アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

名盤

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第58回(2015年度)のグラミー賞が本日発表された。

 世間的にはテイラー・スウィフトの3冠であろう。特に「年間最優秀アルバム」の2度の受賞は女性アーティスト史上初の快挙であるが,管理人的には小澤征爾が8回目のグラミー賞・ノミネートで,80歳にしての初受賞は「8度目の正直」!

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード [日本語帯/解説付] [輸入CD]★ Cherokee
Christian McBride, soloist
Track from: Live At The Village Vanguard (Christian McBride Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


フォー・ワン・トゥ・ラヴ★ For One To Love
Cecile McLorin Salvant


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


Past Present★ Past Present
John Scofield


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Thompson Fields★ The Thompson Fields
Maria Schneider Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Made in Brasil★ Made In Brazil
Eliane Elias


----------------------------------------------------------------------------

 パット・メセニーが「グラミー受賞の常連」なのに対して,パット・メセニーのライバルであるジョン・スコフィールドは「無冠の帝王」。この差は何なの? レコード会社の力関係?

 しか〜し,ついにジョン・スコフィールドが「無冠の帝王」を返上する『PAST PRESENT』! ありがとうインパルス

 本当はリキを入れて,この後『PAST PRESENT』を絶賛したいのですが,いかんせん未聴です。すみません。
 ゆえに2年連続グラミー受賞クリスチャン・マクブライドの絶賛に逃げる。が,いかんせんこちらも未聴。どうもすみません。

 「独身貴族」ではなくなって1年半。この間100枚ぐらいしかCDを買えていない。予算縮小の中,いかにしてお気に入りを探すか,がテーマとなっているジャズフュージョン・マニア。
 以前は冗談で書いていたのに,今年からは本気で“グラミーノミネート”を参考に追いかけてみることにしようかなぁ。

 ションボリなのは,主演ミュージカル「王様と私」が受賞を逃した渡辺謙と管理人…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1971年度(第5回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1971年度(第5回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ウェザー・リポート★【金賞】.ウェザー・リポート
ウェザー・リポート


----------------------------------------------------------------------------

Nuits De La Fondation Maeght 1970★【銀賞】.アルバート・アイラー・ラスト・レコーディング VOL.1,2
アルバート・アイラー


----------------------------------------------------------------------------

ブルース・アンド・バラッズ+4★【ボーカル賞】.ブルース・アンド・バラード
カーリン・クローグ&デクスター・ゴードン


----------------------------------------------------------------------------

牡羊座の詩(紙ジャケット仕様)★【日本ジャズ賞】.牡羊座の詩
ニューハード+富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

ROAD★【録音賞(海外)】.
ポール・ウィンター


----------------------------------------------------------------------------


テディ・ウィルソン+北村英治★【録音賞(国内)】.テディ・ウィルソン+北村英治
テディ・ウィルソン+北村英治


----------------------------------------------------------------------------

In Tokyo: Live 1953★【特別企画賞】.JATPイン・トーキョー
40年代のJATP


----------------------------------------------------------------------------

 宮間利之とニューハードが『天秤座の詩』では佐藤允彦と組んで『牡羊座の詩』では富樫雅彦と組んで,2年連続【日本ジャズ賞受賞の快挙。

 確かに佐藤允彦富樫雅彦も【日本ジャズ賞】の常連であるが,今回の「NEW HERD」名義の連続受賞は,佐藤允彦富樫雅彦の力を借りずとも,単独で受賞したであろう,老舗ビッグ・バンドとしての実力の賜物であろう。

 「オリジナルに飢えていた」ビッグ・バンドが,佐藤允彦富樫雅彦の書いたフリージャズに魅了され,佐藤允彦富樫雅彦の「想像を超えた音楽表現」の大傑作。素晴らしき日本ジャズの誇りである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1970年度(第4回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1970年度(第4回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ビッチェズ・ブリュー★【金賞】.ビッチェズ・ブリュー
マイルス・デイビス


----------------------------------------------------------------------------

スーパー・ノヴァ★【銀賞】.スーパー・ノバ
ウエイン・ショーター


----------------------------------------------------------------------------

メル・トーメ・スウィングズ・シューバート・アレイ★【ボーカル賞】.スウィングズ・シューバート・アレイ
メル・トーメ


----------------------------------------------------------------------------

名盤JAZZ25選~紙ジャケ2300 天秤座の詩(紙ジャケット仕様)★【日本ジャズ賞】.天秤座の詩
ニューハード+佐藤允彦


----------------------------------------------------------------------------

Human Music★【録音賞】.ヒューマン・ミュージック
ドン・チェリー


----------------------------------------------------------------------------

 60年代がフリージャズの時代であるならば,70年代はフュージョンの時代である。その幕開けを飾るのが【金賞受賞マイルス・デイビスビッチェズ・ブリュー』!

 別に『ビッチェズ・ブリュー』を聴かずとも,フュージョン名盤を聴くのは楽しいものだ。しかし,フュージョン名盤を漁り続けていると,必らずや『ビッチェズ・ブリュー』に行き当たる。

 そう。フュージョンを語る上で「絶対に外せない名盤」がマイルス・デイビスの『ビッチェズ・ブリュー』である。
 「絶対に負けられない戦いがある」はテレビ朝日である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2015年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Giant StepsJoey Alexander, soloist / Track from: My Favorite Things
☆ CherokeeChristian McBride, soloist / Track from: Live At The Village Vanguard (Christian McBride Trio)
☆ Arbiters Of EvolutionDonny McCaslin, soloist / Track from: The Thompson Fields (Maria Schneider Orchestra)
☆ Friend Or FoeJoshua Redman, soloist / Track from: The Bad Plus Joshua Redman (The Bad Plus Joshua Redman)
☆ Past PresentJohn Scofield, soloist / Track from: Past Present

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Many A New Day: Karrin Allyson Sings Rodgers & HammersteinKarrin Allyson
☆ Find A HeartDenise Donatelli
☆ Flirting With DisasterLorraine Feather
☆ JamisonJamison Ross
☆ For One To LoveCecile McLorin Salvant

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ My Favorite ThingsJoey Alexander
☆ BreathlessTerence Blanchard Featuring The E-Collective
☆ Covered: Recorded Live At Capitol StudiosRobert Glasper & The Robert Glasper Trio
☆ Beautiful LifeJimmy Greene
☆ Past PresentJohn Scofield

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Lines Of ColorGil Evans Project
☆ KolnMarshall Gilkes & WDR Big Band
☆ Cuba: The Conversation ContinuesArturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
☆ The Thompson FieldsMaria Schneider Orchestra
☆ Home Suite HomePatrick Williams

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Made In BrazilEliane Elias
☆ ImpromptuThe Rodriguez Brothers
☆ Suite CaminosGonzalo Rubalcaba
☆ IntercambioWayne Wallace Latin Jazz Quintet
☆ Identities Are ChangeableMiguel Zenon

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1969年度(第3回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1969年度(第3回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

LIBERATION MUSIC ORCHESTRA★【金賞】.リベレーション・ミュージック・オーケストラ
チャーリー・ヘイデン


----------------------------------------------------------------------------

モンタレーのミンガス★【銀賞】.モンタレーのチャーリー・ミンガス
チャールス・ミンガス


----------------------------------------------------------------------------

WE NOW CREATE★【日本ジャズ賞】.ウイ・ナウ・クリエイト
富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

PALLADIUM★【日本ジャズ賞】.パラジウム
佐藤允彦トリオ


----------------------------------------------------------------------------

モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス★【録音賞(海外)】.モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス
ビル・エヴァンス

----------------------------------------------------------------------------

HI-NOLOGY★【録音賞(国内)】.ハイノロジー
日野皓正


----------------------------------------------------------------------------

 今回の「ジャズ・ディスク大賞」をシリーズ化と称して,改めて受賞作に目を通し,耳を通してみて気付いたことがある。

 それは1967年の【金賞】が『ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1』。1968年の【金賞】が『クロイドン・コンサート』。そして1969年の【金賞】が『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』ゆえ,3年連続のフリージャズ

 オーネット・コールマンに代わってチャーリー・ヘイデンなのだから,まだまだフリージャズ旋風が吹き荒れていたとは言えるが,オーネット・コールマン旋風はひとまず落ち着いていた,そう考えていたのだが『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』のライナーノーツを読み返してみて驚いた…。


 そう。『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』の原型とは,オーネット・コールマン抜きの『CRISISオーネット・コールマンカルテット
 実質の【金賞受賞は3年連続となるオーネット・コールマン! オーネット・コールマン強し!
 (チャーリー・ヘイデン・ファンの皆さん,すみません)

PS これと同じことが【日本ジャズ賞受賞の『ウイ・ナウ・クリエイト』と『パラジウム』の富樫雅彦にも言える訳でして…。興味のある読者の皆さんは少し調べてみてください…。そして富樫雅彦もやはりフリージャズであった…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1968年度(第2回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1968年度(第2回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

クロイドン・コンサート★【金賞】.クロイドン・コンサート
オーネット・コールマン


----------------------------------------------------------------------------

ALL ALONE★【銀賞】.オール・アローン
マル・ウォルドロン


----------------------------------------------------------------------------

ページ2[+1]★【日本ジャズ賞】.ページ2
ジョージ大塚


----------------------------------------------------------------------------

ゴールデン・サークルのベンクト・ハルベルク★【録音賞】.ゴールデン・サークルのベンクト・ハルベルク
ベンクト・ハルベルク

----------------------------------------------------------------------------

We Get Requests★【録音賞】.プリーズ・リクエスト
オスカー・ピーターソン


----------------------------------------------------------------------------

 オーネット・コールマン強し! 1967年,1968年と2年連続【金賞】受賞!
 ただし,今でも名盤として語り続けられている『ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1』と比較して『クロイドン・コンサート』は「忘却の彼方」。

