BLUE NOTE CLUB「ジョン・コルトレーン『ザ・ロスト・アルバム』特製Tシャツ」が当たりました!

BLUE NOTE CLUB ジョン・コルトレーンの未発表アルバム『ブルー・ワールド〜ザ・ロスト・サウンドトラック』の発売決定を記念し,昨年大ヒットを記録した『ザ・ロスト・アルバム』のジャケットをあしらった特製Tシャツ(非売品)。
 以下,特製Tシャツが製作されてしまうくらいの「世紀の大発見!」の理由をどうぞ!

ジャズ史上最高のカリスマの絶頂期を捉えた新曲を含むスタジオ録音作。
アメリカ音楽史の歴史的遺産,奇跡の発掘!
わずか40年間という短い生涯ながら,現在もジャズのみならず多くの音楽ファンを魅了し続けるカリスマ=ジョン・コルトレーン。
そのコルトレーンが絶頂期の1963年に吹き込んだ音源が,録音から55年の時を経て奇跡的に発表されます。

なぜ“奇跡”と呼ばれるのか!?
なぜなら,これは“ロスト=失われた”作品だから!
コルトレーンの没後,スタジオやライヴ含め,さまざまなアルバムが発売されてきました。しかし,今回の『ザ・ロスト・アルバム』は,当時在籍していた米国インパルス・レーベルに録音の記録には残っていたものの,マスターテープがどこにも存在せず,長らく“謎”といわれていた音源です。
なぜなら,これは“完全な新作”だから!
過去に海賊盤などでも一切世に出たことがなく,また,未発表のライヴ音源でもなく,これはコルトレーンが作曲した今回初登場となる新曲を含む,リリースを前提に録音されたスタジオ録音作品です。
なぜなら,コルトレーンの“絶頂期を捉えた録音”だから!
60年代に入り当時新興だったインパルス・レーベルと契約し,圧倒的なパフォーマンスでジャズ界のトップスターとなったコルトレーン。キャリアの絶頂期というべきこの時期に活動していた,マッコイ・タイナー(ピアノ)〜ジミー・ギャリソン(ベース)〜エルヴィン・ジョーンズ(ドラム)とのバンドは”黄金のカルテット”と呼ばれ,現在も絶大な人気を誇っています。
そのカルテットが名盤と呼ばれる『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』の録音前日にレコーディングしたのが本作『ザ・ロスト・アルバム』。その後フリー・ジャズへと傾倒していくコルトレーンが,スタンダードや自身の代表曲「インプレッションズ」を取り上げた作品で,同時期に録音され,“バラード3部作”と呼ばれ人気の高い『バラード』『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』に比肩する内容です。

ジョン・コルトレーン 『ザ・ロスト・アルバム』 3つの疑問
疑問 なぜ録音当時発表されなかった?!
疑問 録音されたマスターテープはどこへ消えた?
疑問 どのような経緯でテープが見つかった?
についてはご自身で調べてみてくださいねっ。

 何はともあれ『ザ・ロスト・アルバム』『ブルー・ワールド〜ザ・ロスト・サウンドトラック』の発売おめでとうございます!

 アドリブをログするブログ,それがアドリブログ。


人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)