アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

名盤

エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10-4

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。

 実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にランクインしたリクエスト曲の中から,原哲夫とエディ・ヒギンズの話し合いによって選ばれた14曲のスタンダード集が『懐かしのストックホルム』としてリリース。
 今回は(純粋に読者投票の結果)6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★10.ブレイム・イット・オン・マイ・ユース
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

美しすぎるあなた★9.我が心のジョージア
美しすぎるあなた


--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★8.ナーディス
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

イフ・ドリームス・カム・トゥルー★7.酒とバラの日々
イフ・ドリームス・カム・トゥルー


--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★6.虹の彼方に
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

 【ブレイム・イット・オン・マイ・ユース】【ナーディス】【虹の彼方に】は『懐かしのストックホルム』収録。
 【我が心のジョージア】は『美しすぎるあなた』収録。
 【酒とバラの日々】は『イフ・ドリームス・カム・トゥルー』収録。

 『美しすぎるあなた』とはラブ・ソングの名曲50曲で綴る【ロマンス4部作】の第4集。
 『イフ・ドリームス・カム・トゥルー』とはエディ・ヒギンズ久々となるレギュラー・トリオによるストレートなNO企画盤。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10-3

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。

 実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にランクインしたリクエスト曲の中から,原哲夫とエディ・ヒギンズの話し合いによって選ばれた14曲のスタンダード集が『懐かしのストックホルム』としてリリース。
 今回は(純粋に読者投票の結果)11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★15.イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

ジャズ・アダージョ★14.ムーン・リバー
ジャズ・アダージョ
リッチー・バイラーク

--------------------------------------------------------------------------

イフ・ドリームス・カム・トゥルー★13.サマータイム
イフ・ドリームス・カム・トゥルー


--------------------------------------------------------------------------

フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン★12.フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
ジェイ・レオンハート・トリオ

--------------------------------------------------------------------------

慕情★11.慕情
慕情
ローマ・トリオ

--------------------------------------------------------------------------

 【イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド】は『懐かしのストックホルム』収録。
 【サマータイム】は『イフ・ドリームス・カム・トゥルー』収録。

 『イフ・ドリームス・カム・トゥルー』とはエディ・ヒギンズ久々となるレギュラー・トリオによるストレートなNO企画盤。

 【ムーン・リバー】をエディ・ヒギンズが演奏しなかったのは,同じくヴィーナス・レコードリッチー・バイラークロマンティック・ジャズ・トリオの大名演が存在するからであろう。
 共喰いを避ける意味合いなのだろうが,3つの名演聴き比べの相乗効果があったのたかもしれません…。

 【フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン】をが演奏しなかったのは,エディ・ヒギンズ・トリオのレギュラー・ベーシストであるジェイ・レオンハートのリーダー・アルバムが存在するからであろう。
 以心伝心のピアノ・トリオピアニストベーシストの,似て非なるアプローチを聴き比べしたかった〜。

 【慕情】をエディ・ヒギンズが演奏しなかったのは,同じくヴィーナス・レコードローマ・トリオに【慕情】の大名演が存在するからであろう。
 共喰いを避ける意味合いなのだろうが,2つの名演聴き比べの相乗効果があったのたかもしれません…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10-2

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。

 実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にランクインしたリクエスト曲の中から,原哲夫とエディ・ヒギンズの話し合いによって選ばれた14曲のスタンダード集が『懐かしのストックホルム』としてリリース。
 今回は(純粋に読者投票の結果)16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

あなたは恋を知らない★20.ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
あなたは恋を知らない


--------------------------------------------------------------------------

素敵なロマンス★19.ガール・トーク
素敵なロマンス


--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★18.モア・ザン・ユー・ノウ
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★17.イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・バレンタイン★16.スターダスト
マイ・ファニー・バレンタイン


--------------------------------------------------------------------------

 【モア・ザン・ユー・ノウ】【イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ】は『懐かしのストックホルム』収録。
 【ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ】は『あなたは恋を知らない』収録。【ガール・トーク】は『素敵なロマンス』収録。【スターダスト】は『マイ・ファニー・バレンタイン』収録。

 『あなたは恋を知らない』とはエディ・ヒギンズ渾身のソロ・ピアノ集。
 『素敵なロマンス』とはラブ・ソングの名曲50曲で綴る【ロマンス4部作】の第一集。
 『マイ・ファニー・バレンタイン』とはスコット・ハミルトンとのゴールデン・コンビによる第三弾。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10-1

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。

 実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にランクインしたリクエスト曲の中から,原哲夫とエディ・ヒギンズの話し合いによって選ばれた14曲のスタンダード集が『懐かしのストックホルム』としてリリース。
 今回は(純粋に読者投票の結果)21〜25位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★25.ウィッチクラフト
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day★24.イージー・リビング
スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day


--------------------------------------------------------------------------

メモリーズ・オブ・ユー★23.メモリーズ・オブ・ユー
メモリーズ・オブ・ユー
ケン・ペプロフスキー・カルテット

--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★22.ウイ・ウイル・ビー・トゥゲザー・アゲイン
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

DEAR OLD STOCKHOLM-1★21.ムーンライト・ビカムズ・ユー
懐かしのストックホルム


--------------------------------------------------------------------------

 【ウィッチクラフト】【ウイ・ウイル・ビー・トゥゲザー・アゲイン】【ムーンライト・ビカムズ・ユー】は『懐かしのストックホルム』収録。
 【イージー・リビング】は『スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day』収録。【メモリーズ・オブ・ユー】のエディ・ヒギンズの演奏はデータなし。

 【メモリーズ・オブ・ユー】をエディ・ヒギンズが演奏しなかったのは,同じくヴィーナス・レコードケン・ペプロフスキー・カルテットに【メモリーズ・オブ・ユー】の大名演が存在するからであろう。
 共喰いを避ける意味合いなのだろうが,2つの名演聴き比べの相乗効果があったのたかもしれません…。

 『スタンダーズ・バイ・リクエスト 1st day』とは『懐かしのストックホルム』と同じ趣旨のソロ・ピアノ編です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編-3

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。
 「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ス・ワンダフル(紙ジャケット仕様)★5.タイム・アフター・タイム
ス・ワンダフル
ビル・チャーラップ

