アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

スーパートリビア:ヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編

クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編-3

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。
 「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ス・ワンダフル(紙ジャケット仕様)★5.タイム・アフター・タイム
ス・ワンダフル
ビル・チャーラップ

--------------------------------------------------------------------------

キエレメ・ムーチョ★4.君なしでは
キエレメ・ムーチョ
スティーブ・キューン

--------------------------------------------------------------------------

恋とは何でしょう★3.ナーディス
恋とは何でしょう
リッチー・バイラーク

--------------------------------------------------------------------------

アゲイン(紙ジャケット仕様)★2.アゲイン
アゲイン
エディ・ヒギンズ

--------------------------------------------------------------------------

音楽がある限り(紙ジャケット仕様)★1.音楽がある限り
音楽がある限り
デニー・ザイトリン

--------------------------------------------------------------------------

 エディ・ヒギンズの『アゲイン』がランクイン

 エディ・ヒギンズピアノの音は,ジャケット写真からイメージさせられる「甘口のカクテル」などではない。スッと咽喉を通った後に“ピリリと舌を刺す”辛口のジャズメンである。
 日本酒または白ワインである。軽快で繊細な演奏なのにキレがある。薄味なのにコクがある。要は原曲のイメージを薄めすぎないジャズ・ピアノなのだ。

 『アゲイン』こそが“エディ・ヒギンズ・スタイル”そのものである。いくら日本人好みに仕上げたとはいえ,ここまでツボをあてられると「参りました。おいしゅうございました」の言葉しかまず出やしない。

 【祇園小唄〜京都ブルース】のような日本人向けのオリジナル曲は言うに及ばず,あれこれと他のジャンルの人気曲を持ってきてはジャズ・アレンジしているのだが,そのどれもが,自然なアドリブ,馴染み深いアレンジで,抜群に咽喉越しが良い。
 そう。『アゲイン』は,初めてジャズ・クラブに来店した人に(初めてジャズを聴いた人に)「ジャズって素敵。スイングって楽しい」と理屈抜きに理解させてしまいそうな“エディ・ヒギンズ・トリオ”による名演集であろう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編-2

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。
 「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ミラノ,パリ,ニューヨーク★10.アフタヌーン・イン・パリ
ミラノ,パリ,ニューヨーク
サー・ローランド・ハナ

--------------------------------------------------------------------------

忍びよる恋(紙ジャケット仕様)★9.危険な関係のブルース
忍びよる恋
スティーブ・キューン

--------------------------------------------------------------------------

夜のブルース(紙ジャケット仕様)★8.夜のブルース
夜のブルース
ニューヨーク・トリオ

--------------------------------------------------------------------------

キス・オブ・ファイヤー★7.リカード・ボサノバ
キス・オブ・ファイヤー
ハロルド・メイバーン

--------------------------------------------------------------------------

恋のダンサー★6.オーレ・テキサス
恋のダンサー
スタンリー・カウエル

--------------------------------------------------------------------------

 ハロルド・メイバーンの『キス・オブ・ファイヤー』がランクイン

 ハロルド・メイバーンと来れば矢野沙織であり,エリック・アレキサンダーである。管理人の大好きなサックス・プレイヤーの傍らでピアノを弾いていたのでハロルド・メイバーンが好きになり,リーダー・アルバムを買うようにもなった。

 『キス・オブ・ファイヤー』には思い入れがある。アルバム毎にじわじわとハロルド・メイバーンピアノが心の琴線に迫ってくるのを感じる中『キス・オブ・ファイヤー』でタコメーターが振り切れた。

 『キス・オブ・ファイヤー』でソロ・アーティストとしてのハロルド・メイバーンピアノが好きになった。この人の「洗練された黒いノリ」が本当に素晴らしい。
 改めてハロルド・メイバーンの参加アルバムを聴き直す。サイドメンとして参加したのに,何なら矢野沙織よりエリック・アレキサンダーよりも目立っていたではなかろうか?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編-1

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。
 「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

モーメント・トゥ・モーメント★15.ハーレム・ブルース
モーメント・トゥ・モーメント
吉岡秀晃

--------------------------------------------------------------------------

思い出のパリ(紙ジャケット仕様)★14.ラウンド・ミッドナイト
思い出のパリ
バリー・ハリス

--------------------------------------------------------------------------

ス・ワンダフル(紙ジャケット仕様)★12.マイ・シャイニング・アワー
ス・ワンダフル
ビル・チャーラップ

--------------------------------------------------------------------------

ラバー・マン (紙ジャケット仕様)★12.ドナ・リー
ラバー・マン
ジャッキー・テラソン

--------------------------------------------------------------------------

魅せられし心(紙ジャケット仕様)★11.ストールン・モーメンツ〜イスラエル
魅せられし心
エディ・ヒギンズ

--------------------------------------------------------------------------

 エディ・ヒギンズの『魅せられし心』がランクイン

 ズバリ,エディ・ヒギンズの快進撃は全てこのアルバムから始まった。そしてエディ・ヒギンズ個人としての快進撃にとどまらず,VENUSというレーベル全体の快進撃は全てこの『HAUNTED HEART』(以下『魅せられし心』)から始まった。
 そう。『魅せられし心』は,言わばエディ・ヒギンズの“出世作”にしてVENUSの“象徴”なのである。

 リリカルで美しく知的でほんの少しセンチメンタル。悪態をつくことのない,いい感じのJAZZY。要するに優等生で万人向けのベタな1枚。崩さなくったって,いいものはいい。
 美メロの一番美しい部分が際立っている。老舗の名店的な“エディ・ヒギンズ特有の味”が沁み出ている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.