アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:富樫 雅彦

富樫 雅彦+菊地 雅章 / コンチェルト4

CONCERTO-1 研ぎ澄まされ,考え抜かれた音を即興で配置するパーカッション富樫雅彦ピアノ菊地雅章
 発せられる直前まで悩み抜き,磨かれ選び抜かれた音を精妙に配置し合う。音を奏でることは音と音の間を浮き立たせることである。そう言わんとする演奏が多い。

 「J−ジャズ界の雄」にして,日本文化に魅了され日本文化に愛された富樫雅彦ジャズの本場アメリカに魅了されアメリカに愛された菊地雅章
 そんな2人が15年ぶりの再会を果たした『CONCERTO』(以下『コンチェルト』)。15年という微妙な年月が,より一層互いの音に耳を澄まさせ,昂まるテンションを単刀直入に音化させずに,考え抜いた最適な音を最適なタイミングに配置させたのだろう。

 管理人は富樫雅彦菊地雅章の“天才”を,本当は何がどう凄いのか良く分かっていないのだが,分からないなりに唸ってしまう,と言うか唸らされてしまった,という感想である。
 まっ,富樫雅彦菊地雅章デュエットだし『コンチェルト』を聴く前からマニアックなジャズを想像していた。まっ,想像の範囲内の難解ジャズなので,正直,ちょっと安心して聴き通すことができた。

 でも2枚組を聴き通すのは,正直,しんどい。『コンチェルト』は本来は富樫雅彦菊地雅章のプライベート録音で良かったと思う。2人だけの思い出として世に出す必要はなかったと思う。
 それくらいに2人だけの音世界どっぷり。外界のことなど眼中にない内向指向のデュエットである。難解でも聴いていて楽しくなる演奏もあるが『コンチェルト』の厳しすぎるデュエットは聴いていて楽しくなる種類の高度なジャズではない。

 だから『コンチェルト』のコンセプトとしては,2人が納得いくまで上手くいくまでテイクを重ねている感じ。実験の全てが本テイクという感じ。ストイックな演奏が続いているので,途中で意識が飛ぶ感じ。フリージャズの悪弊が記録された感じ。

CONCERTO-2 管理人の結論。『コンチェルト批評

 『コンチェルト』における富樫雅彦パーカッションは,リズムではなくリーダー楽器として音を出している。
 『コンチェルト』を聴いてみて,中和させるベーシスト,リズム・キープのベーシストの有難みをシミジミと感じる…。

  DISC-1
  01. Two In Silence
  02. Walking Step
  03. Pause
  04. Memories
  05. Kid's Nap
  06. All The Things You Are
  07. Misterioso

  DISC-2
  01. Riding Love's Echoes
  02. Relighting
  03. Mezame
  04. Little Eyes
  05. Passing Breeze
  06. Utviklingssang
  07. Unbalance

(日本クラウン/NIPPON CROWN 1991年発売/CRCJ-2005〜2006)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/内田修,清水俊彦)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

富樫 雅彦 / スピリチュアル・ネイチャー5

SPIRITUAL NATURE-1 今では一般の日常語となった「スピリチュアル」という言葉はいつ頃から世間に定着したのだろう。恐らくは美輪明宏のあのTV番組のせいなのだろう。この世は「スピリチュアル」の花盛り。猫も杓子も「スピリチュアル」の文字を見る。

 しかし,巷に「スピリチュアル」がどんなに溢れようとも,管理人的には「スピリチュアル」と来れば『SPIRITUAL NATURE』(以下『スピリチュアル・ネイチャー』)一択! もはや30年以上前から「スピリチュアル」は来ていたのだ!