--------------------------------------------------------------------------

キエレメ・ムーチョ★4.君なしでは
キエレメ・ムーチョ
スティーブ・キューン

--------------------------------------------------------------------------

恋とは何でしょう★3.ナーディス
恋とは何でしょう
リッチー・バイラーク

--------------------------------------------------------------------------

アゲイン(紙ジャケット仕様)★2.アゲイン
アゲイン
エディ・ヒギンズ

--------------------------------------------------------------------------

音楽がある限り(紙ジャケット仕様)★1.音楽がある限り
音楽がある限り
デニー・ザイトリン

--------------------------------------------------------------------------

 エディ・ヒギンズの『アゲイン』がランクイン

 エディ・ヒギンズピアノの音は,ジャケット写真からイメージさせられる「甘口のカクテル」などではない。スッと咽喉を通った後に“ピリリと舌を刺す”辛口のジャズメンである。
 日本酒または白ワインである。軽快で繊細な演奏なのにキレがある。薄味なのにコクがある。要は原曲のイメージを薄めすぎないジャズ・ピアノなのだ。

 『アゲイン』こそが“エディ・ヒギンズ・スタイル”そのものである。いくら日本人好みに仕上げたとはいえ,ここまでツボをあてられると「参りました。おいしゅうございました」の言葉しかまず出やしない。

 【祇園小唄〜京都ブルース】のような日本人向けのオリジナル曲は言うに及ばず,あれこれと他のジャンルの人気曲を持ってきてはジャズ・アレンジしているのだが,そのどれもが,自然なアドリブ,馴染み深いアレンジで,抜群に咽喉越しが良い。
 そう。『アゲイン』は,初めてジャズ・クラブに来店した人に(初めてジャズを聴いた人に)「ジャズって素敵。スイングって楽しい」と理屈抜きに理解させてしまいそうな“エディ・ヒギンズ・トリオ”による名演集であろう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編-2

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。
 「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ミラノ,パリ,ニューヨーク★10.アフタヌーン・イン・パリ
ミラノ,パリ,ニューヨーク
サー・ローランド・ハナ

--------------------------------------------------------------------------

忍びよる恋(紙ジャケット仕様)★9.危険な関係のブルース
忍びよる恋
スティーブ・キューン

--------------------------------------------------------------------------

夜のブルース(紙ジャケット仕様)★8.夜のブルース
夜のブルース
ニューヨーク・トリオ

--------------------------------------------------------------------------

キス・オブ・ファイヤー★7.リカード・ボサノバ
キス・オブ・ファイヤー
ハロルド・メイバーン

--------------------------------------------------------------------------

恋のダンサー★6.オーレ・テキサス
恋のダンサー
スタンリー・カウエル

--------------------------------------------------------------------------

 ハロルド・メイバーンの『キス・オブ・ファイヤー』がランクイン

 ハロルド・メイバーンと来れば矢野沙織であり,エリック・アレキサンダーである。管理人の大好きなサックス・プレイヤーの傍らでピアノを弾いていたのでハロルド・メイバーンが好きになり,リーダー・アルバムを買うようにもなった。

 『キス・オブ・ファイヤー』には思い入れがある。アルバム毎にじわじわとハロルド・メイバーンピアノが心の琴線に迫ってくるのを感じる中『キス・オブ・ファイヤー』でタコメーターが振り切れた。

 『キス・オブ・ファイヤー』でソロ・アーティストとしてのハロルド・メイバーンピアノが好きになった。この人の「洗練された黒いノリ」が本当に素晴らしい。
 改めてハロルド・メイバーンの参加アルバムを聴き直す。サイドメンとして参加したのに,何なら矢野沙織よりエリック・アレキサンダーよりも目立っていたではなかろうか?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編-1

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。
 「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演 BEST10 ピアノ・トリオ編」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

モーメント・トゥ・モーメント★15.ハーレム・ブルース
モーメント・トゥ・モーメント
吉岡秀晃

--------------------------------------------------------------------------

思い出のパリ(紙ジャケット仕様)★14.ラウンド・ミッドナイト
思い出のパリ
バリー・ハリス

--------------------------------------------------------------------------

ス・ワンダフル(紙ジャケット仕様)★12.マイ・シャイニング・アワー
ス・ワンダフル
ビル・チャーラップ

--------------------------------------------------------------------------

ラバー・マン (紙ジャケット仕様)★12.ドナ・リー
ラバー・マン
ジャッキー・テラソン

--------------------------------------------------------------------------

魅せられし心(紙ジャケット仕様)★11.ストールン・モーメンツ〜イスラエル
魅せられし心
エディ・ヒギンズ

--------------------------------------------------------------------------

 エディ・ヒギンズの『魅せられし心』がランクイン

 ズバリ,エディ・ヒギンズの快進撃は全てこのアルバムから始まった。そしてエディ・ヒギンズ個人としての快進撃にとどまらず,VENUSというレーベル全体の快進撃は全てこの『HAUNTED HEART』(以下『魅せられし心』)から始まった。
 そう。『魅せられし心』は,言わばエディ・ヒギンズの“出世作”にしてVENUSの“象徴”なのである。

 リリカルで美しく知的でほんの少しセンチメンタル。悪態をつくことのない,いい感じのJAZZY。要するに優等生で万人向けのベタな1枚。崩さなくったって,いいものはいい。
 美メロの一番美しい部分が際立っている。老舗の名店的な“エディ・ヒギンズ特有の味”が沁み出ている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-6

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は1〜5位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

スタッフ★5.スタッフ
スタッフ


--------------------------------------------------------------------------

ネイティブ・ダンサー★4.ネイティブ・ダンサー
ウエイン・ショーター


--------------------------------------------------------------------------

ヘビー・ウェザー★3.ヘビー・ウェザー
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------

ヘッド・ハンターズ★2.ヘッド・ハンターズ
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★1.リターン・トゥ・フォーエヴァー
チック・コリア


--------------------------------------------------------------------------

 チック・コリアの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が20世紀最高のフュージョン・ミュージックである。
 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』については,70年代ジャズフュージョンの“最高傑作”という評価が確定しているが,ここへ持ってきて20世紀の“最高傑作”という称号も受賞したが,これについても特に異論はない。

 4曲全てがフュージョンの代表曲,20世紀の名曲として現在もチック・コリアのレパートリーの一部を成している。
 オリジナル盤のアレンジについても,あの時代だからこそ感じるインパクトが底辺に流れているし,ジョー・ファレルスタンリー・クラークアイアート・モレイラフローラ・プリムのあのメンバーがいて,エレクトリックへ流れつつもアコースティックも捨てきれない楽器の流行があって,そしてフュージョン直前のフリージャズの興隆があっての大名盤

 でもでも『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が仮に明日発売されたとしたら,21世紀を代表する“カモメ”になるに違いない! 全ての成功は,時代を超えるチック・コリアの“天才”にある!

