アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ / イン・コンサート完全盤5

THE BEST OF MAX ROACH AND CLIFFORD BROWN IN CONCERT!-1 クリフォード・ブラウンマックス・ローチの双頭コンボなのだから「クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ」でもいいが「マックス・ローチ=クリフォード・ブラウン」でもいいじゃないか!

 しかし,ジャズメンの“格”からしてクリフォード・ブラウンの名前がマックス・ローチの名前より先に来るのが商業音楽としてのセオリー。
 マックス・ローチアート・ブレイキー級のジャズ・ジャイアントではあるが,如何せん,共同運営のパートナーがクリフォード・ブラウンであれば致し方ない。

 事実,クリフォード・ブラウンマックス・ローチの逆転現象が起きる前,クリフォード・ブラウンマックス・ローチの双頭コンボの結成当初は“格上”であるマックス・ローチの名前の方が先に来る「マックス・ローチ=クリフォード・ブラウン」であった。

 『THE BEST OF MAX ROACH AND CLIFFORD BROWN IN CONCERT!』(以下『イン・コンサート完全盤』)は,そんな「マックス・ローチ=クリフォード・ブラウン」時代のライブ盤である。

 クリフォード・ブラウントランペットが若々しい! クリフォード・ブラウンが「スター街道を一直線に登り詰める」過程が一部始終記録されている。
 この時期のクリフォード・ブラウントランペットからは「日進月歩」のような勢いが感じられる。きっと次回のコンサートでは今回のコンサートの何倍も良い演奏を聴かせてくれたに違いない。何の根拠もないのだが,少しの疑いもなくそう確信させてくれる,若々しいトランペット
 とにかく,こんなにもドキどき&ワクワクさせてくれるクリフォード・ブラウンはそう滅多に聴けやしない。

 しか〜し,そんな上り調子のクリフォード・ブラウンをもってしても,マックス・ローチの“爆裂ドラミング”を前にしては「影の主役」である。

 ドンドンドン,ドンドン,ドンドコドンドコ,ドドドドド・・・陶酔の世界に誘うマックス・ローチの“爆裂ドラミング”が『イン・コンサート』の主役である。
 『イン・コンサート完全盤』の全8トラックの中で長めのドラムソロが入っているのは【JOR−DU】【I GET A KICK OUT OF YOU】【PARISIAN THOROUGHFARE】【ALL GOD’S CHILLUN GOT RHYTHM】【CLIFFORD’S AXE】の全5トラック。
 そう。『イン・コンサート』の時点では,マックス・ローチクリフォード・ブラウンの頭を抑えている構図。

 マックス・ローチの“爆裂ドラミング”はドラムソロだけではない。バッキングでも目立っていて完全にバンドの仕切り役。
 管理人が『イン・コンサート完全盤』を愛聴する一番の理由は,後の「クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ」の名盤群にはないマックス・ローチのラフな演奏にこそある。

THE BEST OF MAX ROACH AND CLIFFORD BROWN IN CONCERT!-2 マックス・ローチって,数多くの歴史的名盤に顔を出すビッグ・ネームの1人であるが,そのドラミングは大抵が大仰であって,がっついた感じなのに,絶対に破綻しない構成美が素晴らしい。

 逆に言えば,勢いと音圧は申し分ないものの,理知的な演奏が前面に出ていて,天性のと言うか,野性のノリが物足りない。加えて自分のリーダー作となれば,共演者にもカッチリ感を求める傾向が見え隠れしている。本当は『イン・コンサート完全盤』の人なのに…。

 『イン・コンサート完全盤』のマックス・ローチライブ盤ゆえに,野生のノリが知性に勝って,いつものセーブが効いていない。カッチリ感がいい塩梅に破壊されている。いい意味で隙があるのだ。

 そんな大ボスの隙を付いてクリフォード・ブラウンアドリブを決めている。いつもは優等生のイメージがあるクリフォード・ブラウンが,ほんの少しだけ不良っぽくなることにより『イン・コンサート完全盤』は,完璧な演奏の積み重ねだけでは絶対に表現することのできない“ジャズっぽさ”が付加されて「永遠の名盤」へと昇華した。

 クリフォード・ブラウンマックス・ローチの双頭コンボには『イン・コンサート完全盤』より良質の演奏がたくさんある。
 しかし,クリフォード・ブラウンマックス・ローチの双頭コンボに『イン・コンサート完全盤』以上に“ジャズっぽさ”を感じさせるアルバムもない。

 管理人の愛聴するクリフォード・ブラウンとは,管理人の愛聴するマックス・ローチとは『イン・コンサート完全盤』の中に全てある。

 
01. JOR-DU
02. I CAN'T GET STARTED
03. I GET A KICK OUT OF YOU
04. PARISIAN THOROUGHFARE
05. ALL GOD'S CHILLUN GOT RHYTHM
06. TENDERLY
07. SUNSET EYES
08. CLIFFORD'S AXE

 
MAX ROACH ALL-STARS WITH CLIFFORD BROWN
MAX ROACH : Drums
CLIFFORD BROWN : Trumpet
TEDDY EDWARDS : Tenor Saxophone
HAROLD LAND : Tenor Saxophone
CARL PERKINS : Piano
RICHIE POWELL : Piano
GEORGE BREADSAW : Bass
GEORGE MORROW : Bass

(GNP/GNP 1954年発売/KICJ-246)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/ジーン・ノーマン,野口久光,大和明)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

TRIX / PRESENT5

PRESENT-1 TRIXの“最高傑作”が『PRESENT』である。

 『PRESENT』の何がそんなにいいかと言えば,まず曲がいい。でもTRIXにはたくさんの名曲が他にもある。
 次に演奏がいい。加入4作目となり佐々木秀尚が完璧にフィットしたからだろう。でもTRIXには,平井武士との第一期,菰口雄矢との第二期,窪田宏との第三期にもたくさんの名演が他にもある。

 ズバリ『PRESENT』の何がそんなにいいかと言えば,メロディーや超絶技巧うんうんではない。それは全体の雰囲気のことであり,笑顔ならぬ“笑音”で満ち溢れている状態にある。
 とにかく『PRESENT』の“笑音”こそがTRIXそのものだと断言できる。『PRESENT』の“笑音”こそがTRIXの真髄の極みなのである。

 TRIXのメンバー4人が全員笑顔で演奏している。一音出しては爆笑している。ちょっと演奏しては「笑い転げて」止まってしまう。やることなすこと全てがメンバー4人のツボにハマった音楽が『PRESENT』なのである。
 『PRESENT』のレコーディング中は,それは演奏するのが楽しくて楽しく,寝食を忘れてしまったかも? 「三度の食事より音楽が好き」状態なハイテンション・レコーディング。コロナ禍だったし美味しいデリバリーは取ったでしょうね。「三度の食事より一日五回のデリバリー」。うん。

PRESENT-2 『PRESENT』を聴いていると,今が新型コロナウイルス感染症の真っ只中,だということを忘れてしまう。こんなにもHAPPYな音楽はビフォー・コロナの音世界とも取ることができる。
 しかし,TRIXとしては,T−スクェアが「日本もこれから元気になりましょう。羽ばたき続けましょう」という意味で「震災復興応援盤」『WINGS』を作った時と同じ心境だったのだと思う。

 そう。『PRESENT』とは,毎日必死にコロナ禍と戦う世界中の人々に贈られたTRIXからのプレゼント
 明るく楽しくポジティブな楽曲が続く「ハッピー&ピースフル」な『PRESENT』こそが,世界一の「コロナ禍応援盤」である。在宅の時間が長くなり,そのせいでいつも以上にCDを聴いているのだが,管理人が2021年に一番聴いたアルバムこそがTRIXの『PRESENT』である。間違いない。

 コロナ疲れには「ビタミン・TRIX」が効果的である。人との距離は保っても心の距離は置かないのが「ビタミン・TRIX」。メンバーとファンとの心の距離は確実にコロナ前よりも縮まっている。
 そんなに大きくはないTRIXメンバーとファンとのコミュニティーは,超密集で蝶密接。でも密閉ではありません。だって『PRESENT』は世界中の人々に向けてOPENに開かれています。もっともっと大勢の音楽ファンに集まってきてほしいものです。「ビタミン・TRIX」は絶対に心に届くから!

PRESENT-3 コロナ禍に加えて,もう1点『PRESENT』が“TRIXの全部出し”になった理由が,前作『ECCENTRIX』の反動があるように思う。
 「そこまでやるか!」的な凝りに凝りまくった『ECCENTRIX』の「やり尽くした感」が『PRESENT』の小細工なしの,ナチュラルでストレートなサウンド・カラーに繋がったと思う。

 仮に第四期TRIXが2作続けて『ECCENTRIX』路線で攻めて来たら,コロナ以上の大打撃「ビタミン・TRIX」などではなくなるから〜。聴いているTRIXファンはたまったものじゃないすから〜。
 熊ちゃん,願わくば『ECCENTRIX』路線と『PRESENT』路線を交互にお願いしたいものです。

PS 「PRESENT-3」は販促用のステッカーです。

 
01. プレゼント
02. TERMINAL
03. AI
04. てぶくろ
05. 戦士 (T-8000)
06. ULTRASONIC VIBRATION
07. SPRIGHTLY
08. WEDELN
09. GOODEEE

 
TRIX
NORIAKI KUMAGAI : Drums
MITSURU SUTOH : Bass
HIDEHISA SASAKI : Guitar
AYAKI : Keyboards

(キングレコード/KING RECORD 2020年発売/KICJ-841)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ドン・チェリー / 永遠のリズム5

ETERNAL RHYTHM-1 フリージャズの最大の成果とは集団即興演奏の絶対領域を拡大したことであろう。
 フリージャズ以前のモダン・ジャズとは,アメリカやアフリカ発祥のブルースであり黒人の音楽であったのだが「何でもあり」のフリージャズの登場は後の「ワールド・ミュージック」の走りとなった。

 ドン・チェリーの『ETERNAL RHYTHM』(以下『永遠のリズム』)は,ジャズ・ファンの耳を民族音楽にまで向けさせた歴史的な名盤である。
 『永遠のリズム』を聴いていると,ジャズという音楽をアメリカの黒人音楽といった狭い視野から眺めることなど許されない気分になる。アフリカは勿論,中近東,インド,東アジアなどの民族音楽の方にこそ,ジャズ発祥以前のジャズ,を感じると言うものだろう。

 さて,バリ島のガムランにヒントを得て『永遠のリズム』を録音したドン・チェリーであるが『永遠のリズム』から聴こえてくるのは,多種多様な楽器からなる縦糸と多種多様なリズムからなる横糸である。つまりは1つずつの独立した楽器として識別されることのない音の固まりであり,幾つものリズム・パターンの同時進行である。
 思うにドン・チェリーが民族音楽に接近した目的とは,民族音楽の中に“すでに完成されたフリージャズ”が存在していることに気付いたからであろう。

 古くて新しい集団即興演奏。それは古くて新しいリズムのことである。『永遠のリズム』におけるドン・チェリーの主張とは「リズムの氾濫こそがメロディーそのものである」という主張であった。「ジャズの命とはリズムであって,クリエイティブなリズムはメロディーにすら成り得る」ことを証明するための実験であった。
 そんな「リズム至上主義」を実践したのが,打楽器奏者ではなくコルネット奏者のドン・チェリーだったことが最高に素晴らしい。感動物語である。

 ドン・チェリーは『永遠のリズム』の中でコルネットも吹いてはいるが,メイン楽器は4種類のフルートを駆使したヘビ使いのような“笛”である。口に2本のマルチ・リードを銜えて“笛”を吹き鳴らしている。ドン・チェリーが何とも無垢で無邪気な音を吹いている。
 しかし『永遠のリズム』に限っては,管理人の脳裏に浮かぶドン・チェリーの演奏シーンとはパーカッション奏者としてのドン・チェリーである。

 元来は金管奏者なのだからドン・チェリーが叩き出すリズムは,ビートではなく単発で連続照射される「パルス」のようなリズムである。「パルス」なのだから『永遠のリズム』なのである。
 コルネット奏者のドン・チェリーのイメージはシリアス。だけどパーカッション奏者のドン・チェリーはあっけらかんとしている。

ETERNAL RHYTHM-2 ドン・チェリーのガムランの扱い方はバリ島の民族音楽の文脈からは離れている。単純に楽器の1つとしてガムランを使いこなしより深い場所で鳴らしている。

 そう。ドン・チェリーの狙いとしては,真剣にガムランの演奏に取り組んだわけではない。フリージャズには珍しい,面白いサウンド・エフェクトの1つとして民族楽器を試しに用いてみたという軽い感じ?

 とりとめもない気分の推移をそのまま体現しているような,ドン・チェリーのガムランには,構成意識は希薄ながらも集団即興演奏としての出口が行き詰った時に「打開策」として響き渡るドラのようなものなのだと思う。
 素朴で土着的な民族楽器の音色がフリージャズの難解さや異様さを丁度良い塩梅へと調和してくれている。

 一定の演奏様式に囚われる傾向が強いフリージャズにおいて『永遠のリズム』の自由闊達さが見事である。
 古くて新しい集団即興演奏と古くて新しいリズム,そして民族音楽もブルースもカーニバル風な音楽の素材が「パルス」というキーワードで見事にまとめ上げられている。

 本当に集団即興演奏でここまでできるものなのか? アルバム・タイトル『永遠のリズム』は伊達ではない! 『永遠のリズム』のドン・チェリーが無茶苦茶にカッコ良い!

 
01. ETERNAL RHYTHM PART I
02. ETERNAL RHYTHM PART II

 
DON CHERRY : Cornet, Gender(Gamelan), Saron(Gamelan), Bengali Flute, Bamboo Flute, Metal Flute, Plastic Flute, Haitian Guard, Northern Bells, Voice
ALBERT MANGELSDORFF : Trombone
EJE THELIN : Trombone
BERNT ROSENGREN : Tenor Saxophone, Oboe, Clarinet, Flute
SONNY SHARROCK : Guitar
KARL BERGER : Vibes, Piano, Gender(Gamelan)
JOACHIM KUHN : Piano, Prepared Piano
ARILD ANDERSEN : Bass
JACQUES THOLLOT : Drums, Saron(Gamelan), Gong, Bells, Voice

(MPS/MPS 1969年発売/UCCU-5184)
(ライナーノーツ/ヨアヒム・E・ベーレント,高井信成,今井正弘)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

TRIX / ECCENTRIX4

ECCENTRIX-1 実に濃厚な音楽である。細部まで綿密に作り込まれたアルバムである。TRIXの「本気で本気な」アルバム,それが『ECCENTRIX』である。

 管理人は知っている。TRIXはいつだって全力で音楽活動に取り組んできたことを…。
 熊谷徳明TRIXのために命を削っている。でもそんな,裏で血の滲む努力をしている姿を見せるのはカッコ悪いと思っている。難易度の高いことを涼しい顔してやってのけるのがカッコ良いと思っている。

 だから本当は超真面目な性格なのに,わざとチャライ・キャラを演じつつ,お茶目な振り付けをキメながらバカテクをキメまくる。これがTRIXのポリシーである。

 そう。例えるのならTRIXは芸能人である。TRIXは新庄剛志のようなフュージョン・バンドなのである。才能だけではない。パフォーマンスだけではない。人の見えない所で人一倍努力しているフュージョン・バンドなのである。

 そんなTRIXがバンド結成15年目にして初めて見せる「本気で本気な」TRIXが『ECCENTRIX』である。
 大量のオーバーダビングを繰り返し重ねている。従来ならカットしていたものであっても,少しでも良いと思えるもの要素があるのなら,相性など考えずに容赦なく全部詰め込んでいる。裏の努力を全部人前にさらして見せてきた。
 
 だから「本気で本気な」TRIXに圧倒されてしまった。だから『ECCENTRIX』に圧倒されてしまった。マジで物凄いアルバムである。
 『ECCENTRIX』は「顔はTRIX。中身はDIMENSION」と呼べる,今後の転機となるかもしれないアルバムだと思う。

 TRIXが今後も『ECCENTRIX』路線で攻めてきたらDIMENSIONのポジションがヤバイッ。
 でもDIMENSIONを攻略するにはまだ数年かかる。DIMENSIONが本気で築いてきたものを,そうたやすく真似することなどできるはずもない。
 事実「本気で本気な」TRIXは認めるが『ECCENTRIX』は,完成途上の力作という感じ。管理人の総合評価は星4つである。

 『ECCENTRIX』のテーマは「昆虫」である。TRIXで「昆虫」と来れば【クワガッタン】だったのだが『ECCENTRIX』で「TRIXの「昆虫」=【クワガッタン】」が上書きされた。

 そう。『ECCENTRIX』とは「昆虫大百科」のテーマ・ソング集である。全体の傾向としてはフュージョンよりロックに寄っている。全曲リーゼント・スタイルの「昆虫」が図鑑から飛び跳ねている感じ?

