アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:YAJUH OHKOKU

野獣王国 / 野獣王国LIVE5

野獣王国LIVE-1 檻の中(スタジオ録音)で飼われた野獣王国の音楽とは,観賞用なのだから,まぁ,大人しい。本当の野獣王国の音楽とは檻の外(LIVE)にある。
 飼いならされてなどいない,野生の本能が爆発するのは絶対にLIVEの方である。『野獣王国LIVE』である。

 野獣王国のアルバムは『POWER JUNGLE』『SWEET & THE BEAST』と聴いてきて,この2枚で十分に“野獣らしさ”を感じてはいたが,それってほんのさわりにすぎなかった。
 
 『POWER JUNGLE』『SWEET & THE BEAST』はメジャーである。メジャーの宿命とはセールスである。そのためには(一般向けかコアなファン向けかに違いはあろうが)変な縛りを課せられて,檻の中でこじんまりと演奏する部分がどうしてもゼロではないと思う。

 対して『野獣王国LIVE』とはインディーズである。こちらは自由度が高い。レコード会社からの変な縛りがない。加えて『野獣王国LIVE』はライブ盤である。メジャーならカットされる脱線に次ぐ脱線の部分がインディーズゆえに丸々収録されている。『野獣王国LIVE』がCD2枚組としてアルバム化されたのは,レコード会社の力を受け付けない,野獣王国メンバー4人の意志の賜物なのである。

 1曲毎に解説を書き連ねたくなる12曲の大名演。それぞれの作者の作風が伝わって来るし,カヴァー曲のアレンジはお見事だし,やっぱり【DIMENSION TRAVELER】の大盛り上がりに尽きる!

 いいや,やっぱり&やっぱり『野獣王国LIVE』のハイライトは,鳴瀬善博ベース・ソロ東原力哉ドラム・ソロの長尺に尽きる。
 檻の何倍もの大きさがある箱の中(ライブ会場)を,ナルチョが駆けずり回って盛り上げれば,東原力哉が大立ち回りで盛り上げる〜。

野獣王国LIVE-2 そう。野獣王国のエサとは,自分たちの音楽を心から愛してくれる熱烈なファンたちの存在であるが,野獣王国の大好物とは,自分たちの音楽を心から愛してくれる熱烈なファンたちの大声援である。
 フロントの是方博邦もガバガバで難波弘之がウハウハである。野獣王国の全員の魂が黄色い?声援に射抜かれている。

 ファンとしては,野生の本能に忠実に演奏された野獣王国が聴けるだけで大満足。『野獣王国LIVE』の満足度はアフリカン・サファリ10回分以上である。

    disc-1
  01. GOLD RUSH
  02. Z-PARADISE
  03. DIMENSION TRAVELER
  04. TEARS OF MERMAID
  05. ペンギンの初恋
  06. PURPLE SAURUS

    disc-2
  01. 哀愁のクジラ
  02. 鉄腕アトム
  03. スパイ大作戦
  04. 日本の心 春夏秋冬
  05. NOW OR NEVER
  06. LAST BLUES

(クリンク・レコード/CLINCK RECORDS 1997年発売/CRCD5018-19)
(紙ジャケット仕様)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/福原武志)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

野獣王国 / スイート&ザ・ビースト4

SWEET & THE BEAST-1 何だか1度野獣王国を経由したら,野獣以降の是方博邦野獣以降の難波弘之野獣以降の鳴瀬善博野獣以降の東原力哉の聴き方が変わってしまったようでして…。

 野獣王国の良い所は,メンバー全員がフュージョン界の重鎮ながら,バンドとしてはまだ走り出したばかりの「新人バンドの1つ」に所属。他の仕事との掛け持ちにして,定期練習を欠かさない趣味バンドのポリシーとして,バンド・サウンドを固めていく過程が聴ける所。

 もう成長するも何も関係ないレベルの完成されてしまっている4人の野獣メンバー。個人としては「押しも押されぬ大御所」の4人の演奏だが,野獣メンバーの一人として耳を傾けると,ウソか誠か,成長して聴こえてしまうのだからタマラナイ。

SWEET & THE BEAST-2 野獣以降の是方博邦野獣以降の難波弘之野獣以降の鳴瀬善博野獣以降の東原力哉が全員,年齢が10歳は若返ったように聴こえてしまう。

 これもやっぱり,フュージョンの洗練されたしなやかさはもちろん,ロックの野趣溢れる醍醐味も押し出した野獣王国のバンド・サウンドは,まさしく“パワー・フュージョン”と呼ぶに相応しい。
 音楽にパワーを注入しながら自分自身のパワーもチャージできる。そんな良い循環が野獣王国のバンド・サウンドにはあるのだろう。

 野獣王国の第三作『SWEET & THE BEAST』(以下『スイート&ザ・ビースト』)は,濃厚なのにうっとうしくはなく,勢いがありながらも実に繊細な音楽言語で表現されている。オヤジたちが成長している部分である。

SWEET & THE BEAST-3 『スイート&ザ・ビースト』の「SWEET」担当曲は,スロー・バラードというよりも,紳士的でエレガントに演奏されるロマンティック系から来た「甘さ」が感じられる。
 『スイート&ザ・ビースト』の「THE BEAST」担当曲は,アイアン・メイデンばりのヘビィ・メタルというよりも,難波弘之お得意のプログレから来た“パワー・フュージョン”仕上げである。

