アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:NATIVE SON

ネイティブ・サン / アクア・マリン5

AQUA-MARINE-1 ジャズフュージョン・ファンにとって「ネイティブ・サン」とは「ジャズフュージョン」期の『NATIVE SON』と『SAVANNA HOT−LINE』の2枚であろう。
 管理人もその意見に全面的に同意する。学生時代には毎日のように『NATIVE SON』と『SAVANNA HOT−LINE』を聴いたものだった。

 ただし個人的には「ネイティブ・サン」と来れば,初期の「ジャズフュージョン」のイメージではなく,中期「トロピカル・フュージョン」をイメージする。
 全ては「ネイティブ・サン」のベスト盤『AQUA−MARINE』(以下『アクア・マリン』)の影響である。

 こうなったのには理由がある。過去にも書いたが上京のせいである。上京するにあたってレコードは持参できない。カセット・テープは持参して行ったが,次第にCDだけを聴く習慣が身に付いてしまった。
 そのCDもお金がないので,どれか1枚買うとしたらベスト盤を買う。

 渡辺香津美の『PERFECT RELEASE』しかり。高中正義の『TAKANAKA’S COCKTAIL』しかり。そして「ネイティブ・サン」の『AQUA−MARINE』しかり…。

 ただし「ネイティブ・サン」の『AQUA−MARINE』の欠点は『RESORT』『CARNIVAL(LIVE AT MONTREUX)』『GUMBO』『DAYBREAK』の4枚からのセレクションであって,肝心の『NATIVE SON』と『SAVANNA HOT−LINE』からは1曲も入っていないところ。

 中期「トロピカル・フュージョン」の「ネイティブ・サン」を知らなかった管理人。『アクア・マリン』は全曲が新曲。聴いて「あぁ懐かしい」の感情はなく,峰厚介サックスからはジャズのイメージが消えている。

 でもその代わりにグレッグ・リーベース・ラインに魅了されたし,本田竹曠キーボードが“楽園”していて,今までとはまるで違う“軟派な”「ネイティブ・サン」が,これはこれで大好きになっていった。

AQUA-MARINE-2 その後,お金に余裕が出来て,って言うか,お金があればジャズフュージョンにつぎ込んでいくようになったので,渡辺香津美高中正義のアルバムはCDで買い直してきた。
 ただし「ネイティブ・サン」については,ここ最近まで買い直すことはしなかった。もはや管理人にとっての「ネイティブ・サン」とは『アクア・マリン』の「ネイティブ・サン」になったから!

 ズバリ『アクア・マリン』とは,ザ・スクェアの『R・E・S・O・R・T』以前の『リゾート』ミュージック!
 初期「ネイティブ・サン」が成し得なかった,よりソフトケイテッドされたリラックス・ムードでの黄金サウンド!

 ジャズのプライドを捨てフュージョンという実を得た,本田竹曠峰厚介の“真のジャズメン・スピリッツ”が最高に「トロピカル」なのである。

  01. Bay Street Talkin'
  02. Caribbean Manatee
  03. Fantasia Carioca
  04. Freeport To Nassau
  05. Calipso Street
  06. Evolution Of The Nights
  07. Longing
  08. Toward Summer

(ポリドール/POLYDOR 1986年発売/H32P-20071)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ネイティブ・サン / サヴァンナ・ホット・ライン5

SAVANNA HOT-LINE-1 アコースティックジャズからエレクトリックジャズへの変化を体験してきた本田竹曠峰厚介村上寛の面々が,フュージョンという新しいジャズにアプローチすると『SAVANNA HOT−LINE』(以下『サヴァンナ・ホット・ライン』)のように仕上がるのだと思う。

 『サヴァンナ・ホット・ライン』のテンションは相変わらずジャズ・ベースである。ただし『サヴァンナ・ホット・ライン』がジャズではなくフュージョンとして聴こえるのは,フュージョン・チックなPOPなテーマをアドリブのネタとしてではなく“本田竹曠のHAPPYな世界観”としてバンド・メンバー全員が寄せてきている。

 そう。『サヴァンナ・ホット・ライン』はジャズ・ベースなのに幸福感で満ちている。本田竹曠キーボードが構図を作り,峰厚介サックスが色彩を付ける。
 両者ともにすでに名の売れたジャズメンとしての名声を得てはいたが「ネイティブ・サン」での活動を通して,表現の幅を広げ奥行きを深めているように思う。

 「ネイティブ・サン」で本田竹曠が追い求めていた世界観が,渡辺貞夫ナベサダフュージョンとクロスする。
 事実「ネイティブ・サン」は本田竹曠渡辺貞夫グループからの独立後,時間を置かずに結成されたフュージョン・バンド。
 渡辺貞夫がブラジルやアフリカ方面であれば,本田竹曠はもっと広範囲をカバーしておりトロピカルなワールド・ミュージック方面へと音楽を推進していく。 