 『クロイドン・コンサート』が,流行の音楽だったとは思わない。オーネット・コールマンのディスコグラフィーから抜け落ちているように感じる最大の理由は『クロイドン・コンサート』が,イギリスはロンドンでコンサートを開くための“クラシック”オーネット・コールマンだから。

 そう。イギリスで外国人がコンサートを開くための許可条件は“クラシック”オーネット・コールマン。【SOUNDS AND FORMS FOR WIND QUINTET】は,オーネット・コールマンの“公式”クラシック曲なのである。

 残る7トラックは,得意のフリージャズであり,観客の「理解」に欠けたイギリス公演。日本でも「理解」されなくて当然だと思うのだが,よもやの【金賞】受賞。
 『クロイドン・コンサート』はオーネット・コールマンが“顔”で獲った【金賞】である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1967年度(第1回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1967年度(第1回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ゴールデン・サークルのオーネット・コールマンVOL.1★【金賞】.ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1
オーネット・コールマン

----------------------------------------------------------------------------

エクスプレッション★【銀賞】.エクスプレッション
ジョン・コルトレーン


----------------------------------------------------------------------------

イベリアン・ワルツ★【日本ジャズ賞】.イベリアン・ワルツ
渡辺貞夫&チャーリー・マリアーノ


----------------------------------------------------------------------------

限りなきドラム★【録音賞】.限りなきドラム
マックス・ローチ


----------------------------------------------------------------------------

Consequences Ft Don Cherry & a★【特別企画賞】.フォンタナ・ニュー・ジャズ・シリーズ
[8作]



----------------------------------------------------------------------------

His Mother Called Him Bill★【特別賞】.デューク・エリントン [3作]



----------------------------------------------------------------------------

 1967年当時のジョン・コルトレーンこそが「時代の寵児」であった。マイルス・デイビスを超えるジャズ界のリーダーであった。『EXPRESSION』は,そんなジョン・コルトレーンの“遺作”である。

 しかし,死の5ヶ月前の演奏であって『EXPRESSION』は「死の直前」の遺作ではない。
 ただし「死をどこかで意識した」虚飾を廃し,純粋にインプロビゼーションの完成だけに思いを集中した演奏が,とめどなく美しい。
 ジョン・コルトレーンは,演奏中にいつ死んでもおかしくなかった。それ位にハードすぎる,身を削るフリージャズを先導していた。

 『EXPRESSION』は【銀賞】に値する。尤も,ジョン・コルトレーンのアルバムはその全てが【銀賞】に値する。そう思っている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-20

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は1〜5位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

バードランドの夜 完全版★5.バードランドの夜 VOL.1 VOL.2
アート・ブレイキー


--------------------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1★4.アート・ペッパー・ミーツ・ザ・
リズム・セクション
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★3.サキソフォン・コロッサス
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー+1★2.カインド・オブ・ブルー
マイルス・デイビス



--------------------------------------------------------------------------------------

ワルツ・フォー・デビイ+4★1.ワルツ・フォー・デビイ
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP5の大発表! ビル・エヴァンスマイルス・デイビスソニー・ロリンズアート・ペッパーアート・ブレイキーの超名盤。もはやどれが1位を取ってもおかしくありません。

 でもでもやっぱりジャズ・ファンは『ワルツ・フォー・デビイ』が好き。ビル・エヴァンスが弾く【ワルツ・フォー・デビイ】が好き。数多くのカヴァーが発売されてきたが,ビル・エヴァンス級で印象に残るのはチック・コリア木住野佳子の【ワルツ・フォー・デビイ】ぐらいなものである。管理人は今の今でもビル・エヴァンスが弾く『ワルツ・フォー・デビイ』に“恋焦がれて”しまっている。

 事実,管理人が『ワルツ・フォー・デビイ』を都合4回も買い換えてしまった。その購入動機はプレゼント用もあったのだが,高音質盤が出たとなると,どうしてもあの感動をもっと深く味わいたくなる!

 やっぱりジャズ・ファンにとっては,ビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビイ』であって【マイ・フーリッシュ・ハート】〜【ワルツ・フォー・デビイ】へと流れる瞬間の美しさ!
 分かっている。それでも「うっとり」してしまう。だ・か・ら「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤」の第1位!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-19

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★10.リターン・トゥ・フォーエヴァー
チック・コリア


--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★9.クール・ストラッティン
ソニー・クラーク


--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★8.バラード
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ★7.ポートレイト・イン・ジャズ
ビル・エヴァンス



--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス★6.サムシン・エルス
キャノンボール・アダレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

 70年代「ジャズフュージョン」の“最高傑作”チック・コリアの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』がTOP10入り。
 順位は10位だが,次点のフュージョン・アルバムとなると,27位にマイルス・デイビスビッチェズ・ブリュー』となるのだから「ぶっち切り」のフュージョン1位である。

 この透明感,爽やかで優雅でブラジリアンで不思議な浮遊体験の通称“カモメ”の『リターン・トゥ・フォーエヴァー』こそ,70年代「ジャズフュージョン」の“最高傑作”にして,チック・コリア個人としての“最高傑作”でもある。

 ピアノ1つでアコースティックエレクトリックを駆け巡るチック・コリアの“天才”が時代を超えて,ますます,愛聴されている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-18

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

フル・ハウス★15.フル・ハウス
ウェス・モンゴメリー


--------------------------------------------------------------------------------------

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・スポットVol.1+1★14.エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・
スポット VOL.1
エリック・ドルフィー


--------------------------------------------------------------------------------------

クッキン★13.クッキン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

スタディ・イン・ブラウン★12.スタディ・イン・ブラウン
クリフォード・ブラウン



--------------------------------------------------------------------------------------

ブルー・トレイン★11.ブルー・トレイン
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェス・モンゴメリーの『フル・ハウス』がランクイン。15位のランクインにほっと胸を撫でおろす。
 なぜなら「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」におけるギタリストのアルバムは,56位の「ジム・ホールアンフェラス協奏曲」以来,久々だったのだから…。

 まぁ,ジャズにおいてギターという楽器は相対的に人気薄。やはりジャズとはトランペットサックスがメイン。
 でも,だからといってギタージャズ的でないとは思わない。理由はウェス・モンゴメリーであり『フル・ハウス』である。

 ウェス・モンゴメリーの「オクターブ奏法」のギターが,あのジョニー・グリフィンテナーサックス,あのウィントン・ケリーピアノ,あのポール・チェンバースベース,あのジミー・コブドラムを圧倒している。
 ウェス・モンゴメリーの「親指ピッキング」のギターが乗りに乗ってドライブしている。ホーン・ライクなギターが歌っている。

 『フル・ハウス』のようなライブ盤を聴かされたら,ジャズギターはマイナー,とは口が裂けても言えなくなる。ウェス・モンゴメリーランクインに喜び以上の安堵感を覚える。

 読者の皆さん。ギター界にもジャズ・ジャイアンツは結構多いんですよっ。早速,チェック&フォロー!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-17

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウェイ・アウト・ウエスト★20.ウェイ・アウト・ウエスト
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガードの夜 Vol.1★19.ビレッジ・バンガードの夜
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

プリーズ・リクエスト★18.プリーズ・リクエスト
オスカー・ピーターソン


--------------------------------------------------------------------------------------

処女航海★17.処女航海
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ VOL.1★16.チャーリー・パーカー・オン・サヴォイ
VOL.1
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

 ソニー・ロリンズの代名詞“ピアノレス”の2枚の名盤ウェイ・アウト・ウエスト』と『ビレッジ・バンガードの夜』がランクイン

 ソニー・ロリンズライブ盤『ビレッジ・バンガードの夜』は『ウェイ・アウト・ウエスト』でのテナートリオの成果である。
 『ウェイ・アウト・ウエスト』でのチャレンジは『ビレッジ・バンガードの夜』でも続いており,1日2ステージの「昼の部と夜の部」ではベーシストドラマーも違うメンバーで演奏されている。
 やっている方向性は確信しているのに,まだまだ可能性を手探りしている。

 『ビレッジ・バンガードの夜』におけるソニー・ロリンズテナーサックスは“アドリブの天才”が爆発しており,異常に張り詰めた空気感が支配するビレッジ・バンガードの“緊張した息遣い”までが聞こえてくる。

 そう。ソニー・ロリンズと2組のリズム・セクション(特にエルヴィン・ジョーンズ)との真剣勝負のその全てが音楽的!
 やはりソニー・ロリンズは“ワンマン”である。ゆえにリズム・セクションは触媒である。
 個性の異なる2組のベースドラムの“音楽”を受け止め,その上で優しく包み込み,アンサンブルを付けていく。

 ソニー・ロリンズの代名詞“ピアノレス”は「テナーサックスの自由度」について語られるが,そうではない。
 何をやっても“音楽”に変えてくれるソニー・ロリンズの“懐に抱かれた”「ベースドラムの自由度」の方が恩恵としては大きいのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-16

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は21〜25位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ★25.サンジェルマンのジャズ・
メッセンジャーズ

アート・ブレイキー&ジャズ・ メッセンジャーズ

--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ★24.クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ
クリフォード・ブラウン


--------------------------------------------------------------------------------------

ケルン・コンサート★23.ケルン・コンサート
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン★22.ヘレン・メリル・ウィズ・
クリフォード・ブラウン

ヘレン・メリル

--------------------------------------------------------------------------------------

キャンディ★21.キャンディ
リー・モーガン


--------------------------------------------------------------------------------------

 「完全即興」のキース・ジャレットソロ・コンサートの中にあって,メロディアスな演奏が“浮雲”のような『ザ・ケルン・コンサート』がランクイン

 体調絶不調のキース・ジャレット本人が『ザ・ケルン・コンサート』でのソロ・ピアノを覚えておらず,マンフレート・アイヒャーの録音テープを聞いて“このピアニストが気に入った”という逸話が残る“神降臨”の美メロの連続!