 そうして『スピリチュアル・ネイチャー』と来れば,次は富樫雅彦と来るのだろうが,管理人の場合は違う。
 確かに『スピリチュアル・ネイチャー』は富樫雅彦のリーダー・アルバムではあるが,このアルバムを「日本のジャズの金字塔」と紹介されることがあるように『スピリチュアル・ネイチャー』は,すでに富樫雅彦の手を離れて,70年代のフリージャズを総括したような1枚に位置にある。

 ズバリ『スピリチュアル・ネイチャー』の真髄とは,組曲にして,真にあらゆる束縛から解放されたジャズ。だからクリエイティブで自由なジャズ。つまりはフリージャズの範疇を超えている。

 専門的な書き方をするとフリージャズと『スピリチュアル・ネイチャー』のようなクリエイティブで自由なジャズとは別物である。
 フリージャズという言葉の響きからか,フリージャズとは「何でもあり」のように思えて,実はそうではない。インプロヴィゼーションとは違うのである。

 そう。『スピリチュアル・ネイチャー』は,フリージャズを出発点としたインプロヴィゼーションの組曲である。
 もう少しフリーに寄ってもインプロに寄っても,これほどまでに“崇高なジャズ”とはならなかったことであろう。難解さなど微塵も感じられない。組曲となる5曲の主旋律は全部,池田芳夫ベースが弾いているのだから…。

 管理人は思う。『スピリチュアル・ネイチャー』が成功したのはフリージャズを出発点としたしたからだと思う。
 富士登山にしても須走ルートとか御殿場ルートとかの登山口がある。勿論,登山口から出発しなくても頂上を目指すことは可能だが実際にはどうなのだろう。途中で下山することばかりであろう。
 それと同じで『スピリチュアル・ネイチャー』のような音楽は,ハード・バップやモード,新主流派から出発しても決して登頂できやしない。これまでジャズはそうやって多くの獣道を作ってきたわけであるが,そのどれもが8合目か9合目まで止まりだった。

 キース・ジャレットにしてもパット・メセニーにしても,そして富樫雅彦にしても,人生の中で一度は本気でフリージャズと格闘したからこそ,その上を経験することができた。9合目の「その先」を見ることができたのだ。

 『スピリチュアル・ネイチャー』のライナーノーツの中に富樫雅彦が見た「その先」についての記述がある。
 「フリー=自由は,演奏する側よりも聴く側にある。そしてその時点で,奏者と聴衆が一体となって創造し,また想像しうるとき,両者の断絶は取り除かれるはず。このことは,すべての音楽の形式を問わず<コミュニケートする>ための一番大切な条件ではないか」。

 うーむ。「聴く側に委ねられる自由」。様々な情報や経験で自分に合うテンプレートに照らして聴くことしか出来ないから,フリージャズを難しく感じてしまうものなのだろう。

SPIRITUAL NATURE-2 富樫雅彦が『スピリチュアル・ネイチャー』で提示したものとは「沈黙」ではなかっただろうか?
 『スピリチュアル・ネイチャー』を聴いていると,自然と想像している自分,黙想している自分に気付くことがある。と同時にライブ盤なのに,無観客のホールで演奏しているような雰囲気とのGAPを意識することがある。

 この異様な無歓声のライブ録音。最初は管理人も編集によるものだと考えていたが,ここ数年あまりは,これって本当に観客全員が静かに座って聴いていた結果なのかも,と思うようになった。
 富樫雅彦の狙い通りの「沈黙」である。「腕組み瞑目して音楽に没頭する」。当時のジャズ・ファンなら有り得なくもない?

 さて,冒頭の「スピリチュアル」ブームに戻る。「スピリチュアルスピリチュアル」って大騒ぎして,結局は自由で自然な精神世界を自分自身で縛っているのでは?

 その意味で「スピリチュアル」ブームはニセモノである。真にあらゆる束縛からの解放は『スピリチュアル・ネイチャー』のインプロヴィゼーションの組曲の中で既に提示されていた。“崇高なジャズ”こそが真に「スピリチュアル」なのである。

  01. THE BEGINNING
  02. MOVING
  03. ON THE FOOTPATH
  04. SPIRITUAL NATURE
  05. EPILOGUE

(イースト・ウィンド/EAST WIND 1975年発売/EJD-3050)
(ライナーノーツ/清水俊彦)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.