギタリストを起用しよう,的な流れの中でパット・メセニーの参加が決定した!?

 だから,そんなポンコツ・メセニーのサイド・ギターに着目したマンフレート・アイヒャーが凄いのだ。
 もしもマンフレート・アイヒャーパット・メセニーの才能を見逃しソロ・アルバムを録音させることがなかったなら,現在のパット・メセニーはいなかったかもしれない。そうなれば現在のジャズフュージョン・シーンも今とは全く違った様相を見せていたはずである。

RING-2 『リング』を聴き終わって感じる,圧倒的なECMの世界観。ゲイリー・バートンがアメリカではなくヨーロッパのジャズを演奏するとこうなる,の図式。

 すでに『リング』の時点でマンフレート・アイヒャーの頭の中には,ゲイリー・バートンチック・コリアデュエットがあったのかもしれない。パット・メセニーソロパット・メセニー・グループのイメージがあったのかもしれない。

 とにかく『リング』は,これまでのゲイリー・バートン・グループの音ではない。ジャズ・ロックを駆け抜けてきたゲイリー・バートンフュージョン寄りな作風に亜流の違和感を感じる。
 ゲイリー・バートンが内向きである。そして歯切れが悪い。なのでフワフワとした浮遊感ある音が流れ続けている。

 もしやこれがECMレーベルの大勢のジャズメンから尊敬されるエバーハルト・ウエーバーの効果なのでしょうか?

 
01. Mevlevia
02. Unfinished Sympathy
03. Tunnel Of Love
04. Intrude
05. Silent Spring
06. The Colours Of Chloe

 
GARY BURTON : Vibraphone
MICK GOODRICK : Guitar
PAT METHENY : Guitar, Electric 12-String Guitar
STEVE SWALLOW : Bass
BOB MOSES : Percussion
EBERHARD WEBER : Bass

(ECM/ECM 1974年発売/J25J-20323)
(ライナーノーツ/黒田恭一)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

TRIX / FORTUNE4

FORTUNE-1 ギタリストが交代して,TRIXの第四期が始動した。
 平井武士から菰口雄矢への交代を受け入れるには長い時間がかかったが,菰口雄矢から佐々木秀尚への交代はすんなり受け入れることができた。
 とにかく佐々木秀尚熊谷徳明との“天性の相性”がチリバツであって,本番はいつも1回で見事に決まる感じ!? ピタッ,ビジッとハマル感じ!?

 その分,菰口雄矢が加入した時のような,シリアスなサウンド・カラーへの変化を危惧すことはないのだが,それはないものねだりということ。個人的には,ただただギターフュージョンの「王道路線」の腕を磨いていけばよい。元々,安定志向で「王道路線」が大好きなのだから大歓迎!
 ササキング,ようこそTRIX・ワールドへ! 超絶なのにナチュラルなフュージョンギタリストの加入をずっと待ってたんだよ〜!

 佐々木秀尚加入後の1作目となる『FORTUNE』だが,実は佐々木秀尚以外の部分でいろいろな発見があった。
 まず曲の方だが【RESPONSE】なんかは「あれっ,この曲って須藤満?」ってクレジットを見直したら熊谷徳明の作曲であった。熊谷徳明の作風の中に無意識に須藤満からの影響を受けている?

 バラードにしても【永遠に】はギターではなく鍵盤バラード。個人的にTRIXの好きな曲を一曲挙げろと言われれば,管理人なら【CECILIA】を選ぶ。【CECILIA】の渾身のギターバラードに何度涙したことだろう。
 でも【永遠に】は繰り返し聴けば聴くほどに,この曲はピアノバラードでなきゃ,と思うようになった。感情を顔に出さないAYAKIピアノだからこそ美メロが深く心に刺さる。これって,今後のTRIXの武器となるかも?