SAVANNA HOT-LINE-2 峰厚介渡辺貞夫ではなくウェイン・ショーターに近い部分の表現が「ネイティブ・サン」がナベサダフュージョンと大きく区別される特徴だと思う。
 それ以外は兄弟バンドのように思える。楽器は異なれど渡辺貞夫本田竹曠エレクトリックジャズで共に感じ,共に考え,共に経験してきた音楽が「8ビートや16ビートの新しいジャズ」という同じフィルターを通ってアウトプットされている。

 『サヴァンナ・ホット・ライン』の全6曲は名曲ばかりである。1曲1曲にドラマティックなストーリー性がある。『サヴァンナ・ホット・ライン』を聴く度に「ネイティブ・サン」に訴求されてしまう。

  01. ANIMAL MARKET
  02. SEXY LADY
  03. SAVANNA HOT-LINE
  04. IN SEARCH OF BEAUTY
  05. AFRICAN FANTASY
  06. FAREWELL, MY LOVE

(ビクター/JVC 1979年発売/VICJ-77017)
(☆UHQCD仕様)
(ライナーノーツ/松下佳男,金澤寿和)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ネイティブ・サン / NATIVE SON4

NATIVE SON-1 「ネイティブ・サン」の音楽とはジャズではないしフュージョンでもない。正確には日本で唯一のナベサダフュージョンの後継バンドである。

 「ネイティブ・サン」の基本はジャズ・バンドである。特にフロントの峰厚介の演奏が完全にジャズサックスのまんまである。
 「ネイティブ・サン」の結成は70年代のフュージョン・ブームと無関係ではない。勿論,本田竹曠峰厚介村上寛の主要3メンバーにはフュージョン・ブームに乗ったという感覚はないことだろう。純粋にフュージョンという新しいジャズを演奏してみたかっただけなのだと思う。

 「ネイティブ・サン」にとっては,ジャズを経験したことが,有利でもあり不利でもあった。演奏中,どうしてもアドリブに突入してしまう。
 何かの雑誌で野呂一生カシオペアについて「カシオペアアドリブが苦手だったから,仕方なくアドリブをしないアンサンブル・バンドを志向した」と語った記事を読んだ記憶がある。

 そう。アドリブを経験したことがないカシオペアアドリブで世界を謳歌してきた「ネイティブ・サン」が同じようなフュージョンを演奏できるわけがない。そこで第二問が「ネイティブ・サン」の先を走ってきた渡辺貞夫である。

 「ネイティブ・サン」の主要3メンバーにとって,ナベサダフュージョンを経験したことが,有利でもあり不利でもあった。
 やっぱり渡辺貞夫はカッコイイのだ。ナベサダフュージョンはカッコイイのだ。どうしてもナベサダフュージョンが基本となり,そこを出発点としてアレンジしてしまうのだ。

 かくしてリリースされた「ネイティブ・サン」の1st『NATIVE SON』。『NATIVE SON』のハイライトは,野性味あるフュージョン・サウンドからこぼれ出してくるナベサダ譲りの「ネイティブ・サン」一流のジャズ・スピリッツ。

 ジャズサックスを吹き上げる峰厚介にとどまらず,本田竹曠にしてもエレピを弾いてはいるものの,これって絶対ジャズ・ピアノでしょう。
 完成された甘いテーマの狭間から聴こえてくるのはご機嫌なノリであり,エレガントなナベサダフュージョンであり,ハードな大人の男のロマンティシズムであろう。

NATIVE SON-2 しかし,大抵の読者の皆さんはこの論説に同意できないかもしれない。多くの人にとって『NATIVE SON』とは【SUPER SAFARI】を聴くことと同じ意味を持っている。
 『NATIVE SON』の全8曲中【SUPER SAFARI】の1曲だけがメジャー・フュージョン。一度聴いたら忘れられないフレーズ,そしてインパクトの強さがある。稀代のジャズメン=本田竹曠が「ネイティブ・サン」でフュージョンをやった意味があるというもの。大出元信ギターが常に2番手に構えて光っているのがカッコイイ。

 しかし『NATIVE SON』から発せられる熱量の強さは【SUPER SAFARI】以外の7トラックから放たれているという事実。渡辺貞夫が本当に演奏したかったフュージョンとは,実は「ネイティブ・サン」の音楽の中にあるのかもしれない。

  01. BUMP CRUSING
  02. HEAT ZONE
  03. BREEZIN' & DREAMIN'
  04. WIND SURFING
  05. WHISPERING EYES
  06. TWILIGHT MIST
  07. SUPER SAFARI
  08. WHISPERING EYES (REPRISE)

(ビクター/JVC 1978年発売/VICJ-77016)
(☆UHQCD仕様)
(ライナーノーツ/松下佳男,金澤寿和)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.