アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ゲイリー・トーマス

ゲイリー・トーマス / ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ4

FOUND ON SORDID STREETS-1 『エグザイルズ・ゲイト』からここまで変わって来るか!? これがゲイリー・トーマスの「M−BASE」オルガンジャズの2枚目『FOUND ON SORDID STREETS』(以下『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ』)を初めて聴いた時の感想である。

 悪い意味ではない。とにかく「黒い」のだ。所謂,黒人のファンキーオルガンジャズではない。今回のオルガニストジョージ・コリガン。白人である。
 にも関わらずジョージ・コリガンオルガンが,とことん「黒い」。ラップにも負けない,気合いとパッション漲るストレートアヘッドなオルガンが『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ』の音場を支配している。
 ゲイリー・トーマスの目指す,最高のオルガンジャズジョージ・コリガンの手によって完成したように思う。

 ベース入りとベースレスの2つのセットが互いの魅力を引き立てていたのが『エグザイルズ・ゲイト』の魅力であったが『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ』はベースレス編成のみ。
 つまりはギタリスト! つまりはポール・ボーレンバックである。ちなみにポール・ボーレンバックも白人にして,黒いツボを押してくる。1990時代のオルガンジャズギタリストって,ジョン・スコフィールドにしてもジョン・マクラフリンにしても,オルガンに合わせるのが「黒人以上に」実に上手い!

 そういう訳で?『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ』の主役は,ジョージ・コリガンオルガンポール・ボーレンバックギターである。

 ゲイリー・トーマスの魅力とは,激しくもメカニックなフレージングだと思っている。「黒い」テナーサックスゲイリー・トーマスにとっては分が悪いのか?不器用でフリー・フォームしていないゲイリー・トーマスの演奏に何を思い浮かべるかと問われれば,答えは「特に印象に残っていない」となる。

 ズバリ『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ』の聴き所は,ロング・ソロではない。ゲイリー・トーマスジョージ・コリガンポール・ボーレンバックの短いながらも何度も繰り返されるユニゾンにある。
 3人でテーマを重ね合わせた時の“快感”の余韻に浸りながら,やがて1人2人と朽ち果てていく男たち…。

FOUND ON SORDID STREETS-2 管理人の結論。『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ批評

 『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ』とは「落ち目となった」ゲイリー・トーマス自身にとっての“癒しのアルバム”である。
 前へ前への革新作業に疲れを覚えていたのだろう。一旦立ち止まり,一歩退いたからこそ見せることのできたゲイリー・トーマスのバックボーン。

 そう。『ファウンド・オン・ソーディッド・ストリーツ』とは,ゲイリー・トーマスが思い描く「故郷ボルティモアの音楽伝記」のコンセプト・アルバムである。
 『エグザイルズ・ゲイト』から“バック・トゥ・ザ・フューチャー”してきた,ゲイリー・トーマス初めてとなる,非「M−BASE」で脱「M−BASE」なジャズ・アルバムなのである。

  01. Spellbound
  02. Treason
  03. The Eternal Present
  04. Exile's Gate
  05. Hyper Space
  06. Found On Sordid Streets
  07. Peace Of The Korridor

(ウィンター&ウィンター/WINTER & WINTER 1997年発売/BOM-22005)
(☆直輸入盤仕様 ライナーノーツ/松永紀代美)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ゲイリー・トーマス / エグザイルズ・ゲイト5

EXILE'S GATE-1 ゲイリー・トーマスがリードする「M−BASE」のオルガンジャズが超カッコイイ。これぞ「新しいオルガンジャズ」の誕生である。

 『EXILE’S GATE』(以下『エグザイルズ・ゲイト』)には,タイプの異なる2つのオルガン・コンボが収められている。
 オルガニストで語ればティム・マーフィーチャールス・コヴィントンの違いであるし,ギタリストで語ればマーヴィン・スウェルエド・ハワードの違いであろうが,それ以上にベース入りか?ベースレスか?の違いの方が大きい。

