アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:チャーネット・モフェット

チャーネット・モフェット / モフェット&サンズ4

MOFFETT & SON'S-1 ウイントン・マルサリスジョシュア・レッドマンチャーネット・モフェット。その共通項とは「2世ジャズメン」となる。
 しかし,この3人に限っては単なる「2世ジャズメン」という言葉では言葉でが足りない。今や“親の七光り”を超えて,ジャズ界全体にまで影響を及ぼす「真打ち」の立場に座している。市川海老蔵級なのである。

 そんな「2世ジャズメン」の活躍ぶりを見聞きする時,親の顔(親の音)が気になってくるというもの?
 ウイントン・マルサリスの父親とはブランフォード・マルサリスの父親でもある「ニューオーリンズ・センター・フォー・クリエイティブ・アーツ」のエリス・マルサリスジョシュア・レッドマンの父親とはキース・ジャレットの「アメリカン・カルテット」のデューイ・レッドマンチャーネット・モフェットの父親とは「オーネット・コールマントリオ」のチャールズ・モフェット

 見事な血統! 優秀なサラブレット!
 NO! エリス・マルサリスデューイ・レッドマンチャールズ・モフェットが育てたのは自分の実の息子だけではない。
 その良い例がチャーネット・モフェットチャールズ・モフェットと親子共演を果たした『MOFFETT & SON’S』(以下『モフェット&サンズ』)の中に「師弟の音」が色濃く出ている。

 そう。『モフェット&サンズ』におけるチャールズ・モフェットの息子とはベースチャーネット・モフェット1人だけではない。
 言わば「義理の息子」であろう,トランペットフィリップ・ハーバーウォレス・ルニーテナーサックスビル・ピアスデビッド・サンチェスジョシュア・レッドマンピアノジェームス・ウィリアムスの超一線級の面々たち。

MOFFETT & SON'S-2 流石に『モフェット&サンズ』の音楽全体は“天才”チャーネット・モフェットのカラーで染められている。アルバム冒頭の【IMPRESSIONS】での,ベースを転がし続ける大激演に頭の中がガーン。

 ただし,そんなチャーネット・モフェットに指示を送るのがチャールズ・モフェットドラムであった。チャールズ・モフェットが子供世代の新感覚に付いていっているだけではなく,安定感を保ちながらも新世代を“煽っている”。
 オーネット・コールマントリオフリージャズドラマーの本領発揮にして,やすやすと叩き出された極上のリズムに貫録が漂っている。

 そう。この凄腕世代をひとまとめにして“モフェット・ファミリー”へと迎え入れたチャールズ・モフェットドラミングが“旗頭”である。

  01. IMPRESSIONS
  02. TICO TICO
  03. HOE DOWN
  04. SUGAR
  05. STOLEN MOMENTS
  06. DELILAH
  07. WORK SONG
  08. 81

(スイート・ベイジル/SWEET BASIL 1995年発売/APCZ-8031)
(ライナーノーツ/土倉明)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャーネット・モフェット / チャーネット・モフェット4

NET MAN-1 ジャズ界にも“早熟の天才”は何人もいるが“早熟の天才”を語る際に絶対に外せないのがベーシストチャーネット・モフェットであろう。

 なんたって,こちらも“早熟の天才”の代名詞的なウィントン・マルサリスが大絶賛したことで火がついて,そのウィントン・マルサリスを発掘したハービー・ハンコック,そのウィントン・マルサリスの兄=ブランフォード・マルサリス,そして中学生の管理人にとってジャズの全てであった渡辺貞夫とその周辺から上がる絶賛の嵐。
 事実「ブラバス・クラブ’85」の主役は,渡辺貞夫を“喰った”チャーネット・モフェットであったのだから衝撃的!

 パンチの効いた野太いライン。流れるようなランニング。粒の揃った音色のチャーネット・モフェットデビュー当時16歳とか17歳。にわかに信じられない“新人類(この意味分かるかな?)”ジャズベーシストの登場であった。
 チャーネット・モフェットの資質を語る際にポール・チェンバースが引き合いに出されることが多いようだが,管理人が引き合いに出すならスコット・ラファロである。“早熟の天才”スコット・ラファロチャーネット・モフェット。いつかこのテーマで「チャーネット・モフェット批評」を書きたいと思う。

 チャーネット・モフェットデビュー・アルバム『NET MAN』(以下『チャーネット・モフェット』)は, チャーネット・モフェットアドリブが“徹頭徹尾”フィーチャリングされた“一発もの”の夢のアルバムである。

 思わず「おおっ」と声が漏れてしまう。エレクトリック風味が混入されたエレアコ・ベースをガンガンに弾きまくる“あの時代”特有の大音量ベースが気持ち良すぎる。
 『チャーネット・モフェット』における,全体のバランスを崩すほどに重心の低いベース・サウンドに快感を覚える理由は,複雑にして単純な“スイング”にある。

 そう。チャーネット・モフェットの放つ,強烈なスイング感。この強烈なスイング感にウィントン・マルサリスが,ハービー・ハンコックが,ブランフォード・マルサリスが,渡辺貞夫が魅了された理由なのだ。

NET MAN-2 現在でもチャーネット・モフェットの演奏スタイルは変わらない。チャーネット・モフェットは“一発もの”を生涯追い続けている。
 ゆえに「絶対君主」のウィントン・マルサリスは当然として,名アレンジャー=デヴィッド・マシューズ擁するマンハッタン・ジャズ・クインテットであってもチャーネット・モフェットを一時期手放さざるを得なかった。

 そうこうしている間にチャーネット・モフェットと同タイプの,こちらも天才ベーシストクリスチャン・マクブライドが登場。
 頑ななチャーネット・モフェットは「お役御免」とばかりに,チャーネット・モフェットと入れ替わったクリスチャン・マクブライドに美味しいところを根こそぎ持って行かれてしまった。

 かっての“早熟の天才”も現在では“あの人は何処?”。
 ベース・ラインが突出したバランスの悪さが足を引っ張り,あれだけの才能を持て余しているようで残念でならない。これも“時代”なのだろう。

  01. MIZZOM
  02. SWING BASS
  03. ONE LEFT OVER
  04. MONA LISA
  05. THE DANCE
  06. NETT MAN
  07. SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
  08. FOR YOU

(ブルーノート/BLUE NOTE 1987年発売/CJ32-5001)
(ライナーノーツ/中山康樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.