FORTUNE-2 AYAKIと来れば【BEYOND THE ABILITY】について語らないわけにはいかない。この世界観は独特であって“宇宙人”であるAYAKIにしか作れない超ハイレベルな曲である。この曲をチック・コリアの「エレクトリック・バンド」に提供してほしい。演奏次第でアレンジ次第で途方もなく世界が広がる可能性が感じられる。AYAKING

 そうして待望の新キラー・チューン【立夏】の誕生である。新エース=佐々木秀尚TRIXに加入してくれた熊谷徳明の喜びが爆発している。とにかく笑顔でニッコニコ! POPな【立夏】が大大好き! 昨晩は【立夏】ばかりを10回聴いてしまいました。

 【立夏】を楽し気に演奏する熊谷徳明の笑顔が目に浮かぶ。【立夏】を楽し気に演奏する須藤満の笑顔が目に浮かぶ。【立夏】を楽し気に演奏するAYAKIの笑顔が目に浮かぶ。そしてその3人の視線はTRIXの新エース=佐々木秀尚に向けられている。

 映像で見ただけであるが,佐々木秀尚の立ち姿が,何だかT−スクェアに新加入した時の本田雅人の雰囲気に似ていると思った。バンドのメンバーの視線が厳しくない。それどころか新メンバーなのにすでにバンドの中心人物。その後,T−スクェア本田雅人に付いて行ったように,TRIXは今後,佐々木秀尚に付いて行けばよい。そう思わせてくれるバカテクとヒューマンな人間性が感じられる。

FORTUNE-3 『FORTUNE』を聴き終えて,佐々木秀尚ギターを聴き終えて,管理人はこう宣言する。

 『FORTUNE』は,そうは言っても星4つ。バンド・サウンドの完成までにはもうしばらく時間がかかる。ただし,このうえなく相性チリバツの佐々木秀尚という超絶ギタリストの加入を得て,TRIXギターフュージョンが再び動き始めました。これでTRIXは安泰です。第四期TRIXは盤石です。
 熊谷徳明フュージョン王国は佐々木秀尚の手を借りて完成に向かって“まっしぐら”です!

PS 「FORTUNE-3」は販促用のステッカーです。

 
01. First Time
02. Remember
03. Response
04. 永遠に
05. Beyond the Ability
06. 立夏
07. 500 miles flight
08. Arabesque
09. How about you?

 
TRIX
NORIAKI KUMAGAI : Drums
MITSURU SUTOH : Bass
HIDEHISA SASAKI : Guitar
AYAKI : Keyboards

(キングレコード/KING RECORD 2017年発売/KICJ-773)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ゲイリー・バートン / グッド・ヴァイブス4

GOOD VIBES-1 ゲイリー・バートンが“ジャズ・ロックの旗手”として,R&B系の猛者たちとの「異種格闘技」セッションの記録が『GOOD VIBES』(以下『グッド・ヴァイブス』)である。

 ゲイリー・バートンが『グッド・ヴァイブス』で対峙したR&B系の猛者たちとは,後のスタッフのメンバーであるエリック・ゲイルリチャード・ティーである。共に最前線で活躍してきたゲイリー・バートンスタッフであるが,R&B系のスタッフジャズフュージョン界に進出してきた後であっても,流石に共演の縁まではなかった。
 『グッド・ヴァイブス』での「異種格闘技」セッションは,ゲイリー・バートン・ファンにとってもスタッフ・ファンにとっても,歴史的に超貴重なアーカイブなのである。

 では『グッド・ヴァイブス』の何がそこまで貴重なのか? その答えはゲイリー・バートン自身も『グッド・ヴァイブス』以外の録音で使用した例のない電気ヴィブラフォンの“歪み”にある。
 尤も『グッド・ヴァイブス』で使用したと書くよりも,その中の1曲【ヴィブラフィンガー】で試験的に試したにすぎない。

