アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

スーパートリビア:21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 FUSION篇

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-6

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は1〜5位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

スタッフ★5.スタッフ
スタッフ


--------------------------------------------------------------------------

ネイティブ・ダンサー★4.ネイティブ・ダンサー
ウエイン・ショーター


--------------------------------------------------------------------------

ヘビー・ウェザー★3.ヘビー・ウェザー
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------

ヘッド・ハンターズ★2.ヘッド・ハンターズ
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★1.リターン・トゥ・フォーエヴァー
チック・コリア


--------------------------------------------------------------------------

 チック・コリアの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が20世紀最高のフュージョン・ミュージックである。
 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』については,70年代ジャズフュージョンの“最高傑作”という評価が確定しているが,ここへ持ってきて20世紀の“最高傑作”という称号も受賞したが,これについても特に異論はない。

 4曲全てがフュージョンの代表曲,20世紀の名曲として現在もチック・コリアのレパートリーの一部を成している。
 オリジナル盤のアレンジについても,あの時代だからこそ感じるインパクトが底辺に流れているし,ジョー・ファレルスタンリー・クラークアイアート・モレイラフローラ・プリムのあのメンバーがいて,エレクトリックへ流れつつもアコースティックも捨てきれない楽器の流行があって,そしてフュージョン直前のフリージャズの興隆があっての大名盤

 でもでも『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が仮に明日発売されたとしたら,21世紀を代表する“カモメ”になるに違いない! 全ての成功は,時代を超えるチック・コリアの“天才”にある!

 チック・コリアが最高である! 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が最高である! フュージョンが最高である!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-5

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

スティル・ライフ★10.スティル・ライフ
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

ワード・オブ・マウス★9.ワード・オブ・マウス
ジャコ・パストリアス


--------------------------------------------------------------------------

オン・ザ・コーナー★8.オン・ザ・コーナー
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------

ヘビー・メタル・ビ・バップ★7.ヘビー・メタル・ビ・バップ
ブレッカー・ブラザース


--------------------------------------------------------------------------

ブリージン★6.ブリージン
ジョージ・ベンソン


--------------------------------------------------------------------------

 おおっ,マイルス・デイビスの問題作『オン・ザ・コーナー』がランクインするとは,選者であるプロ評論家軍団は本物だと認める。
 個人的にはマイルス・デイビスと来れば『イン・ア・サイレント・ウェイ』が上であるが,突然変異的に発生した“マイルス・デイビス一流のブラック・ファンク・ミュージック”『オン・ザ・コーナー』の佇まいも「21世紀に残したいジャズ」にふさわしい。

 『オン・ザ・コーナー』というアルバムは,とにかくポリリズムである。しかも難解で予測不能なリズムの上でポリリズムが鳴っている。マイルス・デイビストランペットの出番などほぼないに等しい。
 それでも,この破綻した音楽こそがマイルス・デイビスである,という“帝王の濃度”が他のどんなアルバムよりも色濃いと思う。

 『オン・ザ・コーナー』の“孤高”が突出している。前作『ライヴ・イヴル』からの流れもなければ『オン・ザ・コーナー』の続編も存在しない。
 そう。『オン・ザ・コーナー』の代わりとなる音楽は,マイルス・デイビスの全ディスコグラフィーの中に1つもなければ,世界のどこにも存在しやしない。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-4

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ジャコ・パストリアスの肖像★15.ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス


--------------------------------------------------------------------------

ウェザー・リポート★14.ウェザー・リポート
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------

ワインライト★13.ワインライト
グローバー・ワシントンJR.


--------------------------------------------------------------------------

ジャック・ジョンソン★12.ジャック・ジョンソン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------

8:30★11.8:30
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポートこそが「最高のフュージョン・バンド」である。そんな最強のウェザー・リポートの中でも,ベーシストの違いによつて,ミロスラフ・ヴィトウスの初期・ジャコ・パストリアスの中期・ヴィクター・ベイリーの後期に分類される。

 管理人は初期・中期・後期のいずれにも他に類を見ない特徴があって捨てがたいと思っている。ジャズ評論家も同じ思いのようで,このランキングには初期の傑作である『ウェザー・リポート』と中期の傑作である『8:30』がランクイン。

 即興を聴かせるフュージョン・バンドであったミロスラフ・ヴィトウスの個性輝くフリージャズ・ユニットの『ウェザー・リポート』が最高にスリリングで,デビュー盤『ウェザー・リポート』を“最高傑作”とするWRのファンも多い。

 躍動するジャコ・パストリアスジョー・ザビヌルウェイン・ショーターを引っ張る中期というか黄金期のライブ盤『8:30』。2枚目のスタジオ録音も「新時代のミニ・アルバム」っぽくて腰を抜かしそうになる。

 やっぱりジャコ・パストリアスは「革命児」であった。『ジャコ・パストリアスの肖像』以降,エレクトリックベーシストだけでなくフュージョン・シーンをも変えてしまった。
 圧倒的な技量と卓越した音楽性があれば,リズム楽器がリード楽器にも成り得ることが証明された。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-3

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ストリート・ライフ★20.ストリート・ライフ
クルセイダース


--------------------------------------------------------------------------

内に秘めた炎★19.内に秘めた炎
マハビシュヌ・オーケストラ


--------------------------------------------------------------------------

フューチャー・ショック★18.フューチャー・ショック
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------