 大甘だっていいじゃないか! ロマンティックなキース・ジャレットもいいじゃないか! 異端の『ザ・ケルン・コンサート』があるからこそ,厳しくも芸術的なソロ・コンサートが生きてくる!

 良くも悪くも『ザ・ケルン・コンサート』における「完全即興」こそが,キース・ジャレットの“スタンダード”なのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-15

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は26〜30位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ヘヴィー・ウェザー★30.ヘヴィー・ウェザー
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------------------

ブリリアント・コーナーズ★29.ブリリアント・コーナーズ
セロニアス・モンク


--------------------------------------------------------------------------------------

Getz/Gilberto★28.ゲッツ/ジルベルト
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト


--------------------------------------------------------------------------------------

ビッチェズ・ブリュー★27.ビッチェズ・ブリュー
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

ジャイアント・ステップス★26.ジャイアント・ステップス
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポートの“最高傑作”である『ヘヴィー・ウェザー』がなぜ30位なのか? ウェザー・リポート・チルドレンとしては不本意に思った。
 しかし,マイルス・デイビスの『ビッチェズ・ブリュー』をして27位なのだから,フュージョン系の人気薄は仕方がない。

 でも,ジョー・ザビヌルの【バードランド】に,ウェイン・ショーターの【お前のしるし】に,ジャコ・パストリアスの【ティーン・タウン】は,ジャズ・ファンなら必聴ものだと思う。
 そしてフュージョン・バンドならではの【ハルルカン】【パラディアム】【ハヴォナ】の爆発力がカタルシス。

 フュージョンだから聴かない,エレクトリックだから聴かない,では勿体ない! 『ヘヴィー・ウェザー』を抱きしめる時,ウェザー・リポートの“ジャズスピリッツ”が聴こえている!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-14

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は31〜35位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

メロディ・アット・ナイト,ウィズ・ユー★35.メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

静かなるケニー★34.静かなるケニー
ケニー・ドーハム


--------------------------------------------------------------------------------------

モーニン★33.モーニン
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ


--------------------------------------------------------------------------------------

スタン・ゲッツ・プレイズ★32.スタン・ゲッツ・プレイズ
スタン・ゲッツ


--------------------------------------------------------------------------------------

星影のステラ★31.星影のステラ
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの『星影のステラ』がランクイン

 『星影のステラ』の成功があったからこそ,キース・ジャレットトリオライブ盤ばかりをレコーディングするようになったと思う。

 それぐらいの集中力。完全燃焼するアドリブ。こんな解釈で過去にスタンダードが演奏されることがあったであろうか?
 ただし『星影のステラ』は,余りにも完璧で美しすぎた。これは最高レベルの中での優劣の話にあるが,最初から「究極の完成形」を見せられてしまったので,後は「いじる外に道はない」の選択肢の狭さが惜しまれる。

 さて,もう1枚の『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』については,キース・ジャレットソロ・ピアノという紹介よりも,慢性疲労症候群からの「カムバック作」という紹介が優勢であろうが,実際にはカムバックを見据えた演奏にはほど遠い「リハビリ中のリハーサル作」と紹介するのが,より正確なのだと思っている。

 “名盤”『星影のステラ』と“迷盤”『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』が同列の評価であったとはキース・ジャレットのマニアとしては悲しくなってしまった。

 『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』が名盤で有り得る理由は,そのソロ・ピアノキース・ジャレットの指で奏でられているという1点だけであって,仮に「キースキースたる演奏」という理由で評価されるのであれば,ランク外とされた他のキース作品が浮かばれない。

 『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』の信奉者たちよ。復帰作のご祝儀は“天才”キース・ジャレットには非礼にあたる。“ジャズ・ピアニストキース・ジャレットだけを拝聴せよ!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第57回(2014年度)のグラミー賞が本日発表された。

 管理人的にはレディー・ガガ&トニー・ベネットデュエット。ネットでパフォーマンス映像を見つけたが,これは見応えがあった。なんだかレディー・ガガにハマリそうで恐い?
 世間的にはサム・スミスが主要3部門を含む4冠達成。しかし話題はサム・スミスではなく,決して素顔を明かさないシーアの背中越しのパフォーマンス一色のようでして…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


トリロジー★ Fingerprints
Chick Corea, soloist
Track from: Trilogy (Chick Corea Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


Beautiful Life★ Beautiful Life
Dianne Reeves


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


トリロジー★ Trilogy
Chick Corea Trio


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


ライフ・イン・ザ・バブル★ Life In The Bubble
Gordon Goodwin's Big Phat Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Offense of the Drum★ The Offense Of The Drum
Arturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

 もはや貫録! チック・コリアの『トリロジー』がダブル受賞!
 チック・コリアクリスチャン・マクブライドブライアン・ブレイドと来れば,受賞しないわけがない?

 そんな“鉄板”な3人が予想通りのまとまりにして,濃密なインタープレイが想像以上にスイングする,もはや「未来永劫,チックのこのピアノ・トリオを超えることができるのか?」的な,ウルトラ・オーソドックス・ピアノ・トリオライブベスト

 『トリロジー』が,チック・コリア本人えり抜きのベスト・テイク集なのだから最上級なのは当然として,気になるのはこのツアーの没テイク。
 きっと没テイク集の『トリロジー 2』なるものが発売されたら『トリロジー 2』がその年のグラミー受賞最有力。『トリロジー 3』であってもノミネートまでは楽勝だと思う。

 そこでチック・コリア様への提言です。
 いっそのこと『COMPLETE TRILOGY LIVE』なるボックス・セットを制作されませんか? チック・コリア・ファンは皆,今から発売予定のない未発表音源集を待ち焦がれているのです!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-13

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は36〜40位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・シーン・チェンジズ★40.ザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル


--------------------------------------------------------------------------------------

ソニー・ロリンズ VOL.2★39.ソニー・ロリンズ VOL.2
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

ワード・オブ・マウス★38.ワード・オブ・マウス
ジャコ・パストリアス


--------------------------------------------------------------------------------------

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル VOL.1★37.チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・
ダイアル VOL.1
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

スピーク・ライク・ア・チャイルド★36.スピーク・ライク・ア・チャイルド
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------------------

 「ベース界の革命児」「世界一のベーシスト」であったジャコパスが“ト−タル・ミュージシャン”ジャコ・パストリアスとして才能を示した『ワード・オブ・マウス』。

 『ワード・オブ・マウス』を名盤として受け入れられるまでには,多少の時間が必要である。
 フュージョン好き,そしてウェザー・リポート好きとしては,ベースをメロディ楽器の位置にまで高めた『ジャコ・パストリアスの肖像』であって,アレンジ重視のビッグ・バンドベースを弾いているジャコパスは“ハズレ”に思えた。

 しかし,ジャコパスベースを一週した頃,改めて聴くとガツンと来る。地味に鳴る続ける『ワード・オブ・マウス』の壮大なスケールを描くために準備された「繊細な表現の雲海」を目の当たりにした瞬間に稲妻が走る!
 油絵のようなデッサン力,そして漆塗りの裏地の美意識!

 『ワード・オブ・マウス』抜きにして“ト−タル・ミュージシャン”ジャコ・パストリアスについては語れない。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-12

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は41〜45位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★45.ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

オリジナル・ジェリー・マリガン・カルテット★44.オリジナル・ジェリー・マリガン・
カルテット
ジェリー・マリガン


--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・ステーション★43.ソウル・ステーション
ハンク・モブレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト★42.ラウンド・アバウト・ミッドナイト
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★41.サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』が“まさかの”ランクイン。42位ですって?

 そう。『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』こそが「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」堂々の第2位。流行り廃りの少ないジャズにあって20年間で大暴落とは信じ難い。
 だって『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』は管理人の愛聴盤として,現在まで現役を続けているのだから…。

 タイトル・トラック【’ROUND ABOUT MIDNIGHT】におけるマイルス・デイビスのミュートとギル・エヴァンスがアレンジしたあのブリッジ。これぞ「真夜中のジャズ」。

 この20年間でジャズは,真夜中の音楽から昼間の音楽,へと変化したんだなぁ。実感の賀正です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2014年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ The Eye Of The HurricaneKenny Barron, soloist / Track from: Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio (Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio)
☆ FingerprintsChick Corea, soloist / Track from: Trilogy (Chick Corea Trio)
☆ You & The Night & The MusicFred Hersch, soloist / Track from: Floating (Fred Hersch Trio)
☆ Recorda MeJoe Lovano, soloist / Track from: The Latin Side Of Joe Henderson (Conrad Herwig Featuring Joe Lovano)
☆ Sleeping GiantBrad Mehldau, soloist / Track from: Mehliana: Taming The Dragon (Brad Mehldau & Mark Guiliana)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Map To The Treasure: Reimagining Laura Nyro(Billy Childs &) Various Artists
☆ I Wanna Be Evil: With Love to Eartha KittRene Marie
☆ Live In NYCGretchen Parlato
☆ Beautiful LifeDianne Reeves
☆ Paris SessionsTierney Sutton

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ LandmarksBrian Blade & The Fellowship Band
☆ TrilogyChick Corea Trio
☆ FloatingFred Hersch Trio
☆ Enjoy The ViewBobby Hutcherson, David Sanborn, Joey DeFrancesco Featuring Billy Hart
☆ All Rise: A Joyful Elegy For Fats WallerJason Moran

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ The L.A. Treasures ProjectThe Clayton-Hamilton Jazz Orchestra
☆ Life In The BubbleGordon Goodwin's Big Phat Band
☆ Quiet Pride: The Elizabeth Catlett ProjectRufus Reid
☆ Live: I Hear The SoundArchie Shepp Attica Blues Orchestra
☆ OverTime: Music Of Bob BrookmeyerThe Vanguard Jazz Orchestra