 チック・コリアが最高である! 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が最高である! フュージョンが最高である!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-4

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ジャコ・パストリアスの肖像★15.ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス


--------------------------------------------------------------------------

ウェザー・リポート★14.ウェザー・リポート
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------

ワインライト★13.ワインライト
グローバー・ワシントンJR.


--------------------------------------------------------------------------

ジャック・ジョンソン★12.ジャック・ジョンソン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------

8:30★11.8:30
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポートこそが「最高のフュージョン・バンド」である。そんな最強のウェザー・リポートの中でも,ベーシストの違いによつて,ミロスラフ・ヴィトウスの初期・ジャコ・パストリアスの中期・ヴィクター・ベイリーの後期に分類される。

 管理人は初期・中期・後期のいずれにも他に類を見ない特徴があって捨てがたいと思っている。ジャズ評論家も同じ思いのようで,このランキングには初期の傑作である『ウェザー・リポート』と中期の傑作である『8:30』がランクイン。

 即興を聴かせるフュージョン・バンドであったミロスラフ・ヴィトウスの個性輝くフリージャズ・ユニットの『ウェザー・リポート』が最高にスリリングで,デビュー盤『ウェザー・リポート』を“最高傑作”とするWRのファンも多い。

 躍動するジャコ・パストリアスジョー・ザビヌルウェイン・ショーターを引っ張る中期というか黄金期のライブ盤『8:30』。2枚目のスタジオ録音も「新時代のミニ・アルバム」っぽくて腰を抜かしそうになる。

 やっぱりジャコ・パストリアスは「革命児」であった。『ジャコ・パストリアスの肖像』以降,エレクトリックベーシストだけでなくフュージョン・シーンをも変えてしまった。
 圧倒的な技量と卓越した音楽性があれば,リズム楽器がリード楽器にも成り得ることが証明された。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-3

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。
 今回は16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

ストリート・ライフ★20.ストリート・ライフ
クルセイダース


--------------------------------------------------------------------------

内に秘めた炎★19.内に秘めた炎
マハビシュヌ・オーケストラ


--------------------------------------------------------------------------

フューチャー・ショック★18.フューチャー・ショック
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------

チェンジ・オブ・ハート★17.チェンジ・オブ・ハート
デヴィッド・サンボーン


--------------------------------------------------------------------------

ヘッズ★16.ヘッズ
ボブ・ジェームス


--------------------------------------------------------------------------

 管理人の,いいや“フュージョン・サックス界のアイドル”デヴィッド・サンボーンの『チェンジ・オブ・ハート』がランクイン

 『チェンジ・オブ・ハート』でのデヴィッド・サンボーンは,フュージョン・サックス・プレイヤーの「枠」を飛び越え,世界一のサックス奏者としての「絶対的な自信」が“音の表情”に表われている。

 要はイケイケで無敵の「絶頂期」のデヴィッド・サンボーン・サウンドである。4人のプロデューサーの個性豊かで「強すぎるバック・サウンド」を“サンボーン節”一発で,自分の音としてまとめ上げる高トルクでハイパワー。毎朝,体内にパワーが漲ってくるのだろう。とにかく若々しく,ギラツイタ,メタルなサックスが超カッコイイ。

 『チェンジ・オブ・ハート』の目玉は“ファンキー・サンボーン”の代表曲【CHICAGO SONG】。“夏到来”のテーマ曲【SUMMER】。大バラード曲【THE DREAM】のビッグ3!

 詳しくは書かない。とにもかくにも【CHICAGO SONG】【SUMMER】【THE DREAM】を聴いて,踊り狂い,とめどなく続く感動に大泣きしてほしい。

 『チェンジ・オブ・ハート』からはデヴィッド・サンボーンの「ドヤ顔」が聴こえてくる。そんな愛すべきアルバムである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-2

 「スイングジャーナル」誌,2000年10月号掲載,岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名のジャズ評論家が選んだ「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」。

 2回目の今回はJ−FUSIONのランクイン4作品の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

MY DEAR LIFE★70.マイ・ディア・ライフ
渡辺貞夫


--------------------------------------------------------------------------

CALIFORNIA SHOWER★51.カリフォルニア・シャワー
渡辺貞夫


--------------------------------------------------------------------------

MOBO★39.MOBO(完全版)
渡辺香津美


--------------------------------------------------------------------------

ススト★26.ススト
菊地雅章


--------------------------------------------------------------------------

 J−FUSIONが熱く盛り上がるきっかけとなった渡辺貞夫の『マイ・ディア・ライフ』。FUSION台風の大きな目となった渡辺貞夫の『カリフォルニア・シャワー』。
 そして“帝王”マイルス・デイビスが自分のバンドに欲しがった渡辺香津美の『MOBO(完全版)』とマイルス・デイビスの後継者&ライバルと目された菊地雅章の『ススト』。

 この4枚を語らずしてJ−FUSIONは語れない。…って,全員ジャズメンが演奏するFUSIONばかりですけど…。

 PRISMDIMENSIONNANIWA EXP松岡直也MALTAは入らないとしてもCASIOPEAT−SQUAREが入らないランキングってどうでしょう?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

21世紀に残したいジャズBEST&BEST100 ジャズ・フュージョン名盤篇-1

 この4月,TVをつければ「平成最後の…」という番組の多いこと多いこと。確かに一つの時代が終わるって人生の中でもそうそうあることではないので分からないでもないけども…。

 平成から令和へ。管理人は友人を自宅に招いて食事をし,吉高由里子のドラマ終わりで,そのまま「NEWS23」で元号またぎ。今回,平成31年5月の改元は,年末年始のお約束や1999年から2000年とか2000年から2001年のミレニアムの時ほどの感動はない。

 「平成→令和」以上だった「20世紀→21世紀」→「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100」!
 このシリーズには「アルト・サックス名盤トップ100」「ボーカル名盤トップ100」「ジャズメン・オリジナル名曲篇 名曲ベスト100」「ジャズ・スタンダード名曲篇 名曲ベスト100」などがあったのだが,当時の管理人にとって関心があったのは「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」のランキングのみ!