 電気ヴィブラフォンとは廃盤になった珍しい楽器であって,あの“歪み”は完全にエレキギターのチョーキングである。
 管理人の頭の中の妄想では,長髪のゲイリー・バートンが「ショルキー」をしょってロック・ギターばりにチョーキングしている図。時には電気ヴィブラフォンが古いシンセサイザーのようにも聴こえるから,次の図面はゲイリー・バートンが1人で,スタッフの2人を相手にチョーキングしている図。

 ではその電気ヴィブラフォンゲイリー・バートンが多用しているかと言えばそうでもない。結果として『グッド・ヴァイブス』は超貴重なアーカイブになったのだが,ゲイリー・バートンとしてはエリック・ゲイルリチャード・ティーとの「異種格闘技」セッションは,ごく自然な流れの中にある。

 当時のゲイリー・バートンのレギュラー・グループのギタリストサム・ブラウンジュリー・ハーンというカントリー調やゴスペル調のギタリストが加入した,多様な音楽に富んだ時期に差し掛かっていた。
 これがラリー・コリエルのままであったなら「音楽的な発想」としてエリック・ゲイルリチャード・ティーとの共演は実現しなかったと思うし,ラリー・コリエルのままであったならラリー・コリエルの音色と被る電気ヴィブラフォンを使用することもなかったと思う。全てが偶然にして必然の“巡り会わせ”で誕生したアーカイブ・アルバムなのだと思う。

GOOD VIBES-2 ただし『グッド・ヴァイブス』が真にアーカイブ・アルバムと称される所以とは,当然ながら「楽曲の良さと演奏の良さ」が光ればこそ!
 ゲイリー・バートンが電気ヴィブラフォンを使用したのも,全ては「新しいジャズ」サウンドを追い求めてのことである。ゲイリー・バートンにとっての「異種格闘技」セッションとは「音楽的な実験」の機会でしかなかった。勝つか負けるかなど,そんな次元に低いセッションではない。

 『グッド・ヴァイブス』でのゲイリー・バートンは,電気ヴィブラフォンだけでなく通常のヴィブラフォン演奏までもがカッコイイ。
 ロックな8ビートの曲やブルージーでファンキーな楽曲が録音されているが,ジャズ・ロックのノリもこなれてきており,演奏よりもメロディー・ラインに注意が向けられる。
 個人的には意外にもゲイリー・バートンが弾くオルガンに耳ダンボ。流石はヴィブラフォン奏者にして元ピアニストの弾く「打楽器」のオルガンである。

 
01. VIBRAFINGER
02. LAS VEGAS TANGO
03. BOSTON MARATHON
04. PAIN IN MY HEART
05. LEROY THE MAGICIAN
06. I NEVER LOVED A MAN (THE WAY I LOVE YOU)

 
GARY BURTON : Vibes, Electric Vibes, Piano, Organ
SAM BROWN : Guitar
JERRY HAHN : Guitar
ERIC GALE : Guitar
RICHARD TEE : Piano, Organ
STEVE SWALLOW : Bass, Electric Bass
CHUCK RAINEY : Electric Bass
BILL LAVORGNA : Drums
BERNARD PURDIE : Drums, Percussion

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1970年発売/WPCR-27084)
(ライナーノーツ/後藤誠)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

TRIX / EVOLUTION4

EVOLUTION-1 表向き「ロボット・フュージョン」として売り出し中の『EVOLUTION』。ここを素直に“ヴォーカルフィーチャー・アルバム”と謳わない姿勢にTRIXの“迷い”があると思う。

 TRIX・ファンの中には「TRIX“初のヴォーカルフィーチャーリング”だけを抜き取って駄盤と決め込むのは良くない。インスト曲にもいい曲はある」と擁護する意見が散見される。
 気持ちは分かるが管理人は『EVOLUTION』否定派である。その理由は単純に「ヴォーカル入りだから」ではない。「ヴォーカルにアルバム全体が引っ張られてしまっている」からだ。

 インスト曲の出来もいつもより少し落ちると書かざるを得ないが,中盤の5−7曲の【BURNING】〜【URBAN OASIS】〜【GUIDE THROUGH LIFE】での須藤満ベースの動きが『EVOLUTION』のハイライトであろう。参考までに書いておくと【GUIDE THROUGH LIFE】でのスキャットは全く気にならない。