ECCENTRIX-2 今年の夏は天道虫を見つけたらYMOが流れてくるし,トンボを見つけたら唸るギターが流れてくるし,みんみん蝉ならシャッフル・ドラムが流れてくるし,逆に今まで生で見たことのない雪の天使に「韓流ドラマ」をイメージしたし,南米にだけ生息するヘラクレスオオカブトの写真を見るとガッツを感じた。

 そんな「昆虫大百科」の『ECCENTRIX』のハイライトが【ルリタテハの飛翔】である。TRIXらしさと対極にある,静かでシリアスで壮大でドラマティックな「世紀の大曲」!
 蝶の一生である「卵→幼虫→蛹→成虫」という完全変態がドラマ仕立ての映画を見ているように思えてしまう。凄いぞ,「本気で本気な」TRIX

 最後に王道のギターフュージョンど真ん中な【BEETLE TRAIN】が路線違いでポツンと収録。
 “爽やか系”の【BEETLE TRAIN】がメチャクチャ好き。“爽やか系”の佐々木秀尚の魅力爆発な推しナンバーである。

 
01. 中国天道虫
02. 極楽トンボ
03. 涙のみんみん蝉
04. 雪の天使
05. Hercules
06. バッハの隣
07. ルリタテハの飛翔
08. マグナムモスキート
09. Beetle Train

 
TRIX
NORIAKI KUMAGAI : Drums
MITSURU SUTOH : Bass
HIDEHISA SASAKI : Guitar
AYAKI : Keyboards

(キングレコード/KING RECORD 2019年発売/KICJ-829)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ゲイリー・バートン / グレイト・ヴァイブス〜ハンプ,レッド,バグス,カルに捧ぐ4

FOR HAMP, RED, BAGS, AND CAL-1 『FOR HAMP,RED,BAGS,AND CAL』(以下『グレイト・ヴァイブス〜ハンプ,レッド,バグス,カルに捧ぐ』)は,ゲイリー・バートンが4人のヴィブラフォン奏者へ捧げたトリビュート・アルバムであるが,そんな知識は抜きにしてテイストとしては有名ジャズスタンダード集そのものである。

 ゲイリー・バートンのアルバムは,そのどれもが“一癖も二癖もある”聞き応えのある名盤ばかり。本命はチック・コリアとのデュエットなのだが『CRYSTAL SILENCE』『DUET』『IN CONCERT,ZURICH,OCTOBER 28,1979』はパワーを奪われる。聴いているだけでもエネルギーを消耗する。

 だから日常的にゲイリー・バートンを聞くことはないのだが『グレイト・ヴァイブス〜ハンプ,レッド,バグス,カルに捧ぐ』だけは,なんだかんだでつい聞いてしまう。まったりした感じでくつろいで楽しめる。
 個人的にはゲイリー・バートンの中で一番聞いた回数が多いのが『グレイト・ヴァイブス〜ハンプ,レッド,バグス,カルに捧ぐ』だと思う。

 そんな“癒し系”の『グレイト・ヴァイブス〜ハンプ,レッド,バグス,カルに捧ぐ』なのだが,演奏の厳しさを排除して,適当に聞き流せるリラックスした音造りはゲイリー・バートンの狙い通りとして,もう1つ,ゲイリー・バートンが狙ったのはオマージュした4人のヴィブラフォン奏者,ライオネル・ハンプトンレッド・ノーヴォミルト・ジャクソンカル・チャーダーの個性的な雰囲気の再現にある。

 選曲にしてもライオネル・ハンプトンレッド・ノーヴォミルト・ジャクソンカル・チャーダーの代表曲が選ばれているし,レッド・ノーヴォへのオマージュ曲ならドラムレスでギター入りといった編成にもこだわっている。アレンジも崩しすぎることはなく,4人の偉人の演奏イメージに自らを重ねた演奏にゲイリー・バートンオマージュが感じられる。

 ゲイリー・バートンの偉人への深い敬意が共演者にも伝わっているのだろう。マルグリュー・ミラー小曽根真ダニーロ・ペレスラッセル・マローンクリスチャン・マクドナルドジョン・パティトゥッチホラシオ・ヘルナンデスルイス・ナッシュルイス・クインテーロのビッグネーム軍団も,自分を捨てて楽曲の良さを引き出す演奏に徹している。

FOR HAMP, RED, BAGS, AND CAL-2 ゲイリー・バートン自身も「黒子」を演じているのだが,共演者たちはさらに「黒子の黒子」を演じている。
 だから本当はスタイルの異なる4人の偉人たちのヴィブラフォンゲイリー・バートンヴィブラフォンに昇華され,個性の違う楽曲が違和感なくまとめられている。
 ゲイリー・バートンクリスタルなカラーに温かみが加味された,柔らかなヴィブラフォンが美しく響いている。素晴らしい。

 きっと管理人が『グレイト・ヴァイブス〜ハンプ,レッド,バグス,カルに捧ぐ』を繰り返し聴いてしまう理由がそこにあるのだろう。この辺のニュアンスは文章で書き表わすのは,伝えたいのに伝えきれない。

 『グレイト・ヴァイブス〜ハンプ,レッド,バグス,カルに捧ぐ』の主役はゲイリー・バートンではない。ライオネル・ハンプトンレッド・ノーヴォミルト・ジャクソンカル・チャーダーの再ブレイク作として聴き続けられるべき名盤だと思う。

 
01. AFRO BLUE
02. BAGS' GROOVE
03. MOVE
04. MIDNIGHT SUN
05. FLYING HOME
06. DJANGO
07. BACK HOME AGAIN IN INDIANA
08. BODY AND SOUL
09. GODCHILD
10. JOAO
11. HOLE IN THE WALL
12. DANCE OF THE OCTOPUS

 
GARY BURTON : Vibraphone, Xylophone, Marimba
MULGREW MILLER : Piano
MAKOTO OZONE : Piano
DANILO PEREZ : Piano
RUSSELL MALONE : Guitar
CHRISTIAN McBRIDE : Bass
JOHN PATITUCCI : Bass
HORACIO HERNANDEZ : Drums
LEWIS NASH : Drums
LUIS QUINTERO : Percussion

(コンコード/CONCORD 2001年発売/VICJ-60733)
(ライナーノーツ/ニール・テッセール,小川隆夫)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

TRIX / FESTA4

FESTA-1 『FORTUNE』の次が何故に『FESTA』? 佐々木秀尚の次が何故にユッコ・ミラー
 この疑問が中々解決されずに『FESTA』を買いそびれていた。『FESTA』を買ったのはユッコ・ミラーの『KIND OF PINK』を聴いた後のことである。

 だ〜って,第四期TRIXがあれほど話題になったのは佐々木秀尚ギターフュージョン路線が絶賛されたから。なのにユッコ・ミラーフィーチャリングするなんて,何だか佐々木秀尚が否定された気がするじゃん? 佐々木秀尚が役不足の烙印を押されてしまった気がするじゃん?
 TRIXがメインなのにユッコ・ミラーのバック・バンドになった気がするじゃん? 『EVOLUTION』でのつのだ☆ひろを連想させるじゃん?

 事実『FESTA』はTRIXユッコ・ミラーに力負けしてしまっている。【ATLAS】でエアロフォンが流れてきた瞬間「うわっ,スクェアじゃん」って思ってしまったものでして…。
 これで『FESTA』を聴くのがトラウマになってしまいました。『FESTA』と来れば【ATLAS】と【MOVING PARADISE】だけを聴く体質が出来上がってしまいました。とさ〜。

FESTA-2 そういうことで『FESTA』についてはTRIXのアルバムというよりユッコ・ミラーのアルバム感バリバリ。
 「お祭り系」ギターフュージョンの名曲が揃っていると思いますが【ATLAS】と【MOVING PARADISE】の2曲が“抜きん出た”『FESTA』はどうしても低評価にならざるを得ません。

 いいや『FESTA』自体は平均以上の星4つ。【ATLAS】と【MOVING PARADISE】の2曲がTRIXユッコ・ミラーの合体で星6つなだけのです。ユッコ・ミラーが強すぎます。

 そういう意味でも次作『ECCENTRIX』が,ああも濃いめのアルバムに仕上がったのは当然の流れだと思うのです。

 
01. チンチロリン
02. ATLAS
03. Thunderbolt
04. Moving Paradise
05. 初涼
06. パッ・ピッ・ポッ!!
07. Indigo Blue
08. Turn Up!!
09. トッカータとドラキュラの館
10. FIESTA

 
TRIX
NORIAKI KUMAGAI : Drums
MITSURU SUTOH : Bass
HIDEHISA SASAKI : Guitar
AYAKI : Keyboards

(キングレコード/KING RECORD 2018年発売/KICJ-808)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ゲイリー・バートン・クインテット・ウィズ・エバーハルト・ウェバー / リング3

RING-1 純粋にゲイリー・バートンが好きだし,ECMも好きだし,パット・メセニーが大好き!
 しかし『RING』(以下『リング』)については評価しない。ゲイリー・バートンの“らしさ”が感じられないし,パット・メセニーの“らしさ”が感じられない。唯一,ECMの“らしさ”だけはガンガン来る。

 そう。『リング』を聴いて感じるのは,この時点ではヘボイ,パット・メセニーに着目したマンフレート・アイヒャーの選眼力である。よくぞ,こんな状態のパット・メセニーにリーダー作を録音させたものだ。アッパレ,マンフレート・アイヒャー

 お前は本当にパット・メセニー・ファンなのか?と叩かれようとも『リング』でのパット・メセニーの演奏はひどい。ちょい役もちょい役としての淡々とした演奏である。
 ゲイリー・バートンとしても,パット・メセニーへの期待は高くなかった。パット・メセニーの述べた「ゲイリー・バートンさんのファンです」の言葉とゲイリー・バートンの曲を暗譜で弾けた事実だけでレコーディングに参加させた,それだけのこと。
 ゆえにパット・メセニーをコンプリートする気がないのであればメセニーファンであってもスルーして構わない,と断言しよう。

 そもそも『リング』とは,ゲイリー・バートンエバーハルト・ウエーバーとの共演企画盤。
 ヴィブラフォンベースだけでは難しいから,当時のゲイリー・バートン・グループも全員参加させることにしよう。そうなるとベーシストエバーハルト・ウエーバースティーブ・スワローのツイン・ベースになるから,バランスを取る意味でギタリストも2人にしよう。だからミック・グッドリックともう1人を起用しよう。ミック・グッドリックは曲も書けるし,グループの看板ギタリストとして外せない。だからもう1人は無名の新人ギタリストを起用しよう,的な流れの中でパット・メセニーの参加が決定した!?

 だから,そんなポンコツ・メセニーのサイド・ギターに着目したマンフレート・アイヒャーが凄いのだ。
 もしもマンフレート・アイヒャーパット・メセニーの才能を見逃しソロ・アルバムを録音させることがなかったなら,現在のパット・メセニーはいなかったかもしれない。そうなれば現在のジャズフュージョン・シーンも今とは全く違った様相を見せていたはずである。

RING-2 『リング』を聴き終わって感じる,圧倒的なECMの世界観。ゲイリー・バートンがアメリカではなくヨーロッパのジャズを演奏するとこうなる,の図式。

 すでに『リング』の時点でマンフレート・アイヒャーの頭の中には,ゲイリー・バートンチック・コリアデュエットがあったのかもしれない。パット・メセニーソロパット・メセニー・グループのイメージがあったのかもしれない。

 とにかく『リング』は,これまでのゲイリー・バートン・グループの音ではない。ジャズ・ロックを駆け抜けてきたゲイリー・バートンフュージョン寄りな作風に亜流の違和感を感じる。
 ゲイリー・バートンが内向きである。そして歯切れが悪い。なのでフワフワとした浮遊感ある音が流れ続けている。

 もしやこれがECMレーベルの大勢のジャズメンから尊敬されるエバーハルト・ウエーバーの効果なのでしょうか?

 
01. Mevlevia
02. Unfinished Sympathy
03. Tunnel Of Love
04. Intrude
05. Silent Spring
06. The Colours Of Chloe

 
GARY BURTON : Vibraphone
MICK GOODRICK : Guitar
PAT METHENY : Guitar, Electric 12-String Guitar
STEVE SWALLOW : Bass
BOB MOSES : Percussion
EBERHARD WEBER : Bass

(ECM/ECM 1974年発売/J25J-20323)
(ライナーノーツ/黒田恭一)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

TRIX / FORTUNE4

FORTUNE-1 ギタリストが交代して,TRIXの第四期が始動した。
 平井武士から菰口雄矢への交代を受け入れるには長い時間がかかったが,菰口雄矢から佐々木秀尚への交代はすんなり受け入れることができた。
 とにかく佐々木秀尚熊谷徳明との“天性の相性”がチリバツであって,本番はいつも1回で見事に決まる感じ!? ピタッ,ビジッとハマル感じ!?

 その分,菰口雄矢が加入した時のような,シリアスなサウンド・カラーへの変化を危惧すことはないのだが,それはないものねだりということ。個人的には,ただただギターフュージョンの「王道路線」の腕を磨いていけばよい。元々,安定志向で「王道路線」が大好きなのだから大歓迎!
 ササキング,ようこそTRIX・ワールドへ! 超絶なのにナチュラルなフュージョンギタリストの加入をずっと待ってたんだよ〜!

 佐々木秀尚加入後の1作目となる『FORTUNE』だが,実は佐々木秀尚以外の部分でいろいろな発見があった。
 まず曲の方だが【RESPONSE】なんかは「あれっ,この曲って須藤満?」ってクレジットを見直したら熊谷徳明の作曲であった。熊谷徳明の作風の中に無意識に須藤満からの影響を受けている?

 バラードにしても【永遠に】はギターではなく鍵盤バラード。個人的にTRIXの好きな曲を一曲挙げろと言われれば,管理人なら【CECILIA】を選ぶ。【CECILIA】の渾身のギターバラードに何度涙したことだろう。
 でも【永遠に】は繰り返し聴けば聴くほどに,この曲はピアノバラードでなきゃ,と思うようになった。感情を顔に出さないAYAKIピアノだからこそ美メロが深く心に刺さる。これって,今後のTRIXの武器となるかも?

FORTUNE-2 AYAKIと来れば【BEYOND THE ABILITY】について語らないわけにはいかない。この世界観は独特であって“宇宙人”であるAYAKIにしか作れない超ハイレベルな曲である。この曲をチック・コリアの「エレクトリック・バンド」に提供してほしい。演奏次第でアレンジ次第で途方もなく世界が広がる可能性が感じられる。AYAKING

 そうして待望の新キラー・チューン【立夏】の誕生である。新エース=佐々木秀尚TRIXに加入してくれた熊谷徳明の喜びが爆発している。とにかく笑顔でニッコニコ! POPな【立夏】が大大好き! 昨晩は【立夏】ばかりを10回聴いてしまいました。

 【立夏】を楽し気に演奏する熊谷徳明の笑顔が目に浮かぶ。【立夏】を楽し気に演奏する須藤満の笑顔が目に浮かぶ。【立夏】を楽し気に演奏するAYAKIの笑顔が目に浮かぶ。そしてその3人の視線はTRIXの新エース=佐々木秀尚に向けられている。

 映像で見ただけであるが,佐々木秀尚の立ち姿が,何だかT−スクェアに新加入した時の本田雅人の雰囲気に似ていると思った。バンドのメンバーの視線が厳しくない。それどころか新メンバーなのにすでにバンドの中心人物。その後,T−スクェア本田雅人に付いて行ったように,TRIXは今後,佐々木秀尚に付いて行けばよい。そう思わせてくれるバカテクとヒューマンな人間性が感じられる。

FORTUNE-3 『FORTUNE』を聴き終えて,佐々木秀尚ギターを聴き終えて,管理人はこう宣言する。

 『FORTUNE』は,そうは言っても星4つ。バンド・サウンドの完成までにはもうしばらく時間がかかる。ただし,このうえなく相性チリバツの佐々木秀尚という超絶ギタリストの加入を得て,TRIXギターフュージョンが再び動き始めました。これでTRIXは安泰です。第四期TRIXは盤石です。
 熊谷徳明フュージョン王国は佐々木秀尚の手を借りて完成に向かって“まっしぐら”です!

PS 「FORTUNE-3」は販促用のステッカーです。

 
01. First Time
02. Remember
03. Response
04. 永遠に
05. Beyond the Ability
06. 立夏
07. 500 miles flight
08. Arabesque
09. How about you?