 すなわち,ベース入りのオルガンを「M−BASE」の文脈で鳴らすトラックと,新しいジャズサウンドの1つの核としてベースオルガンで色付したトラックの違いである。

 その点でゲイリー・トーマスの“盟友”であるティム・マーフィーが本職であるオルガニストとして参加した意義は大きい。ティム・マーフィーのイマジネーションが,そのまんま「M−BASE」の文脈で鳴り響くオルガンジャズ
 ベースラインは,これまたエド・ハワードが最高のベースラインを弾いている。「M−BASE」のティム・マーフィーだからできた“ベースが主役を張れる”オルガンジャズが超カッコイイ。

 一方のチャールス・コヴィントンオルガンは「王道」である。こちらにはゲイリー・トーマスが加入している「スペシャル・エディション」のジャック・デジョネットとの共演である。
 ジャック・デジョネットゲイリー・トーマスが組めば,それだけで「スペシャル・エディション」の音が鳴るのだが,チャールス・コヴィントンオルガンが「スペシャル・エディション」を“オルガンジャズの深み”へと誘っていく。

EXILE'S GATE-2 ゲイリー・トーマスの狙いこそが,チャールス・コヴィントンの「舵取り」を期待してのことだったと思うが,大ベテランのチャールス・コヴィントンが「M−BASE」の音選びに興味津々であって,従来のオルガンジャズの壁を「スペシャル・エディション」のパワーによってブレイクスルーできたと思う。

 ちょうど『エグザイルズ・ゲイト』の発売と同じ時期,管理人は「メデスキ,マーティン・アンド・ウッド」にハマッテいた。「メデスキ,マーティン・アンド・ウッド」の,どこからともなく“降ってきた”ジャムに相当衝撃を受けていた。
 きっとゲイリー・トーマスもその1人だったのだろう。そして「M−BASE」のオルガンジャズに可能性を感じたことだろう。

 管理人は思う。「M−BASE」の雄であるゲイリー・トーマスが,当時のオルガン・リイバイバル・ブームから外れた「新しいオルガンジャズ」を演ったからこそ,後の「メデスキ,マーティン・アンド・ウッド」「ソウライヴ」がブレイクする道筋が開けたのだと…。

  01. Exile's Gate
  02. Like Someone In Love
  03. Kulture Bandits
  04. Blues On The Corner
  05. Night And Day
  06. No Mercy Rule
  07. A Brilliant Madness

(バンブー/BAMBOO 1993年発売/POCJ-1191)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ゲイリー・トーマス / ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ4

TILL WE HAVE FACES-1 『TILL WE HAVE FACES』(以下『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ』)の真実とは『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ』ではない。『ゲイリー・トーマス&テリ・リン・キャリントン・プレイ・“過激”スタンダーズ』である。

 そう。ハッキリ言って「目玉」であろうパット・メセニーは存在感なし。個人的にはあのゲイリー・トーマスとあのパット・メセニーの共演とあって超楽しみにしていたが『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズパット・メセニーに“たまにある”ハズレ盤となった。

 古くはオーネット・コールマンジョン・スコフィールド,最近でもブラッド・メルドーとの共演がそうであったように,当代随一の名前が並ぶ時に限ってパット・メセニーがコケル。これって共演者に惑わされているとしか思えない。

 パット・メセニーにとって,敵はゲイリー・トーマスだけでなかった。テリ・リン・キャリントンである。彼女のドラミングがエゲツナイ。テリ・リン・キャリントンパット・メセニーギターを切り刻んでいる。みじん切りである。

 冒頭の【ANGEL EYES】で今回の企画が終わりを迎えている。超美メロが崩壊している。これは【ANGEL EYES】ではない。【ANGEL EYES】とは認められない。
 このトラックはゲイリー・トーマステリ・リン・キャリントンの肉体派の大バトル。管理人には“拳銃の打ち合い”にしか聞こえない。

 前々作の『WHILE THE GATE IS OPEN』は素晴らしいスタンダード集であったが,その続編にあたる『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ』は,非スタンダード集であり“過激”スタンダード集である。

TILL WE HAVE FACES-2 本当はそこまで悪い演奏ではないのだろう。ゲイリー・トーマステナーサックスはテクニカルでバッキバキ。いい音で鳴っている事実は認める。