 シリーズの中で唯一「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」だけはリストをノートに手書きしているのですが,なぜかTOP100の全ては書いていない。
 書いているのはTOP100中のTOP20とTOP100に入っていたJ−FUSIONパット・メセニー関連のみ。当時は21位以下なんてどうでも良かったのでしょうが,令和を迎えた今となっては,気になって気になって夜も眠れない?
 読者の皆さんの中でTOP100を全てご存じの方がおられましたら是非是非,管理人にも教えてくださいませ。

 ちなみに「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」の選者はアマチュアの読者でしたが「21世紀に残したいジャズBEST&BEST100」の選者はプロのジャズ評論家。岩波洋三,大村幸則,小川隆夫,小西啓一,杉田宏樹,高井信成,中条省平,成田正,藤本史昭,村井康司,田中伊佐資,淡谷幸次の12名。

 これからカウントダウンされる「ジャズ・フュージョン名盤篇 名盤ベスト100」のランキングを“どう読むか”はあなた次第です。← 平成っぽいままですね?

 …ということで1回目の今回はパット・メセニーのランクイン4作品の発表です。

--------------------------------------------------------------------------

イマジナリー・デイ★48.イマジナリー・デイ
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

レター・フロム・ホーム★37.レター・フロム・ホーム
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

オフランプ★35.オフランプ
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

スティル・ライフ★10.スティル・ライフ
パット・メセニー・グループ


--------------------------------------------------------------------------

 パット・メセニー好きの管理人としてはECM盤が1枚とは大いに疑問が残る。『イマジナリー・デイ』のランクインは当時の最新作だったからでしょうねっ。
 評論家の皆さん。『ブライト・サイズ・ライフ』『想い出のサン・ロレンツォ』『トラヴェルズ』がそれぞれ101位,102位,103位なのですよね?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-20

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は1〜5位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

バードランドの夜 完全版★5.バードランドの夜 VOL.1 VOL.2
アート・ブレイキー


--------------------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1★4.アート・ペッパー・ミーツ・ザ・
リズム・セクション
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★3.サキソフォン・コロッサス
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー+1★2.カインド・オブ・ブルー
マイルス・デイビス



--------------------------------------------------------------------------------------

ワルツ・フォー・デビイ+4★1.ワルツ・フォー・デビイ
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP5の大発表! ビル・エヴァンスマイルス・デイビスソニー・ロリンズアート・ペッパーアート・ブレイキーの超名盤。もはやどれが1位を取ってもおかしくありません。

 でもでもやっぱりジャズ・ファンは『ワルツ・フォー・デビイ』が好き。ビル・エヴァンスが弾く【ワルツ・フォー・デビイ】が好き。数多くのカヴァーが発売されてきたが,ビル・エヴァンス級で印象に残るのはチック・コリア木住野佳子の【ワルツ・フォー・デビイ】ぐらいなものである。管理人は今の今でもビル・エヴァンスが弾く『ワルツ・フォー・デビイ』に“恋焦がれて”しまっている。

 事実,管理人が『ワルツ・フォー・デビイ』を都合4回も買い換えてしまった。その購入動機はプレゼント用もあったのだが,高音質盤が出たとなると,どうしてもあの感動をもっと深く味わいたくなる!

 やっぱりジャズ・ファンにとっては,ビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビイ』であって【マイ・フーリッシュ・ハート】〜【ワルツ・フォー・デビイ】へと流れる瞬間の美しさ!
 分かっている。それでも「うっとり」してしまう。だ・か・ら「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤」の第1位!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-19

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★10.リターン・トゥ・フォーエヴァー
チック・コリア


--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★9.クール・ストラッティン
ソニー・クラーク


--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★8.バラード
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ★7.ポートレイト・イン・ジャズ
ビル・エヴァンス



--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス★6.サムシン・エルス
キャノンボール・アダレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

 70年代「ジャズフュージョン」の“最高傑作”チック・コリアの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』がTOP10入り。
 順位は10位だが,次点のフュージョン・アルバムとなると,27位にマイルス・デイビスビッチェズ・ブリュー』となるのだから「ぶっち切り」のフュージョン1位である。

 この透明感,爽やかで優雅でブラジリアンで不思議な浮遊体験の通称“カモメ”の『リターン・トゥ・フォーエヴァー』こそ,70年代「ジャズフュージョン」の“最高傑作”にして,チック・コリア個人としての“最高傑作”でもある。

 ピアノ1つでアコースティックエレクトリックを駆け巡るチック・コリアの“天才”が時代を超えて,ますます,愛聴されている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-18

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

フル・ハウス★15.フル・ハウス
ウェス・モンゴメリー


--------------------------------------------------------------------------------------

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・スポットVol.1+1★14.エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・
スポット VOL.1
エリック・ドルフィー


--------------------------------------------------------------------------------------

クッキン★13.クッキン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

スタディ・イン・ブラウン★12.スタディ・イン・ブラウン
クリフォード・ブラウン



--------------------------------------------------------------------------------------

ブルー・トレイン★11.ブルー・トレイン
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェス・モンゴメリーの『フル・ハウス』がランクイン。15位のランクインにほっと胸を撫でおろす。
 なぜなら「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」におけるギタリストのアルバムは,56位の「ジム・ホールアンフェラス協奏曲」以来,久々だったのだから…。

 まぁ,ジャズにおいてギターという楽器は相対的に人気薄。やはりジャズとはトランペットサックスがメイン。
 でも,だからといってギタージャズ的でないとは思わない。理由はウェス・モンゴメリーであり『フル・ハウス』である。

 ウェス・モンゴメリーの「オクターブ奏法」のギターが,あのジョニー・グリフィンテナーサックス,あのウィントン・ケリーピアノ,あのポール・チェンバースベース,あのジミー・コブドラムを圧倒している。
 ウェス・モンゴメリーの「親指ピッキング」のギターが乗りに乗ってドライブしている。ホーン・ライクなギターが歌っている。

 『フル・ハウス』のようなライブ盤を聴かされたら,ジャズギターはマイナー,とは口が裂けても言えなくなる。ウェス・モンゴメリーランクインに喜び以上の安堵感を覚える。

 読者の皆さん。ギター界にもジャズ・ジャイアンツは結構多いんですよっ。早速,チェック&フォロー!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-17

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウェイ・アウト・ウエスト★20.ウェイ・アウト・ウエスト
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガードの夜 Vol.1★19.ビレッジ・バンガードの夜
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

プリーズ・リクエスト★18.プリーズ・リクエスト
オスカー・ピーターソン


--------------------------------------------------------------------------------------

処女航海★17.処女航海
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ VOL.1★16.チャーリー・パーカー・オン・サヴォイ
VOL.1
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

 ソニー・ロリンズの代名詞“ピアノレス”の2枚の名盤ウェイ・アウト・ウエスト』と『ビレッジ・バンガードの夜』がランクイン

 ソニー・ロリンズライブ盤『ビレッジ・バンガードの夜』は『ウェイ・アウト・ウエスト』でのテナートリオの成果である。
 『ウェイ・アウト・ウエスト』でのチャレンジは『ビレッジ・バンガードの夜』でも続いており,1日2ステージの「昼の部と夜の部」ではベーシストドラマーも違うメンバーで演奏されている。
 やっている方向性は確信しているのに,まだまだ可能性を手探りしている。