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ The Latin Side Of Joe HendersonConrad Herwig Featuring Joe Lovano
☆ The Pedrito Martinez GroupThe Pedrito Martinez Group
☆ The Offense Of The DrumArturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
☆ Second HalfEmilio Solla Y La Inestable De Brooklyn
☆ New Throned KingYosvany Terry

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-11

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は46〜50位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ナウズ・ザ・タイム★50.ナウズ・ザ・タイム
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

My Favorite Things★49.マイ・フェイバリット・シングス
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アフリカン・ピアノ★48.アフリカン・ピアノ
ダラー・ブランド


--------------------------------------------------------------------------------------

Pres & Teddy★47.プレス&テディ
レスター・ヤング


--------------------------------------------------------------------------------------

至上の愛★46.至上の愛
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ジョン・コルトレーンを語る際に“外せない”2枚の名盤が同時ランクイン
 ジョン・コルトレーンの精神世界が美しい芸術として響く『至上の愛』は,ある意味,ジョン・コルトレーンの最高傑作であろう。
 かたやフリージャズに開眼し,今までの自分を破壊し始める『マイ・フェイバリット・シングス』も,ある意味,ジョン・コルトレーンの最高傑作であろう。

 とにかく『至上の愛』と『マイ・フェイバリット・シングス』は“外せない”。この2枚について語れるようになったなら準備OK。いよいよ管理人が考えるジョン・コルトレーンの最高傑作=『バラード』へと進んでいただきたい。

 『バラード』を経験してから再び聴き込む『至上の愛』と『マイ・フェイバリット・シングス』の耽美主義! ジョン・コルトレーンの「フリージャズにして緻密な構成力」に読者の皆さんも開眼する!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-10

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は51〜55位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

スタンダーズ,VOL.1★55.スタンダーズ,VOL.1
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1★54.ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1,VOL.2
オーネット・コールマン

--------------------------------------------------------------------------------------

ウィスパー・ノット★53.ウィスパー・ノット
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

エクスプロレイションズ★52.エクスプロレイションズ
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

レフト・アローン★51.レフト・アローン
マル・ウォルドロン


--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの2枚が同時ランクイン
 『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』では,無敵の強さを誇ったキース・ジャレットの『スタンダーズ,VOL.1』を“完全復活”ののろしを上げた『ウィスパー・ノット』が上回っている。

 実は管理人のキース・ジャレットトリオの1枚は『マイ・フーリッシュ・ハート』が出るまでは,体調や季節の変化に合わせ『アット・ザ・ディア・ヘッド・イン』な時期があるにしろ,長らく『ウィスパー・ノット』が鎮座した。
 それ程までに強烈なスイング感と疾走感。キース・ジャレットが大爆発し,ゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットキースに離されまいとして前がかりになって攻め上がっていく感じが素晴らしい。

 ただし『ウィスパー・ノット』は受けには弱い。その点『スタンダーズ,VOL.1』はじわじわと攻めてくる。
 この「空気感」のニュアンスが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」と『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』の違いなのであろう。

 これと似た理由でのビル・エヴァンスの祝・『エクスプロレイションズ』!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-9

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は56〜60位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェア・レディ★60.マイ・フェア・レディ
シェリー・マン


--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・イン・サンフランシスコ★59.キャノンボール・アダレイ・イン・
サンフランシスコ

キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

ライブ・アット・カーネギー・ホール 1938★58.ライブ・アット・カーネギー・ホール 1938ベニー・グッドマン


--------------------------------------------------------------------------------------

リラクシン★57.リラクシン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

アランフェス協奏曲★56.アランフェス協奏曲
ジム・ホール


--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの『カインド・オブ・ブルー』に匹敵するセールスを誇りながらも,ジャズ・ファンに長らく軽視されてきたシェリー・マンの『マイ・フェア・レディ』がランクイン。あれれ,やっぱり60位だったのね〜。

 でも60位には60位なりの理由があるというもの。演奏は本当に素晴らしい。シェリー・マンの柔軟なドラミングに支えられたアンドレ・プレヴィンピアノが気持ち良くドライブしている。
 楽曲もジャズにおけるミュージカル・ブームの走りとなった『マイ・フェア・レディ』である。そ・こ・が“こっぱずかしい”。

 他のジャズ・マニアに『マイ・フェア・レディ』を愛聴盤とは到底言い難い。大の大人が「お子様ランチ」を到底注文できない心境に似ている。
 そう。『マイ・フェア・レディ』の定説とは「初心者向け」の1枚であり「万人向けの」1枚の筆頭格。
 しか〜し,管理人は知っている。ジャズ・マニアは「お子様ランチ」を部屋にこもって食べながら『マイ・フェア・レディ』をヘッドフォンで聞いているの図。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-8

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は61〜65位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイルストーンズ★65.マイルストーンズ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

テナー・マドネス★64.テナー・マドネス
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

ゴー!★63.ゴー!
デクスター・ゴードン


--------------------------------------------------------------------------------------

ツァラトゥストラはかく語りき★62.ツァラトゥストラはかく語りき
デオタード


--------------------------------------------------------------------------------------

ワイン・ライト★61.ワイン・ライト
グローバー・ワシントンJR.


--------------------------------------------------------------------------------------

 フュージョン黎明期というか,イージーリスニング・ジャズというか,でっ,結局はクロスオーヴァーの大名盤であり,CTIの大名盤である【ツァラトゥストラはかく語りき】が来た。

 【ツァラトゥストラはかく語りき】の成功は徹底的なドジャズの排除にある。昨日までジョン・コルトレーンフリージャズを崇めていたクリード・テイラーが送り出した,売れ線路線のなにが悪い。

 とにかく素晴らしい完成度。今となっては「時代の音」なのかもしれないが,あの「時代の音」を通過しての現在がある。(後追いであるが)デオタードを聴いて育ったから現在のフュージョン大好き管理人がいる。【ツァラトゥストラはかく語りき】が管理人の音楽DNAの一部を作り上げている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-7

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は66〜70位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

The Blanton-Webster Band★70.ザ・ブラントン=ウェブスター・バンド
デューク・エリントン


--------------------------------------------------------------------------------------

枯葉★69.枯葉
サラ・ボーン


--------------------------------------------------------------------------------------

モダン・アート★68.モダン・アート
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

バグス・グルーヴ★67.バグス・グルーブ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

AT BIRDLAND 1961★66.スタン・ゲッツ
スタン・ゲッツ・カルテット


--------------------------------------------------------------------------------------

 アート・ペッパーが追求した“芸術”としてのアドリブの集大成にして永遠の通過点。『モダン・アート』が68位にランクイン

 ランキング結果を目にした時,この順位は低すぎると思ってしまったのだが「徹底的にアドリブで歌う」という,破綻寸前のニュアンスが分かる人だけが投票した結果が68位なのだと思う。

 アルトサックスだとかトランペットだとか,西海岸だとか東海岸だとかそんなことは気にしないアドリブだけを聴き続けるジャズ・マニアの愛聴盤。
 『モダン・アート』に心酔できる人はもっと多いと信じています!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-6

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は71〜75位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウイ・インシスト★75.ウイ・インシスト
マックス・ローチ


--------------------------------------------------------------------------------------

フォア・アンド・モア★74.フォア・アンド・モア
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

ベース・オン・トップ★73.ベース・オン・トップ
ポール・チェンバース


--------------------------------------------------------------------------------------

ポール・ウイナーズ★72.ポール・ウイナーズ
バーニー・ケッセル


--------------------------------------------------------------------------------------

直立猿人★71.直立猿人
チャールス・ミンガス


--------------------------------------------------------------------------------------

 スイングジャーナル好きなわけだし「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」なわけだし,マイルス・デイビスのアルバムが多数ランクインすることは当然として『フォア・アンド・モア』が74位にランクインしたのには驚いた。

 『サムシン・エルス』『カインド・オブ・ブルー』『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』辺りの“アコースティックマイルス”以外は「マイルスとは認めない」のがスイングジャーナルなわけだし“エレクトリックマイルス”の代表作『アガルタ』が91位だったわけだし。

 『フォア・アンド・モア』のランクインを確認してスイングジャーナル誌を再評価した。管理人の同士がまだ日本にも残っていた?
 とにかく「ドバーッ」で「イケイケ」で「ノリ一発」なライブ盤の『フォア・アンド・モア』こそがジャズの真髄であり“大暴れするカタルシス”こそが「帝王」マイルス・デイビスだと思うのだから…。

 読者の皆さんも『フォア・アンド・モア』を聴いて,管理人の同志の1人になってください!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-5

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は76〜80位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

チェット・ベイカー・シングス★80.チェット・ベイカー・シングス
チェット・ベイカー


--------------------------------------------------------------------------------------

ガール・トーク [SHM-CD]★79.ガール・トーク
オスカー・ピーターソン


--------------------------------------------------------------------------------------

アート・テイタム〜ベン・ウェブスター・クァルテット★78.アート・テイタム〜ベン・ウエブスター・
カルテット

アート・テイタム

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・リターン・オブ・アート・ペッパー★77.リターン・オブ・アート・ペッパー
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★76.バド・パウエルの芸術
バド・パウエル


--------------------------------------------------------------------------------------

 ジャズ好きとは,すなわちアドリブ好きなのである。今回のランキングにそのことが顕著に表われている。
 アート・テイタムバド・パウエルオスカー・ピーターソンへの流れもそうだが,チェット・ベイカーアート・ペッパーというウェストコーストジャズの2大巨頭が来ている!