 ただし,1曲目から10曲まで,アルバムを1枚通して聴き終えるとインスト曲が霞んでしまうんだなぁ,これが! 試しにヴォーカル・ナンバーをスキップして聴いてみると印象がいい。いつものTRIXが鳴っている。だから管理人はヴォーカル曲を評価しない。ヴォーカルという「毒」がアルバム全体を回ってしまっている。

 特に【DEJA−VU】が放つ「毒っ気」が大好物でして(ヤバイ,褒めてしまっている)全身ではなく頭の中をグルグル回る〜。これっ,かなり中毒性高いです。
 とどのつまり『EVOLUTION』の“隠れ”代表曲は【DEJA−VU】なのです。【DEJA−VU】のズバ抜けたインパクトが,上記の「黄金の中盤曲」の名演を蹴散らかしてしまう。それが身体では正直に反応しても理性では受け入れられないだけなのです。

 ああ〜,スッキリ! 実は管理人『EVOLUTION』を聴くという行為は,いつでも【DEJA−VU】とイコールなのです。スキャットはイケルとも書いたし,ヴォーカル否定派のふりをしてここまで書き連ねてしまって申し訳ありません。ここから書くことが本音です。

 そう。管理人が『EVOLUTION』を評価しない(評価したくない)最大の理由は「ヴォーカル入り」とは別の理由があるのです。
 そもそもTRIXというフュージョン・バンドは,以前から【パチンカーZ】【クワガッタン】【BOSTON】などの「お遊び曲」でヴォーカルと仲良く暮らしてきたバンドであった。
 それを今更“初のヴォーカルフィーチャーリング”だからと言って目くじら立てるのもおかしいわけですし…。 

EVOLUTION-2 ズバリ,菰口雄矢の脱退が管理人を『EVOLUTION』否定派に転じさせている。
 冒頭で書いた『EVOLUTION』を聴いて感じたTRIXの“迷い”。それは菰口雄矢の“迷い”であった。
 決してそのようなことはないのだが,ふとした瞬間に“ヴォーカルフィーチャー・アルバム”の制作が菰口雄矢脱退の背中を押したように思ってしまう。

 TRIXと来れば,長らくJETギターが大好きでして,最近やっとその思いが吹っ切れて『TRICK』で菰口雄矢ギターも好き,と公言できるようになった管理人。
 菰口雄矢の“置き土産”となった【SKETCHES OF YOUR DREAM】を聴く度に,失った才能の大きさに痛みさえ感じてしまう。

 だから二代目までも失った,どうしてもやり切れない喪失感が『EVOLUTION』を責めるのだと思う。心のどこかでは「本当はそんなに悪くない」と分かっていながら“ヴォーカルフィーチャー・アルバム”『EVOLUTION』に菰口雄矢脱退の,全責任をなすりつけてしまう,管理人をどうかお許しください。

 
01. Forget it
02. A-live featuring つのだ☆ひろ
03. 雷電
04. Nothing Changes
05. Burning
06. Urban Oasis
07. Glide Through Life
08. deja-vu
09. Sketches Of Your Dream
10. A-live

 
TRIX
NORIAKI KUMAGAI : Drums
MITSURU SUTOH : Bass
YUYA KOMOGUCHI : Guitar
AYAKI : Keyboards

(キングレコード/KING RECORD 2016年発売/KICJ-752)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ビル・エヴァンス / プッシュ3

PUSH-1 多くの人にとってビル・エヴァンスと来れば,この辺のブラコン路線でクラブ・ジャズ路線でスムーズ・ジャズ路線のビル・エヴァンスをイメージするのではなかろうか?