 『ビレッジ・バンガードの夜』におけるソニー・ロリンズテナーサックスは“アドリブの天才”が爆発しており,異常に張り詰めた空気感が支配するビレッジ・バンガードの“緊張した息遣い”までが聞こえてくる。

 そう。ソニー・ロリンズと2組のリズム・セクション(特にエルヴィン・ジョーンズ)との真剣勝負のその全てが音楽的!
 やはりソニー・ロリンズは“ワンマン”である。ゆえにリズム・セクションは触媒である。
 個性の異なる2組のベースドラムの“音楽”を受け止め,その上で優しく包み込み,アンサンブルを付けていく。

 ソニー・ロリンズの代名詞“ピアノレス”は「テナーサックスの自由度」について語られるが,そうではない。
 何をやっても“音楽”に変えてくれるソニー・ロリンズの“懐に抱かれた”「ベースドラムの自由度」の方が恩恵としては大きいのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-16

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は21〜25位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ★25.サンジェルマンのジャズ・
メッセンジャーズ

アート・ブレイキー&ジャズ・ メッセンジャーズ

--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ★24.クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ
クリフォード・ブラウン


--------------------------------------------------------------------------------------

ケルン・コンサート★23.ケルン・コンサート
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン★22.ヘレン・メリル・ウィズ・
クリフォード・ブラウン

ヘレン・メリル

--------------------------------------------------------------------------------------

キャンディ★21.キャンディ
リー・モーガン


--------------------------------------------------------------------------------------

 「完全即興」のキース・ジャレットソロ・コンサートの中にあって,メロディアスな演奏が“浮雲”のような『ザ・ケルン・コンサート』がランクイン

 体調絶不調のキース・ジャレット本人が『ザ・ケルン・コンサート』でのソロ・ピアノを覚えておらず,マンフレート・アイヒャーの録音テープを聞いて“このピアニストが気に入った”という逸話が残る“神降臨”の美メロの連続!

 大甘だっていいじゃないか! ロマンティックなキース・ジャレットもいいじゃないか! 異端の『ザ・ケルン・コンサート』があるからこそ,厳しくも芸術的なソロ・コンサートが生きてくる!

 良くも悪くも『ザ・ケルン・コンサート』における「完全即興」こそが,キース・ジャレットの“スタンダード”なのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-15

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は26〜30位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ヘヴィー・ウェザー★30.ヘヴィー・ウェザー
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------------------

ブリリアント・コーナーズ★29.ブリリアント・コーナーズ
セロニアス・モンク


--------------------------------------------------------------------------------------

Getz/Gilberto★28.ゲッツ/ジルベルト
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト


--------------------------------------------------------------------------------------

ビッチェズ・ブリュー★27.ビッチェズ・ブリュー
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

ジャイアント・ステップス★26.ジャイアント・ステップス
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポートの“最高傑作”である『ヘヴィー・ウェザー』がなぜ30位なのか? ウェザー・リポート・チルドレンとしては不本意に思った。
 しかし,マイルス・デイビスの『ビッチェズ・ブリュー』をして27位なのだから,フュージョン系の人気薄は仕方がない。

 でも,ジョー・ザビヌルの【バードランド】に,ウェイン・ショーターの【お前のしるし】に,ジャコ・パストリアスの【ティーン・タウン】は,ジャズ・ファンなら必聴ものだと思う。
 そしてフュージョン・バンドならではの【ハルルカン】【パラディアム】【ハヴォナ】の爆発力がカタルシス。

 フュージョンだから聴かない,エレクトリックだから聴かない,では勿体ない! 『ヘヴィー・ウェザー』を抱きしめる時,ウェザー・リポートの“ジャズスピリッツ”が聴こえている!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-14

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は31〜35位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

メロディ・アット・ナイト,ウィズ・ユー★35.メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

静かなるケニー★34.静かなるケニー
ケニー・ドーハム


--------------------------------------------------------------------------------------

モーニン★33.モーニン
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ


--------------------------------------------------------------------------------------

スタン・ゲッツ・プレイズ★32.スタン・ゲッツ・プレイズ
スタン・ゲッツ


--------------------------------------------------------------------------------------

星影のステラ★31.星影のステラ
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの『星影のステラ』がランクイン

 『星影のステラ』の成功があったからこそ,キース・ジャレットトリオライブ盤ばかりをレコーディングするようになったと思う。

 それぐらいの集中力。完全燃焼するアドリブ。こんな解釈で過去にスタンダードが演奏されることがあったであろうか?
 ただし『星影のステラ』は,余りにも完璧で美しすぎた。これは最高レベルの中での優劣の話にあるが,最初から「究極の完成形」を見せられてしまったので,後は「いじる外に道はない」の選択肢の狭さが惜しまれる。

 さて,もう1枚の『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』については,キース・ジャレットソロ・ピアノという紹介よりも,慢性疲労症候群からの「カムバック作」という紹介が優勢であろうが,実際にはカムバックを見据えた演奏にはほど遠い「リハビリ中のリハーサル作」と紹介するのが,より正確なのだと思っている。

 “名盤”『星影のステラ』と“迷盤”『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』が同列の評価であったとはキース・ジャレットのマニアとしては悲しくなってしまった。

 『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』が名盤で有り得る理由は,そのソロ・ピアノキース・ジャレットの指で奏でられているという1点だけであって,仮に「キースキースたる演奏」という理由で評価されるのであれば,ランク外とされた他のキース作品が浮かばれない。

 『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』の信奉者たちよ。復帰作のご祝儀は“天才”キース・ジャレットには非礼にあたる。“ジャズ・ピアニストキース・ジャレットだけを拝聴せよ!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-13

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は36〜40位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・シーン・チェンジズ★40.ザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル


--------------------------------------------------------------------------------------

ソニー・ロリンズ VOL.2★39.ソニー・ロリンズ VOL.2
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

ワード・オブ・マウス★38.ワード・オブ・マウス
ジャコ・パストリアス


--------------------------------------------------------------------------------------

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル VOL.1★37.チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・
ダイアル VOL.1
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

スピーク・ライク・ア・チャイルド★36.スピーク・ライク・ア・チャイルド
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------------------

 「ベース界の革命児」「世界一のベーシスト」であったジャコパスが“ト−タル・ミュージシャン”ジャコ・パストリアスとして才能を示した『ワード・オブ・マウス』。

 『ワード・オブ・マウス』を名盤として受け入れられるまでには,多少の時間が必要である。
 フュージョン好き,そしてウェザー・リポート好きとしては,ベースをメロディ楽器の位置にまで高めた『ジャコ・パストリアスの肖像』であって,アレンジ重視のビッグ・バンドベースを弾いているジャコパスは“ハズレ”に思えた。

 しかし,ジャコパスベースを一週した頃,改めて聴くとガツンと来る。地味に鳴る続ける『ワード・オブ・マウス』の壮大なスケールを描くために準備された「繊細な表現の雲海」を目の当たりにした瞬間に稲妻が走る!
 油絵のようなデッサン力,そして漆塗りの裏地の美意識!