 
TRIX
NORIAKI KUMAGAI : Drums
MITSURU SUTOH : Bass
HIDEHISA SASAKI : Guitar
AYAKI : Keyboards

(キングレコード/KING RECORD 2017年発売/KICJ-773)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ゲイリー・バートン / グッド・ヴァイブス4

GOOD VIBES-1 ゲイリー・バートンが“ジャズ・ロックの旗手”として,R&B系の猛者たちとの「異種格闘技」セッションの記録が『GOOD VIBES』(以下『グッド・ヴァイブス』)である。

 ゲイリー・バートンが『グッド・ヴァイブス』で対峙したR&B系の猛者たちとは,後のスタッフのメンバーであるエリック・ゲイルリチャード・ティーである。共に最前線で活躍してきたゲイリー・バートンスタッフであるが,R&B系のスタッフジャズフュージョン界に進出してきた後であっても,流石に共演の縁まではなかった。
 『グッド・ヴァイブス』での「異種格闘技」セッションは,ゲイリー・バートン・ファンにとってもスタッフ・ファンにとっても,歴史的に超貴重なアーカイブなのである。

 では『グッド・ヴァイブス』の何がそこまで貴重なのか? その答えはゲイリー・バートン自身も『グッド・ヴァイブス』以外の録音で使用した例のない電気ヴィブラフォンの“歪み”にある。
 尤も『グッド・ヴァイブス』で使用したと書くよりも,その中の1曲【ヴィブラフィンガー】で試験的に試したにすぎない。

 電気ヴィブラフォンとは廃盤になった珍しい楽器であって,あの“歪み”は完全にエレキギターのチョーキングである。
 管理人の頭の中の妄想では,長髪のゲイリー・バートンが「ショルキー」をしょってロック・ギターばりにチョーキングしている図。時には電気ヴィブラフォンが古いシンセサイザーのようにも聴こえるから,次の図面はゲイリー・バートンが1人で,スタッフの2人を相手にチョーキングしている図。

 ではその電気ヴィブラフォンゲイリー・バートンが多用しているかと言えばそうでもない。結果として『グッド・ヴァイブス』は超貴重なアーカイブになったのだが,ゲイリー・バートンとしてはエリック・ゲイルリチャード・ティーとの「異種格闘技」セッションは,ごく自然な流れの中にある。

 当時のゲイリー・バートンのレギュラー・グループのギタリストサム・ブラウンジュリー・ハーンというカントリー調やゴスペル調のギタリストが加入した,多様な音楽に富んだ時期に差し掛かっていた。
 これがラリー・コリエルのままであったなら「音楽的な発想」としてエリック・ゲイルリチャード・ティーとの共演は実現しなかったと思うし,ラリー・コリエルのままであったならラリー・コリエルの音色と被る電気ヴィブラフォンを使用することもなかったと思う。全てが偶然にして必然の“巡り会わせ”で誕生したアーカイブ・アルバムなのだと思う。

GOOD VIBES-2 ただし『グッド・ヴァイブス』が真にアーカイブ・アルバムと称される所以とは,当然ながら「楽曲の良さと演奏の良さ」が光ればこそ!
 ゲイリー・バートンが電気ヴィブラフォンを使用したのも,全ては「新しいジャズ」サウンドを追い求めてのことである。ゲイリー・バートンにとっての「異種格闘技」セッションとは「音楽的な実験」の機会でしかなかった。勝つか負けるかなど,そんな次元に低いセッションではない。

 『グッド・ヴァイブス』でのゲイリー・バートンは,電気ヴィブラフォンだけでなく通常のヴィブラフォン演奏までもがカッコイイ。
 ロックな8ビートの曲やブルージーでファンキーな楽曲が録音されているが,ジャズ・ロックのノリもこなれてきており,演奏よりもメロディー・ラインに注意が向けられる。
 個人的には意外にもゲイリー・バートンが弾くオルガンに耳ダンボ。流石はヴィブラフォン奏者にして元ピアニストの弾く「打楽器」のオルガンである。

 
01. VIBRAFINGER
02. LAS VEGAS TANGO
03. BOSTON MARATHON
04. PAIN IN MY HEART
05. LEROY THE MAGICIAN
06. I NEVER LOVED A MAN (THE WAY I LOVE YOU)

 
GARY BURTON : Vibes, Electric Vibes, Piano, Organ
SAM BROWN : Guitar
JERRY HAHN : Guitar
ERIC GALE : Guitar
RICHARD TEE : Piano, Organ
STEVE SWALLOW : Bass, Electric Bass
CHUCK RAINEY : Electric Bass
BILL LAVORGNA : Drums
BERNARD PURDIE : Drums, Percussion

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1970年発売/WPCR-27084)
(ライナーノーツ/後藤誠)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

TRIX / EVOLUTION4

EVOLUTION-1 表向き「ロボット・フュージョン」として売り出し中の『EVOLUTION』。ここを素直に“ヴォーカルフィーチャー・アルバム”と謳わない姿勢にTRIXの“迷い”があると思う。

 TRIX・ファンの中には「TRIX“初のヴォーカルフィーチャーリング”だけを抜き取って駄盤と決め込むのは良くない。インスト曲にもいい曲はある」と擁護する意見が散見される。
 気持ちは分かるが管理人は『EVOLUTION』否定派である。その理由は単純に「ヴォーカル入りだから」ではない。「ヴォーカルにアルバム全体が引っ張られてしまっている」からだ。

 インスト曲の出来もいつもより少し落ちると書かざるを得ないが,中盤の5−7曲の【BURNING】〜【URBAN OASIS】〜【GUIDE THROUGH LIFE】での須藤満ベースの動きが『EVOLUTION』のハイライトであろう。参考までに書いておくと【GUIDE THROUGH LIFE】でのスキャットは全く気にならない。

 ただし,1曲目から10曲まで,アルバムを1枚通して聴き終えるとインスト曲が霞んでしまうんだなぁ,これが! 試しにヴォーカル・ナンバーをスキップして聴いてみると印象がいい。いつものTRIXが鳴っている。だから管理人はヴォーカル曲を評価しない。ヴォーカルという「毒」がアルバム全体を回ってしまっている。

 特に【DEJA−VU】が放つ「毒っ気」が大好物でして(ヤバイ,褒めてしまっている)全身ではなく頭の中をグルグル回る〜。これっ,かなり中毒性高いです。
 とどのつまり『EVOLUTION』の“隠れ”代表曲は【DEJA−VU】なのです。【DEJA−VU】のズバ抜けたインパクトが,上記の「黄金の中盤曲」の名演を蹴散らかしてしまう。それが身体では正直に反応しても理性では受け入れられないだけなのです。

 ああ〜,スッキリ! 実は管理人『EVOLUTION』を聴くという行為は,いつでも【DEJA−VU】とイコールなのです。スキャットはイケルとも書いたし,ヴォーカル否定派のふりをしてここまで書き連ねてしまって申し訳ありません。ここから書くことが本音です。

 そう。管理人が『EVOLUTION』を評価しない(評価したくない)最大の理由は「ヴォーカル入り」とは別の理由があるのです。
 そもそもTRIXというフュージョン・バンドは,以前から【パチンカーZ】【クワガッタン】【BOSTON】などの「お遊び曲」でヴォーカルと仲良く暮らしてきたバンドであった。
 それを今更“初のヴォーカルフィーチャーリング”だからと言って目くじら立てるのもおかしいわけですし…。 

EVOLUTION-2 ズバリ,菰口雄矢の脱退が管理人を『EVOLUTION』否定派に転じさせている。
 冒頭で書いた『EVOLUTION』を聴いて感じたTRIXの“迷い”。それは菰口雄矢の“迷い”であった。
 決してそのようなことはないのだが,ふとした瞬間に“ヴォーカルフィーチャー・アルバム”の制作が菰口雄矢脱退の背中を押したように思ってしまう。

 TRIXと来れば,長らくJETギターが大好きでして,最近やっとその思いが吹っ切れて『TRICK』で菰口雄矢ギターも好き,と公言できるようになった管理人。
 菰口雄矢の“置き土産”となった【SKETCHES OF YOUR DREAM】を聴く度に,失った才能の大きさに痛みさえ感じてしまう。

 だから二代目までも失った,どうしてもやり切れない喪失感が『EVOLUTION』を責めるのだと思う。心のどこかでは「本当はそんなに悪くない」と分かっていながら“ヴォーカルフィーチャー・アルバム”『EVOLUTION』に菰口雄矢脱退の,全責任をなすりつけてしまう,管理人をどうかお許しください。

 
01. Forget it
02. A-live featuring つのだ☆ひろ
03. 雷電
04. Nothing Changes
05. Burning
06. Urban Oasis
07. Glide Through Life
08. deja-vu
09. Sketches Of Your Dream
10. A-live

 
TRIX
NORIAKI KUMAGAI : Drums
MITSURU SUTOH : Bass
YUYA KOMOGUCHI : Guitar
AYAKI : Keyboards

(キングレコード/KING RECORD 2016年発売/KICJ-752)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ビル・エヴァンス / プッシュ3

PUSH-1 多くの人にとってビル・エヴァンスと来れば,この辺のブラコン路線でクラブ・ジャズ路線でスムーズ・ジャズ路線のビル・エヴァンスをイメージするのではなかろうか?

 セールス的にはビル・エヴァンスのアルバムで一番売れているのが『PUSH』(以下『プッシュ』)であり「ビル・エヴァンスプッシュ」名義の一連のアルバムである。
 だから残念でしょうがない。こんなにも才能あるサックス奏者が“色眼鏡”で見られ続けることに我慢ならない。

 『プッシュ』の中のビル・エヴァンスは,ジャズフュージョン界を「ブイブイ言わせた」ビル・エヴァンスとは別人のビル・エヴァンス
 『プッシュ』が売れ続けることはビル・エヴァンスにとってマイナスである。ビル・エヴァンスにとって大損失なのである。

 駄盤『プッシュ』のおかげでビル・エヴァンスの“過去の栄光”は地に落ちてしまった。
 あのマイルス・デイビスが復帰の際に伴なったサックス奏者がビル・エヴァンスであった。あのジョン・マクラフリンマハヴィシュヌ・オーケストラの再結成の際に伴なったサックス奏者がビル・エヴァンスなのであった。

 独立後のビル・エヴァンスも順調そのものであって,同世代のマイケル・ブレッカーボブ・バーグケニー・ギャレットと共に,若手・中堅にしてすでに大物集団の一人に数えられるジャズ・サックス・プレイヤーがビル・エヴァンス
 ビル・エヴァンスソロ・アルバムの共演者のクレジットを見れば,ビル・エヴァンスの格の凄さが理解できる。

 『プッシュ』にしても共演者は超大物がズラリ。ビル・エヴァンスの元に,ピアノボブ・ジェイムスキーボードフィリップ・セスピアノボブ・ジェームスギターチャック・ローブニック・モロックベースクリス・ミン・ドーキーマーカス・ミラービクター・ベイリーマーク・イーガントランペットクリス・ボッティが集まっている。なのにどうして〜。

PUSH-2 『プッシュ』の失敗は多分にドラマー不在にある。ダン・ゴットリーブデニス・チェンバースを「はべらせてきた」ビル・エヴァンスが『プッシュ』では打ち込みを選択した。

 「ビル・エヴァンスプッシュ」が追求したのは最先端のダンス・ミュージックである。だから打ち込みという選択は間違いではない。ただしこれでは相棒となる強力なベーシストの良さが生かされない。加えてアルバムの音造りがギター寄りなのも強力ベーシスト陣の良さを消している。
 『プッシュ』以降,バンド・サウンドで勝負するようになるのが不思議なくらいに,カラオケをバックにビル・エヴァンス1人だけが饒舌な感じ? あっ,ビル・エヴァンスが気持ちいいからこの路線なんだよね〜。

 管理人の結論。『プッシュ批評

 ラップが躍動する「トンガリ」系のクラブ・サウンド『プッシュ』は,打ち込みに打ち勝つ!?名手揃いのベーシストに引き戻されたおかげで,いいか悪いか「聞き心地の良いスムーズ・ジャズ」として着地している。踊れないわ,聴けないわ,で聞き流す価値しかなくなっている。

 普通に吹いていても“お洒落系”ジャズ・サックスビル・エヴァンスが,全身お洒落コーデしてどうする!?

 
01. PUSH
02. ROAD TO RUIN
03. IF ONLY IN YOUR DREAMS
04. LONDON HOUSE
05. NIGHTWING
06. STAND UP AND DO SOMETHING
07. THE HOBO
08. YOU GOTTA BELIEVE
09. LIFE IS DANGEROUS
10. U R WHAT U HEAR
11. A SIMPLE LIFE
12. MATTER OF TIME
13. PUSH (CLUB MIX)

 
BILL EVANS : Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Alto Saxophone, Keybpards, Rhodes, Piano, Background Vocals, Drum Loops
CLIFORD CARTER : Keybpards, Drum Loops
PHILIPPE SAISSE : Keyboards
BOB JAMES : Piano, 3 Wood
BRUCE HORNSBY : Piano
CHUCK LOEB : Acoustic Guitar, Electric Guitar
JEFF GOLUB : Acoustic Guitar, Electric Guitar
NICK MOROCH : Guitar
CHRIS MING DOKY : Acoustic Bass
MARCUS MILLER : Bass
VICTOR BAILEY : Bass
MARK EGAN : Bass
BILY WARD : Drums
MAX RISENHOOVER : Bass, Drums, Screech Guitar, Percussion Sequencing
JIMMY BRALOWER : Drum Programming
MICHAEL COLINA : Drum Programming
MICHAEL DAVIS : Trombone
CHRIS BOTTI : Trumpet
K C FLIGHT : Rap, Drum Programming
BLACKSTAR : Rap
HARD HITTIN HARRY : Chorus
K-LA : Chorus
LITTLE ELI : Chorus
PORTER CARROLL JR. : Background Vocals
WARREN SHARPE : Background Vocals
KC AND BLACK STAR : Background Vocals
NANCY ADLER : Background Vocals
MARGO ADLER : Background Vocals
BENNY ADLER : Background Vocals
HADLEY ASSAIL : Background Vocals
MARION BILLINGS : Background Vocals
AMANDA BRECKER : Background Vocals
MADELEINE RUFF : Background Vocals

(リップスティック/LIPSTICK 1994年発売/VICJ-5122)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

本田 竹曠 / シー・オール・カインド4

SEE ALL KIND-1 本田竹曠ジャズ・アルバムにしてソロピアノ・アルバム『SEE ALL KIND』(以下『シー・オール・カインド』)を聴いて,個人的に感じたことが2つある。
 それは本田竹曠は,根っからのジャズメンではないということ。本田竹曠は,根っからのピアニストではないということ。

 ズバリ,本田竹曠という人はジャズではない。これは本田竹曠フュージョン本田竹曠=「ネイティブ・サン」と言いたいわけではない。
 たまたま本田竹曠の表現手法がジャズであっただけのことで,ジャズで何かを表現しようと思っている人ではないと思う。

 そうでなければ『シー・オール・カインド』での“空っぽな”ジャズスタンダード集なんて作らない。
 『シー・オール・カインド』の演奏には,特に目新しさも感じないし,これぞ渡辺貞夫グループ出身のジャズピアニスト,と唸らされる部分もない。

 「期待値の高い」管理人の予想に反して,ごくごくノーマルで平坦なアレンジ,素直なピアノ演奏が続いている。既発のジャズスタンダードに「一石を投じる」気持ちなんて微塵もない。
 ジャズスタンダードの一ファンとして,本田竹曠が気持ち良くピアノで美メロを弾き上げる。その繰り返しで6曲目まで粛々と進行して行く。

 駄盤だったか,と諦めかけたその時,7曲目の【SEE ALL KIND】が“堰を切ったように”流れ出す。これまでも鬱憤を晴らすようにピアノが生き生きと“歌い始める”。

SEE ALL KIND-2 もの凄い熱量である。もの凄い勢いに押し倒されてしまう。あらかじめ作曲されていたのだろうが,即興演奏のように,鍵盤の奥から奥から“生まれたての音”が次々と飛び出してくる。感情を揺さぶってくる。

 ポジティブな性格で多少のことは気にしない管理人。だから落ち込むことはほとんどないのだが,多忙が続くと疲れ切ってしまうことはたまにある。深夜に帰宅しシャワーを浴びて速攻眠るだけの日が年に数日かある。 
 そんな夜に【SEE ALL KIND】が聴きたくなる。疲れた身体が「パンチの効いた」【SEE ALL KIND】を欲してくる。ビタミン剤というよりも栄養ドリンクのような存在である。

 管理人にとって【SEE ALL KIND】を聴くという行為は,点滴してもらうことと等しい。【SEE ALL KIND】に,明日へのパワーをもらっている。

 
01. Mystery Circle〜Stella By Starlight
02. Summertime
03. Ku Ongea
04. In A Sentimental Mood
05. I Thought About You
06. Left Alone〜Slim Is Gone
07. See All Kind

 
TAKEHIRO HONDA : Piano

(ファンハウス/FUN HOUSE 1991年発売/FHCF-1171)
(ライナーノーツ/槙悟郎)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ビル・エヴァンス / レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京5

LET THE JUICE LOOSE〜BILL EVANS GROUP LIVE AT BLUE NOTE TOKYO-1 現代アコースティックジャズ名盤SUMMERTIME』から数カ月もしないうちに録音&発売された,サックスビル・エヴァンスの“最高傑作”が『LET THE JUICE LOOSE〜BILL EVANS GROUP LIVE AT BLUE NOTE TOKYO』(以下『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』)である。

 『SUMMERTIME』のビル・エヴァンスは本当に素晴らしかった。しかし『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』を前にすると,前作とは全くの別人格のビル・エヴァンスと思えるくらいの充実度である。
 ゆえに管理人は『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』については「第三のビル・エヴァンス」と読んで区別している。

 ジャズサックスビル・エヴァンスフュージョンサックスビル・エヴァンスが凌駕していく。
 特に『SUMMERTIME』からの再演となる【LET’S PRETEND】と【KWITCHUR BELIAKIN】を聴き比べてみると「第二のビル・エヴァンス」と「第三のビル・エヴァンス」との“色の違い”が良く出ている。

 サイデメンの違いも甲乙付け難いし,ジャズサックスフュージョンサックスも分け隔てなく両方大好きなはずなのだが,管理人の好みは『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』の一択である。

 『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』のビル・エヴァンスに「のめり込む」! と書くよりもテナーサックスビル・エヴァンスに「のめり込む!」と書くのが正解であろう。

 ソプラノサックス中心の『SUMMERTIME』と比較して『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』のビル・エヴァンスは「本職」であるテナーサックスを中心に吹きまくっている。

 ビル・エヴァンステナーサックスの系統は「渋め」路線にあると思う。時に「枯れた」テナーサックスには,風格さえ漂っている。
 そんなビル・エヴァンスブルーノート東京の良質な観客の反応に乗せられて,バリバリに乾いた音色でテクニカルに吹き上げた際のオーバートーン! いや〜,こんな音色をライブ会場で実際に聞かされたら,正気ではいられなくなる。もう“アゲアゲ”状態である。

LET THE JUICE LOOSE〜BILL EVANS GROUP LIVE AT BLUE NOTE TOKYO-2 そこにデニス・チェンバースドラムが被さって来て,ダリル・ジョーンズベースまでもが被さって来る! ウォーッ! マジかよ学園!
 これぞ,グルーヴである。実にクリアーな音を聴かせるリズム隊である。「言語明瞭,意味不明瞭」なタイトなグルーヴに身体全体が熱くなる!

