アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ボビー・ハッチャーソン

ボビー・ハッチャーソン / エンジョイ・ザ・ビュー5

ENJOY THE VIEW-1 ボビー・ハッチャーソンが37年振りにブルーノートへ復帰したことが話題となった『ENJOY THE VIEW』(以下『エンジョイ・ザ・ビュー』)であるが,管理人にはボビー・ハッチャーソンではなく“デヴィッド・サンボーン買い”であった。

 『TIMEAGAIN』の再演となる【DELIA】と【LITTLE FLOWER】収録。『TIMEAGAIN』のヴィブラフォン奏者がマイク・マイニエリだったから,別のヴィブラフォン奏者との共演を聴いてみたくなった。
 そのヴィブラフォン奏者が「たまたま」ボビー・ハッチャーソンだったというわけで,個人的にボビー・ハッチャーソンに有難みは感じていない。

 加えて“デヴィッド・サンボーン買い”2つ目の理由は,オルガン奏者のジョーイ・デフランセスコである。
 デヴィッド・サンボーンジョーイ・デフランセスコは『ONLY EVERYTHING』で共演済だし『HEARSAY』『CLOSER』『HERE & GONE』でのオルガン奏者との共演盤も脳裏によぎる。
 しばらくデヴィッド・サンボーンソロ・アルバムも出ていないことだし,これは絶対に買いでしょう…。

 でっ,ヴィブラフォンボビー・ハッチャーソンオルガンジョーイ・デフランセスコと組んだジャズサックスデヴィッド・サンボーンが素晴らしい。
 最近の不調がウソのようなデヴィッド・サンボーンの野太い鳴り! その秘密こそがセッション・リーダーであるボビー・ハッチャーソンの硬質なヴィブラフォンにあると思う。

 特に期待などしていなかったボビー・ハッチャーソンの存在感がとてつもなく大きいと思う。休止の時間帯でも「重し」として利いている。あれだけ騒がれるだけのことはある。
 ボビー・ハッチャーソンの“クールな”ヴィブラフォンが,デヴィッド・サンボーンの闘志に火をつけている。ボビー・ハッチャーソンと来れば「新主流派」の人であるが,どうしてどうして。
 ブルーノートボビー・ハッチャーソンと来れば『HAPPENINGS』ともう1枚が『OUT TO LUNCH』。そう。あのエリック・ドルフィーを“喰った”人だったのだ。

ENJOY THE VIEW-2 ボビー・ハッチャーソンの表情を伺いながら,デヴィッド・サンボーンジョーイ・デフランセスコが素晴らしいソロを取っている。ボビー・ハッチャーソンの音を聴き,ヴィブラフォンを邪魔することなく,きっちりと自分の音を鳴らしている。そんなデヴィッド・サンボーンの姿勢がいつになく野太い音色につながっているように思う。  

 『エンジョイ・ザ・ビュー』の聴き所とは,デヴィッド・サンボーンの「完全復活」! 「フュージョン界のスーパー・スター」としての看板を降ろして久しいが,ジャズを吹いてもブルースを吹いてもR&Bを吹いてもデヴィッド・サンボーンデヴィッド・サンボーン

 ジャズ・ファンにとっての『エンジョイ・ザ・ビュー』とは,ボビー・ハッチャーソンブルーノート・アゲインの記念碑的アルバムであるが“サンボーン・キッズ”にとっての『エンジョイ・ザ・ビュー』とは“エモーショナル”なデヴィッド・サンボーン・アゲインの記念碑的アルバムである。

 
01. Delia
02. Don Is
03. Hey Harold
04. Little Flower
05. Montara
06. Teddy
07. You

 
BOBBY HUTCHERSON : Vibes
DAVID SANBORN : Saxophone
JOEY DeFRANCESCO : Organ, Trumpet
BILLY HART : Drums

(ブルーノート/BLUE NOTE 2014年発売/UCCQ-1009)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ボビー・ハッチャーソン / ハプニングス5

HAPPENINGS-1 『HAPPENINGS』(以下『ハプニングス』)のCD帯に,紹介文がこのように書かれている。
 「新主流派の一方の顔となった新感覚派ヴァイヴ奏者の代表作」。「ハービー・ハンコック参加,もうひとつの《処女航海》収録」。

