SOURCE-1 SOURCEとは,ドラム石川雅春ベース青木智仁ギター梶原順サックス小池修トランペット佐々木史郎の5人組に,キーボード小野塚晃がスーパー・サポートとして加わるJ−フュージョンの超強力バンド。

 このメンツを眺めるとバンド結成〜即アルバム・リリースかと思いきや,何と!SOURCEは1stの『SOURCE』の発売まで7年。『SOURCE』とは,もはや円熟のベテラン・フュージョン・バンドのベスト盤の趣きである。

 結成から7年ということはSOURCEの結成は1990年前後。まだDIMENSIONDIMENSIONになる前のお話。
 青木智仁石川雅春DIMENSIONの準メンバーにとどまった理由の1つとしてSOURCEの存在があったことは間違いない。
 “超絶技巧”でリズム隊抜きのDIMENSIONと“アンサンブル”でリズム隊が主役のSOURCEとでは,増崎孝司に勝ち目はない。

 『SOURCE』の完璧な演奏を聴いていると,どうしてもブレッカー・ブラザーズウェザー・リポートを意識してしまう。特に青木智仁ベースからはジャコ・パストリアスの演奏が,梶原順ギターからはマイク・スターンの演奏が想起される。

 そう。SOURCEとはJ−フュージョンのど真ん中にしてJ−フュージョンから最も遠く離れたバンドであった。J−フュージョンの中心人物が自ら,従来の手法でのJ−フュージョンの発展を否定してみせた初めてのバンドであった。
 CD帯にある通り『SOURCE』とは「これぞ,リアル・フュージョン!!」なのである。

SOURCE-2 『SOURCE』までの7年間。SOURCEの6人はJ−フュージョンをアメリカン・フュージョンの手法で再現するためにJ−フュージョンとアメリカン・フュージョンを何度行き来し何週したことであろう。

 そうして発売された青木智仁石川雅春の自慢の1枚『SOURCE』が最高にカッコイイ! もろJ−フュージョンしているのに外タレ特有の「日本人では絶対に手に届かない」雰囲気にまで到達している! ついに日本人の限界の壁を突き破っている!

 しか〜し『SOURCE』の発売は「時すでに遅し」だったか…。アメリカ本土のフュージョン・シーンはすでにスムーズジャズへと移り変わった後であった…。

  01. N.Y.C.
  02. Speed
  03. Visiones
  04. 0-GA
  05. 723 7th Heaven
  06. Float
  07. Funky Me Funky You
  08. Flags
  09. Sponge Cakes

(Pヴァイン/P-VINE 1997年発売/PVCP-9401)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)