 しかし「目玉」であるパット・メセニーの良さが死んでいる。「目玉」であるスタンダードの美メロが死んでいる。これではゲイリー・トーマス1人が元気であっても何ら意味がない。

 期待値が異常に高かった分,この企画はマイナスでしかない。やらない方が良かった。大物2人のキャリアに傷が付いてしまった。『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ』の収穫はテリ・リン・キャリントンの大爆発だけである。

 大好きなゲイリー・トーマスと大好きなパット・メセニーの音が耳まで届いてはいるのだが,心は「上の空」状態。
 マイルス・デイビスの所のマリリン・マズールといい,女性ドラマー解放の時代到来,を感じたというのが『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ』を聴いた一番の感想である。

  01. Angel Eyes
  02. The Best Thing For You
  03. Lush Life
  04. Bye Bye Baby
  05. Lament
  06. Peace
  07. It's You Or No One
  08. You Don't Know What Love Is

(バンブー/BAMBOO 1992年発売/POCJ-1130)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ゲイリー・トーマス / コールド・ケージ4

THE KOLD KAGE-1 1980〜90年代にムーブメントを巻き起こした「M−BASE」が,現時点ではジャズ史に登場した最後の「新しいジャズ」である。
 あれから随分と時間が経つというのに「M−BASE」の代表作を聴き直すと,未だに軽い衝撃を受けたりする。そんなぶっ飛んだ「M−BASE」の中でも,とりわけぶっ飛んでいたのがゲイリー・トーマスである。

 「スイングジャーナル」誌「ジャズ・ディスク大賞」。90年度は『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』で【銅賞】受賞。91年度は『ザ・ゲイト・イズ・オープン』で【金賞】受賞。92年度は「ジャック・デジョネット・スペシャル・エディション」の『アース・ウォーク』で【金賞】受賞。
 時代は確実に「M−BASE」であった。そしてゲイリー・トーマスの時代であった。

 そんなゲイリー・トーマスが新作では何と!ラップを取り入れていると聞くではないか! これは凄いことになっていると思い“身構えて聴いた”のが『THE KOLD KAGE』(以下『コールド・ケージ』)である。
 意外にも『コールド・ケージ』の第一印象は「落ち着いている」であった。何だか分からないがゲイリー・トーマスが一気に大人になっていた。ラップが全然邪魔していないし気にならない。

 「M−BASE」の場合,主役は大抵,高度で斬新なポリリズム。流れるようなリズムにぶつかり合う小難しいメロディーのハイセンスが聴き所!
 『コールド・ケージ』の主役は「M−BASE」の王道であって,デニス・チェンバースの正確無比な野獣のドラミングアンソニー・コックスの重厚織り交ぜたベースであろう。
 そこにピアノギターが出たり入ったりして,アクセントたっぷりのリズム隊が主張している。乗れそうなのに乗り切れない,バッキバキの変拍子が超COOL!

THE KOLD KAGE-2 しか〜し『コールド・ケージ』の主役は紛れもなくゲイリー・トーマス! リズム隊の裏を支えるサックスが,フルートが,そしてラップさえも『コールド・ケージ』の重厚で精悍で冷徹な音楽性を彩っている!
 ビートの捕まえ方,クロマティック・ラインの活用の新しいアイディアは,ここまでぶっ飛び続けてきたゲイリー・トーマスの「M−BASE」そのまんま!

 ゲイリー・トーマスがフロントから一歩引いて,アルバム全体の音楽監督を務めているのが『ザ・ゲイト・イズ・オープン』。
 管理人の嫌いなラップも入っているし,あんなにも好きだったゲイリー・トーマスから一歩引くきっかけとなったアルバムであるが,実はゲイリー・トーマスの全アルバムの中で「一番かっこええ」アルバムが『コールド・ケージ』なのである。かっちょええ。

  01. Threshold
  02. Gate of Faces
  03. Intellect
  04. Infernal Machine
  05. The Divide
  06. Peace of the Korridor
  07. First Strike
  08. Beyond the Fall of Night
  09. The Kold Kage
  10. Kulture Bandits (to be continued)