 チェット・ベイカーの“歌う”アドリブが素晴らしく,アート・ペッパーの“命を削る”アドリブが素晴らしい。
 “稀代のインプロバイザー”である前に,ジャズメンであり音楽家なのが最高に素晴らしい。アドリブ好きは“歌”なんだよなぁ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-4

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は81〜85位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

オール・アローン★85.オール・アローン
マル・ウォルドロン


--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス★84.クリフォード・ブラウン・ウィズ・
ストリングス
クリフォード・ブラウン


--------------------------------------------------------------------------------------

ブルース・エット★83.ブルース・エット
カーティス・フラー


--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・トレーン★82.ソウル・トレーン
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アワ・マン・イン・パリ★81.アワ・マン・イン・パリ
デクスター・ゴードン


--------------------------------------------------------------------------------------

 『モーニン』と双璧となるファンキージャズの大名演カーティス・フラーの『ブルース・エット』がランクイン

 『モーニン』もそうであったが『ブルース・エット』の主役も“ゴルソン・ハーモニー”! 『ブルース・エット』における“ゴルソン・ハーモニー”の特長は,ブルース・フィーリングで演奏されるテナーサックストロンボーンの低音域での豊かな“ユニゾン・ハーモニー”!

 巷のジャズ・ファンの中には『ブルース・エット』の成功は,ベニー・ゴルソンがいればトロンボーン奏者は誰でも良かったとのたまうやからが存在するが,このブルース・フィーリング&ハーモニー・センス! カーティス・フラー最高〜!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-3

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は86〜90位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ケリー・ダンサーズ★90.ザ・ケリー・ダンサーズ
ジョニー・グリフィン


--------------------------------------------------------------------------------------

ジュニア★89.ジュニア
ジュニア・マンス


--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Live At The Plugged Nickel 1965★88.コンプリート・ライブ・アット・プラグド・
 ニッケル 1965

マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス★87.モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

グルーヴィー★86.グルーヴィー
レッド・ガーランド


--------------------------------------------------------------------------------------

 「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」の姉妹ランキング=「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」の第2位=レッド・ガーランドの『グルーヴィー』が86位でランクイン。あれれ?

 このランキング結果にレッド・ガーランドの人気没落を実感する。ランキングって恐すぎる〜。

 だ〜って今で言えば上原ひろみ級の大スターだったレッド・ガーランドが,わずか25年で「あの人は何処?」…。『グルーヴィー』のような大名盤が,わずか25年で2位→86位…。

 これだから“提灯野郎”スイングジャーナルの情報は鵜呑みにできない&信用できない。でも読者が選んだ結果なのかぁ。
 1人の元読者として,管理人はレッド・ガーランドの再評価を願っています。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-2

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は91〜95位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ディッピン★95.ディッピン
ハンク・モブレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

ソニー・クラーク・トリオ★94.ソニー・クラーク・トリオ
ソニー・クラーク


--------------------------------------------------------------------------------------

アンダーカレント★93.アンダー・カレント
ビル・エヴァンス & ジム・ホール


--------------------------------------------------------------------------------------

フュエゴ★92.フュエゴ
ドナルド・バード


--------------------------------------------------------------------------------------

アガルタ★91.アガルタ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

 「アガパン」のアガである『アガルタ』がランクイン
 なんで『アガルタ』が91位。なんで「アガパン」のパンである『パンゲア』がランク外?

 電化マイルス信者の神通力が落ちてきた2001年のランキング。このまま地盤沈下していくと「ゴンドワナ大陸」が顔を出す。

 『アガルタ』のマグマ! これぞ大名盤のマグマ!
 フジテレビのパンで好きなのはミオパンでした。陣内〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-1

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は96〜100位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ★100.キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

Trio 99-00★99.トリオ 99→00
パット・メセニー


--------------------------------------------------------------------------------------

4,5 & 6★98.4,5 & 6
ジャッキー・マクリーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アローン★97.アローン
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

ナイト・ライツ★96.ナイト・ライツ
ジェリー・マリガン


--------------------------------------------------------------------------------------

 「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」とはスイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」。
 この投票時期ならではのランキング結果=パット・メセニーグラミー受賞作『トリオ 99→00』がランクイン

 『トリオ 99→00』は永遠の名盤の1つに違いないけども2014年の今,読者アンケートを実施したならランクインは難しい(パット・メセニー・ファンはこぞって『ザ・ウェイ・アップ』に投票すると思うから)?

 その意味で『トリオ 99→00』のランクインが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」の象徴である。さてさて2001年当時の“最新の傑作”がどれくらいランキングをカキマワシテくれているか?に大注目! こうご期待の20回連載!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ウェイン・ショーター / グラミー受賞履歴

 昨夜の管理人はどうかしていました。“初耳”テリ・リン・キャリントンの受賞に我を忘れてしまいました。狂喜すべき夜に驚喜だけで終わってしまい,黒霧でお祝いすることを忘れていました。
 大・大・大好きなウェイン・ショーターが10個目のグラミー賞を受賞したというのに…。

 いいや,ショーター様のグラミー受賞なんて日常茶飯事! ウェイン・ショーターがその気になればグラミー賞は毎年GET! 管理人は当たり前すぎて見向きしなかっただけなのです?

 しかし…。マジマジ見ると物足りない。ウェイン・ショーターの実力にグラミー受賞回数が追いついていないではないか!
 ジャズ・メッセンジャーズの音楽監督から始まって,ヴィー・ジェイブルーノートでのソロ。そしてマイルス・バンド〜ウェザー・リポートの“最強名盤”にはウェイン・ショーターが必ず参加していたこの事実!

 まっ,管理人がいくら熱く語ったところで“アウト・オブ・ザ・ワールド”なウェイン・ショーターには関係ないかも? 今年のグラミー受賞ウェイン・ショーターなら「他人事」として喜んでいることと思われます。

 以下が,そんな“宇宙から来た男”ショーター様が,地球で受賞した“心ばかりの”グラミー受賞の履歴(9作品,10回)です。

----------------------------------------------------------------------------

8:30第22回(1979年度)受賞

★タイトル : 8:30
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance, Vocal Or Instrumental
☆Artist Performing Work : Weather Report (Peter Erskine, Jaco Pastorius, Wayne Shorter, Josef Zawinul)

----------------------------------------------------------------------------

Other Side of Round Midnight第30回(1987年度)受賞

★タイトル : Call Sheet Blues
カテゴリー : Best Instrumental Composition
☆Artist Performing Work : Billy Higgins, Herbie Hancock, Ron Carter, Wayne Shorter

----------------------------------------------------------------------------

A Tribute To Miles第37回(1994年度)受賞

★タイトル : A Tribute To Miles
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Herbie Hancock, Ron Carter, Tony Williams, Wallace Roney, Wayne Shorter

----------------------------------------------------------------------------

High Life第39回(1996年度)受賞

★タイトル : High Life
カテゴリー : Best Contemporary Jazz
Performance

----------------------------------------------------------------------------

1+1第40回(1997年度)受賞

★タイトル : Aung San Suu Kyi
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

Heroes第42回(1999年度)受賞

★タイトル : In Walked Wayne
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Alegria第46回(2003年度)受賞

★タイトル : Sacajawea
カテゴリー : Best Instrumental Composition

★タイトル : Alegria
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group

----------------------------------------------------------------------------

ビヨンド・ザ・サウンド・バリアー第48回(2005年度)受賞

★タイトル : Beyond The Sound Barrier
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Wayne Shorter Quartet (Brian Blade, John Patitucci, Danilo Perez, Wayne Shorter)

----------------------------------------------------------------------------

ウィズアウト・ア・ネット第56回(2013年度)受賞

★タイトル : Orbits
カテゴリー : Best Improvised Jazz Solo

----------------------------------------------------------------------------

注1)第30回(1987年度)受賞の「Call Sheet Blues」は『The Other Side Of Round Midnight (Dexter Gordon)』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注2)第40回(1997年度)受賞の「Aung San Suu Kyi」は『1+1』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注3)第42回(1999年度)受賞の「In Walked Wayne」は『Heroes (J.J. Johnson)』収録トラック。

注4)第46回(2003年度)はダブル受賞。「Sacajawea」は『Alegria』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注5)第56回(2013年度)受賞の「Orbits」は『Without A Net』収録トラック。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第56回(2013年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第56回(2013年度)のグラミー賞が本日発表された。
 ダフト・パンクが主要2部門を含む5冠達成もヘルメット・パフォーマンスでダンマリ…。バイオリニストの五嶋みどりさん…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


Without a Net★ Orbits
Wayne Shorter, soloist
Track from: Without A Net (The Wayne Shorter Quartet)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


Liquid Spirit★ Liquid Spirit
Gregory Porter


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


マネー・ジャングル2013★ Money Jungle: Provocative In Blue
Terri Lyne Carrington


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Plays Wlodek Pawlik's Night In Calisia★ Night In Calisia
Randy Brecker, Włodek Pawlik Trio & Kalisz Philharmonic


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Song For Maura★ Song For Maura
Paquito D'Rivera And Trio Corrente


----------------------------------------------------------------------------

 やりました! ウェイン・ショーター,そしてランディ・ブレッカー! 2人の“常連”が今年も受賞したのに一安心!
 というのも管理人が一番注目している「Category 33. Best Jazz Instrumental Album」の受賞者が,全くの初耳=テリ・リン・キャリントンだったから!