 セールス的にはビル・エヴァンスのアルバムで一番売れているのが『PUSH』(以下『プッシュ』)であり「ビル・エヴァンスプッシュ」名義の一連のアルバムである。
 だから残念でしょうがない。こんなにも才能あるサックス奏者が“色眼鏡”で見られ続けることに我慢ならない。

 『プッシュ』の中のビル・エヴァンスは,ジャズフュージョン界を「ブイブイ言わせた」ビル・エヴァンスとは別人のビル・エヴァンス
 『プッシュ』が売れ続けることはビル・エヴァンスにとってマイナスである。ビル・エヴァンスにとって大損失なのである。

 駄盤『プッシュ』のおかげでビル・エヴァンスの“過去の栄光”は地に落ちてしまった。
 あのマイルス・デイビスが復帰の際に伴なったサックス奏者がビル・エヴァンスであった。あのジョン・マクラフリンマハヴィシュヌ・オーケストラの再結成の際に伴なったサックス奏者がビル・エヴァンスなのであった。

 独立後のビル・エヴァンスも順調そのものであって,同世代のマイケル・ブレッカーボブ・バーグケニー・ギャレットと共に,若手・中堅にしてすでに大物集団の一人に数えられるジャズ・サックス・プレイヤーがビル・エヴァンス
 ビル・エヴァンスソロ・アルバムの共演者のクレジットを見れば,ビル・エヴァンスの格の凄さが理解できる。

 『プッシュ』にしても共演者は超大物がズラリ。ビル・エヴァンスの元に,ピアノボブ・ジェイムスキーボードフィリップ・セスピアノボブ・ジェームスギターチャック・ローブニック・モロックベースクリス・ミン・ドーキーマーカス・ミラービクター・ベイリーマーク・イーガントランペットクリス・ボッティが集まっている。なのにどうして〜。

PUSH-2 『プッシュ』の失敗は多分にドラマー不在にある。ダン・ゴットリーブデニス・チェンバースを「はべらせてきた」ビル・エヴァンスが『プッシュ』では打ち込みを選択した。

 「ビル・エヴァンスプッシュ」が追求したのは最先端のダンス・ミュージックである。だから打ち込みという選択は間違いではない。ただしこれでは相棒となる強力なベーシストの良さが生かされない。加えてアルバムの音造りがギター寄りなのも強力ベーシスト陣の良さを消している。
 『プッシュ』以降,バンド・サウンドで勝負するようになるのが不思議なくらいに,カラオケをバックにビル・エヴァンス1人だけが饒舌な感じ? あっ,ビル・エヴァンスが気持ちいいからこの路線なんだよね〜。

 管理人の結論。『プッシュ批評

 ラップが躍動する「トンガリ」系のクラブ・サウンド『プッシュ』は,打ち込みに打ち勝つ!?名手揃いのベーシストに引き戻されたおかげで,いいか悪いか「聞き心地の良いスムーズ・ジャズ」として着地している。踊れないわ,聴けないわ,で聞き流す価値しかなくなっている。

 普通に吹いていても“お洒落系”ジャズ・サックスビル・エヴァンスが,全身お洒落コーデしてどうする!?

 
01. PUSH
02. ROAD TO RUIN
03. IF ONLY IN YOUR DREAMS
04. LONDON HOUSE
05. NIGHTWING
06. STAND UP AND DO SOMETHING
07. THE HOBO
08. YOU GOTTA BELIEVE
09. LIFE IS DANGEROUS
10. U R WHAT U HEAR
11. A SIMPLE LIFE
12. MATTER OF TIME
13. PUSH (CLUB MIX)