 『ワード・オブ・マウス』抜きにして“ト−タル・ミュージシャン”ジャコ・パストリアスについては語れない。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-12

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は41〜45位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★45.ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

オリジナル・ジェリー・マリガン・カルテット★44.オリジナル・ジェリー・マリガン・
カルテット
ジェリー・マリガン


--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・ステーション★43.ソウル・ステーション
ハンク・モブレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト★42.ラウンド・アバウト・ミッドナイト
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★41.サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』が“まさかの”ランクイン。42位ですって?

 そう。『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』こそが「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」堂々の第2位。流行り廃りの少ないジャズにあって20年間で大暴落とは信じ難い。
 だって『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』は管理人の愛聴盤として,現在まで現役を続けているのだから…。

 タイトル・トラック【’ROUND ABOUT MIDNIGHT】におけるマイルス・デイビスのミュートとギル・エヴァンスがアレンジしたあのブリッジ。これぞ「真夜中のジャズ」。

 この20年間でジャズは,真夜中の音楽から昼間の音楽,へと変化したんだなぁ。実感の賀正です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-11

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は46〜50位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ナウズ・ザ・タイム★50.ナウズ・ザ・タイム
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

My Favorite Things★49.マイ・フェイバリット・シングス
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アフリカン・ピアノ★48.アフリカン・ピアノ
ダラー・ブランド


--------------------------------------------------------------------------------------

Pres & Teddy★47.プレス&テディ
レスター・ヤング


--------------------------------------------------------------------------------------

至上の愛★46.至上の愛
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ジョン・コルトレーンを語る際に“外せない”2枚の名盤が同時ランクイン
 ジョン・コルトレーンの精神世界が美しい芸術として響く『至上の愛』は,ある意味,ジョン・コルトレーンの最高傑作であろう。
 かたやフリージャズに開眼し,今までの自分を破壊し始める『マイ・フェイバリット・シングス』も,ある意味,ジョン・コルトレーンの最高傑作であろう。

 とにかく『至上の愛』と『マイ・フェイバリット・シングス』は“外せない”。この2枚について語れるようになったなら準備OK。いよいよ管理人が考えるジョン・コルトレーンの最高傑作=『バラード』へと進んでいただきたい。

 『バラード』を経験してから再び聴き込む『至上の愛』と『マイ・フェイバリット・シングス』の耽美主義! ジョン・コルトレーンの「フリージャズにして緻密な構成力」に読者の皆さんも開眼する!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-10

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は51〜55位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

スタンダーズ,VOL.1★55.スタンダーズ,VOL.1
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1★54.ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1,VOL.2
オーネット・コールマン

--------------------------------------------------------------------------------------

ウィスパー・ノット★53.ウィスパー・ノット
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

エクスプロレイションズ★52.エクスプロレイションズ
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

レフト・アローン★51.レフト・アローン
マル・ウォルドロン


--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの2枚が同時ランクイン
 『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』では,無敵の強さを誇ったキース・ジャレットの『スタンダーズ,VOL.1』を“完全復活”ののろしを上げた『ウィスパー・ノット』が上回っている。

 実は管理人のキース・ジャレットトリオの1枚は『マイ・フーリッシュ・ハート』が出るまでは,体調や季節の変化に合わせ『アット・ザ・ディア・ヘッド・イン』な時期があるにしろ,長らく『ウィスパー・ノット』が鎮座した。
 それ程までに強烈なスイング感と疾走感。キース・ジャレットが大爆発し,ゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットキースに離されまいとして前がかりになって攻め上がっていく感じが素晴らしい。

 ただし『ウィスパー・ノット』は受けには弱い。その点『スタンダーズ,VOL.1』はじわじわと攻めてくる。
 この「空気感」のニュアンスが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」と『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』の違いなのであろう。

 これと似た理由でのビル・エヴァンスの祝・『エクスプロレイションズ』!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-9

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は56〜60位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェア・レディ★60.マイ・フェア・レディ
シェリー・マン


--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・イン・サンフランシスコ★59.キャノンボール・アダレイ・イン・
サンフランシスコ

キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

ライブ・アット・カーネギー・ホール 1938★58.ライブ・アット・カーネギー・ホール 1938ベニー・グッドマン


--------------------------------------------------------------------------------------

リラクシン★57.リラクシン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

アランフェス協奏曲★56.アランフェス協奏曲
ジム・ホール


--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの『カインド・オブ・ブルー』に匹敵するセールスを誇りながらも,ジャズ・ファンに長らく軽視されてきたシェリー・マンの『マイ・フェア・レディ』がランクイン。あれれ,やっぱり60位だったのね〜。

 でも60位には60位なりの理由があるというもの。演奏は本当に素晴らしい。シェリー・マンの柔軟なドラミングに支えられたアンドレ・プレヴィンピアノが気持ち良くドライブしている。
 楽曲もジャズにおけるミュージカル・ブームの走りとなった『マイ・フェア・レディ』である。そ・こ・が“こっぱずかしい”。

 他のジャズ・マニアに『マイ・フェア・レディ』を愛聴盤とは到底言い難い。大の大人が「お子様ランチ」を到底注文できない心境に似ている。
 そう。『マイ・フェア・レディ』の定説とは「初心者向け」の1枚であり「万人向けの」1枚の筆頭格。
 しか〜し,管理人は知っている。ジャズ・マニアは「お子様ランチ」を部屋にこもって食べながら『マイ・フェア・レディ』をヘッドフォンで聞いているの図。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-8

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は61〜65位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイルストーンズ★65.マイルストーンズ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

テナー・マドネス★64.テナー・マドネス
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

ゴー!★63.ゴー!
デクスター・ゴードン


--------------------------------------------------------------------------------------

ツァラトゥストラはかく語りき★62.ツァラトゥストラはかく語りき
デオタード


--------------------------------------------------------------------------------------

ワイン・ライト★61.ワイン・ライト
グローバー・ワシントンJR.