 管理人のグラミー賞史上,音源は聞いたことがなくても名前を知らない受賞者は唯の1人もいなかった。ここまで遠い受賞者はテリ・リン・キャリントンが初めてなのだ。
 か〜っ,今年は“ジャズの今”について語れないのです。

 そ・れ・で・以下は掟破りのアマゾンからのテリ・リン・キャリントンマネー・ジャングル2013』のコピペです。

内容紹介
■1963年のデューク・エリントン傑作『マネー・ジャングル』から50年-刺激的(Provocative)に生まれ変わった新たなマネー・ジャングル誕生! JazzWeek.comでもNo.1獲得! 最注目の女性ドラマー,テリ・リン・キャリントン最新作。ジャズ界の超ハンサム・ウーマン,カリスマティック女性ドラマー=テリ・リン・キャリントンが放つ,傑作『マネー・ジャングル』へのオマージュ作品。一聴してテリ・リンの心を鷲掴みにしたこの傑作のもつエネルギーを深く掘り下げ,新たな化学反応をおこしたアルバムがここに誕生! (資本主義へのアンチテーゼとも言えるオリジナルの意図を汲み,スパイス的にマーチン・ルーサー・キングJr.,オバマらのスピーチも加えメッセージをちりばめ,挑戦的な内容。リズ・ライト,ハービー・ハンコック等豪華アーティストをフィーチャー。

メディア掲載レビューほか
女性ジャズ・ドラマー,テリ・リン・キャリントンのアルバム。1963年に発表されたデューク・エリントンの傑作『マネー・ジャングル』から50年を経てリリースするオマージュ作品。資本主義へのアンチテーゼとも言えるオリジナルの意図を汲み,スパイス的にマーチン・ルーサー・キングJr.らのスピーチも加えた挑戦的な内容。

 ふ〜ん。グラミー賞のご祝儀=“ポチッ”。テリ・リン・キャリントンさん,これから仲良くお願いしま〜す。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スーパーカウントダウン(第三弾改め)第四弾 『スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100』

 親愛なる読者の皆さん,こんばんは。
 2014年になりました。本年もセラビー,並びにアドリブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 さて「スーパートリビア」の合言葉は,毎月1日は「スーパーカウントダウン」の日。
 お正月であろうが元旦であろうが,そんなことはほんのちょっとしか気にならない管理人の性格をご存知のことと思います。ですので粛々と…。

 お待たせしました! 「スーパートリビア」のシリーズ化,第三弾がまもなくスタートすることが,本日,正式決定いたしました。

 気になるそのシリーズのタイトルとは…。

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」!

 第三弾以降は「スイングジャーナル」誌ネタのランキングの発表を取り上げます。

 その昔のヘビー・リスナーの覚え書きとして,またこれからモダン・ジャズを聴き始める人たちへの入門編として役立てていただければ幸いです。どうぞお楽しみに!

--------------------------------------------------------------------------------------

 …っと,お正月であろうが元旦であろうが,そんなことはほんのちょっとしか気にならない管理人なのですが,年末には人並みに忘年会を楽しみます。だって楽しいお酒が飲めるんだもん。
 2013年の晦日には花雅美秀理さんと前シリーズ「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」の「TOP10」を10曲続けて聴きました。
 しようしようと思っても中々CD10枚を引っ張り出してはとっかえひっかえ10連続は面倒ですのでこのような機会がなければ無理でした。ありがとうございました。

 そ〜し〜て〜,ここで管理人(花雅美秀理さん)からのクリスマス・プレゼントのご紹介です。是非ご一読ください。

     ・『ジャズに名曲なし。名演あるのみ』―(上)
     ・『ジャズに名曲なし。名演あるのみ』―(中)

 前シリーズ「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」についての明晰な分析に感服させられますよっ。

PS 花雅美秀理さん,お年玉(『ジャズに名曲なし。名演あるのみ』―(下))も待っています。

 アドリブをログするブログ,それがアドリブログ。


人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第56回(2013年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2013年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Don't RunTerence Blanchard, soloist / Track from: Magnetic
☆ Song For MauraPaquito D'Rivera, soloist / Track from: Song For Maura (Paquito D'Rivera And Trio Corrente)
☆ Song Without Words #4: DuetFred Hersch, soloist / Track from: Free Flying (Fred Hersch And Julian Lage)
☆ Stadium JazzDonny McCaslin, soloist / Track from: Casting For Gravity
☆ OrbitsWayne Shorter, soloist / Track from: Without A Net (The Wayne Shorter Quartet)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ The World According To Andy BeyAndy Bey
☆ AttachmentsLorraine Feather
☆ Liquid SpiritGregory Porter
☆ WomanChildCecile McLorin Salvant
☆ After BlueTierney Sutton

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ Guided TourThe New Gary Burton Quartet
☆ Money Jungle: Provocative In BlueTerri Lyne Carrington
☆ Life ForumGerald Clayton
☆ Pushing The World AwayKenny Garrett
☆ Out HereChristian McBride Trio

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Brooklyn BablyonDarcy James Argue's Secret Society
☆ Night In CalisiaRandy Brecker, Wlodek Pawlik Trio & Kalisz Philharmonic
☆ Wild BeautyBrussels Jazz Orchestra Featuring Joe Lovano
☆ March SublimeAlan Ferber
☆ IntradaDave Slonaker Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ La Noche Mas LargaBuika
☆ Song For MauraPaquito D'Rivera And Trio Corrente
☆ YoRoberto Fonseca
☆ EggunOmar Sosa
☆ Latin Jazz-Jazz LatinWayne Wallace Latin Jazz Quintet

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-96

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回はお待たせしました。栄光のTOP5の大発表!

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェイヴァリット・シングス★5.MY FAVORITE THINGS
MY FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★4.ST. THOMAS
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

Waltz for Debby★3.WALTZ FOR DEBBY
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Round About Midnight★2.'ROUND MIDNIGHT
'ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス★1.AUTUMN LEAVES
SOMETHIN' ELSE
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP5の大発表! キャノンボール・アダレイマイルス・デイビスビル・エヴァンスソニー・ロリンズジョン・コルトレーンの代表トラック。もはやどれが1位を取ってもおかしくなんかありません。

 でもでもやっぱりジャズ・ファンは【枯葉】が好き。マイルス・デイビスが吹く【枯葉】が好き。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,キース・ジャレットチック・コリアの【枯葉】が誕生した。
 マイルス・デイビスの【枯葉】が決定版の出来栄えだからこそ,武骨なビル・エヴァンスウイントン・ケリーの【枯葉】が誕生し,マイルス自身の『イン・ベルリン』『イン・ヨーロッパ』が誕生した。そして今夜もまた世界のどこかで【枯葉】が…。

 2014年の今もって投票したら同じ結果になることでしょう。いいや,30年振りの「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」は“日本のキャノンボール・アダレイ”こと矢野沙織
 管理人的には矢野沙織の【コンファメーション】が永遠のナンバーワンなのです。

 長期連載96ヶ月。毎月毎月感想をメールで送ってくださった,のぶひでさんにも感謝感謝。その他900名の読者の皆さんにも感謝感謝。皆さん,8年間のご愛読ありがとうございました。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-95

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★10.COOL STRUTTIN'
COOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

モーニン★9.MOANIN'
MOANIN'
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・シーン・チェンジズ★8.CLEOPATRA'S DREAM
THE AMAZING BUD POWELL VOL.5
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★7.MORITAT
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

Kind of Blue★6.SO WHAT
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP10の大発表! マイルス・デイビスソニー・ロリンズバド・パウエルアート・ブレイキーソニー・クラークの代表トラック。もはやどれが1位を取ってもおかしくなんかありません。

 そういう訳で管理人の私的ピックアップは音楽性以外。【クール・ストラッティン】が10位とは“世界一のジャズ大国”日本ならでは。紹介のされ方もソニー・クラークがうんぬん以上にジャケット写真の“おみあし”押し。全てが素晴らしいのでありました。

 『サキコロ』からは【モリタート】がランクイン。『サキコロ』自体が全曲大名演なのだが,このランキングはLP全盛期を経験したジャズ喫茶のマスター・セレクション
 とりわけA面1曲目の【セント・トーマス】か,B面1曲目の【モリタート】のどちらの盤面を先にかけるかを迷ったという都市伝説。なぁんだ【モリタート】の方じゃん。
 …と【モリタート】派の『サキコロ』ファンの皆さんは来月の1日まで喜びを噛みしめていてくださ〜い。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-94

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション★15.YOU'D SO NICE TO COME HOME
TO
ART PEPPER MEETS THE RHYTHM
SECTION
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルー・トレイン★14.BLUE TRAIN
BLUE TRAIN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

至上の愛★13.A LOVE SUPREME
A LOVE SUPREME
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ★12.AUTUMN LEAVES
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Maiden Voyage★11.MAIDEN VOYAGE
MAIDEN VOYAGE
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

 ハービー・ハンコックの【処女航海】がランクイン。「えっ,なんで11位」&「おっ,やっぱり11位」。意外でもあり納得でもある。

 …というのも管理人の【処女航海】の『処女航海』は「無難な船出」。その後,ハービー・ハンコックの『処女航海』は,台風に遭遇し,自然の前には自分が無力であることを思い知らされるものの,難船を生き延び,イルカのダンスに歓喜する。
 
 【処女航海】の“センスの良さとコンセプトの新鮮さ”に気付いたのは,航海も終盤になってから。マイルスピアニスト時代とも,ヘッド・ハンターズ時代とも,ブラック・ファンク時代とも,現在のアグレッシブなハービー・ハンコックとも違いすぎる。

 ハービー・ハンコックの「特別な時代」の【処女航海】。これぞ新主流派を代表する名演である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-93

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

タイム・アウト★20.TAKE FIVE
TIME OUT
デイヴ・ブルーベック

--------------------------------------------------------------------------------------

サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム★19.SOMEDAY MY PRINCE WILL
COME
SOMEDAY MY PRINCE WILL
COME
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Milestones★18.MILESTONES
MILESTONES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ワルツ・フォー・デビイ★17.MY FOOLISH HEART
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Left Alone★16.LEFT ALONE
LEFT ALONE
マル・ウォルドロン

--------------------------------------------------------------------------------------

 マル・ウォルドロンの【レフト・アローン】がランクイン。【レフト・アローン】に“嗚咽”してしまう。“悲しみで掻きむしる”強烈なパワーが秘められている。

 ジャッキー・マクリーンの“すすり泣き”にも等しい“枯れた”サックスの味わい。
 そう。伝えようとする“その何か”は定かではないのだが,それでも“その何か”を必死に伝えようとする,ジャッキー・マクリーンの“内省的な熱情”だけは,痛いほど伝わってくるのである。

 結果論ではあるが【レフト・アローン】のサックス奏者はジャッキー・マクリーン以外には考えられない。
 ジャッキー・マクリーンアルト・サックスについては批評したくない。正直,どこかをいじると全体のバランスが崩れそうで恐いのだ。
 それで管理人の中では,この演奏が“頭のテッペンから足の先まで”パーフェクトと信じて疑わないことに決めている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-92

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は21〜25位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Concert★25.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE
THE LAST CONCERT
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Date★24.YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
LAST DATE
エリック・ドルフィ

--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★23.SAY IT
BALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

クッキン★22.MY FUNNY VALENTINE
COOKIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ケルン・コンサート [SHM-CD]★21.THE KOLN CONCERT
THE KOLN CONCERT
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

 「完全即興」のキース・ジャレットソロ・コンサートの中にあって,メロディアスな演奏が“浮雲”のような『ザ・ケルン・コンサート』がランクイン

 体調絶不調のキース・ジャレット本人が『ザ・ケルン・コンサート』でのソロ・ピアノを覚えておらず,マンフレート・アイヒャーの録音テープを聞いて“このピアニストが気に入った”という逸話が残る“神降臨”の美メロの連続!