 『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』を聴いて感じる高揚感からの恍惚感! それでいて『SUMMERTIME』より軽いので,聴き終わった時に疲れを感じることもない。
 この辺りに,世間ではビル・エヴァンスサックスを,ジャズではなくフュージョンでもなくロックである,と感じる人がいる理由が隠されているのだろう。「渋め」&「枯れた」テナーサックスなのに体幹としては「若々しい」のだ。

 『レット・ザ・ジュース・ルース〜ビル・エヴァンス・ライヴ・アット・ブルー・ノート東京』を聴いて以降,マイルス・デイビスの『THE MAN WITH THE HORN』でビル・エヴァンスと共演した,バンドを引っ張るマーカス・ミラーの超絶ベースを聴く度に,後のダリル・ジョーンズのヘビーなベースを思い浮かべるようになりました。

 
01. Let the Juice Loose
02. Hobo
03. My Favorite Little Sailboat
04. Let's Pretend
05. In the Hat
06. Ginza
07. The Wait
08. Kwitchur Beliakin

 
BILL EVANS : Soprano Saxophone, Tenor Saxophone
CHUCK LOEB : Guitar
JIM BEARD : Keyboards
DARRYL JONES : Bass
DENNIS CHAMBERS : Drums

(ジャズシティ/JAZZCITY 1990年発売/POCY-00054)
(ライナーノーツ/小川隆夫)
(サンプル盤)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

浪花エキスプレス / ノー・フューズ5

NO FUSE-1 カシオペアスクェアの「2強」だけではJ−FUSIONはここまで盛り上がらなかったと思っている。
 ここにキレイ目でもPOPでもない,松岡直也MALTAプリズムが絡んでいたからこそ,J−FUSIONがブームとなったと思っている。

 でもなんだかんだ言っても上述した5組の個性はそれぞれ異なっているものの,大きく分けると全部が全部「東京」である。シャカタクレベル42の「ブリティッシュ・ジャズ・ファンク」が,あれだけ盛り上がったのも,そこにアイスランドのメゾフォルテとオランダのフルーツケーキがいたからである。

 そんな「東京」のJ−FUSIONに立ち向かったのが「上方フュージョン」勢であり,その代表格が浪花エキスプレスであった。
 浪花エキスプレスの「スタイリッシュではない,パワー系の一発勝負インスト」が存在したからこそ,J−FUSIONがあそこまで盛り上がったのだ。

 そう。浪花エキスプレスの「異質な個性」が,カシオペアスクェアの音楽性を刺激して,磨き上げた張本人である。浪花エキスプレスの「異質な個性」が,フュージョン・ブームを“巻き起こした”張本人である。

 風貌からして,爽やか系ではなく野生児集団だったし,目玉はフロント陣ではなくリズム隊だったし,音楽性にしてもライトではなく重厚であった。
 要は「野暮ったい」&「泥臭い」田舎の実力者連合が全国進出してきた形。だ・か・ら&そ・ん・な・浪花エキスプレスが大好きだった。

 『NO FUSE』(以下『ノー・フューズ』)は,そんな浪花エキスプレスデビュー・アルバム。
 カシオペアスクェア等の「東京」のフュージョンとは明らかに違う“ガテン系”フュージョンの一番手であろう。

 清水興ベース東原力哉ドラムが「今も昔も」バンド全体を引っ張っていく構図は変わらないが『ノー・フューズ』におけるバンド・メンバーのクレジットは,青柳誠岩見和彦中村健児清水興東原力哉の順番である。
 バンドの紹介として最初にコ−ルされるのは,清水興東原力哉ではなくフロント陣という事実。作曲も全曲フロント3人の提供曲である。

 思うに『ノー・フューズ』の時点では,プロデューサーの伊藤八十八は,浪花エキスプレススクェアのように“メロディー推し”で売り出そうとしていたように思う。
 浪花エキスプレスの代表曲である,1曲目の【ビリービン】なんて本当に綺麗な名曲である。バンドの方針として青柳誠岩見和彦中村健児が作る美メロをフィーチャーした“メロディアスなNANIWA”としても十分に売っていけたと思う。

NO FUSE-2 しかし,5曲目の【高野サンバ】がそうであるように,どんなに豪華な上物が乗ろうともリズムの方が前に出てしまう。「頭隠して尻隠さず」的なNANIWAの個性がどうしても出てしまっている。

 これは音量とかミキシングの問題などではない。ベースドラムが暴れれば暴れるほどギターキーボードが歌いまくる相互関係。伊藤八十八も「NANIWAの体内に手を入れる」行為は『ノー・フューズ』1作だけであきらめたと読む。

 百戦錬磨の伊藤八十八をさえ,超重力級のパワーで説得した浪花エキスプレスのパワー・フュージョン。でもその実,青柳誠岩見和彦中村健児が奏でる“メロディーの美しさ”に多くのフュージョン・ファンが説得されたのも紛れもない事実なのである。

 キャッチーなメロディー,テクニカルな演奏,圧倒的な野生のビート。その全て兼ね備えた,非主流派の「上方フュージョン」出身バンド,「記録よりも記憶に残る」浪花エキスプレスの存在抜きにJ−FUSIONは語れやしない。

 
01. BELIEVIN'
02. THE STATE OF LIBERTY
03. BETWEEN THE SKY AND THE GROUND
04. BLUE WILLOW
05. THE KOYA-SAMBA
06. FIELD ATHLETOR
07. FOR MY LOVE

 
NANIWA EXPRESS
MAKOTO AOYAGI : Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Rhodes Electric Piano, Hohner Clavinet, Korg Trident Synthesizers
KAZUHIKO IWAMI : Electric Guitars
KENJI NAKAMURA : Mini-Moog, Prophet 5, Kenjitar, Korg Trident, Roland Vocorder-Plus, System 100 & 100M Synthesizers, Acoustic Piano, Rhodes Electric Piano
KOH SHIMIZU : Electric Bass
RIKIYA HIGASHIHARA : Drums

ARAKAWA BAND
TATSUHIKO ARAKAWA : Tenor Saxophone
SHIGEO FUCHINO : Tenor Saxophone, Baritone Saxophone
OSAMU SHIOMURA : Trombone
HITOSHI OKANO : Trumpet
TOSHIO ARAKI : Trumpet
KIYOSHI KAMADA : Drums (right channel)

SWEET AREA
SHUZOH HIRAYAMA : Percussion
KUNITSUGU HIRAYAMA : Percussion
SHINGO "CARLOS" KANNO : Percussion

KAZUHIRO MISHIMA : Surudo, Cuica
MARLENE : Vocals

(CBSソニー/CBS/SONY 1982年発売/CSCL 1288)
(スリムケース仕様)
(ライナーノーツ/岩浪洋三,白藤丈二)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ビル・エヴァンス / サマータイム5

SUMMERTIME-1 ジャズ界にはビル・エヴァンスが2人いる。
 このように書くと“ジャズの巨人”ピアノビル・エヴァンスと比較される,もう1人のビル・エヴァンスがかわいそうと思うなかれ!

 確かにピアノビル・エヴァンスと比較すると「じゃない方」には小者感が出るのであるが,どうしてどうして…。
 その「じゃない方」のビル・エヴァンスも,マイルス・デイビス・バンドのメンバーなのである。ビル・エヴァンスと来れば,あなたはどっちのビル・エヴァンスを連想されますか?

 その「じゃない方」のビル・エヴァンスとはサックス奏者のビル・エヴァンス
 『SUMMERTIME』(以下『サマータイム』)は,そんなビル・エヴァンスの純ジャズ・アルバムである。

 普段のビル・エヴァンスの主戦場はジャズ系ではなくフュージョン系なのだが『サマータイム』のビル・エヴァンスジョン・コルトレーンを超えていく。
 そう。ビル・エヴァンスのルーツは間違いなくジャズにある。

 【MY SHIP】【SUMMERTIME】【ALL OF YOU】【JITTERBUG WALTZ】のジャズスタンダードにおけるストレート・アヘッドな演奏からは,ビル・エヴァンスが持つ豊かなハーモニー・センスと繊細なニュアンス表現に“うっとり”させられてしまう。

 スタンダードの解釈がポップに響いているのは,これぞフュージョン系の真骨頂だと100%受け入れる。
 斬新なスタンダード集として「一喝」するギリギリの線で,JAZZYなアドリブが入ってくるから100%受け入れる。
 フュージョンの仮面を被った“ジャズメン魂”の「チラミセ」が,いやらしくなく,わざとらしくない。

SUMMERTIME-2 仮にビル・エヴァンスが『サマータイム』のアコースティック路線を続けていたら,冗談ではなく,ビル・エヴァンスと来ればサックス,という時代が到来したようにも思う。← いいや,それぐらいではまだまだぁ。ピアノビル・エヴァンスの壁はとんでもなく高い!

 事実『サマータイム』でビル・エヴァンスが共演したのは,ピアノギル・ゴールドスタインギターチャック・ローブドラムダン・ゴットリーブベースマーク・ジョンソンの超大物スーパー・ミュージシャンの面々。

 こんな全員がリーダーを張れるサイドメンを引き連れての「極上スタンダード集」を制作できる辺りが,サックスビル・エヴァンス「超大物」の証し!

 
01. Chatterton Falls
02. Let's Pretend
03. Melvin's Pond
04. My Ship
05. Summertime
06. Arther Ave
07. All of You
08. These Dreams
09. Jitterbug Waltz
10. Red Scarf
11. Kwitchur Beliakin

 
BILL EVANS : Saxophone
GIL GOLDSTEIN : Piano
CHUCK LOEB : Guitar
DANNY GOTTLIEB : Drums
MARC JOHNSON : Bass

(ジャズシティ/JAZZCITY 1989年発売/D22Y0336)
(ライナーノーツ/ビル・ミルコウスキー)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ザ・スクェア・アンド・フレンズ / カラー・パレット4

COLOR PALETTE-1 「ザ・スクェア・アンド・フレンズ」名義の『COLOR PALETTE』(以下『カラー・パレット』)について語るとすれば「選曲」についてだけである。

 『カラー・パレット』とは1984年から1986年にかけて発売した,ザ・スクェアの『R・E・S・O・R・T』『STARS AND MOON』『S・P・O・R・T・S』の3枚に,同時期に発売された伊東たけしの『DEAR HEARTS』『EL SEVEN』の2枚と,安藤まさひろの『MELODY BOOK』から選曲されたコンピレーション・アルバム。

 同時期の音源でコンパイルされているので,伊東たけし安藤まさひろソロ・アルバムから3曲取られているとしても全10曲を通して聴いても何の違和感も感じない。だから『カラー・パレット』というアルバム・タイトル!?
 要するにスクェアベスト盤のはずなのに,この選曲で良いのか?という思いと,この選曲は結構面白い!という思いが交差する。だから『カラー・パレット』というアルバム・タイトル!?

 特に驚いたのがベスト盤の1曲目に【FEEL ALRIGHT】を持ってきたところ! 『R・E・S・O・R・T』と来れば【OMENS OF LOVE】【PRIME】【FORGOTTEN SAGA】が「3強」であるが,その3曲のいずれでもなく【FEEL ALRIGHT】を敢えて持ってきたその真意とは和泉宏隆キーボードを聞かせたいということなのか?

 『STARS AND MOON』から【いとしのうなじ】が外されている事実からしても『カラー・パレット』の“狙い”とは,大衆志向の「キャッチーさ」を抑えた,マニアックなファン獲得のためのアルバムである。
 ザ・スクェアの音楽性の広さ,そして音楽性の高さと深さを知る「きっかけ作り」のコンピレーション・アルバムだが,かなり攻めた選曲はファンを失う「諸刃の剣」!?

 現に管理人は伊東たけしの『DEAR HEARTS』がダメでして『カラー・パレット』を買ったのは,LPで実家に保有している『DEAR HEARTS』をCDで買い替えるのがイヤだから!
 だから【SAY IT AGAIN】目当てに『カラー・パレット』を買ったのですが,やっぱりダメ。どうしても伊東たけしの歌ものには馴染めない。『カラー・パレット』こういうファンと出会いませんように…。

COLOR PALETTE-2 管理人がこの時期の“脂の乗りきった”スクェアベスト盤を選曲するとしたら絶対にこの10曲は選ばない。
 『カラー・パレット』の中から生き残るのは【HARLEQUIN】【PRIME】【OVERNIGHT SENSATION】【宝島】だけである。他の6曲は落選させる。

 でもあるでしょ? 他人が選曲したベスト盤を聞く楽しみが…。
 『カラー・パレット』の選曲会議で何がどう決められたのかは分からないが,結構な発言権を持つその方の意向とは「ザ・スクェアにはこんないい曲があるんですよ」というメッセージだと思う。

 管理人の結論。『カラー・パレット批評

 『カラー・パレット』の「成功の秘訣」とは,敢えての「超有名曲外し」という大勝負に尽きる。意外性とかギャップなのであろう。
 ヴォーカル・ナンバーと「灰汁の濃い」インスト曲を【PRIME】【宝島】のヒット曲と混ぜ合わせることで,ザ・スクェアへの一層の興味や探求心を掻き立てる戦略と読んでみたが,どうでしょうか?

 『カラー・パレット』には,ipodのシャッフル機能にも通じる,予想外の曲順から来る楽しみを感じます。個人的にこの曲順は嫌いではありません。

 
01. FEEL ALRIGHT
02. SAY IT AGAIN
03. IN THE GRID
04. HARLEQUIN
05. PRIME
06. MISTRAL
07. OVERNIGHT SENSATION
08. CAMEL LAND
09. TAKARAJIMA
10. REACH OUT

 
THE SQUARE
MASAHIRO ANDOH : Guitars
TAKESHI ITO : Alto Saxophone, Lyricon, Digital Takecon-1
TOYOYUKI TANAKA : Electric Bass
HIROTAKA IZUMI : Keyboards, Synthesizers
TOHRU HASEBE : Drums
HIROYUKI NORITAKE : Drums

KIYOHIKO SENBA : Percussion
MASANORI SASAJI : Keyboards, Synthesizers
JUN AOYAMA : Drums
JAKE H.CONCEPTION : Tenor Saxophone
JUNICHI KANEZAKI : Trumpet
YUTAKA KANAI : Trumpet
EIJI ARAI : Trombone
HARUMI MITA : Trombone
CINDY FEE : Vocal
CINDY : Vocal
CARL MOORE : Vocal

LARRY WILLIAMS : Rhodes Piano, Synthesizers, Tenor Saxophone, Flute
PAUL JACKSON JR. : Guitars
RANDY FREDRIX : Guitars
PHILIPPE SAISSE : Keyboards, Synthesizers
NATHAN EAST : Bass
JOHN ROBBINSON : Drums
PAULINHO DA COSTA : Percussion
JERRY HEY : Trumpet, Flugelhorn
GARY GRANT : Trumpet, Flugelhorn
CHUCK FINDLEY : Flugelhorn
BILL REICHENBACK : Trombone
DIANA M. WILSON : Vocal
JAY GRUSKA : Background Vocals
JOSEPH WILLIAMS : Background Vocals
THOMAS FUNDERBURK : Background Vocals

(ソニー/SONY 1986年発売/SRCL 3526)
(スリムケース仕様)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ブリジット・フォンテーヌ / ラジオのように5

COMME A LA RADIO-1 ブリジット・フォンテーヌの『COMME A LA RADIO』(以下『ラジオのように』)は,バックを務めるアート・アンサンブル・オブ・シカゴ目当てで買ったのだが,このアルバムは,ブリジット・フォンテーヌがどうとか,アート・アンサンブル・オブ・シカゴがどうとか,で計れるアルバムではない。

 『ラジオのように』とは,フレンチ・ポップスとフリージャズ・ミックスの形をとった,これが混沌とは真反対の理路整然とした“前衛”にして,絶対に掴むことのできない“底なしの前衛”である。則ち,何らかのキーワードで計れるアルバムではない。

 “底なしの前衛”『ラジオのように』の最大の魅力とは,ポエムであって,音楽というよりも文学に近いということである。
 『ラジオのように』は,リアルな世界観を描いたフィクションの読み物のようなのである。文章で誘う空想の世界であり“非日常の空気感”が描かれているように思う。「サブカルの走り」のような音楽の1つだと思lっている。

 ブリジット・フォンテーヌアート・アンサンブル・オブ・シカゴが,再現不可能な時代を背景に,危険極まりない“非日常の音世界感”を構築している。
 都市の大通りから一本中に入った“路地裏の日常”こそが「社会の歪み」であり「社会の裏側」が音楽で見事に構築されている。だからこそ『ラジオのように』は,あの時代が産み出した“前衛”であり,サブカルなのである。

 ウィスパー・ヴォイスで呪文を唱えるかのように歌うブリジット・フォンテーヌが殺気立っている。不気味で奇怪な歌であることは頭では理解していても,その場を立ち去ることができず,意に反して「立ち尽くして」最後まで聞いてしまうような恐ろしさがある。
 フランス女性のイメージから来るものなのか,あるいはフリージャズのイメージから来るものなのかもしれないが,絶対に見てはいけない闇の世界へとどんどん引き込まれてしまう,いいや,引きずり込まれてしまう危険な感覚…。

 管理人は『ラジオのように』を初めて聴いた時に,成人してからでないと経験することが許されない,未成年では絶対に目隠しされてしまう事柄を見てしまったドキドキする感覚を抱いたことを覚えている。
 だからなのだろう。『ラジオのように』というアルバム・タイトルを耳にすると,今でも音楽というよりも読み物の感覚の方が強い。絵のない「官能小説」の類をイメージしてしまう。