 
BILL EVANS : Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Alto Saxophone, Keybpards, Rhodes, Piano, Background Vocals, Drum Loops
CLIFORD CARTER : Keybpards, Drum Loops
PHILIPPE SAISSE : Keyboards
BOB JAMES : Piano, 3 Wood
BRUCE HORNSBY : Piano
CHUCK LOEB : Acoustic Guitar, Electric Guitar
JEFF GOLUB : Acoustic Guitar, Electric Guitar
NICK MOROCH : Guitar
CHRIS MING DOKY : Acoustic Bass
MARCUS MILLER : Bass
VICTOR BAILEY : Bass
MARK EGAN : Bass
BILY WARD : Drums
MAX RISENHOOVER : Bass, Drums, Screech Guitar, Percussion Sequencing
JIMMY BRALOWER : Drum Programming
MICHAEL COLINA : Drum Programming
MICHAEL DAVIS : Trombone
CHRIS BOTTI : Trumpet
K C FLIGHT : Rap, Drum Programming
BLACKSTAR : Rap
HARD HITTIN HARRY : Chorus
K-LA : Chorus
LITTLE ELI : Chorus
PORTER CARROLL JR. : Background Vocals
WARREN SHARPE : Background Vocals
KC AND BLACK STAR : Background Vocals
NANCY ADLER : Background Vocals
MARGO ADLER : Background Vocals
BENNY ADLER : Background Vocals
HADLEY ASSAIL : Background Vocals
MARION BILLINGS : Background Vocals
AMANDA BRECKER : Background Vocals
MADELEINE RUFF : Background Vocals

(リップスティック/LIPSTICK 1994年発売/VICJ-5122)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

本田 竹曠 / シー・オール・カインド4

SEE ALL KIND-1 本田竹曠ジャズ・アルバムにしてソロピアノ・アルバム『SEE ALL KIND』(以下『シー・オール・カインド』)を聴いて,個人的に感じたことが2つある。
 それは本田竹曠は,根っからのジャズメンではないということ。本田竹曠は,根っからのピアニストではないということ。

 ズバリ,本田竹曠という人はジャズではない。これは本田竹曠フュージョン本田竹曠=「ネイティブ・サン」と言いたいわけではない。
 たまたま本田竹曠の表現手法がジャズであっただけのことで,ジャズで何かを表現しようと思っている人ではないと思う。

 そうでなければ『シー・オール・カインド』での“空っぽな”ジャズスタンダード集なんて作らない。
 『シー・オール・カインド』の演奏には,特に目新しさも感じないし,これぞ渡辺貞夫グループ出身のジャズピアニスト,と唸らされる部分もない。

 「期待値の高い」管理人の予想に反して,ごくごくノーマルで平坦なアレンジ,素直なピアノ演奏が続いている。既発のジャズスタンダードに「一石を投じる」気持ちなんて微塵もない。
 ジャズスタンダードの一ファンとして,本田竹曠が気持ち良くピアノで美メロを弾き上げる。その繰り返しで6曲目まで粛々と進行して行く。

 駄盤だったか,と諦めかけたその時,7曲目の【SEE ALL KIND】が“堰を切ったように”流れ出す。これまでも鬱憤を晴らすようにピアノが生き生きと“歌い始める”。

SEE ALL KIND-2 もの凄い熱量である。もの凄い勢いに押し倒されてしまう。あらかじめ作曲されていたのだろうが,即興演奏のように,鍵盤の奥から奥から“生まれたての音”が次々と飛び出してくる。感情を揺さぶってくる。

 ポジティブな性格で多少のことは気にしない管理人。だから落ち込むことはほとんどないのだが,多忙が続くと疲れ切ってしまうことはたまにある。深夜に帰宅しシャワーを浴びて速攻眠るだけの日が年に数日かある。 
 そんな夜に【SEE ALL KIND】が聴きたくなる。疲れた身体が「パンチの効いた」【SEE ALL KIND】を欲してくる。ビタミン剤というよりも栄養ドリンクのような存在である。

 管理人にとって【SEE ALL KIND】を聴くという行為は,点滴してもらうことと等しい。【SEE ALL KIND】に,明日へのパワーをもらっている。

 
01. Mystery Circle〜Stella By Starlight
02. Summertime
03. Ku Ongea
04. In A Sentimental Mood
05. I Thought About You
06. Left Alone〜Slim Is Gone
07. See All Kind