 大甘だっていいじゃないか! ロマンティックなキース・ジャレットもいいじゃないか! 異端の『ザ・ケルン・コンサート』があるからこそ,厳しくも芸術的なソロ・コンサートが生きてくる!

 良くも悪くも『ザ・ケルン・コンサート』における「完全即興」こそが,キース・ジャレットの“スタンダード”なのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-91

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は26〜30位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Giant Steps★30.GIANT STEPS
GIANT STEPS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

BLUES-ETTE★29.FIVE SPOT AFTER DARK
BLUES-ETTE
カーティス・フラー

--------------------------------------------------------------------------------------

Bags Groove★28.BAG'S GROOVE (TAKE 1)
BAG'S GROOVE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Sonny Clark Trio★27.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE
SONNY CLARK TRIO
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

Django★26.DJANGO
DJANGO
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

 【モーニン】と双璧となるファンキージャズの大名演カーティス・フラーの【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】がランクイン

 【モーニン】もそうであったが【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】の主役も“ゴルソン・ハーモニー”! 【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】における“ゴルソン・ハーモニー”の特長は,ブルース・フィーリングで演奏されるテナーサックストロンボーンの低音域での豊かな“ユニゾン・ハーモニー”!

 巷のジャズ・ファンの中には【ファイブ・スポット・アフター・ダーク】の成功は,ベニー・ゴルソンがいればトロンボーン奏者は誰でも良かったとのたまうやからが存在するが,このブルース・フィーリング&ハーモニー・センス! カーティス・フラー最高〜!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-90

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は31〜35位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Groovy★35.C JAM BLUES
GROOVY
レッド・ガーランド

--------------------------------------------------------------------------------------

直立猿人★34.PITHECANTROPUS ERECTUS
PITHECANTROPUS ERECTUS
チャールズ・ミンガス

--------------------------------------------------------------------------------------

アンダーカレント [HQCD]★33.MY FUNNY VALENTINE
UNDERCURRENT
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1★32.FIRE WALTZ
AT THE FIVE SPOT VOL.1
エリック・ドルフィ

--------------------------------------------------------------------------------------

サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズVol.2★31.MOANIN'
AU CLUB SAINT-GERMAIN
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

 えっ,よもやの衝撃。なんとレッド・ガーランドの【C JAM BLUES】が35位でランクイン。これはきっとAKB総選挙の速報でたかみな,こじはる,麻里子さま,ともちんが下位に沈んだのと同じ構図?=きっと誰かが入れるもん?

 そう。「MODERN JAZZ BEST SELECTION」の前身「JAZZ PIANO BEST SELECTION」で2位に輝いた『GROOVY』の看板チューンにしてレッド・ガーランドの代表曲。
 てっきり神7入りは堅いと思っていましたので…。【C JAM BLUES】の35位は定番ゆえの油断なのだと思います。

 さて,本家そっちのけで注目しているAKB総選挙。大島優子ファンの皆さん,油断は厳禁ですよっ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-89

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は36〜40位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン★40.MY ONE AND ONLY LOVE
JOHN COLTRANE AND JOHNNY
HARTMAN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

リー・モーガン Vol.3★39.I REMEMBER CLIFFORD
LEE MORGAN VOL.3
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

セルフレスネス・フィーチャリング・マイ・フェイヴァリット・シングス★38.MY FAVORITE THINGS
SELFLESSNESS FEATURING MY
FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー★37.BLUE IN GREEN
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・サイドワインダー★36.THE SIDEWINDER
THE SIDEWINDER
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

 リー・モーガンの【アイ・リメンバー・クリフォード】と【ザ・サイドワインダー】が同時ランクイン
 そう。リー・モーガンの「過去と未来の」代表曲である。

 クリフォード・ブラウンの後継者と目されたリー・モーガンブルーノート最大のヒットを放ったリー・モーガン
 ハード・バップを吹いてもジャズ・ロックを吹いても“艶やかな”トランペットリー・モーガン

 ジャズは不良の音楽である。ラッパは不良の楽器である。
 そう。リー・モーガンこそがジャズの“花形”である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-88

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は41〜45位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★45.YOU DON'T KNOW WHAT LOVE ISSAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

ディッピン★44.RECADO BOSSA NOVA
DIPPIN'
ハンク・モブレー

--------------------------------------------------------------------------------------

Bitches Brew★43.BITCHES BREW
BITCHES BREW
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

セロニアス・ヒムセルフ★42.'ROUND MIDNIGHT
THELONIOUS HIMSELF
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

ケリー・ブルー★41.KELLY BLUE
KELLY BLUE
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ハンク・モブレーの【RECADO BOSSA NOVA】とマイルス・デイビスの【BITCHES BREW】。
 この2トラックは,それぞれハンク・モブレーを「超えた代表曲」でありマイルス・デイビスを「超えた代表曲」である。「時代の代表曲」なのである。

 この2トラックがこんなに上位に入るとは意外であった。無論,演奏は素晴らしい。一票入れたくなる気持ちも分かる。ただし,こんな上位にランクインさせてしまっては,ハンク・モブレー・ファンにもマイルス・デイビス・ファンにも無礼なことだと思ってしまう。

 もしやハンク・モブレー最初の一枚として『ディッピン』を聴いてしまったら勿体ない色眼鏡。もしやマイルス・デイビス最初の一枚として『ビッチェズ・ブリュー』を聴いてしまったら勿体ない色眼鏡。ああ勿体ない。

 ジャズ初心者の読者の皆さん。ショートケーキのイチゴは一番最後に食べますか? そうでしたら『ディッピン』と『ビッチェズ・ブリュー』はディスコグラフィの一番最後ら辺で聴いてみてください。きっと幸せになれます。きっと管理人の真意が分かります!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-87

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は46〜50位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

インタープレイ★50.YOU AND THE NIGHT AND THE
MUSIC
INTERPLAY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★50.BLUE MINOR
COOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

The Miles Davis All Stars: Walkin'★49.WALKIN'
WALKIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

スターダスト★48.STARDUST
STARDUST
ライオネル・ハンプトン

--------------------------------------------------------------------------------------

ケリー・ブルー★47.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE
KELLY BLUE
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

スケッチ・オブ・スペイン(レガシー・エディション)★46.CONCIERTO DE ARANJUEZ
SKETCHES OF SPAIN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

 先月はジム・ホールの【アランフェス協奏曲】。今月はマイルス・デイビスの【アランフェス協奏曲】。全くアプローチの異なる2つの【アランフェス協奏曲】がランクイン
 このどちらかの【アランフェス】を選べというのは大難題。管理人もジャズ喫茶のマスターたちと同じくジム・ホールマイルス・デイビスの両方とも推したいと思う。

 あっ,今月はマイルス・デイビスの【アランフェス】でしたね。
 ギル・エヴァンスのオーケストラとモードを追及した『スケッチ・オブ・スペイン』の中にあって【アランフェス協奏曲】だけは,スペインではなくアフリカのポリリズムであり,マイルス・デイビス一流の“ブルース”である。

 この陰影なのに色彩感=クラシック×ブルース÷2=ジャズマイルス・デイビス

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第55回(2012年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第55回(2012年度)のグラミー賞が本日発表された。
 今年のグラミーが本命不在の大混戦の中,FUN.が主要2冠に輝き,日本のローランドのMIDIが「グラミー技術賞」受賞に沸きましたね。

 今年はWOWOWのグラミー賞授賞式の生中継を見たのですが,グラミー賞だから見られるコラボレーション・ライブ! エルトン・ジョンとエド・シーラン,マルーン5とアリシア・キーズ,ブルーノ・マーズとスティングのステージは流石でしたねっ。
 チック・コリアによるデイヴ・ブルーベックへの追悼ライブTAKE FIVE】が最高!(って,実は見逃してしまいましたけど)
 本当は露出した女優さんがもっと見れたら良かったのに? まっ,滝クリがきれいだったから見て良かったです。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


ホット・ハウス★ Hot House
Gary Burton & Chick Corea, soloists
Track from: Hot House

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


ラジオ・ミュージック・ソサイエティ★ Radio Music Society
Esperanza Spalding


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


ユニティ・バンド★ Unity Band
Pat Metheny Unity Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Dear Diz: Everyday I Think of You★ Dear Diz (Every Day I Think Of You) /
Arturo Sandoval


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


¡Ritmo!★ !Ritmo!
The Clare Fischer Latin Jazz Big Band


----------------------------------------------------------------------------

 ヤッターッ,パット・メセニーグラミー賞復活!
 実に『THE WAY UP』以来7年振り。常連だったパット・メセニーとしては長かったですね〜。

 現在最強のコンテンポラリー・ジャズ・バンド=『UNITY BAND』の出来なら当然の結果だと思うのですが,クリス・ポッターフィーチャリングで『80/81』や『SONG X』寄りのJAZZY臭がプンプン。

 そう。今年のグラミー受賞は,いつものパット・メセニー・グループではなくユニティ・バンドでの受賞。この違いは大きい。このままジャズ寄りに進むのか? それとも以前のフュージョン路線へ戻るのか? どちらにしても「メセニーメセニー」の言葉で一喝されてしまいそうだが,今後の音造りに興味津々な管理人!