COMME A LA RADIO-2 アート・アンサンブル・オブ・シカゴのバックサウンドが真に素晴らしい。「集団即興集団」であるアート・アンサンブル・オブ・シカゴが,完成度の高いフレンチ・ポップスとフリージャズ・ミックスを演奏している。
 そこで詩を朗読するように歌うブリジット・フォンテーヌの存在が,管理人の中の『ラジオのように』=音楽ではなく文学のイメージにつながっているのだろう。

 いいや,何となくカッコ付けて書いてしまった。ぶっちゃけて書くと,フレンチ・ポップスも知らなかったし,フリージャズもまだ詳しく知らない時分に出会った,管理人にとっての「カルチャー・ショック」の1枚が,たまたま『ラジオのように』だっただけ。
 おフランスへの憧れがあったし,自分の知らない世界への憧れも強かった。「広く浅く」も好きだったし「狭く深く」も好きだった。好奇心旺盛な若者が“底なしの前衛”『ラジオのように』にたまたま出会っただけ。

 今のサブカル世代にとっても『ラジオのように』は“底なしの前衛”と受け止められるのではなかろうか? 『ラジオのように』には,それくらいの破壊力がある。
 恐らく,初めて聴いた人には,何が何だか分からない,で終わると思う。それでいいんです。“前衛”とはそういうものだし『ラジオのように』は“サブカルの走り”の1枚なのだから…。

 
01. COMME A LA RADIO
02. TANKA II
03. LE BROUILLARD
04. J'AI 26 ANS
05. L'ETE L'ETE
06. ENCORE
07. LEO
08. LES PETITS CHEVAUX
09. TANKA I
10. LETTRE A MONSIEUR LE CHEF DE GARE DE LA TOUR DE CAROL
11. LE GOUDRON
12. LE NOIR C'EST MIEUX CHOISI

 
BRIGITTE FONTAINE : Vocals, Spoken Word
ARESKI : Percussion, Vocals

ART ENSEMBLE OF CHICAGO
LESTER BOWIE : Trumpet
JOSEPH JARMAN : Saxophone, Oboe
ROSCOE MITCHELL : Saxophone, Flute
MALACHI FAVORS MAGMOSTUS : Bass

LEO SMITH : Trumpet
JACQUES HIGELIN : Guitar
JEAN-CHARLES CAPON : Cello
ALBERT GUEZ : Lute
KAKINO DE PAZ : Zither

(サラヴァ/SARAVAH 1969年発売/OMCX-1006)
(ライナーノーツ/葉山ゆかり)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

菊池 ひみこ / ウーマン4

WOMAN-1 廃盤になった『WOMAN』(以下『ウーマン』)をずっと探していた。正確には【MAKE UP IN THE MORNING】を探していた。
 なぜなら【MAKE UP IN THE MORNING】こそが「菊池ひみこの音楽」そのものであり,管理人の「青春時代の音楽」のTOP10に入るくらいに聴きまくった「フュージョンと来れば」的な名曲だからである。

 とにかくメロディーが美しい。実にエレガントで,実にドラマティックで,実にロマンティックで,なぜか哀愁さえも感じてしまう。そのクセして聴き所は美メロ以上にリズム隊である。ラテンのノリでギンギンにエレピを押しまくってくる。
 そう。当時,中学生だった管理人には畑中葉子の擬似「後から前から」とシンクロしてしまうくらいに刺激的で官能的だったのが【MAKE UP IN THE MORNING】。いろいろな意味で,一生忘れられない名曲なのである。

 …とここまで書いたが,管理人は【MAKE UP IN THE MORNING】を一度も購入したことはない。ずっとエアチェック・テープで聴いていた。
 …だから上京の際にカセットテープを持参しなかったので十数年【MAKE UP IN THE MORNING】を聴いてはいない。しかし,その間も頭の中で鳴り続けていたし,近年はユーチューブに誰かがUPしてくれたおかげで無料で繰り返し聴いていた。

 しかし,ユーチューブでは満たされないのだ。コレクターの所有欲は満たされないのだ。ずっと頭の片隅に残っている【MAKE UP IN THE MORNING】というか,この曲が入っているアルバム『ウーマン』への思いが募る。
 アマゾンで5000円出せば買える。でもプレミア価格では買いたくない。ヤフオクでも3000円までで何度か入札したが落札できず。それで,ここ数年間は,菊池ひみこチャック・ローブメゾフォルテアル・ヘイグアート・アンサンブル・オブ・シカゴ等のお目当ての中古CD屋巡りが毎週の日課であった。→ 最近は中古CD屋巡りが減ってネットを徘徊するようになってしまいました。

WOMAN-2 そこへ今回の菊池ひみこの再発企画である。もうそりゃあ,即効で買うでしょう! ということでまとめて4枚の大人買いをして『ドント・ビー・ステューピッド』『フラッシング』『オーライ』『ウーマン』をついに手に入れた! ヤッター! タワーレコード!

 【MAKE UP IN THE MORNING】1曲のために購入した『ウーマン』であるが,これまでアルバムの他の曲は聞いたことがなかった。『ウーマン』の中に第二の【MAKE UP IN THE MORNING】が収録されていることを期待していたのだが…。

 う〜む。『ウーマン』は“大振りスイングのアルバム”である。つまりは三振かホームランのアルバムである。
 …と書いたのは,菊池ひみこを贔屓してのこと。正直『ウーマン』は【MAKE UP IN THE MORNING】1曲だけがホームランで,残りの7曲は全部空振りであった。

 
01. Make up in The Morning
02. Sunburned Hip
03. Darling, I'm on your side
04. Funky Panty Girdle
05. Fat ma Cooking
06. 5 PM Red Pumps
07. My Lost Pierce
08. Nursery Song

 
HIMIKO KIKUCHI : Piano, Keyboards, Vocal
SHIGEO SUZUKI : Alto Saxophone
HIROFUMI KINJOH : Tenor Saxophone
MASAMI NAKAGAWA : Flute
SHIN KAZUHARA : Trumpet
MASATSUGU MATSUMOTO : Electric Guitar, Acoustic Guitar
KAZUYA SUGIMOTO : Electric Bass
NAOKI WATANABE : Electric Bass
HIROSHI HOHINO : Acoustic Bass
KAZUAKI MISAGO : Drums
ATSUO OKAMOTO : Drums
HIDEO YAMAKI : Drums
YASUSHI ICHIHARA : Drums
YOSHINORI NOHMI : Percussion
EVE : Chorus

JOE STRINGS : Strings
KAZUHARA SECTION : Brass
GAICHI ISHIBASHI : Oboe
YUKIHIKO NISHIZAWA : Flute, Piccolo
MOTOE MIYAJIMA : Clarinet
HIROYUKI MINAMI : Horn

(テイチク/TEICHIKU 1983年発売/TEH-16)
(ライナーノーツ/金澤寿和)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

アーマッド・ジャマル / バット・ノット・フォー・ミー5

BUT NOT FOR ME-1 アーマッド・ジャマルの“最高傑作”が『BUT NOT FOR ME』(以下『バット・ノット・フォー・ミー』)である。

 “ジャズの帝王”マイルス・デイビスが演奏を聴くためにクラブに通い詰めた唯一のピアニストであり,マイルス・デイビスが自分のバンドにどうしても迎え入れたかったピアニストであり,それが叶わず,レッド・ガーランドに「彼のように弾いてくれ」と命令したピアニスト,それがアーマッド・ジャマルであった。

 マイルス・デイビスアーマッド・ジャマルの何に魅了されたのだろうか? それが『バット・ノット・フォー・ミー』で聴かせる,叙情性とアンサンブルの重ね方にあると思う。マイルス・デイビスも追求した“リリシズム”である。
 とにかく上品なのだ。とにかく優雅なのだ。ホテルのラウンジで生演奏を聴きたい第一位こそがアーマッド・ジャマルであろう。

 アーマッド・ジャマルピアノと来ればピアノ・トリオである。イスラエル・クロスビーベースバーネル・フォーニアドラムと組んで「3人で役割分担して1曲を仕上げるスタイル」は,アーマッド・ジャマルが開祖であろう。

 つまり,ベースドラムは一切ソロを取ることがない。ベースドラムアーマッド・ジャマルソロを取らせるためのスペース作りに専念している。
 ベースドラムの2人が曲の骨組みを組立てている。どのような外装にするか,どのような内装にするかは3人で決めている。

 そしてここがアーマッド・ジャマルの凄いところだと思うのだが,普通なら空いた空間を埋めるためにピアノを目立たせようと考えるものだろうが,アーマッド・ジャマルピアノを決して弾きすぎない。

BUT NOT FOR ME-2 そう。アーマッド・ジャマルは,弾く音を必要最低な音数に厳選し,シンプルな右手のフレーズと合いの手の様に入る左手のブロックコードで聴かせたいフレーズだけを浮かび上がらせる。
 「ピアノピアノの邪魔をしないピアノ」。アーマッド・ジャマルとはこれなのである。

 則ち,アーマッド・ジャマルの『バット・ノット・フォー・ミー』とは,後にマイルス・デイビスがやったモードの「さきがけ」のような演奏である。

 モードジャズを完成させたのは,マイルス・デイビスビル・エヴァンスギル・エヴァンスの3人に違いないが,アーマッド・ジャマルがいなければ,そもそもモードジャズは生まれなかった。
 ピアノ・トリオの「3人で役割分担して1曲を仕上げる」アーマッド・ジャマルの音楽こそが,マイルス・デイビスが愛した“リリシズム”なのである。

PS アーマッド・ジャマルはとにかく素晴らしい。そのアーマッド・ジャマルのスタイルを消化させたレッド・ガーランドも素晴らしい。しかし日本においてアーマッド・ジャマルの人気もレッド・ガーランドの人気もイマイチである。全てはビル・エヴァンスである。ビル・エヴァンスの登場がアーマッド・ジャマルレッド・ガーランドを無き者にしてしまった。この事実だけでもビル・エヴァンスの凄さが分かる。ビル・エヴァンスが圧倒的!

 
01. BUT NOT FOR ME
02. SURREY WITH THE FRINGE ON TOP
03. MOONLIGHT IN VERMONT
04. MUSIC, MUSIC, MUSIC
05. NO GREATER LOVE
06. POINCIANA
07. WOODY'N YOU
08. WHAT'S NEW

 
AHMAD JAMAL : Piano
ISRAEL CROSBY : Bass
BERNELL FOURNIER : Drums

(アルゴ/ARGO 1958年発売/UCCU-5128)
(ライナーノーツ/小川隆夫,児山紀芳)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

菊池 ひみこ / オーライ4

ALL RIGHT-1 「菊池ひみこ,海を渡る」。それが『ALL RIGHT』(以下『オーライ』)失速の最大要因である。

 『ドント・ビー・ステューピッド』でホップして『フラッシング』でステップして『オーライ』でジャンプを決める。
 そんなシナリオが立てられた中?菊池ひみこが向かったのは,アメリカはLAの「マッド・ハッター・スタジオ」。則ちチック・コリアのお膝元である。

 1982年当時のチック・コリアは「リターン・トゥ・フォーエヴァー」を解散しアコースティックジャズに燃えていた時期である。
 菊池ひみことしては,ブラジリアン・フュージョンで「天下を獲った」チック・コリアに,それもジャズを志向中のチック・コリアに感じるものがあったのだろう。

 しかし『オーライ』は“中途半端な”チック・コリアとの共同制作。これが『オーライ』の敗因であろう。
 『オーライ』のプロデューサーは「マッド・ハッター・スタジオ」を使用するのにチック・コリアではなく松本正嗣であった。共演者もチック・コリアの人脈としてはアル・ビズッティくらい。他はアーニー・ワッツにしてもジョン・ロビンソンにしてもスティーヴ・フォアマンにしてもリー・リトナー関連の色合いが強い。

 『オーライ』のレコーディングの様子をチック・コリアがのぞきに来たそうであるが,総指揮を取ったは松本正嗣
 保険として杉本和弥を引き連れて渡米した松本正嗣であったが,自身にとっても初体験となる海外レコーディングリー・リトナー組を思い通りに操るにはまだまだ経験が不足していたように思う。
 『オーライ』の音はLAらしくカラッとしているようでいて,実はポップではないし,重くタイトなリズムはどちらかというとNYのイメージに近いと思う。

ALL RIGHT-2 個人的には世界TOPのジョン・ロビンソンよりも風間幹也ドラミングの方が菊池ひみこの音楽性には合っている。もっと言えばバンドのメンバー全員「デッド・エンド」の方が良かった。
 それだけではなく菊池ひみこオリジナルも,変にブラジリアン・フュージョンに寄せた『オーライ』よりも『ドント・ビー・ステューピッド』や『フラッシング』の「全力日本」タイプの方が良かった。

 アメリカ制作は完全に無駄金だった。高い授業料を払わされたものだ。つまり国内制作の方が良かった。「菊池ひみこデッド・エンド」で録音した『ドント・ビー・ステューピッド』〜『フラッシング』路線の続編が良かった。

 『オーライ』で“狙った”ブライトなタッチのグルーヴィなフュージョンが得意なのは,菊池ひみこの方ではなくチック・コリアの方なのでした。

 
01. CALLING WAVES
02. ROLLING 40TH
03. THE POLESTAR
04. CRAZY MOON
05. PANCAKE ICE
06. HARD MEDITATION
07. BUNGER'S OASIS

 
HIMIKO KIKUCHI : Acoustic Piano, Keyboards, Vocal
ERNIE WATTS : Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Synthesizer Saxophone
AL VIZZUTTI : Trumpet
MASATSUGU MATSUMOTO : Electric Guitar
KAZUYA SUGIMOTO : Electric Bass
JOHN ROBINSON : Drums
STEVE FORMAN : Percussion

BRASS SECTION
AL VIZZUTTI : Trumpet
CHARLES DAVIS : Trumpet
JIM COWGER : Tenor Saxophone, Alto Saxophone
ALAN KAPLAN : Trombone

(テイチク/TEICHIKU 1982年発売/TEH-15)
(ライナーノーツ/油井正一,金澤寿和)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ビル・エヴァンス / トリオ '644

TRIO '64-1 管理人はビル・エヴァンスが大好き。でもそれ以上にキース・ジャレットが大好き。
 ゆえにキース・ジャレットトリオベーシストゲイリー・ピーコックビル・エヴァンスと共演した『TRIO ’64』(以下『トリオ ’64』)のお目当てはビル・エヴァンスではなくゲイリー・ピーコックのはずであった。

 ところがどうだろう。あのゲイリー・ピーコックが霞んでいる。あのポール・モチアンが霞んでいる。
 ズバリ『トリオ ’64』とは「ビル・エヴァンス100%」のアルバムである。
 暴言を吐けばベーシストドラマーはリズム・キープが出来れば誰でも良かった。それくらい“圧倒的に”ビル・エヴァンスなアルバムである。

 ビル・エヴァンスの新鮮でハーモニー豊かなアイディア,独特のデリカシー,それは決して女性的な柔らかさではなく,生き届いた繊細さ,あるいはバランスのとれた美しさがまばゆい!
 この美しさの秘訣は「美人薄命」である。ベースゲイリー・ピーコックドラムポール・モチアンとの『トリオ ’64』のピアノ・トリオは結成当初から「期間限定」の約束であった。
 新進気鋭のゲイリー・ピーコック,待望の復帰が叶ったポール・モチアンを迎えて,ビル・エヴァンスが燃えたのだった。


 そう。『トリオ ’64』の聴き所はビル・エヴァンスの美しいピアノだけにある。
 『トリオ ’64』の中にビル・エヴァンスの代名詞である「インタープレイ」的要素は含まれていない。演奏が“ぬるい”のだ。
 仮に「期間限定」でなかったなら“奇跡の”超大物3人の揃い踏みなのだから,もっともっと&ずっとずっと良くなって,果てはスコット・ラファロを超えたかも?

 事実『トリオ ’64トリオライブ会場にキース・ジャレットの姿があったらしい。後にキース・ジャレットトリオで共演することとなるゲイリー・ピーコックベースポール・モチアンドラムに,自身のピアノを思い重ねていたりして…。

 それにしてもゲイリー・ピーコックベースが普通すぎる。ゲイリー・ピーコックとしてもビル・エヴァンストリオベーシストを務めるとなるとスコット・ラファロの遺灰を意識せざるを得なかったであろうに…。

 この全ては選曲の難に負うところが大きいと思う。管理人の大好きな【エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー】でさえ“荒削りな”ベースが響いている。【サンタが街にやってくる】なんて“愛らしい”ベース・ウォーキング。
 どうですか? 読者の皆さんはこの選曲とゲイリー・ピーコックがダイレクトに結びつきますか?

TRIO '64-2 そう。『トリオ ’64』には,ゲイリー・ピーコックの“破天荒”な真骨頂が発揮されるシリアスなパートが少なすぎるのだ。
 全てはプロデューサーを務めるクリード・テイラーが仕掛けた,ビル・エヴァンスの美しさを際立たせるためのセッティングが,世紀の共演の魅力を半減してしまっている。

 ここに,例えば【枯葉】などのスコット・ラファロの有名曲をぶつけていたら,こんなにも軟弱なゲイリー・ピーコックで終わるはずはなかった。心からそう思う! → 心からそう願う?