 そう。ジャズ史における「新主流派の一方の顔」であり「もうひとつの《処女航海》」のコピー通りな「新主流派」について語る時に“絶対に外せない”名盤の1枚が,ボビー・ハッチャーソンの『ハプニングス』なのである。

 『ハプニングス』の評価を何がそこまで高めているのか? ズバリ「新主流派」のエッセンスが凝縮された“知的で繊細でクールなジャズ”!
 ヴァイヴという楽器自体がそもそも“COOL”なのだが,ボビー・ハッチャーソンのモーダルなプレイは“透明なCOOL”。鉄琴の硬質な音色がビブラートすることでリリカルに響き,幻想的な気分に誘われる。

 ヴィブラフォンボビー・ハッチャーソンピアノハービー・ハンコックベースボブ・クランショウドラムジョー・チェンバースによる緻密なインタープレイは「鉄琴の鉄板」!

 特にピアノハービー・ハンコックが『ハプニングス』のベクトルを大きく定めているように感じる。“目玉”であるハービー・ハンコックの再演となる【処女航海】以外の楽曲はボビー・ハッチャーソンオリジナルなのだが,アルバム全てにハービー・ハンコックの雰囲気が漂っている。

 いずれもモーダルな曲想の中にドライブ感が感じられ,過度な前衛にもコマーシャルにも傾かない「クールネス」な「新主流派」の王道を貫くスタンスがお見事。
 同じヴィブラフォン奏者でもボビー・ハッチャーソンヴァイヴは“ピアノ寄り”な感じで,ミルト・ジャクソンに代表されるブルージーでソウルフルなインスピレーションとは一味違ったシステマチックな「新主流派」のヴィブラフォンが新鮮に響いている。

 そんなボビー・ハッチャーソンが演奏するハービー・ハンコックの【処女航海】が最高である。巷で新常識っぽく語られている通り,ボビー・ハッチャーソンの極上のヴァイヴが,本家『MAIDEN VOYAGE』の【処女航海】を超えている!?
( …と思う日がたまにあるのも事実。でも管理人的には【処女航海】は,やはりフレディー・ハバードジョージ・コールマンをフロントに迎えたハービー・ハンコックヴァージョンの出来が上だと思う )

HAPPENINGS-2 ボビー・ハッチャーソンの美しい単音のヴァイヴと独特のグルーヴ感が【処女航海】の曲想にマッチしている。
 ハービー・ハンコック名義の【処女航海】が,暖かな海を悠々と航海に乗り出す雰囲気だとすると,ボビー・ハッチャーソン名義の【処女航海】は,氷山が遠くに見えるような厳冬の海に緊張感をもって航海する雰囲気に満ちている。

 ハービー・ハンコックというジャズ・ピアニストは,モーダルな演奏に徹したらあまりに妥協がなくなる。バッキングと短いピアノ・ソロの内省的なアプローチが,管楽器ではなく“ヴァイヴらしい”透明感の高い名演となっている。

 とは言え『ハプニングス』は,歴史に残る問題作とも衝撃作ともほど遠い,基本「オーソドックスなモード」である。普通と違うアプローチを挙げるなら「旋律的な部分とクールな雰囲気の調和を図ったメカニカルなアルバム」ということになるだろう。
 そう。『ハプニングス』の真実とは,ボビー・ハッチャーソンが取り組んだ「モードジャズの総決算」!

 浮遊感漂う不思議なムードに乗って叩き出されるボビー・ハッチャーソンヴァイヴが,演奏全体をクールに引き締め,非常に理知的な雰囲気を醸成している。張り詰めた緊張感と透明感溢れる不思議な空間が「新主流派」の音楽法則に従って秩序正しくまとまっていく。素晴らしい。

  01. AQUARIAN MOON
  02. BOUQUET
  03. ROJO
  04. MAIDEN VOYAGE
  05. HEAD START
  06. WHEN YOU ARE NEAR
  07. THE OMEN

(ブルーノート/BLUE NOTE 1966年発売/TYCJ-81027)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/レナード・フェザー,マイケル・カスクーナ,後藤雅洋)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.