アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:山下 洋輔

山下 洋輔 トリオ / FROZEN DAYS4

FROZEN DAYS-1 カシオペアザ・スクェアで幕開けした管理人のジャズフュージョン人生。そこからまずは主要なフュージョン・グループ,ナニワ・エクスプレスMALTA松岡直也辺りを聴きまくりトドメはやっぱりウェザー・リポート。この流れは今でも続いている。

 どちらにしても当時の主要な情報源はFMラジオとFM雑誌であった。ジャズフュージョンのFMラジオと来れば,平日夜に毎日放送されるNHK−FM「クロスオーバー・イレブン」とFM東京系「ソニー・デジタル・サウンド」。週末にはNHK−FMの「セッション○○」とFM東京系の「渡辺貞夫・マイ・ディア・ライフ」である。「サントリー・サウンドマーケット」とか「ローディ・ライブ・コンサート」とか「ゴールデン・ライブ・ステージ」とか「渡辺香津美・ドガタナ・ワールド」辺りもよく聴いていた。

 …でっ,何が書きたいのかというと「渡辺貞夫・マイ・ディア・ライフ」である。この番組を毎週エアチェックしていたので,管理人は「もうフュージョンには戻れない」というくらいにジャズに影響されていた。尤もジャズなんて,チンプンカンプン,だったし大人な雰囲気に魅了されていただけである。

 その流れでジャズ雑誌を買うようになった。途中からコマーシャリズムに嫌気がさして買わなくなったが「スイング・ジャーナル」にジャズのイロハを教えてもらった。そして書籍も「拾い読み」するようになり,初めて自分のおこずかいで買ったのが山下洋輔の「ピアニストに手を出すな!」であった。

 「ピアニストに手を出すな!」の中にはフリージャズの大物の名前がわんさか出てくる。その全員の名前など初めて知ったし,何よりどんな楽器の人かも分からないし,つまりは音を聴いたこともない。妄想に次ぐ妄想の毎日だったが,そんな状態でも「若さは力」。この書籍を繰り返し読んでいた記憶がある。

 …でっ,山下洋輔の『FROZEN DAYS』である。管理人にとって山下洋輔の『FROZEN DAYS』とは「ピアニストに手を出すな!」とイコールであった。
 つまり,何回聴いても意味が理解できない。良さが理解できない。面白くもなんともない。それでこの記事の冒頭に戻ることになる。「もうフュージョンには戻れない」と感じていたはずのに,フリージャズに敗れて「尻尾を蒔いて」逃げてしまった。

FROZEN DAYS-2 あれから30年。管理人も立派なオジサンになった。いろいろと趣味をかじってきたが,一番長続きしているのが音楽でありジャズフュージョンである。すでに大抵の名盤と呼ばれるものは聴いてきたという自負はある。

 そろそろだと思った。今なら『FROZEN DAYS』を攻略できそうな気がしていた。
 でもダメだった。『FROZEN DAYS』の良さがやっぱり&さっぱり分からない。もはや感性の問題なのだろう。
 オーネット・コールマンは大好きなのに山下洋輔は基本的には苦手で敬遠している。しかし森山威男は大好きなのだから,どういうこと?

 キャリアを積み重ねてきたとしても,自分でも好き嫌いの基準が良く分からない。要は聴いてみること,1枚でも多くアルバムを聴くことなのである。

  01. PROPHASE
  02. DOUBLE HELIX
  03. CHIASMA
  04. INTERPHASE
  05. MITOCHONDRIA

(日本クラウン/CROWN 1975年発売/DICR-2008)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/河野典生)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

山下 洋輔 / マル・ウォルドロンに捧ぐ4

A TRIBUTE TO MAL WALDRON-1 個人的には「日本のフリージャズ」と来れば,富樫雅彦菊地雅章の印象が強いのだが,恐らくは「日本のフリージャズ」の第一人者は山下洋輔という認識で間違いないと思う。

 管理人は森山威男脱退前の,中村誠一坂田明を擁した山下洋輔トリオのことは全く知らないのだが,なんだか知っているような気分になるほど,周りの先輩たちから山下洋輔にまつわる武勇伝を聞かされたからだろう。
 あの“肘打ち”パフォーマンスは演奏する上で必然性などないのだが,必然性があるように見せてくれる。

 だから山下洋輔セシル・テイラーを好きだと聞いても驚きやしない。しかし山下洋輔マル・ウォルドロンを好きだと聞いて大いに驚いてしまった。本当だろうかとにわかに疑ってしまう。

 山下洋輔からのマル・ウォルドロントリビュートA TRIBUTE TO MAL WALDRON』(以下『マル・ウォルドロンに捧ぐ』)を聴いてみた。
 どうなのだろう。管理人にはやっぱりピンと来なかった。朴訥でパーカッシブなピアノのタッチがマル・ウォルドロンっぽいのか?
 当時の管理人の耳では,どう逆立ちしても山下洋輔と「ブルージーな」マル・ウォルドロンが直接的には結び付かなかった。

 しかし,そんなことはどうでもよい。『マル・ウォルドロンに捧ぐ』は,怒涛の演奏のパワーに,ただ圧倒されるべきアルバムである。
 『マル・ウォルドロンに捧ぐ』は,至極真っ当なフリージャズであり,例の山下洋輔トリオの血が流れている。

 『マル・ウォルドロンに捧ぐ』の山下洋輔トリオのメンバーは,ベース国仲勝男ドラム小山彰太。このリズム隊の名演にシビレてしまう。

 国仲勝男ベースニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセン懸かっている。超絶なのに滑らかにドライブする。骨太なベース・サウンドが鼓動を打つ度に気持ち良い。
 そんなベース・ラインに鋭く反応する小山彰太ドラミングもまた神懸かっている。山下洋輔ピアノが走り出す度にドラムが波打って後追いし続ける。大興奮である。

A TRIBUTE TO MAL WALDRON-2 管理人の結論。『マル・ウォルドロンに捧ぐ批評

 『マル・ウォルドロンに捧ぐ』は,楽曲として“マル・ウォルドロンの曲を演奏する”山下洋輔フリージャズの中の1つのプロジェクトと捉えて何ら問題はない。
 予備知識なしで無心で聴けば,底抜けのフリー山下洋輔トリオの「核」が聴こえている。

 国仲勝男小山彰太と組んだハイテンション・ピアノ・トリオという基本があって,その上でマル・ウォルドロンの「ブルージーな」モニュメントが漏れ出してくる。
 実に味わい深い旋律と和声が次から次へと淀みなく湧き出てくる,そんなトリビュート・アルバムだと思う。

  01. TRANE'S SOUL EYES
  02. ONE-UPMANSHIP
  03. MAL IS BACK IN TOWN
  04. MINOAT

(エンヤ/ENJA 1980年発売/COCB-53616)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/山本隆,瀧口譲司)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.