 管理人の結論。『トリオ ’64批評

 ゲイリー・ピーコックの演奏が悪いわけではないし,調子が悪いわけではないのだが『トリオ ’64』はゲイリー・ピーコック目当てで聴くアルバムではない。
 いいや,ここでどんでん返し! 是非ともゲイリー・ピーコック目線で聴いてみてほしい。あのゲイリー・ピーコックが隅に追いやられるレベルで“圧倒的に”ビル・エヴァンスピアノが迫ってくる。

 キース・ジャレットトリオが好きでゲイリー・ピーコックベースが好きなファンがビル・エヴァンスを強烈に意識することになるアルバムとして『トリオ ’64』をお奨めする。

 
01. LITTLE LULU
02. A SLEEPING BEE
03. ALWAYS
04. SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN
05. I'LL SEE YOU AGAIN
06. FOR HEAVEN'S SAKE
07. DANCING IN THE DARK
08. EVERYTHING HAPPENS TO ME

 
BILL EVANS : Piano
GARY PEACOCK : Bass
PAUL MOTIAN : Drums

(ヴァーヴ/VERVE 1964年発売/UCCU-5077)
(ライナーノーツ/ジャック・マハー,杉田宏樹,藤井肇)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

エヴァレット・ハープ / 君への想い4

EVERETTE HARP-1 1991年の「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」の大トリは「ザ・マーカス・ミラー・プロジェクト」。フィーチャリングレイラ・ハサウェイヴォーカルであったが,とにかくメンバーが凄い!
 ベースマーカス・ミラードラムプージー・ベルピアノジョー・サンプルキーボードフィリップ・セスギターディーン・ブラウントランペットマイケル・パッチェス・スチュワート。こんな至高のバックを引き連れて,一人フロントに立ったのがアルトサックスエヴァレット・ハープであった。

 馴染みのメンバーの中にあって,エヴァレット・ハープって誰? 圧巻のアルトサックスを聴き終えて,エヴァレット・ハープって誰?
 全くのノーマークにやられてしまったわけだが,管理人は悪くない。エヴァレット・ハープアルトサックスマーカス・ミラーからの“サプライズ”であった。

 だ〜って,エヴァレット・ハープは未だCDデビュー前であった。当時はネットも利用できなかったしCDショップをハシゴするしかなかったので,どこかに出かけた際は必ずCDショップに立ち寄って,エヴァレット・ハープを捜す日々…。

 そんな強烈な記憶が薄れかけていた時に,持つべきは友である。某ラジオ局に努める友人が郵送で送ってくれたのが,管理人が所有するサンプル盤の『EVERETTE HARP』(以下『君への想い』)である。

 『君への想い』は1992年のエヴァレット・ハープデビューCD。正に“満を持しての”ワールド・デビュー。プロデューサーからしてジョージ・デュークなのであります。

EVERETTE HARP-2  でっ,マーカス・ミラーなしで【RUN FOR COVER】なしのエヴァレット・ハープが何とも普通。
 おいおい,デヴィッド・サンボーンの後継者じゃなかったのかよう?

君への想い』でのエヴァレット・ハープフュージョンサックスではなくてスムーズジャズ
 まっ,たまにあるでしょ? ほら,デビュー前は「こうだった」のに,デビューしたら「ああだった」ってパターン。大抵はデビュー前の方が好きだった,っていうパターンが…。

 そんな中【FREE FALL】だけは“鉄板”です。これ相当に好き!
 【FREE FALL】でのエヴァレット・ハープは,フュージョンサックス界の「天使」です!

 
01. FULL CIRCLE
02. MORE THAN YOU'LL EVER KNOW
03. THERE'S STILL HOPE
04. THANK YOU FOR ALL YOUR LOVE
05. LET'S WAIT A WHILE
06. REMEMBER MY LOVE
07. FUNK A LE GONK
08. WHEN I THINK OF YOU
09. HE'LL NEVER LEAVE
10. IF I HAD YO LIVE MY LIFE WITHOUT YOU (WITHOUT YOU)
11. YOU MADE IT BETTER
12. FREE FALL
13. TOMORROW

 
EVERETTE HARP : Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Tenor Saxophone, Flute, EWI, Keyboards, Additional Keyboards, Drum Programming, Lead Vocals, Backing Vocals
GEORGE DUKE : Keyboards, Piano, Synthesizer, Additional Keyboards, Additional Percussion, Drum Programming, Synclavier Programming
DARRELL SMITH : Main Keyboards
MORRIS PLEASURE : Keyboards
BRIAN SIMPSON : Keyboards, Drum Programming
LARRY KIMPEL : Bass
FREDDIE WASHINGTON : Bass
HERMAN MATHEWS : Drums
RAYFORD GRIFFIN : Drums
PAULINHO DA COSTA : Percussion
MICHAEL LANDAU : Lead Guitar
PAUL JACKSON JR. : Guitar
ALAN HINDS : Guitar
DWIGHT SILLS : Guitar
"DOC" POWELL : Guitar
RAY FULLER : Guitar, Acoustic Guitar
RAYFORD GRIFFIN : Drum Programming
STEVE TAVAGLIONE : EWI Programming
OSCAR BRASHEAR : Trumpet
GEORGE BOHANON : Trombone
CARL CARWELL : Backing Vocals
PHIL PERRY : Backing Vocals
CAROLYN PERRY : Backing Vocals
DARLENE PERRY : Backing Vocals
LORI PERRY : Backing Vocals
SHARON PERRY : Backing Vocals
RACHELLE FERRELL : Backing Vocals
JOSIE JAMES : Backing Vocals
CHANTE MOORE : Backing Vocals

(マンハッタン/MANHATTAN 1992年発売/TOCJ-5722)
(ライナーノーツ/松永紀代美)
(サンプル盤)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

デイヴ・リーブマン・アンサンブル / コルトレーンズ・メディテーションズ4

JOHN COLTRANE'S MEDITATIONS-1 『JOHN COLTRANE’S MEDITATIONS』(以下『コルトレーンズ・メディテーションズ』)とは,デイヴ・リーブマンによるジョン・コルトレーンの『MEDITATIONS』の完コピ・アルバムである。

 ジョン・コルトレーンの曲をデディケイションとして演奏するテナー奏者は多いが,デイヴ・リーブマンの場合は行き過ぎている。
 ジョン・コルトレーンのアルバムを1枚丸々,しかも選んだのが後期コルトレーンフリージャズMEDITATIONS』全曲の完コピときた。

 『コルトレーンズ・メディテーションズ』って,デイヴ・リーブマンのファンであれば買うのかなぁ? デイヴ・リーブマンのファンであってもスルーされることが多い? コルトレーン信者しか買わないのでは?
 管理人はかろうじてデイヴ・リーブマンのアンテナに引っ掛かったが,正直,辛い。

 本家ジョン・コルトレーンの『MEDITATIONS』も所有してはいるが,未だに最後まで聴き通すとしんどくなる。ファラオ・サンダースが救世主として活躍してくれているから“もっている”アルバムの1枚だと思っている。
 だから本当は『MEDITATIONS』VS『JOHN COLTRANE’S MEDITATIONS』の対比を軸に批評するのが“筋”というものなのだろうが,昨晩から聴き比べしたが,ごめんなさい。
 『MEDITATIONS』は問題作なのだから『JOHN COLTRANE’S MEDITATIONS』も問題作。だから,どうコメントして良いかも問題で,ここまで書き始めてはみたものの本当に困っております。はい。

 『MEDITATIONS』というアルバムは,ジョン・コルトレーンの「精神世界の音楽の権化」である。
 昨今「音楽に政治を持ち込むな」というわけのわからない議論があって,チャールス・ミンガスとかマックス・ローチの例をあげるまでもなく,そんな馬鹿な……という話なのだが「宗教を持ち込んだらダメ」という話は,ジョン・コルトレーンからだろう。それくらいに『MEDITATIONS』の「精神世界」は超・強烈!

 そんな,ぐちゃぐちゃでドロドロの『MEDITATIONS』をよくも再現しようと思ったよなぁ。流石はコルトレーン・マニアのデイヴ・リーブマンだけのことはある。デイヴ・リーブマンの“男気”を見直した。

JOHN COLTRANE'S MEDITATIONS-2 尤もデイヴ・リーブマンジョン・コルトレーンの再演にチャレンジするにあたり,数ある名盤の中から『MEDITATIONS』を選んだ理由が,ボヤっとではあるが伝わってくる。
 デイヴ・リーブマンは『コルトレーンズ・メディテーションズ』の素材に良さに注目しているのだろう。

 ジョン・コルトレーンの『MEDITATIONS』と来れば,ファラオ・サンダースのギャーギャーと鳴るスクリームの嵐や,ラシッド・アリのバタバタしたドラム,やや滑稽な朗誦などに耳を引っ張られてしまうのだが,ジョン・コルトレーンはおそらく真剣にキリスト教的な瞑想を音楽でやってみようと思っていたのだろう。

 デイヴ・リーブマンは(多少の宗教的な意味合いは残っていたとしても)『MEDITATIONS』を純粋な「音楽の素材」として取り出すことで我々の耳の曇りを取っ払ってくれている。
 実は『MEDITATIONS』の中では,こんなにも素晴らしいメロディーが展開していたんですよ,と語りかけられているように思える。透明感と凛とした芯がある曲ばかりではありませんか!? 

 
01. INTRODUCTION
02. THE FATHER AND THE SON AND THE HOLY GHOST
03. COMPASSION
04. LOVE
05. CONSEQUENCES
06. SERENITY

 
DAVE LIEBMAN : Tenor Saxophone
VIC JURIS : Guitar
JAMEY HADDAD : Drums, Percussion
PHIL MARKOWITZ : Piano, Keyboards
TONY MARINO : Bass

BILLY HART : Drums
CECIL McBEE : Bass
TIGER OKOSHI : Trumpet
CARIS VISENTIN : Oboe

(アルカディア・ジャズ/ARKADIA JAZZ 1998年発売/TKCB-71462)
(ライナーノーツ/ナット・ヘントフ,デイヴ・リーブマン)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

武田 和命 / ジェントル・ノヴェンバー5

GENTLE NOVEMBER-1 『GENTLE NOVEMBER』(以下『ジェントル・ノヴェンバー』)からは,武田和命の“魂のテナーサックス”がフォーマットを超えてこぼれ落ちている。内から内から漏れ出している。武田和命の“生命の音”が聴こえてくる。

 『ジェントル・ノヴェンバー』のレコーディング・メンバーは,テナーサックス武田和命ピアノ山下洋輔ドラム森山威男ベース国仲勝男
 そう。武田和命も参加していた山下洋輔ゆかりのカルテット編成。山下洋輔のコンボでバリバリのフリージャズを演奏していた武田和命にとっての「最強の面々」が全員揃っている。がっ,しかし…。

 『ジェントル・ノヴェンバー』は武田和命の“一人舞台”。管理人は『ジェントル・ノヴェンバー』を武田和命テナーソロ・アルバムだと言い切ってしまおう。
 あの山下洋輔が,あの森山威男が,あの国仲勝男が,自己主張をやめて完全なるサイドメンに徹している。演奏から見事に消えてみせている。

 この全ては意図的な結果である。『ジェントル・ノヴェンバー』は,最強のフリージャズ軍団が作り上げたフリージャズの真逆を行く音楽であった。
 過剰になることを極力排除した,しかし強烈なテンションのまま紡いでみせた,ストレート・アヘットでエモーショナルな,それはそれは美しいジャズバラード集。『ジェントル・ノヴェンバー』の真実とは「根性の静寂」なるアルバムだと思う。

 あの山下洋輔が,あの森山威男が,あの国仲勝男が,武田和命バラードに心底惚れ込んでいる。全員で武田和命を“男”として立てることだけに集中している。
 『ジェントル・ノヴェンバー』での武田和命が“男”である。だから『ジェントル・ノヴェンバー』“男のバラッド”なのである。

 真に名盤である。管理人をして名盤と信じて疑わない1枚である。こんなにも“男らしい”ジャズバラードはそうそう無い。
 普段寡黙なのに酔うと饒舌になる人を思わせる武田和命の“男のダンディズム”に一発でやられてしまう。
 管理人は『ジェントル・ノヴェンバー』をJ−ジャズの聴くべき10枚の1枚に選定する。とにかく全てが「圧倒的」なのである。

 『ジェントル・ノヴェンバー』のモチーフは,ジョン・コルトレーンの「不朽の名盤」『BALLADS』にある。
 『BALLADS』のモノマネでもいいじゃないか! 『BALLADS』の世界観をここまで“自分のものとした”テナー奏者など武田和命の他にはいない。日本人テナー奏者がここまでのビター・スウィートを生み出している事実を素直に喜ぶべきではないかと思う。

 とにかく『ジェントル・ノヴェンバー』における武田和命の吹きっぷりが堂々たるもので,フリーの「ふ」の字も感じられないのに,タフで厚いリードから響いてくるストイックなまでに清澄な音色の響きに武田和命を感じ取ることができる。
 敢えてフリーキーさや速いフレーズを選ばずに,淡々とスケールの大きなアドリブを紡いでいく熱く切ないテナーに,胸をかきむしりたくなってしまう。

 武田和命の伸びやかに吹くテナーの音色はしなやかで柔らかくほんのり末尾にサブ・トーンが混じっている。しっかりタンギングをする武田和命テナーは凛々しくも明瞭だ。一音をしっかりと区切り大切にそっと音を宙に舞わせている。

GENTLE NOVEMBER-2 やるせなさや哀しみの感情をどう表現するかはそれぞれの文化によって異なる。大げさな表現を好む民族もいれば,抑えた控えめな表現を好む民族もいて日本人は後者である。
 武田和命は『ジェントル・ノヴェンバー』の中で,日本的悲哀の情をジャズというユニヴァーサルな音楽フォーマットの中で,深く繊細に表現している。つまり日本人の男にしか吹けない哀切さと抒情を『ジェントル・ノヴェンバー』の中に散りばめている。
 最初から最後の一音がやるせない余韻を残して消えてゆくまで,どの瞬間もうっとりするような深い陰影が呼吸をしているかのような,完全に別次元の音楽がここにはある。

 武田和命アドリブに身体の奥がじわりとえぐられる。心を揺さぶるアドリブとはテクニックやけれんみなどではない。聴き手を泣かそうと小細工や演出によるものではない。
 武田和命は,ただ真摯にふくよかにジャズと向かい合い,非フリーなのにフリーキーして物悲しい。管理人は武田和命の感情表現のこの部分に“男のロマン”を感じてしまう。武田和命の“生命の音”が聴こえてくる。

 そう。武田和命という“男”は,真の日本男子にして真にジェントルテナーマンなのである。
 武田和命という“男”は自分を演奏できる人である。武田和命という“男”は自分を演奏する人である。武田和命という“男”は本音で演奏できる人である。

 その艶やかでメロディアスで,思いの丈が詰まったような,しかもそれを剥き出しにするのではなく,魂に青白い焔を灯しながら噛みしめるように表現していくその演奏姿勢に,深く心打たれる自分がいる。
 全部とは言わない。トータルではとんでもない。しかし「叙情的な潤い」という部分においては“軽々と”武田和命ジョン・コルトレーンを超えている。

 武田和命が吹き上げるテナーサックスの「根性の静寂」がどこまでも優しく“男らしい”。
 『ジェントル・ノヴェンバー』は,女性の皆さんもきっと泣ける“男のバラッド”である。とにかく「圧倒的」なのである。

 
01. Soul Train
02. Theme For Ernie
03. Aisha
04. It's Easy To Remember
05. Once I Talk
06. Our Days
07. Little Dream
08. Gentle November

 
KAZUNORI TAKEDA : Tenor Saxophone
YOSUKE YAMASHITA : Piano
TAKEO MORIYAMA : Drums
KATSUO KUNINAKA : Bass

(フラスコ/FRASCO 1979年発売/SC-7104)
(ライナーノーツ/山下洋輔,工藤金作)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

バート・シーガー・トリオ / オープン・ブック5

OPEN BOOK-1 管理人はCDコレクターの1人である。確かに所有CD3000枚越えは,普通のジャズ・ファンとしては立派な数字だと思っている。
 しかしこの世界は「CD1000枚,2000枚は当たり前」とされる世界である。「上には上」がいる。しかも相当の人数がいる。決して軽口などたたけるレベルではないのだ。

 おおっと,何だか書きたいことから逸れてしまった。管理人が本当に書きたかったのは「セラビー,よくぞ3000枚越えで踏みとどまっている」の方なのだ。本当はもっともっと上限枚数にいっているはず。
 ではなぜ3000枚くらいで抑えられているのか? それは輸入盤は買わないルールを定めているから。セラビーは国内盤しか買わないことに決めている。

 本当は輸入盤も購入したい。難くせ付けて「輸入盤の国内盤仕様」は自分の中でOKにしてきたが,大好きなMMWとかは国内盤仕様ですら発売させる雰囲気がない。これは非常にまずい状況なので,今後配信が始まったら海外サイトからダウンロードして買うつもりである。ただしCD盤としての輸入盤は買わない。一旦買い始めたら底なし沼にハマッテ生計が成り立たなくなる危険大…。

 そう。輸入盤は破産防止のための自主規制。本当の管理人は「輸入盤ウォッチャー」である。だから話題の輸入盤が1年遅れで国内盤になって発売されることが決まれば大はしゃぎ。
 そんな管理人が,国内盤初リリースのニュースに飛びついたのが「輸入盤界隈の隠れエース」こと?エヴァンス派バート・シーガーの『OPEN BOOK』(以下『オープン・ブック』)である。

 管理人が思うバート・シーガーの特徴とは,情緒豊かな美しいメロディーの創造者であって,アメリカ人なのに日本人っぽい親しみやすさを有するところである。優しいタッチのクセして,心のツボをズボズボ突いてくる。

 安定したスタンスと精確な歩運びで,輪郭も明瞭にキレのある軌跡を描いてゆく。透明感に満ちた硬質で端正でリリカルなピアノがモノトーン調のクール・ジェントルな絵を描いていくニュアンスである。
 詩的情緒性やメロディーの美を何より重んじるオーソドックスでスインギー奏演なので,一聴,平易で明快な演奏に思えるが,聴けば聴くほど,ある種の几帳面さ・精巧さが備わった「匠の業」で構成されている。ピリッとしたビターで格式めいた余韻が残る。音楽の広がりが深遠に増してゆく。

 どうですか? エヴァンス派の中の正統エヴァンス派バート・シーガーピアノ・トリオの素晴らしさは!