(バンブー/BAMBOO 1991年発売/POCJ-1070)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ゲイリー・トーマス / ザ・ゲイト・イズ・オープン5

WHILE THE GATE IS OPEN-1 「M−BASE」の一派のくせして音楽理論などは全く考えていない。無の状態から過激なサウンドをぶつけてくる強心臓男。そのくせジャズの歴史を教養として身に着け,テナーサックスの扱いに関しても無敵の超絶テクニックを身に着けた男。
 「その男,凶暴につき」とはビートたけしのためではなくゲイリー・トーマスのためにある言葉である。そう。『BY ANY MEANS NECESSARY』までは…。

 何と優しいスタンダードなのだろう。何とも愛らしいスタンダード集なのだろう。『WHILE THE GATE IS OPEN』(以下『ザ・ゲイト・イズ・オープン』)からゲイリー・トーマスの“美意識”が伝わってくる。
 個人的にゲイリー・トーマスの本質は『BY ANY MEANS NECESSARY』の方にあるとは思うが,ゲイリー・トーマスと来れば『ザ・ゲイト・イズ・オープン』で見せた「優しい演奏家」のイメージが強い。

 それ位に『ザ・ゲイト・イズ・オープン』におけるスタンダードを紡ぐ演奏手法が秀逸である。
 スタンダードのお花畑から,草をむしり取るように荒々しい演奏もあれば,貴重なバラを一本一本丁寧に取り分けていくような演奏もある。全体としてパワフルな四気筒の農耕車がゆっくりと坂道を上っていくような演奏である。「M−BASE」らしからぬ,手作業で制作したスタンダード集。

 ただし『ザ・ゲイト・イズ・オープン』は落ち着いたバラード集ではない。基本はアップテンポなメインストリーム・ジャズ
 ゲイリー・トーマスの過去音源を知らない方や『BY ANY MEANS NECESSARY』を聴いたことがない人にとっては,ちょっと変わったメインストリーム・ジャズとして違和感なく受け入れることができるだろう。

 要は『ザ・ゲイト・イズ・オープン』が“あの”ゲイリー・トーマスのアルバムだから,である。この前置きが物議をかもす!
 まず「M−BASE」の派のジャズメンがスタンダードを取り上げる行為自体が初耳である。過去の演奏形式を取り入れることを否定した上でスタンダードの演奏などできるのだろうか?

WHILE THE GATE IS OPEN-2 ゲイリー・トーマスジャズスタンダード集のために用意した答えは,やはりリズムである。
 現代的でスマートな変拍子を繰り出すリズム隊の誘導により,全体的につんのめるようなスピード感に支配されたゲイリー・トーマス随一の名演集である。

 伝統に束縛されない自由な演奏が展開されている。ゲイリー・トーマスの音使いやリズム感は常識的なものから少しづつずれている。メインテーマで美メロを力業で吹き上げるゲイリー・トーマス特有のヒリヒリする緊張感にやられてしまう。
 ゲイリー・トーマスの底の知れないポテンシャルの高さとテーマを発展させるスケールの大きな歌心が実に素晴らしい。

 スイングに欠けるとされる「M−BASE」であるが,ジャズスタンダードを題材とした『ザ・ゲイト・イズ・オープン』ゆえに,ほんのりとしたスイング感が見え隠れしている。そんな「優等生のチラミセ」に毎回もんどり打って悶絶してしまう。

  01. STRODE RODE
  02. STAR EYES
  03. YOU STEPPED OUT OF A DREAM
  04. THE SONG IS YOU
  05. INVITATION
  06. CHELSEA BRIDGE
  07. ON THE TRAIL
  08. EPISTROPHY

(バンブー/BAMBOO 1990年発売/POCJ-1027)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ゲイリー・トーマス / バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー4

BY ANY MEANS NECESSARY-1 80年代前半がウイントン・マルサリスブランフォード・マルサリスに代表される「新伝承派」の時代であったとすれば,80年代後半はスティーヴ・コールマンジェリ・アレンに代表される「M−BASE」の時代であった。