チェンジ・オブ・ハート★17.チェンジ・オブ・ハート
デヴィッド・サンボーン


--------------------------------------------------------------------------

ヘッズ★16.ヘッズ
ボブ・ジェームス


--------------------------------------------------------------------------

 管理人の,いいや“フュージョン・サックス界のアイドル”デヴィッド・サンボーンの『チェンジ・オブ・ハート』がランクイン

 『チェンジ・オブ・ハート』でのデヴィッド・サンボーンは,フュージョン・サックス・プレイヤーの「枠」を飛び越え,世界一のサックス奏者としての「絶対的な自信」が“音の表情”に表われている。

 要はイケイケで無敵の「絶頂期」のデヴィッド・サンボーン・サウンドである。4人のプロデューサーの個性豊かで「強すぎるバック・サウンド」を“サンボーン節”一発で,自分の音としてまとめ上げる高トルクでハイパワー。毎朝,体内にパワーが漲ってくるのだろう。とにかく若々しく,ギラツイタ,メタルなサックスが超カッコイイ。

 『チェンジ・オブ・ハート』の目玉は“ファンキー・サンボーン”の代表曲【CHICAGO SONG】。“夏到来”のテーマ曲【SUMMER】。大バラード曲【THE DREAM】のビッグ3!

 詳しくは書かない。とにもかくにも【CHICAGO SONG】【SUMMER】【THE DREAM】を聴いて,踊り狂い,とめどなく続く感動に大泣きしてほしい。

 『チェンジ・オブ・ハート』からはデヴィッド・サンボーンの「ドヤ顔」が聴こえてくる。そんな愛すべきアルバムである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-2

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。

 2回目の今回はJ−FUSIONのランクイン4作品の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

MY DEAR LIFE★70.マイ・ディア・ライフ
渡辺貞夫


--------------------------------------------------------------------------

CALIFORNIA SHOWER★51.カリフォルニア・シャワー
渡辺貞夫


--------------------------------------------------------------------------

MOBO★39.MOBO(完全版)
渡辺香津美


--------------------------------------------------------------------------

ススト★26.ススト
菊地雅章


--------------------------------------------------------------------------

 J−FUSIONが熱く盛り上がるきっかけとなった渡辺貞夫の『マイ・ディア・ライフ』。FUSION台風の大きな目となった渡辺貞夫の『カリフォルニア・シャワー』。
 そして“帝王”マイルス・デイビスが自分のバンドに欲しがった渡辺香津美の『MOBO(完全版)』とマイルス・デイビスの後継者&ライバルと目された菊地雅章の『ススト』。

 この4枚を語らずしてJ−FUSIONは語れない。…って,全員ジャズメンが演奏するFUSIONばかりですけど…。

 PRISMDIMENSIONNANIWA EXP松岡直也MALTAは入らないとしてもCASIOPEAT−SQUAREが入らないランキングってどうでしょう?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-1

 この4月,TVをつければ「平成最後の…」という番組の多いこと多いこと。確かに一つの時代が終わるって人生の中でもそうそうあることではないので分からないでもないけども…。

 平成から令和へ。管理人は友人を自宅に招いて食事をし,吉高由里子のドラマ終わりで,そのまま「NEWS23」で元号またぎ。今回,平成31年5月の改元は,年末年始のお約束や1999年から2000年とか2000年から2001年のミレニアムの時ほどの感動はない。

 「平成→令和」以上だった「20世紀→21世紀」→「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100」!
 このシリーズには「アルト・サックス名盤トップ100」「ボーカル名盤トップ100」「ジャズメン・オリジナル名曲篇 名曲ベスト100」「ジャズ・スタンダード名曲篇 名曲ベスト100」などがあったのだが,当時の管理人にとって関心があったのは「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」のランキングのみ!

 シリーズの中で唯一「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」だけはリストをノートに手書きしているのですが,なぜかTOP100の全ては書いていない。
 書いているのはTOP100中のTOP20とTOP100に入っていたJ−FUSIONパット・メセニー関連のみ。当時は21位以下なんてどうでも良かったのでしょうが,令和を迎えた今となっては,気になって気になって夜も眠れない?
 読者の皆さんの中でTOP100を全てご存じの方がおられましたら是非是非,管理人にも教えてくださいませ。

 ちなみに「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」の選者はアマチュアの読者でしたが「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100」の選者はプロのジャズ評論家。岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名。

 これからカウントダウンされる「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」のランキングを“どう読むか”はあなた次第です。← 平成っぽいままですね?

 …ということで1回目の今回はパット・メセニーのランクイン4作品の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

イマジナリー・デイ★48.イマジナリー・デイ
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

レター・フロム・ホーム★37.レター・フロム・ホーム
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

オフランプ★35.オフランプ
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

スティル・ライフ★10.スティル・ライフ
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

 パット・メセニー好きの管理人としてはECM盤が1枚とは大いに疑問が残る。『イマジナリー・デイ』のランクインは当時の最新作だったからでしょうねっ。
 評論家の皆さん。『ブライト・サイズ・ライフ』『想い出のサン・ロレンツォ』『トラヴェルズ』がそれぞれ101位,102位,103位なのですよね?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.