THROB-1 キース・ジャレット命の管理人。全キース・ジャレット・ファンにとって「完全コレクション」への鬼門の1枚は長らく『ゲイリー・バートン & キース・ジャレット』であった。
 世界最高のジャズメン,と言うより,世界最高のミュージシャン=キース・ジャレットのアルバムだと言うのに『ゲイリー・バートン & キース・ジャレット』がなぜCD化されないのか?

 (途中経過は省略)『ゲイリー・バートン & キース・ジャレット』が1994年についにCD化された。しかしキース・ジャレットのラインではなくゲイリー・バートン・サイドとしてのCD化である。
 何と!『ゲイリー・バートン & キース・ジャレット』単体ではなく,ゲイリー・バートンの『THROB』(以下『鼓動』)との「2in1」でのリリース。

 まぁ,不満はあるっちゃあるが,まずは待望の『ゲイリー・バートン & キース・ジャレット』のCD化が実現しただけでも大喜び! そしてこれが重要なのだが,オマケ程度に考えていたカップリングの『鼓動』の出来が素晴らしい。
 ここだけの話『ゲイリー・バートン & キース・ジャレット』が星4つであるならば『鼓動』は星6つ〜。

 『鼓動』が話題になっていないとはけしからん。ゲイリー・バートンの一番美味しい音楽はラリー・コリエルとではなくアトランティック移籍後に吹き込んだ「ジャズ・ロック」にあると思っている。

 ジャズってアメリカの黒人の音楽とはアフリカの音楽だと思われているが,最近優勢なジャズとは実は白人のジャズである。その始まりがちょうどゲイリー・バートンアトランティックに吹き込んだ,ポップス,ロック,クラシック,カントリー&ウェスタン,フォークとの融合の時代。ここにエレクトリックが入ってきた時代。それなのにミニマルっぽい。超面白いジャズからフュージョンへの橋渡しの時代。

 ジャズの中で細分化される全てのジャンルにマイルス・デイビスが関わっており,フュージョンにおいても『ビッチェズ・ブリュー』の評価が高いが,実はゲイリー・バートンの『鼓動』もフュージョンへ移行していくジャズ・シーンを語る上では欠かせない。
 もはやジャズとはブルースをやらないのが定番となり始めた,その走りの1枚が『鼓動』であって,聴いていてメチャメチャ面白い。

THROB-2 まっ,今聴くと「時代の名盤」の匂いが漂っているので評価は低いが,若きゲイリー・バートンのナイーブな感性と大胆な冒険スピリットが混然一体となって陶酔の世界へと誘ってくれる。

 ゲイリー・バートンのルーツとしてのカントリー・ロックとかフォークとか電化ジャズとかが『鼓動』で完璧に融合している。
 ポップでスピリチュアルな「ジャズ・ロック」のハイブリット化が『鼓動』で完成されている。

 ジャズとして,ロックとして,フュージョンとして聴いても実に面白い。『鼓動』の「ジャズ・ロック」がレトロっぽいのに五感をフルに刺激してくる。
 ゲイリー・バートンの全ディスコグラフィー中,一番エキサイティングなアルバムが『鼓動』だと思っている。あのキース・ジャレット以上に先進的なゲイリー・バートンの「ジャズ・ロック」が聴けば聴くほど面白い!

  01. HENNIGER FLATS
  02. TURN OF THE CENTURY
  03. CHICKENS
  04. ARISE, HER EYES
  05. PRIME TIME
  06. THROB
  07. DOIN THE PIG
  08. TRIPLE PORTRAIT
  09. SOME ECHOES

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1969年発売/AMCY-1124)
(ライナーノーツ/杉田宏樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)