 
TAKEHIRO HONDA : Piano

(ファンハウス/FUN HOUSE 1991年発売/FHCF-1171)
(ライナーノーツ/槙悟郎)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ビル・エヴァンス / レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京5

LET THE JUICE LOOSE〜BILL EVANS GROUP LIVE AT BLUE NOTE TOKYO-1 現代アコースティックジャズ名盤SUMMERTIME』から数カ月もしないうちに録音&発売された,サックスビル・エヴァンスの“最高傑作”が『LET THE JUICE LOOSE〜BILL EVANS GROUP LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』(以下『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』)である。

 『SUMMERTIME』のビル・エヴァンスは本当に素晴らしかった。しかし『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』を前にすると,前作とは全くの別人格のビル・エヴァンスと思えるくらいの充実度である。
 ゆえに管理人は『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』については「第三のビル・エヴァンス」と読んで区別している。

 ジャズサックスビル・エヴァンスフュージョンサックスビル・エヴァンスが凌駕していく。
 特に『SUMMERTIME』からの再演となる【LET’S PRETEND】と【KWITCHUR BELIAKIN】を聴き比べてみると「第二のビル・エヴァンス」と「第三のビル・エヴァンス」との“色の違い”が良く出ている。

 サイデメンの違いも甲乙付け難いし,ジャズサックスフュージョンサックスも分け隔てなく両方大好きなはずなのだが,管理人の好みは『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』の一択である。

 『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』のビル・エヴァンスに「のめり込む」! と書くよりもテナーサックスビル・エヴァンスに「のめり込む!」と書くのが正解であろう。

 ソプラノサックス中心の『SUMMERTIME』と比較して『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』のビル・エヴァンスは「本職」であるテナーサックスを中心に吹きまくっている。

 ビル・エヴァンステナーサックスの系統は「渋め」路線にあると思う。時に「枯れた」テナーサックスには,風格さえ漂っている。
 そんなビル・エヴァンスブルーノート東京の良質な観客の反応に乗せられて,バリバリに乾いた音色でテクニカルに吹き上げた際のオーバートーン! いや〜,こんな音色をライブ会場で実際に聞かされたら,正気ではいられなくなる。もう“アゲアゲ”状態である。

LET THE JUICE LOOSE〜BILL EVANS GROUP LIVE AT BLUE NOTE TOKYO-2 そこにデニス・チェンバースドラムが被さって来て,ダリル・ジョーンズベースまでもが被さって来る! ウォーッ! マジかよ学園!
 これぞ,グルーヴである。実にクリアーな音を聴かせるリズム隊である。「言語明瞭,意味不明瞭」なタイトなグルーヴに身体全体が熱くなる!

 『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』を聴いて感じる高揚感からの恍惚感! それでいて『SUMMERTIME』より軽いので,聴き終わった時に疲れを感じることもない。
 この辺りに,世間ではビル・エヴァンスサックスを,ジャズではなくフュージョンでもなくロックである,と感じる人がいる理由が隠されているのだろう。「渋め」&「枯れた」テナーサックスなのに体幹としては「若々しい」のだ。

 『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』を聴いて以降,マイルス・デイビスの『THE MAN WITH THE HORN』でビル・エヴァンスと共演した,バンドを引っ張るマーカス・ミラーの超絶ベースを聴く度に,後のダリル・ジョーンズのヘビーなベースを思い浮かべるようになりました。

 
01. Let the Juice Loose
02. Hobo
03. My Favorite Little Sailboat
04. Let's Pretend
05. In the Hat
06. Ginza
07. The Wait
08. Kwitchur Beliakin

 
BILL EVANS : Soprano Saxophone, Tenor Saxophone
CHUCK LOEB : Guitar
JIM BEARD : Keyboards
DARRYL JONES : Bass
DENNIS CHAMBERS : Drums

(ジャズシティ/JAZZCITY 1990年発売/POCY-00054)
(ライナーノーツ/小川隆夫)
(サンプル盤)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2021 アドリブログ All Rights Reserved.