 管理人の結論。『スイート&ザ・ビースト批評

 『スイート&ザ・ビースト』の聴き所は,メンバー個人のフレッシュな演奏力とバンド・サウンドの真新しさ&新鮮さにある。
 通常のバンド運営であれば,時間を共有するにつれ,暗黙の了解のうちに演奏がまとまる良さがあるのだが,野獣王国に関しては,時間を共有するにつれ,暴れて良いギリギリの線で勝負できる良さがある。そうしてどんなに暴れようとも,決して外さない信頼感関係がある。

SWEET & THE BEAST-4 フュージョン・バンドとは本来,野獣王国のように長く活動するにつれ,重責から解放されて,若々しく自由な音楽が演奏できる場所であってほしい。

 出でよ「THE BEAST」! 出でよ,第二の野獣王国

PS 普段インナーはスキャンしないのですが「SWEET & THE BEAST-3」「SWEET & THE BEAST-4」の封入漫画は読者の皆さんにも読んでほしいと思いました! 拡大して見て&楽しんで!

  01. THREE FUNK BEARS
  02. THE COURT OF THE BEAST KING
  03. MAHOROBA '99
  04. RIPPLET
  05. HURRICANE-Z
  06. EUROPEAN RATS
  07. VIOLET PAPILLON
  08. MY FOOLISH HEART
  09. ORBIT
  10. JINGLE JANGLE JAM
  11. THEME FROM “E.T.”

(パドルホイール/PADDLE WHEEL 1999年発売/KICP-695)
(ライナーノーツ/吉留大貴)
(ライナー・コミック/とり・みき)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

野獣王国 / パワー・ジャングル4

POWER JUNGLE-1 ギター是方博邦キーボード難波弘之ベース鳴瀬善博ドラム東原力哉から成るセッション・バンドの野獣王国

 野獣王国というバンド名に“名前負けしない”フュージョン界の重鎮4人組。バンド活動レギュラー化のきっかけは是方博邦の「KOREKATA SESSION」。
 超大物としての強烈な個性がバンド内の4方向でぶつかり合っているが,それでいて反発せずにフィットするアンサンブルを耳にすると,超多忙のスケジュールの中でレギュラー・バンドに時間を割こうと考えた理由がダイレクトに伝わってくる。

 「KOREKATA SESSION」で共演を重ねて“相性チリバツ”であることを肌で感じた4人が4人。
 要するに野獣メンバーが「本当に自分のやりたい音楽」での共演者を考えていくと,4人が4人とも「是方博邦難波弘之鳴瀬善博東原力哉」というメンバーに落ち着いたというわけ。
 そして方向としてはセッションを重ねるだけでは生み出せないレギュラー・バンドでの表現で行こうというわけ。

POWER JUNGLE-2 だから1 本当に個人的な趣味で始めた野獣王国とは,例えるなら「マンディ・ナイト・オーケストラ」みたいなライフ・テーマ・バンドの位置づけなのであろう。力哉さん,事情ですぐにバンド辞めちゃったし…。

 だから2 野獣王国の1stCDはインディーズ発売。それがそこそこ売れたし,大きな会場でライブをするためなら,ということで,2ndはメジャー発売『POWER JUNGLE』(以下『パワー・ジャングル』)という流れ。

 そう。生計手段が別のところにある「プライベート録音」としての性質と「絶対に良いものを作る」というプロ・ミュージシャンとしてのプライドが良い意味でブレンドされたアルバムが『パワー・ジャングル』最大の魅力である。よくある「実験作」とも「冒険作」とも違うし「マンネリ」が入る余地など微塵もないし…。

POWER JUNGLE-3 管理人の結論。『パワー・ジャングル批評

 『パワー・ジャングル』には,もの凄い音の熱さ,もの凄い音の厚み,もの凄い音の深さ,もの凄い音の優しさ,もの凄い音の包容力が記録されている。これこそ相性チリバツで相思相愛の4人が見事に音を重ねた様は,セッション・ワークではなくレギュラー・バンドとして活動してきた最大の成果であろう。

POWER JUNGLE-4 野獣王国が演奏するのはテクニカル・フュージョンに違いないが,終始,楽曲の世界観を大事にした,その時に必要なテクニックが織り込まれているのが大変好印象なバンド・サウンド。
 とは言えそこは野獣メンバー。どの曲にも凄腕4人の「自己主張」がさり気ない仕方で鳴っている。いいよねぇ。応援したくなるよねぇ。

 野獣王国とは全部の仕事が全部趣味!

PS 普段インナーはスキャンしないのですが「POWER JUNGLE-3」「POWER JUNGLE-4」の封入漫画は読者の皆さんにも読んでほしいと思いました! 拡大して見て&楽しんで!

  01. JUNGLE
  02. BAKU'S DREAM
  03. ALICE
  04. SKELETON CREW
  05. SUMMER PLACE
  06. SAVANNA RUN
  07. PINK WOLF
  08. FOUR FLOWERS
  09. SUKIYAKI

(パドルホイール/PADDLE WHEEL 1998年発売/KICP-650)
(ライナーノーツ/熊谷美広)
(ライナー・コミック/とり・みき)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.