アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:MASATO HONDA B.B.STATION

本田 雅人 B.B.Station / B.B.STATION LIVE AT ROPPOGI PIT INN5

B.B.STATION LIVE AT ROPPOGI PIT INN-1 T−スクェア退団後の本田雅人の初仕事は“原点回帰”なビッグ・バンド・プロジェクトとなる「本田雅人B.B.STATION」。

 『B.B.STATION LIVE AT ROPPONGI PIT INN』の出来が完璧である。初仕事でこのクオリティとは参った。本田雅人の“天才”が爆発している。

 『B.B.STATION LIVE AT ROPPONGI PIT INN』のレパートリーは,旧知の本田雅人のオリジナル=T−スクェアのヒット・ナンバーであるのだが,本田雅人は初めからT−スクェアのためにではなく「B.B.STATION」のために曲を書いていたかのようなビッグ・バンド・ドンピシャ・ナンバー。

 ビッグ・バンドT−スクェアのヒット・ナンバーが映える&映える。本当に“ゴージャス”な響きで,ここだけの話。何なら,軽快なT−スクェア・オリジナルより,多色刷りな「B.B.STATION」リアレンジの方が好きかも。一段と曲本来の良さが光り輝いている。
 本田雅人って,やっぱりサックスソロの人ではない。バンドの「総監督」の人。自らエースで4番を張れるのに6番キャッチャーあたりを好む人。
 なのに…本田雅人は「無意識でこぼれちゃってる」人。だから…お願い…,安藤さ〜ん。

 本田期の代名詞【メガリス】が「生ホーン入り」だったことから,最初から本田雅人T−スクェアでもビッグ・バンド思考だった,と考えることもできるのだが,管理人は「T−スクェア・ナンバーをビッグ・バンドで演奏するバンド」という「本田雅人B.B.STATION」のアイディアは,T−スクェア時代に量産した「企画盤」がきっかけとなったのでは?と考える。

B.B.STATION LIVE AT ROPPOGI PIT INN-2 そう。「アンド・フレンズ」と共演した『REFRESHEST』や「ウィズ・オーケストラ」と共演した『HARMONY』『TAKARAJIMA』での分厚いコンビネーションが別世界。
 お金をかけるとここまで曲が変わるものなのか,を思い知らされた。いや〜,超楽しい。

 T−スクェアが人気バンドだったからこそ経験できた超一流の大共演。そして大物との共演を経験したからこそ,自身の目標として明確に意識することになった「オールスター・ビッグ・バンド」の結成。「B.B.STATION」の結成は「元サヤ」とか「昔取った杵柄」とは違う。

 「アンド・フレンズ」にして「ウィズ・オーケストラ」にしてもハイライトは間違いなく“オレ様”本田雅人サックスソロ
 バックが豪華であればあるほど,バックが超一流であればあるほど“天才”本田雅人サックスソロが盛り上がる!

 『B.B.STATION LIVE AT ROPPONGI PIT INN』で“漏れ出している”演奏&作曲&編曲の素晴らしさ!
 ズバリ,本田雅人は日本国内で活躍する【リトル・リーグ・スター】な人ではない。本田雅人は【メジャー・リーグ・スター】だ!

  01. THEME FOR B.B.S.
  02. CIAO!!!
  03. TRELA ALEGRE
  04. CONDOLENCE
  05. FAIR AFFECTION
  06. LITTLE LEAGUE STAR
  07. FADE AWAY
  08. MEGALITH
  09. 待ちぼうけの午後
  10. PORK

(ヴィレッジ/VILLAGE 1998年発売/VRFL-0019)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

マリーン meets 本田 雅人 B.B.Station / ジャズ&アウト4

JAZZ'N OUT-1 管理人的には100%=本田雅人目当てで購入した『JAZZ’N OUT』(以下『ジャズ&アウト』)だったのだが,やっぱり主役はマリーンであった。よって意図せずにサポートに回った本田雅人を聴いたことになる。

 …で,結論。本田雅人本田雅人だよなぁ。本田雅人はサイドで吹いても“存在感有り有り”なのである。

 「本田雅人B.B.STATION」はビッグ・バンドなのだから,本田雅人ソロは少ない。
 ではなぜ管理人が『ジャズ&アウト』に本田雅人を強く意識するかと言えば,このビッグ・バンド・アンサンブルこそが「本田節」の拡大版で響くから!
 そう。本田雅人のいつものフレージングが「本田雅人B.B.STATION」で完璧に表現されている。

( ただし「本田雅人B.B.STATION」名義にして,実際に「B.B.STATION」での演奏は正味5トラックのみ。残る5トラックは所謂,本田バンドでの演奏ですので,ビッグ・バンド目当てのジャズ・ファンはご注意を! )

 いつものように本田雅人一流の“凝りに凝った”アンサンブルで攻めてくると思いきや「B.B.STATION」での本田雅人は,意外にもシンプル仕上げなアンサンブル!
 「B.B.STATION」の音作りは,中低音をパワフルに鳴らす,古き良きスイングビッグ・バンドのスタイルを基本に,洗練でヒネリを効かせた都会的なアレンジなのは言わずもがな!

 なぜならば「本田雅人B.B.STATION」のソロイスト本田雅人唯一人!
 本田雅人がプレイするアルトサックスソプラノサックスフルートクラリネットの木管楽器と,トランペットフリューゲルホーントロンボーンの金管楽器が・映・え・る・か・ら・中低音をパワフルに鳴らす仕掛け。

 でもでもそんな“存在感有り有り”の本田雅人のスーパー・ソロをして,マリーンボーカルに全てを持っていかれている!
 まっ,アルバム・タイトルが『ジャズ&アウト』なのだから,本職のジャズ・ナンバーから兼業?のアウト(つまりポップスとかロック)までを網羅する人気ヒットパレードを歌う“歌姫”マリーンの独壇場!

JAZZ'N OUT-2 個人的には映画「キャバレー」の主題歌の再演となった【LEFT ALONE】と,やっぱりマリーンと来れば!の【IT’S MAGIC】を集中して聴いていたのだが,最終的に『ジャズ&アウト』のお気に入りは【SING SING SING】と【YOU’LL NEVER GET TO HEAVEN】。
 30代後半のある時期,この2曲ばかりを朝から晩までリピートして過ごしていた“メモリー”がある。

 思うに『ジャズ&アウト』の構図とは“歌姫”マリーンの生バンドとしての「本田雅人B.B.STATION」! 何となく,子供の頃見ていた「昭和歌謡の歌番組」を見て(聴いて)いるような気分がする。
 その歌番組のカット割りは7割がマリーン,2割が本田雅人でもう1割が「B.B.STATION」。

 とにかく威風堂々と歌い上げる“ジャズ・ヴォーカリストマリーンを前面に出しているようでいて,実は裏で回している「本田節」が“隠し味”として効いている。

  01. Sing Sing Sing
  02. It's Magic
  03. You'll Never Get To Heaven
  04. Can't Take My Eyes Off Of You
  05. Cafe Style
  06. Tennessee Waltz
  07. Dazzle The Night
  08. Left Alone
  09. I Was Born To Love You
  10. In The Quiet Blue

(BMG/BMG 2007年発売/BVCJ-34032)
(ライナーノーツ/岩浪洋三,佐藤大介)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.