OPEN BOOK-2 さて,ここまではバート・シーガーピアノの響きについて書いてきたが,バート・シーガーの真の魅力とは,含蓄豊かなインタープレイに尽きる。

 『オープン・ブック』を繰り返し聴いていると,いつしかバート・シーガーピアノが消え去り,ホルヘ・ローダーベース池長一美ドラムだけが鳴っているように感じるようになった。

 ホルヘ・ローダーベースピアノが鳴り出す前に「猪突猛進」してピアノの進むべき空間を開けていく。池長一美ドラムが実に繊細であって,ピアノが鳴り出す前にキャンバス全体に構図をデッサンする。

 これってつまり,ホルヘ・ローダー池長一美も,バート・シーガーピアノを弾き始めると同時にバート・シーガーの意図を掴んで反応するということ。

 バート・シーガーの仕事はここでほとんど終わっている。だからピアノの音は消え去ろうとも,つまりベースドラムの後ろでピアノがそっと鳴ろうとも,俄然ピアノの音が鳴っている。

 「IT’S A PIANO TRIO」! 「IT’S A BERT SEAGER’S PIANO TRIO」!

 
01. Bach's Lunch
02. Bunny Dune
03. Snow Sprite
04. Everything I Love
05. Open Book
06. The Raft
07. I Loves You Porgy
08. My Funny Valentine
09. Wisteria

 
BERT SEAGER : Piano
JORGE ROEDER : Bass
KAZUMI IKENAGA : Drums

(クラウド/CLOUD 2012年発売/DDCJ-4008)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/バート・シーガー,杉田宏樹,夢枕獏)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

中川 昌三 / ポエジィ4

POESY-1 フルート奏者の「世界的権威」である中川昌三は2種類の「アーティスト表記」を持っている。
 中川昌三とはジャズフルート奏者としての名前であり,それ以外のクラシックや現代音楽のフルート奏者の場合は中川昌巳表記となる。活動内容によって「アーティスト表記」を変えることで,自分の中の「別人格」へのスイッチが入るのだろう。

 さて,この2種類の「アーティスト表記」に中川昌三の音楽性の秘密がある。
 つまり中川昌三あるいは中川昌巳というミュージシャンは,フルート界の大家でありながらもフルートをメインに吹き上げることを目的とした演奏をしてはいない人。

 そう。フルートの音色がどうとか,フルートの響きが先にあるのではなく,中川昌三の時にはフルートの前にジャズという音楽があり,中川昌巳の時にはフルートの前にクラシック音楽があるのだ。

 そんな中川昌三ジャズメン魂の記録が『POESY』(以下『ポエジィ』)にある。
 『ポエジィ』は,ジャズフルート奏者に扮した中川昌三が,ピアノリッチー・バイラークベースジョージ・ムラーツドラムルイス・ナッシュという“大御所”ががっぷり四つに組んだ名盤である。

 それまでの中川昌三のイメージとしては,確かにジャズフルートを演奏しているのだが,どことなく中川昌巳の一面が顔を出す感じの“爽やか”ジャズフルートであったのだが『ポエジィ』の中川昌三は,真にジャズ中川昌三を名乗っている。
 いや〜,ジャズメンに徹した中川昌三さんがカッコイイのです。

POESY-2 そもそもがECMのカラーで名を売ってきたリッチー・バイラークなのだから,フルートとの相性はチリバツである。そして『ポエジィ』の楽曲はリッチー・バイラークが得意とする有名ジャズスタンダード集。
 そう。『ポエジィ』は,完全にリッチー・バイラークに“寄せた”企画盤なのである。

 そんなリッチー・バイラークのホームに乗り込んだ形の中川昌三の「匠の技」が真に凄い。
 フルートという楽器はその特性上,音色が霞がちで音量も小さい。“やったもん勝ち”なジャズ界において,連戦連勝で勝ち残ってきたツワモノ3人組。クラシックを兼務している中川昌三なんかコテンパだ…,と管理人は勝手に想像していたものだ。

 ところがどうだろう。中川昌三リッチー・バイラークピアノ・トリオを押している。その結果として,手垢のついたジャズスタンダードが“気品高き”名曲へと昇華している。柔らかく深遠なトーンが“格調を帯びている”。

 そんな中川昌三がリードするリッチー・バイラークピアノ・トリオが“湿度高め”でまったりと楽しめますよっ。

 
01. ALL THE THINGS YOU ARE
02. BEAUTIFUL LOVE
03. MILESTONES
04. ELM
05. ROUND MIDNIGHT
06. ORIENTAL FOLK SONG
07. ALL BLUES
08. SOME OTHER TIME
09. AUTUMN LEAVES

 
MASAMI NAKAGAWA : Flute, Alto Flute, Bass Flute
RICHIE BEIRACH : Acoustic Piano
GEORGE MRAZ : Acoustic Bass
LEWIS NASH : Drums

(ビクター/JVC 1992年発売/VICJ-95)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ブラッド・メルドー / ファインディング・ガブリエル4

FINDING GABRIEL-1 現代のジャズ界を代表する“ジャズ・ピアニスト”であるブラッド・メルドーグラミー初受賞作は“非ジャズ・ピアニスト”なブラッド・メルドーであった。
 この事実が何とも悔しい。それが管理人にとっては『FINDING GABRIEL』(以下『ファインディング・ガブリエル』)の全てである。

 『ファインディング・ガブリエル』はブラッド・メルドーの「問題作」として“未来永劫”語り継がれる1枚になると思う。
 『ファインディング・ガブリエル』以前にもブラッド・メルドーは度々「問題作」をリリースしている。だから『ファインディング・ガブリエル』も“ジャズ・ピアニスト”である前に,ミュージシャンでありアーティストである“天才”ブラッド・メルドーのほんの一面にすぎない。

 でもどうしてもブラッド・メルドーの“天才”を知るファンとしては“ジャズ・ピアニスト”としてのブラッド・メルドーの音楽でグラミー賞受賞してほしかった。
 周りの評価もそうだが,何よりもブラッド・メルドー本人が非ジャズ系の音楽に色気を出して欲しくないからである。

 『ファインディング・ガブリエル』とは,聖書をモチーフとしたコンセプト・アルバムである。ゆえにパイプ・オルガン風のシンセサイザーが出てきたり,合唱隊のようなコーラストランペットも鳴っているが,正直これをもって,聖書をモチーフにしたアルバムと語ることには無理がある。
 そう。『ファインディング・ガブリエル』の裏テーマとは,ブラッド・メルドーの「怒り」なのだと思う。

FINDING GABRIEL-2 管理人の大好きな“ジャズ・ピアニスト”のブラッド・メルドーは,内面では怒ることもあるだろうが,音楽表現においては決して怒ってこなかったし,何があっても動揺しない「懐の深さ」を感じさせるスケールの大きなピアニストである。

 そんなブラッド・メルドーが,聖書という壮大なテーマに取り組んだと知ってフラゲして買った『ファインディング・ガブリエル』。
 1曲目の【THE GARDEN】は,強い物語性が豊かな音楽として展開されたお気に入りなのであるが,それでも聖書の壮大なスケール感を表現するまでには至らなかったという印象が拭えない。

 『ファインディング・ガブリエル』の音楽パートナーとして指名したマーク・ジュリアナ独特のドラミングは,ビート・マシンを血肉化したような,聖書の表現を借りればいかにもネフィリム的だと感じてしまう。つまりは演奏云々の前に曲想が個人的に好みではない。

 ブラッド・メルドー得意のハーモニーが,実験的な音楽表現の楔として見え隠れしているが,結局のところ最後に残るは「怒り」のみ。罪である「音の歪み」がこの上なく美しいということなのだろう。

 
01. The Garden
02. Born to Trouble
03. Striving After Wind
04. O Ephraim
05. St. Mark is Howling in the City of Night
06. The Prophet is a FOOL
07. Make It All Go Away
08. Deep Water
09. Proverb of Ashes
10. Finding Gabriel

 
BRAD MEHLDAU : Steinway C Grand Piano, Yamaha upright Piano, Fender Rhodes, Mellotron, Hammond B-3 organ, OB-6 Polyphonic Synthesizer, Therevox, Moog Little Phatty Synthesizer, Yamaha CS-60 synthesizer, Musser Ampli-Celeste, Morfbeats Gamelan Strips, Shaker, Handclaps, Voice, Drums
MARK GUILIANA : Drums, Electric Drums
AMBROSE AKINMUSIRE : Trumpet
MICHAEL THOMAS : Flute, Alto Saxophone
CHARLES PILLOW : Soprano Saxophone, Alto Saxophone, Bass Clarinet
JOEL FRAHM : Tenor Saxophone
CHRIS CHEEK : Tenor Saxophone, Baritone Saxophone
BECCA STEVENS : Voice
GABRIEL KAHANE : Voice
KURT ELLING : Voice
SARA CASWELL : Violin
LOIS MARTIN : Viola
NOAH HOFFELD : Cello

(ノンサッチ/NONESUCH 2019年発売/WPCR-18208)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/柳樂光隆,ブラッド・メルドー)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

渡辺 貞夫 / バーズ・オブ・パッセージ5

BIRDS OF PASSAGE-1 『BIRD OF PASSAGE』(以下『バード・オブ・パッセージ』)は超・名盤である。渡辺貞夫のこの辺の音楽はそのどれもが最高レベル。渡辺貞夫の絶頂期の名盤群については,とやかく語るのはヤボだと思っている。

 だから管理人が『バード・オブ・パッセージ』の“最高”について語ろうと思うと,いつでも『バード・オブ・パッセージ』単体の話から反れて,渡辺貞夫のセルフ・セレクテッド盤の話になってしまう。今回もご勘弁いただきたい。

 そう。『バード・オブ・パッセージ』の“最高”とは『SELECTED』の中にある!
 渡辺貞夫の代表曲を選ぶのは至極困難な作業であるが,世間的には【マイ・ディア・ライフ】【カリフォルニア・シャワー】【オレンジ・エクスプレス】【ランデブー】といったヒット曲に落ち着くと思う。
 その4曲が漏れることなく入っている『SELECTED』の全15曲中『バード・オブ・パッセージ』から3曲もランクインしているのだ。どうですかっ!

 しかも『バード・オブ・パッセージ』の1曲目【ラウンド・トリップ】〜2曲目【パストラル】〜3曲目【サルヴァドール】が『SELECTED』では8曲目【ラウンド・トリップ】〜9曲目【パストラル】〜10曲目【サルヴァドール】と曲順通りにそのまんま入っている。

 そう。『SELECTED』の中盤は完全なる『バード・オブ・パッセージ』のショータイム!
 この印象が余りにも強すぎて『バード・オブ・パッセージ』のアルバム名を聞くと『バード・オブ・パッセージ』単体ではなく『SELECTED』の「黄金の中盤」の方を先にイメージしてしまう。我ながら困ったものだ。

 渡辺貞夫の『BIRD OF〜』と来れば『BIRD OF PASSAGE』ではなく,ハンク・ジョーンズグレイト・ジャズ・トリオと共演した『BIRD OF PARADISE』の方が先に来てしまうし…。 

BIRDS OF PASSAGE-2 『バード・オブ・パッセージ』の4曲目以降も「オール5つ星の名演中の名演」に違いないのに,頭からの3曲立て続けだけがとにかく印象に残っている。
 だから総合力では落ちるのかなぁ。個人的にナベサダの代表作は?と聞かれたら『バード・オブ・パッセージ』はとっさに出て来ない。ゆっくりとディスコグラフィーを見回す時間があれば「BEST5」入りする名盤なのにねぇ。

 おおっと,こんな口調で書いていると,読者の皆さんにセラビーは本当に『バード・オブ・パッセージ』を「BEST5」入りすると考えているのか?と疑われてしまいそう?
 ハッキリと書く。『バード・オブ・パッセージ』は,イエロージャケッツカリズマコイノニアの合体バンド+ジョージ・デュークナベサダのバックを務めるLAフュージョンのいいとこどり〜。

 ナベサダの個人的な好みが管理人の個人的な好みと一致した素晴らしい音楽。それが『バード・オブ・パッセージ』「BEST5」入りの確かな根拠なのである。

 
01. ROUND TRIP
02. PASTORAL
03. SALVADOR
04. JUST A TOUCH
05. BURUNG BURUNG "BIRDS"
06. BIRDS OF PASSAGE
07. CHASER
08. TANZA NIGHT

 
SADAO WATANABE : Saxophone, Background Vacal
GEORGE DUKE : Synclavier
RUSSELL FERRANTE : Keyboards
DAN HUFF : Guitar
PAUL JACKSON JR. : Guitar
ABRAHAM LABORIEL : Bass
VINNIE COLAIUTA : Drums
CARLOS VEGA : Drums
JOHN ROBINSON : Drums
ALEX ACUNA : Percussion, Background Vacal
HUBERT LAWS : Flute
FREDDIE HUBBARD : Flugel Horn
PAULINHO DA COSTA : Percussion, Background Vacal
CARL CARWELL : Background Vacal
MARIA LEPORACE : Background Vacal
LYNN DAVIS : Background Vacal
ALEXANDRIA : Background Vacal
DIANA ACUNA : Background Vacal
REGINA ACUNA : Background Vacal
DANIEL ACUNA : Background Vacal
PETSYE POWELL : Background Vacal
JIMMY HASLIP : Background Vacal

(エレクトラ/ELEKTRA 1987年発売/32XD-810)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット / モア・スタディ・イン・ブラウン5

MORE STUDY IN BROWN-1 新たな音楽メディアとしてCDが発売され始めた時代のこと,CDレコードが併売される時代があった。その場合の値段はCDの方が高くて,最初の頃はずっとCDが1枚一律3800円だった。
 音楽業界はCDが「夢のメディア」であることは認めつつも,一斉にCD優先に舵を切ることはせず,CDはまだレコードの補完。主役はLPであってCDLPの「CDバージョン」という感じ。

 だからCDを売るために“おまけ”を付けることになった。この流れから未発表音源とか別テイクとかの「発掘作業」が始まった。
 …出るは,出るは…。管理人はお小遣いの関係でちまちまと集めていたぐらいだが,おじさんジャズ・ファンの多くが,既にLPで所有していた同じアルバムを,高音質+ノイズレス+保管が簡単&別テイク目当てでCDへと買い替えていたことを覚えている。

 …で,ついに本命が出た! 既存のアルバムに1曲か2曲が追加される流れを断ち切る,アルバム1枚丸ごとが「未発表音源集」の発売である。それもすでに存命していないジャズ・ジャイアンツたちの「未発表音源集」の発売である。
 そう。セールスアップのために“おまけ”付きで売り出したCDの発売が,時間を遡ってジャズ・ジャイアンツたちの「擬似ニュー・アルバム」発売へとつながったのだから,真に「棚から牡丹餅」である。

 そんな「未発表音源集」の“本命中の本命”が“天才”クリフォード・ブラウンの『MORE STUDY IN BROWN』(以下『モア・スタディ・イン・ブラウン』)!
 1983年と言う,録音から27年後に“陽の目を見た”『モア・スタディ・イン・ブラウン』の発売は,ウイントンマルサリスの登場と相まって,ジャズ・ファンの間ではちょっとした「事件」だったんだぜぃ,ベイビー!