 「M−BASE」の音楽理論ははっきり言って新しいのだが,音楽理論以上に新しいのが,新時代を担う若手ジャズメンたちの“感性”であった。変拍子の複雑なリズムを取り入れ,バップやモードというジャズの伝統的な語法を使用しない,そんな高度な演奏形式を見事に消化し,ジャズをプログレッシヴな音楽として再構築する離れ業に,身を乗り出して聴き入ったものだった。

 無機質でテクニカルな演奏の連続に「M−BASE」は聴くと頭が疲れてくるのだが,身体の方は正直で,基本的にはファンキーだしジャズそのものタイム感が感じられて惹き込まれてしまう。
 「M−BASE」のようなジャズが登場した理由こそが「新伝承派」の功績の1つだと考えている。とにかく頭でっかちな音楽のくせして,尻つぼみではなく最新のリズムがドーンと広がっている。

 “筋肉ムキムキ”なジャズ! それが「M−BASE」なのである。
 そして“筋肉ムキムキ”な「M−BASE」の代表格は,管理人にとってはゲイリー・トーマスである。そしてゲイリー・トーマスの中でも『BY ANY MEANS NECESSARY』(以下『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』)なのである。
 だ〜ってジャケットが恥ずかしいくらいに“筋肉ムキムキ”しているから! ゲイリー・トーマスって「痛い人」だよなぁ。

 個人的には『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』の悪印象が「M−BASE」の悪印象を全て背負った感じがしている。超絶に重い攻撃の連鎖だけで終わっていく。
 良い悪いに関わらず,ゲイリー・トーマスが既存の概念全てを破壊していく様に圧倒されてしまう。これぞ「世紀の問題作」の1つであろう。

 『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』での過激さは,今までとは「質」が違う。絶対に檻からは飛び出して来ないのだが,手を伸ばそうとするとすぐに怪我しそうなくらいに危険なジャズである。

 デニス・チェンバースジョン・スコフィールドナナ・ヴァスコンセロスという超ビッグネームがいる。ジェリ・アレンティム・マーフィーアンソニー・コックスという盟友もいる。
 でもそんなスター軍団の存在など関係なしにゲイリー・トーマスが「ワンマンショー」を繰り広げている。そんな「常識外れ」が何事もなかったの如く進行していく。豪華な重量級のジャズメンが,これでもかと押しまくり畳み掛けるメカニカルなフレーズの対決シーンには一聴の価値があると断言する。

BY ANY MEANS NECESSARY-2 『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』のハイライトは,デニス・チェンバースジョン・スコフィールドの突進に合わせるでもなく,旋律をアウトし自由に空間を浮遊していくテナーソロ
 ゲイリー・トーマスがたった1人で共演者4人とは違う方向に飛び回る,不協和と変則ファンクなテナーソロ

 管理人は『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』を作り上げたゲイリー・トーマスの「度胸」にひれ伏してしまう。
 『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』を聴き続けていると次第に息苦しくなる。複雑なテーマを超絶なテクニックで変態フレーズに変換していくゲイリー・トーマスの不愛想なテナーサックスに何度も絶望してみては命の意味を考えさせられる。

 『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』でのゲイリー・トーマスとは,全てを破壊し尽くすために生身の肉体一つで「血肉化させた変拍子ジャズ・ファンク」という大砲を装備して走り回る装甲車のようである。

 ただ過剰な音楽がある。ただソリッドな音楽がある。ただシリアスな音楽がある。それが『バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー』である。真にハードボイルドとは,こういう演奏のことをいうのだと思う。

  01. BY ANY MEANS NECESSARY
  02. CONTINUUM
  03. YOU'RE UNDER ARREST
  04. POTENTIAL HAZARD
  05. TO THE VANISHING POINT
  06. SCREEN GEM
  07. JANALA
  08. AT RISK
  09. OUT OF HARM'S WAY

(バンブー/BAMBOO 1989年発売/JOOJ-20352)
(ライナーノーツ/悠雅彦)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.