 そして,やっぱりチック・コリア! 恐れ入りました〜!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-86

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は52〜54位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

コンコルド★54.SOFTRY, AS IN A MORNING
SUNRISE
CONCORDE
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★54.DEEP NIGHT
COOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・ヴァレンタイン(紙ジャケット仕様)★53.STELLA BY STARLIGHT
MY FUNNY VALENTINE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

アランフェス協奏曲★52.CONCIERTO DE ARANJUEZ
CONCIERTO
ジム・ホール

--------------------------------------------------------------------------------------

 こんなランキングがあってもよいのだろうか? 偶然にしても出来すぎのマイナー調・ジャズがズラリである。
 “泣く子も黙る”モダン・ジャズ・カルテット。『クール・ストラッティン』のなかでも2管の端正なハーモニー。“ムーディーな”マイルス・デイビス。そして「いぶし銀」のジム・ホールの【アランフェス協奏曲】。

 この4トラックはジャズ中のジャズ名演ジャズの「宝物」。しかしこの4トラックをクラシック・ファンへ捧げたいと思ってしまう。

 ジャズとクラシック。永遠のライバルにして永遠のお友達。この4トラックの“試金石”でクラシック・ファンへ大パンチ。さてさて,どんなボディ・ブローが返ってくることやら? クラシック・ファンが語る感想の中にジャズの魅力が詰まっている!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-85

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は56〜60位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Flight to Denmark★60.NO PROBLEM
FLIGHT TO DENMARK
デューク・ジョーダン

--------------------------------------------------------------------------------------

Relaxin With the Miles Davis Quintet★59.IF I WERE A BELL
RELAXIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

イン・コンサート〜コンプリート・ヴァージョン★58.JORDU
MAX ROACH & CLIFFORD BROWN IN
CONCERT
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

エクスプロレイションズ+2★57.NADIS
EXPLORATIONS
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

テイキン・オフ+3★56.WATERMELON MAN
TAKIN' OFF
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

 本当はビル・エヴァンスハービー・ハンコックを取り上げたい気分であるが,今日は新年一発目! ここはマイルス・デイビスの【IF I WERW A BELL】がふさわしい。
 そう。カウントでの指パッチンとベルの音〜! これぞ『リラクシン』の真骨頂! お正月〜(除夜の鐘では決してありませぬ)!

 マイルス・デイビスが大手コロンビアへと移籍するためにプレスティッジとの契約を満了するべく行われた,かの有名なマラソン・セッション4部作の一枚『リラクシン』収録。
 マラソン・セッションはテープ垂れ流しの録音スタイルも世に知られるところが,この『リラクシン』のリラックス。実にレコーディングなんて,ちょちょいのちょい? 中だるみの時間帯の演奏集?

 【IF I WERW A BELL】は,マイルス・デイビスミュートトランペットが王様なのだが,ハイライトはポール・チェンバースウォーキングベースレッド・ガーランドのブロック・コードとシングル・トーン! お正月のお供に!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第55回(2012年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2012年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 昨年も触れましたがグラミー賞にも変革の時期が訪れたようで,あたまぁ,今年もいろいろと変更が加えられています。
ジャズの受賞部門も「4→5」へと変更(『BEST LATIN JAZZ ALBUM』部門復活)。
・『CATEGORY 32.BEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUM』のノミネート数が「6→5」へと変更。
・『CATEGORY 34.BEST LARGE ENSEMBLE ALBUM』のノミネート数が「5→3」へと変更。

 ところで昨日のレコード大賞…。まゆゆ受賞おめでとう〜。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Cross RoadsRavi Coltrane, soloist / Track from: Spirit Fiction
☆ Hot HouseGary Burton & Chick Corea, soloists / Track from: Hot House
☆ Alice In WonderlandChick Corea, soloist / Track from: Further Explorations (Chick Corea, Eddie Gomez & Paul Motian)
☆ J. MacKenny Garrett, soloist / Track from: Seeds From The Underground
☆ OdeBrad Mehldau, soloist / Track from: Ode (Brad Mehldau Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Soul ShadowsDenise Donatelli
☆ 1619 Broadway: The Brill Building ProjectKurt Elling
☆ LiveAl Jarreau (And The Metropole Orkest)
☆ The Book Of ChetLuciana Souza
☆ Radio Music SocietyEsperanza Spalding

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ Further ExplorationsChick Corea, Eddie Gomez & Paul Motian
☆ Hot HouseChick Corea & Gary Burton
☆ Seeds From The UndergroundKenny Garrett
☆ Blue MoonAhmad Jamal
☆ Unity BandPat Metheny Unity Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Centennial: Newly Discovered Works Of Gil EvansGil Evans Project
☆ For The MomentBob Mintzer Big Band
☆ Dear Diz (Every Day I Think Of You)Arturo Sandoval

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Flamenco SketchesChano Dominguez
☆ !Ritmo!The Clare Fischer Latin Jazz Big Band
☆ MultiverseBobby Sanabria Big Band
☆ Duos IIILuciana Souza
☆ New Cuban ExpressManuel Valera New Cuban Express

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-84

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は61〜64位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン★64.IN A SENTIMENTAL MOOD
DUKE ELLINGTON & JOHN COLTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー★66.FLAMENCO SKETCHES
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ワーキン★63.IT NEVER ENTERED MY MIND
WORKIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ+1★62.SOMEDAY MY PRINCE WILL
COME
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

エクスプロレイションズ+2★61.ISRAEL
EXPLORATIONS
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンスの2曲がランクイン。【いつか王子様が】と【イスラエル】である。共にスコット・ラファロポール・モチアンを擁する”伝説の”ピアノ・トリオによる名演である。

 この結果に驚いたりはしないのだが,この2曲が共にスタジオ録音なのが興味深い。スタジオ録音ならではの繊細なアレンジにしてこの抑制美。共にどっぷりと,一旦自分の内なる世界に沈み込んで掴んだリリカルな節回し。

 “張り切りすぎ”の『ポートレイト・イン・ジャズ』と“落ち着きすぎ”の『エクスプロレイションズ』の対称的なキャラクターが,これまた興味をそそるんだよなぁ。
 もっと書き連ねたい衝動に駆り立てられるが,ここは管理人もエヴァンスに倣って,一旦自分の内なる世界に沈み込んで…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-83

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は66〜70位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Coltrane: Rudy Van Gelder Series★70.VIOLETS FOR YOUR FURS
COLTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

A NIGHT IN TUNISIA★70.A NIGHT IN TUNISIA
A NIGHT IN TUNISIA
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

1958マイルス★69.ON GREEN DOLPHIN STREET
1958 MILES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Blue Train★68.MOMENT'S NOTICE
BLUE TRAIN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

スタディ・イン・ブラウン(紙ジャケット仕様)★67.CHEROKEE
STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー★66.ALL BLUES
KIND OF BLUE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスが2曲。ジョン・コルトレーンが2曲。そしてクリフォード・ブラウンアート・ブレイキーが1曲ずつ。“鉄板”なランキングである。

 特に『カインド・オブ・ブルー』なら【SO WHAT?】の2番手であり『ブルー・トレイン』なら【BLUE TRAIN】の2番手であろうが,この辺りがきちんとTOP70入りするところがジャズ喫茶の頑固オヤジ・セレクションならでは!

 “鉄板”のアルバム。“鉄板”の6トラック。どれか1曲を抜き出してレヴューするものなら,この黄金比が崩壊する。
 全てが名演。均等に愛し均等に楽しむ。これがジャズ・マニアの“嗜み”である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-82

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は72〜75位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★75.RETURN TO FOREVER
RETURN TO FOREVER
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

ヴィレッジ・ヴァンガードの夜★74.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE

A NIGHT AT VILLAGE VANGUARD
ソニー・ロリンズ
--------------------------------------------------------------------------------------

Standards Live★73.STELLA BY STARLIGHT
STANDARDS LIVE
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

【HQCD】ベース・オン・トップ★72.DEAR OLD STOCKHOLM
BASS ON TOP
ポール・チェンバース

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットスタンダーズライブから【星影のステラ】がランクイン。「キース・ジャレットスタンダーズライブから」と書いたのは『スタンダーズライブ』からは全6トラックからどの曲がランクインしても不思議ではないからだ。

 【星影のステラ】がランクインしたのは,恐らく『スタンダーズライブ』から1曲選ぶとなるとタイトル・トラックに票が集中しただけなのだと思う。それ位に『スタンダーズライブ』でのキース・ジャレットは(ジャック・デジョネットゲイリー・ピーコックも)乗りに乗っている。キース・ジャレットの“唸り”も絶好調。もはやあの“唸り”なしに『スタンダーズライブ』は成立しない。

 【星影のステラ】のイントロから3分半のキース・ジャレットソロピアノを聴いていただきたい。完全に自分の世界に入り込んだアドリブが【星影のステラ】の「どこに行くのか分からない → しかし最初から完成形は見えていたでしょ?」的な即興演奏へと導いていく。

 いいや【星影のステラ】だけではなく【ザ・ロング・ブルース】【恋に恋して】【トゥー・ヤング・トゥ・ゴー・ステディ】【今宵の君は】【オールド・カントリー】の名演にも繋がるソロピアノ
 いいや『スタンダーズライブ』だけではなく,キース・ジャレットトリオの全ての次回作にまでも…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.