--------------------------------------------------------------------------------------

 フュージョン黎明期というか,イージーリスニング・ジャズというか,でっ,結局はクロスオーヴァーの大名盤であり,CTIの大名盤である【ツァラトゥストラはかく語りき】が来た。

 【ツァラトゥストラはかく語りき】の成功は徹底的なドジャズの排除にある。昨日までジョン・コルトレーンフリージャズを崇めていたクリード・テイラーが送り出した,売れ線路線のなにが悪い。

 とにかく素晴らしい完成度。今となっては「時代の音」なのかもしれないが,あの「時代の音」を通過しての現在がある。(後追いであるが)デオタードを聴いて育ったから現在のフュージョン大好き管理人がいる。【ツァラトゥストラはかく語りき】が管理人の音楽DNAの一部を作り上げている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-7

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は66〜70位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

The Blanton-Webster Band★70.ザ・ブラントン=ウェブスター・バンド
デューク・エリントン


--------------------------------------------------------------------------------------

枯葉★69.枯葉
サラ・ボーン


--------------------------------------------------------------------------------------

モダン・アート★68.モダン・アート
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

バグス・グルーヴ★67.バグス・グルーブ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

AT BIRDLAND 1961★66.スタン・ゲッツ
スタン・ゲッツ・カルテット


--------------------------------------------------------------------------------------

 アート・ペッパーが追求した“芸術”としてのアドリブの集大成にして永遠の通過点。『モダン・アート』が68位にランクイン

 ランキング結果を目にした時,この順位は低すぎると思ってしまったのだが「徹底的にアドリブで歌う」という,破綻寸前のニュアンスが分かる人だけが投票した結果が68位なのだと思う。

 アルトサックスだとかトランペットだとか,西海岸だとか東海岸だとかそんなことは気にしないアドリブだけを聴き続けるジャズ・マニアの愛聴盤。
 『モダン・アート』に心酔できる人はもっと多いと信じています!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-6

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は71〜75位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウイ・インシスト★75.ウイ・インシスト
マックス・ローチ


--------------------------------------------------------------------------------------

フォア・アンド・モア★74.フォア・アンド・モア
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

ベース・オン・トップ★73.ベース・オン・トップ
ポール・チェンバース


--------------------------------------------------------------------------------------

ポール・ウイナーズ★72.ポール・ウイナーズ
バーニー・ケッセル


--------------------------------------------------------------------------------------

直立猿人★71.直立猿人
チャールス・ミンガス


--------------------------------------------------------------------------------------

 スイングジャーナル好きなわけだし「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」なわけだし,マイルス・デイビスのアルバムが多数ランクインすることは当然として『フォア・アンド・モア』が74位にランクインしたのには驚いた。

 『サムシン・エルス』『カインド・オブ・ブルー』『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』辺りの“アコースティックマイルス”以外は「マイルスとは認めない」のがスイングジャーナルなわけだし“エレクトリックマイルス”の代表作『アガルタ』が91位だったわけだし。

 『フォア・アンド・モア』のランクインを確認してスイングジャーナル誌を再評価した。管理人の同士がまだ日本にも残っていた?
 とにかく「ドバーッ」で「イケイケ」で「ノリ一発」なライブ盤の『フォア・アンド・モア』こそがジャズの真髄であり“大暴れするカタルシス”こそが「帝王」マイルス・デイビスだと思うのだから…。

 読者の皆さんも『フォア・アンド・モア』を聴いて,管理人の同志の1人になってください!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-5

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は76〜80位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

チェット・ベイカー・シングス★80.チェット・ベイカー・シングス
チェット・ベイカー


--------------------------------------------------------------------------------------

ガール・トーク [SHM-CD]★79.ガール・トーク
オスカー・ピーターソン


--------------------------------------------------------------------------------------

アート・テイタム〜ベン・ウェブスター・クァルテット★78.アート・テイタム〜ベン・ウエブスター・
カルテット

アート・テイタム

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・リターン・オブ・アート・ペッパー★77.リターン・オブ・アート・ペッパー
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★76.バド・パウエルの芸術
バド・パウエル


--------------------------------------------------------------------------------------

 ジャズ好きとは,すなわちアドリブ好きなのである。今回のランキングにそのことが顕著に表われている。
 アート・テイタムバド・パウエルオスカー・ピーターソンへの流れもそうだが,チェット・ベイカーアート・ペッパーというウェストコーストジャズの2大巨頭が来ている!

 チェット・ベイカーの“歌う”アドリブが素晴らしく,アート・ペッパーの“命を削る”アドリブが素晴らしい。
 “稀代のインプロバイザー”である前に,ジャズメンであり音楽家なのが最高に素晴らしい。アドリブ好きは“歌”なんだよなぁ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-4

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は81〜85位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

オール・アローン★85.オール・アローン
マル・ウォルドロン


--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス★84.クリフォード・ブラウン・ウィズ・
ストリングス
クリフォード・ブラウン


--------------------------------------------------------------------------------------

ブルース・エット★83.ブルース・エット
カーティス・フラー


--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・トレーン★82.ソウル・トレーン
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アワ・マン・イン・パリ★81.アワ・マン・イン・パリ
デクスター・ゴードン


--------------------------------------------------------------------------------------

 『モーニン』と双璧となるファンキージャズの大名演カーティス・フラーの『ブルース・エット』がランクイン

 『モーニン』もそうであったが『ブルース・エット』の主役も“ゴルソン・ハーモニー”! 『ブルース・エット』における“ゴルソン・ハーモニー”の特長は,ブルース・フィーリングで演奏されるテナーサックストロンボーンの低音域での豊かな“ユニゾン・ハーモニー”!

 巷のジャズ・ファンの中には『ブルース・エット』の成功は,ベニー・ゴルソンがいればトロンボーン奏者は誰でも良かったとのたまうやからが存在するが,このブルース・フィーリング&ハーモニー・センス! カーティス・フラー最高〜!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-3

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は86〜90位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ケリー・ダンサーズ★90.ザ・ケリー・ダンサーズ
ジョニー・グリフィン


--------------------------------------------------------------------------------------

ジュニア★89.ジュニア
ジュニア・マンス


--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Live At The Plugged Nickel 1965★88.コンプリート・ライブ・アット・プラグド・
 ニッケル 1965

マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス★87.モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

グルーヴィー★86.グルーヴィー
レッド・ガーランド


--------------------------------------------------------------------------------------

 「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」の姉妹ランキング=「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」の第2位=レッド・ガーランドの『グルーヴィー』が86位でランクイン。あれれ?

 このランキング結果にレッド・ガーランドの人気没落を実感する。ランキングって恐すぎる〜。

 だ〜って今で言えば上原ひろみ級の大スターだったレッド・ガーランドが,わずか25年で「あの人は何処?」…。『グルーヴィー』のような大名盤が,わずか25年で2位→86位…。

 これだから“提灯野郎”スイングジャーナルの情報は鵜呑みにできない&信用できない。でも読者が選んだ結果なのかぁ。
 1人の元読者として,管理人はレッド・ガーランドの再評価を願っています。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-2

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は91〜95位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ディッピン★95.ディッピン
ハンク・モブレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

ソニー・クラーク・トリオ★94.ソニー・クラーク・トリオ
ソニー・クラーク


--------------------------------------------------------------------------------------

アンダーカレント★93.アンダー・カレント
ビル・エヴァンス & ジム・ホール


--------------------------------------------------------------------------------------

フュエゴ★92.フュエゴ
ドナルド・バード


--------------------------------------------------------------------------------------

アガルタ★91.アガルタ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

 「アガパン」のアガである『アガルタ』がランクイン
 なんで『アガルタ』が91位。なんで「アガパン」のパンである『パンゲア』がランク外?

 電化マイルス信者の神通力が落ちてきた2001年のランキング。このまま地盤沈下していくと「ゴンドワナ大陸」が顔を出す。

 『アガルタ』のマグマ! これぞ大名盤のマグマ!
 フジテレビのパンで好きなのはミオパンでした。陣内〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-1

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は96〜100位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ★100.キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

Trio 99-00★99.トリオ 99→00
パット・メセニー


--------------------------------------------------------------------------------------

4,5 & 6★98.4,5 & 6
ジャッキー・マクリーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アローン★97.アローン
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

ナイト・ライツ★96.ナイト・ライツ
ジェリー・マリガン


--------------------------------------------------------------------------------------

 「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」とはスイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」。
 この投票時期ならではのランキング結果=パット・メセニーグラミー受賞作『トリオ 99→00』がランクイン

 『トリオ 99→00』は永遠の名盤の1つに違いないけども2014年の今,読者アンケートを実施したならランクインは難しい(パット・メセニー・ファンはこぞって『ザ・ウェイ・アップ』に投票すると思うから)?

 その意味で『トリオ 99→00』のランクインが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」の象徴である。さてさて2001年当時の“最新の傑作”がどれくらいランキングをカキマワシテくれているか?に大注目! こうご期待の20回連載!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スーパーカウントダウン(第三弾改め)第四弾 『スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100』

 親愛なる読者の皆さん,こんばんは。
 2014年になりました。本年もセラビー,並びにアドリブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 さて「スーパートリビア」の合言葉は,毎月1日は「スーパーカウントダウン」の日。
 お正月であろうが元旦であろうが,そんなことはほんのちょっとしか気にならない管理人の性格をご存知のことと思います。ですので粛々と…。

 お待たせしました! 「スーパートリビア」のシリーズ化,第三弾がまもなくスタートすることが,本日,正式決定いたしました。

 気になるそのシリーズのタイトルとは…。

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」!

 第三弾以降は「スイングジャーナル」誌ネタのランキングの発表を取り上げます。

 その昔のヘビー・リスナーの覚え書きとして,またこれからモダン・ジャズを聴き始める人たちへの入門編として役立てていただければ幸いです。どうぞお楽しみに!

--------------------------------------------------------------------------------------

 …っと,お正月であろうが元旦であろうが,そんなことはほんのちょっとしか気にならない管理人なのですが,年末には人並みに忘年会を楽しみます。だって楽しいお酒が飲めるんだもん。
 2013年の晦日には花雅美秀理さんと前シリーズ「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」の「TOP10」を10曲続けて聴きました。
 しようしようと思っても中々CD10枚を引っ張り出してはとっかえひっかえ10連続は面倒ですのでこのような機会がなければ無理でした。ありがとうございました。

 そ〜し〜て〜,ここで管理人(花雅美秀理さん)からのクリスマス・プレゼントのご紹介です。是非ご一読ください。

     ・『ジャズに名曲なし。名演あるのみ』―(上)
     ・『ジャズに名曲なし。名演あるのみ』―(中)

 前シリーズ「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」についての明晰な分析に感服させられますよっ。

PS 花雅美秀理さん,お年玉(『ジャズに名曲なし。名演あるのみ』―(下))も待っています。

 アドリブをログするブログ,それがアドリブログ。


人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スーパーカウントダウン第二弾 『MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500』

 お待たせしました! 「スーパートリビア」のシリーズ化,第二弾がまもなくスタートすることが,本日,正式決定いたしました。

 気になるそのシリーズのタイトルとは…。

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」!

 このシリーズも「「SELECT JAZZ WORKSHOP」のオンエア・リストから。
 今回は1986年10月から1987年1月にかけて放送された,特別企画「モダン・ジャズ・オール・リクエスト」に基づくカウントダウンの再発表です。

 その昔のヘビー・リスナーの覚え書きとして,またこれからモダン・ジャズを聴き始める人たちへの入門編として役立てていただければ幸いです。

 引き続きランキングの発表は毎月1日とさせていただきます。
 「スーパートリビア」の合言葉は,毎月1日は「スーパーカウントダウン」の日!
 かなりの長期連載になること確実ですが,末永くお付き合いいただければと思います。どうぞお楽しみに!

 アドリブをログするブログ,それがアドリブログ。


人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スーパーカウントダウン第一弾 『JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31』

 お待たせしました! 「スーパートリビア」のシリーズ化,第一弾がまもなくスタートすることが,本日,正式決定いたしました。

 気になるそのシリーズのタイトルとは…。

JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」!

 このシリーズは,1980年代後半にFM東京系で土曜日の23時にオンエアされていたジャズ番組=「SELECT JAZZ WORKSHOP」でのカウントダウン! その特別企画として放送されたランキングの再発表です。

 その昔のヘビー・リスナーの覚え書きとして,またこれからジャズ・ピアノを聴き始める人たちへの入門編として役立てていただければ幸いです。

 また誠に勝手ながら,アドリブログでは,ランキングの発表日を毎月1日とさせていただきます。
 「スーパートリビア」の合言葉は,毎月1日は「スーパーカウントダウン」の日!
 しばらくはこれで行こうと思っています。どうぞお楽しみに!

 アドリブをログするブログ,それがアドリブログ。


人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.