 『モア・スタディ・イン・ブラウン』とは,名盤STUDY IN BROWN』の続編というわけではない。正確には『STUDY IN BROWN』の別テイクだけでなく『CLIFFORD BROWN=MAX ROACH』『BROWN AND ROACH INCORPORATED』『CLIFFORD BROWN AND MAX ROACH AT BASIN STREET』の別テイクが加えられた全8トラックの「未発表音源集」。

MORE STUDY IN BROWN-2 『モア・スタディ・イン・ブラウン』の発売によって,特に4枚のアルバム音源の混在によって,いよいよクリフォード・ブラウンの“天才”ぶりが明らかになった。

 『モア・スタディ・イン・ブラウン』の演奏は,要するにボツ音源なのだが,お蔵の理由は恐らくやソロの長さだけの問題にすぎない。全てが完璧で,これぞ“正真正銘の別テイク”。
 演奏はどれも完璧であって,トラックによっては『モア・スタディ・イン・ブラウン』収録のトラックの方がオリジナル盤より好きだったりする。単純に編集上の問題で外されただけだという事が理解できるはずである。

 そう。クリフォード・ブラウンの残した音源は,その全てがモダン・ジャズ名演である。その全てがモダン・ジャズの世界遺産なのである。

 
01. I'LL REMEMBER APRIL
02. JUNIOR'S ARRIVAL
03. FLOSSIE LOU
04. MILDAMA
05. JORDU
06. THESE FOOLISH THINGS
07. LANDS END
08. THE BLUES WALK

 
CLIFFORD BROWN=MAX ROACH QUINTET
CLIFFORD BROWN : Trumpet
MAX ROACH : Drums
SONNY ROLLINS : Tenor Saxophone
HAROLD LAND : Tenor Saxophone
RICHIE POWELL : Piano
GEORGE MORROW : Bass

(エマーシー/EMARCY 1983年発売/UCCU-5255)
(ライナーノーツ/皸羶成,児山紀芳)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

T-SQUARE / クレム・デュ・ラ・クレム5

CREME DE LA CREME-1 『CREME DE LA CREME』(以下『クレム・デュ・ラ・クレム』)をもって,16年間続いた「河野坂東」時代が終わった。大団円のフィナーレである。

 メンバー・チェンジの激しいバンド史上“最長不倒”となった「河野坂東」時代の終焉に,今でも頭が混乱しているし,心の奥底から痛みを感じる。頭の中では,河野啓三の健康上の理由だから致し方ない,と理解しているが,心が付いてこないのだ。

 河野啓三が病で倒れて「河野啓三不在」のライブも,それはそれで楽しめたのだったが,それって「いつかは河野啓三が復帰する」という前提があってのこと。「河野啓三不在」が現実となった今,余裕がなくなってしまった。いつの日か河野啓三の復帰ってないのかな? それって白井アキトがサポートのままなら可能性がある? でも河野啓三の脱退を機に,このどさくさに紛れて田中普吾白井アキトの正式メンバー格上げの大チャンス? こんな感じでいろいろと余計なことを考えてしまう。

 管理人はずっとスクェアは「本田期」こそが最高だと言い続けてきた。いつ頃のことだろう。思うに『NINE STORIES』辺りからだったと想像するが,スクェアを聴いていて,自分の中から本田雅人和泉宏隆の“残像”が消えていった。
 スクェアと聞いて,真っ先に思い浮かべるメンバーが,現「河野坂東」時代の5人になった。「河野坂東」時代のスクェアこそが,真のスクェアのイメージとなった。

 ここまで来るには「Mr.T−SQUARE」である坂東慧さまさまなのだが,河野啓三の存在感もこれまた大きい。
 是非是非『クレム・デュ・ラ・クレム』の特典DVDをご覧ください。河野啓三の“仕切り”の凄さが記録されていますから…。
 それからもう1つ。『クレム・デュ・ラ・クレム』の特典CD河野啓三WORKS』の「本人による楽曲紹介&コメント」もお読みください。この解説を読みながら1曲1曲に耳を傾けてみると,河野啓三の偉大さ,そしてバンドへの計り知れない貢献度に感謝の気持ちが湧き上げること請け合いですから…。

CREME DE LA CREME-2 さて,感情だが爆発して紹介が遅れてしまったが『クレム・デュ・ラ・クレム』とは『REFRESHEST』『MISS YOU IN NEW YORK』『T COMES BACK』のラインとは別の『宝曲(たからのうた) 〜T−SQUARE PLAYS THE SQUARE〜』『夢曲(ゆめのうた) 〜T−SQUARE PLAYS THE SQUARE〜』『虹曲(にじのうた) 〜T−SQUARE PLAYS T & THE SQUARE SPECIAL〜』のラインに位置するスクェアセルフカヴァー・アルバムの第4弾である。

 そして「河野坂東」時代のセルフカヴァー・アルバムとしては最良の1枚である。これまでの「隠れ名曲集」の趣きとは異なり,本当に最後の最後にふさわしい大ヒット・チューン連続のセルフカヴァーベストの選曲である。

 【TAKARAJIMA】である。【DANS SA CHAMBRE】である。【UNEXPETED LOVER】である。【OMENS OF LOVE】である。【CROWN AND ROSES】である。【FACES】である。【TRUTH】である。そして【NEXT2000】である。これ最高!

 個人的に【NEXT2000】が一番である。何を隠そう,管理人が選ぶ「河野坂東」時代の最高の1曲とは『NEXT』の【NEXT】である。管理人は【NEXT】を指名する。その【NEXT】がアルトサックス・バージョンからEWIバージョンにリアレンジされている。

 管理人が『NEXT』の【NEXT】を推す一番の理由は伊東たけしアルトサックスである。こんなにも“キュート”なサックス・ナンバーはそうそう聴けるものではない。
 そんな【NEXT】の“売り”であるアルトサックスが削られて,EWIへと持ち替えられた【NEXT2000】もすんなりと受け入れることができた。それにも奇跡的な?理由がある。

CREME DE LA CREME-3 実は【NEXT2000】を初めて聴いたのは,公式サイトの先行配信ではなかった。クロスFMから何の予告もなく流れてきた。ラジオだからBGMを真剣には聞いていない。でもその時は,一瞬で耳に留まった。「これって,スクェアの新曲だ」と思った。

 聴き間違うはずもない伊東たけしEWIの音色と個性的なフレージング。そこに聴き覚えのあるメロディー。いや〜,うれしかったのなんの! 在宅ワークの全部の作業をストップして,その日はスクェアを聴き漁りましたよ。テッケテテ〜。

 “音楽監督”河野啓三の置き土産である『クレム・デュ・ラ・クレム』。そのアルバムの「顔」である見事にイメチェンした【NEXT2000】を楽しみながら,しみじみと泣いております。河野くん,本当にありがとうございました。今はこれしか書けません。

PS 「CREME DE LA CREME-3」は販促用のクリアファイルです。

 
DISC 1
01. NEXT2020
02. Takarajima
03. Dans Sa Chambre
04. Unexpected Lover
05. Omens Of Love
06. Crown And Roses
07. Faces
08. Forgotten Saga
09. TRUTH

DISC 2 『河野啓三WORKS』
01. Fantastic Story 〜時間旅行〜
02. Across From The Sky
03. Future Maze
04. First Impression
05. かわらぬ想い
06. Rondo
07. Eagle Spear
08. Through The Thunderhead
09. はやぶさ 〜The Great Journey:奇跡の帰還〜

DISC 3 DVD
01. レコーディングドキュメント映像『Thanks a million! 河野啓三』

 
T-SQUARE
MASAHIRO ANDOH : Guitars
TAKESHI ITO : Alto Sax, EWI
KEIZO KAWANO : Keyboards
SATOSHI BANDOH : Drums

Special Support:
SHINGO TANAKA : Bass
AKITO SHIRAI : Keyboards

(オレンジレディ/ORANGE LADY 2020年発売/OLCH 100019〜20)
(☆SACDハイブリッド盤仕様)
(ライナーノーツ/河野啓三)
★【初回生産限定盤】ボーナスDVD付 3枚組
★音匠仕様レーベルコート

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

アイアート・モレイラ / アイデンティティー4

IDENTITY-1 1970年代のフュージョン・シーンの台頭を切り開いた3グループがある。それが“電化”マイルスウェザー・リポートリターン・トゥ・フォーエヴァーである。

 この3グループは「マイルス・スクール」のメンバーが重なり合い,互いに刺激し合い,それぞれが異なるアイディアを形にするために別の道を歩むことになったわけだが,そんな3グループ全てに在籍した“唯一の”ジャズメンがいる。それがブラジリアン・パーカッショニストアイアート・モレイラである。

 アイアート・モレイラマイルス・デイビスによるフュージョン立ち上げの1枚である『ビッチェズ・ブリュー』から参加し,その後の“電化”マイルスの黄金期を駆け抜けた人物である。
 ウェザー・リポートにしてもリターン・トゥ・フォーエヴァーにしても,立ち上げメンバーとして名を連ねた人物である。つまりはマイルス・デイビスジョー・ザビヌルウェイン・ショーターチック・コリアたちと同列に位置するフュージョンの創生に深く関与した重要人物の1人なのである。

 マイルス・デイビスジョー・ザビヌルウェイン・ショーターチック・コリアアイアート・モレイラをなぜ必要としたのか? それこそがアイアート・モレイラの「アイデンティテイー」である。アイアート・モレイラの放つ,本物のブラジルのリズムなのだ。

 暴言を承知で書くならば,本物のブラジリアン・パーカッションは日本人には演奏できないし,アメリカ人にも演奏できない。本物のブラジリアン・パーカッションを演奏できるのは本場のブラジル人だけなのである。
 ここでいうブラジリアン・パーカッションとはリズム・キープ役としてのドラマーではなく,音楽に奥行きと色彩,果ては香りさえをも与える「空間構成家」としてのパーカッショニストのことである。

 この能力を欲していたマイルス・デイビスジョー・ザビヌルウェイン・ショーターチック・コリアにとってアイアート・モレイラが「抜きん出ていた」というわけである。それがゆえの3大グループへの“オリジナル・メンバー”入り!

 そんなアイアート・モレイラの「アイデンティテイー」がストレートに表現されたのが,ブラジリアン・クロスオーヴァーの名盤として名高い『IDENTITY』(以下『アイデンティテイー』)である。

IDENTITY-2 「キワモノ」一歩手前の雰囲気で,躍動的なメロディーが連続する“ブラジリアン・フレーバー推し”が徹底された『アイデンティテイー』で,アイアート・モレイラの「アイデンティテイー」であるブラジリアン・パーカッショニストの妙技が爆発している。

 ただし,そこは“スーパー・パーカッショニスト”のアイアート・モレイラである。マイルス・デイビスジョー・ザビヌルウェイン・ショーターチック・コリアのように1人では主役は張れない。
 「盟友」エグベルト・ジスモンチとの共作でメロディーをしたためている。

 最後に『アイデンティテイー』のジャケット写真の表面には,アイアート・モレイラの指紋が黒塗りされた写真が用いられ,ジャケット写真の裏面には,アイアート・モレイラのIDカード,証明書,パスポート写真が用いられている。
 このジャケット写真には「自分はブラジル人であり,どの国にも属さない」と言うアイアート・モレイラの主張であり「この音楽こそが自分自身であり,アイデンティテイーそのものだ」というメッセージなのであろう。

 いいや,アイアート・モレイラの“ハンドパワー”ポージング!? アイアート・モレイラが「きてます!」。

 
01. THE MAGICIANS (BRUXOS)
02. TALES FROM HOME (LENDAS)
03. IDENTITY
04. ENCOUNTER (ENCONTRO NO BAR)
05. WAKE UP SONG (BAIAO DO ACORDAR/CAFE)
06. MAE CAMBINA
07. FLORA ON MY MIND

 
AIRTO MOREIRA : Drums, Percussion, Vocals
WAYNE SHORTER : Soprano Saxophone
HERBIE HANCOCK : Synthesizer
FLORA PURIM : Vocals
DAVID AMARO : Guitar
EGBERTO GISMONTI : Piano
RAUL DESOUZA : Trombone
ROBERT : Drums, Percussion
TED LO : Organ
JOHN HEARD : Bass
JOHN WILLIAMS : Bass
LOUIS JOHNSON : Bass

(アリスタ/ARISTA 1975年発売/BVCJ-37116)
(ライナーノーツ/中原仁)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

タイガー 大越 / フェイス・トゥ・フェイス4

FACE TO FACE-1 1970〜1980年代のこと,TVCMをJ−フュージョンが席巻した時期があった。
 資生堂の渡辺貞夫やサントリーの伊東たけしはスターになった。しかし,数あるCM群の中でも語られるべきはJTであろう。
 マイルドセブン系のPRISM角松敏生,ピース系の天野清継中川昌三,そしてキャビン系のMALTAである。
 MALTAの時代は長く【SCRAMBLE AVENUE】【HIGH PRESSURE】【ZOOM】が流されていた。

 管理人は特にMALTAのCMが大好きだった。MALTAのTVCMはBVDとかでも流れていたが,松本恵二や星野一義というレーシング・ドライバーと組んだもので,同時期のF−1の大ヒット・テーマであるザ・スクェアの【TRUTH】と張り合っていた。

 そんな“カッコイイ”MALTAのCMが終わった。タイガー大越に変わった。…でっ,タイガー大越って誰?

 タイガー大越のことはCMで初めて知った。そしてCM曲【FACE TO FACE】が気に入った。あのMALTAの後釜なのだからカッコ良くて当然なのだ。
 待望久しいJ−フュージョンの人気トランぺッターの誕生であった。

 …でっ,2。【FACE TO FACE】収録のアルバム『FACE TO FACE』(以下『フェイス・トゥ・フェイス』)を購入した。

 タイガー大越トランぺットの個性とはセクシー将軍の響きであろう。金管特有のいやらしさでなく木管のそれである。タイガー大越もその点を自覚しているのか,トランぺットシンセサイザーを組み合わせた楽曲が多い。個人的には【WHO CAN I TURN TO】が白眉である。

 ただし『フェイス・トゥ・フェイス』は,清水興ベース東原力哉ドラムというナニワ・エキスプレス勢が引っ張っているアルバムである。
 MALTAのところにも元ナニワ・エキスプレス岩見和彦がいるが,そこはあくまで「MALTAMALTA」。タイガー大越はまだその域までは届いていない。

FACE TO FACE-2 ズバリ『フェイス・トゥ・フェイス』は,トランぺットではなくベースドラムを聴くべきアルバムである。タイガー大越がテクニカルなトランぺットで脇を固めて,クリエイティブなリズム隊がドーンと“歌っている”。

 そういうことでナニワ・エキスプレスに引っ張られた“バブル人気”のタイガー大越のTVCMは【FACE TO FACE】の1曲で終わった。
 ただし【FACE TO FACE】の大インパクトは,バブル末期の“打ち上げ花火”だ〜。

PS 【FACE TO FACE】という楽曲名はMALTAにもありますし,何ならMALTAの【FACE TO FACE】の方が有名なのでは? MALTAタイガー大越はなぞの共通点多すぎです。

 
01. FACE TO FACE
02. ONE NOTE SAMBA
03. SUMMERTIME
04. A MAN WITH 20 FACES
05. WHEN THE MOON GOES DEEP
06. DON'T TELL ME NOW
07. SENTIMENTAL JOURNEY
08. WHO CAN I TURN TO
09. BUBBLE DANCE
10. EYES
11. FISHERMAN'S SONG
12. OVER THE RAINBOW

 
TIGER OKOSHI : Trumpet, Voices
GERRY ETKINS : All Keyboards, Synthesizer Programings, Acoustic Piano
TAKAYUKI HIJIKATA : Electric Guitar, Acoustic Guitar
KOH SHIMIZU : Electric Bass, Synthesizer Bass
RIKIYA HIGASHIHARA : Drums

(ビクター/JVC 1989年発売/VDJ-1198)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

アーニー・ワッツ / アイ・ヒア・ア・ラプソディ4

REACHING UP-1 アーニー・ワッツと来ればリー・リトナーの「ジェントル・ソウツ」や菊池ひみことのコラボレーションで活躍した「フュージョンサックスの巨人」のイメージが強かったのだが,実はアーニー・ワッツというテナー奏者は“ゴリゴリのジャズの人”である。
 アーニー・ワッツソロ・アルバムはそのほとんどがジャズ・アルバムである。

 管理人がアーニー・ワッツを“ジャズサックスの人”として捉えるようになったのは,チャーリー・ヘイデンの「カルテット・ウエスト」から。
 「カルテット・ウエスト」でのアーニー・ワッツの演奏は,フリージャズ以前のジョン・コルトレーンっぽさが感じられるいい演奏で,チャーリー・ヘイデンが自分のバンドのフロントマンとして,よくぞ指名してくれた,と感心したものだった。

 それでアーニー・ワッツジャズサックスを求めて,ジョン・コルトレーン所縁のストレートなジャズ・アルバム『REACHING UP』(以下『アイ・ヒア・ア・ラプソディ』)を買ってみた。
 『アイ・ヒア・ア・ラプソディ』のアーニー・ワッツに驚いた。やっぱりコルトレーン・チルドレン!

 この時受けた衝撃は「ジェントル・ソウツ」から「カルテット・ウエスト」への隔たり以上! ゲ・ゲ・ゲ!
 その最大の理由は,ピアノマルグリュー・ミラーベースチャールス・ファンブロードラムジャック・デジョネットとのセッションなのに「アーニー・ワッツの音」が鳴っているからであり,アーニー・ワッツのリーダー・バンドのようなまとまりを感じたからである。

 アーニー・ワッツにとって『アイ・ヒア・ア・ラプソディ』は,一介のレコーディング・セッションなどではなかった。
 もう何年もジャズサックスに専念してきたかのようなグループ・サウンドが展開されている。頭の中は「ジャズジャズジャズ」であってフュージョンなんかは片隅にもない感じ。アーニー・ワッツが,どっぷりと“ジャズに浸かっている”様子に心底驚いてしまった。

REACHING UP-2 ただし『アイ・ヒア・ア・ラプソディ』のサウンド・スケッチの中にアーニー・ワッツテナーサックスだけが溶け込めていない。サックスだけがゴスペル系の鳴りで軽い。
 ピアノマルグリュー・ミラーベースチャールス・ファンブロードラムジャック・デジョネットのリズム隊はしなやかで重い。だから余計にアーニー・ワッツテナーサックスの軽さに「物足りなさ」を覚えてしまう。

 個人的にアーニー・ワッツを“ゴリゴリのジャズの人”として認めることはやぶさかではないが,アーニー・ワッツの個性が色濃いのはフュージョンサックスの方だと思う。
 アーニー・ワッツの個性である,独特の軽さ,に向いている音楽はフュージョンサックスの方であると,アーニー・ワッツジャズ・アルバムを聴いたからこそ断言できる。

 チャーリー・ヘイデンの人選力って凄いよなぁ。“フュージョン以上ジャズ未満”なアーニー・ワッツジャズサックスは「カルテット・ウエスト」ぐらいがちょうどよい。
 ジャズに力を入れすぎると,モーダルなフレーズに隠れて「ゴスペル・アーニー・ワッツ」の顔がどうしても出てしまう。

 
01. REACHING UP
02. MR. SYMS
03. I HEAR A RHAPSODY
04. TRANSPARENT SEA
05. THE HIGH ROAD
06. INWARD GLANCE
07. YOU LEAVE ME BREATHLESS
08. SWEET LUCY
09. ANGEL'S FLIGHT
10. SWEET SOLITUDE
11. SWEET SOLITUDE (ALTERNATE TAKE)

 
ERNIE WATTS : Saxophones
JACK DeJOHNETTE : Drums
CHARLES FAMBROUGH : Acoustic Bass
MULLGREW MILLER : Piano
ARTURO SANDOVAL : Trumpet

(ビクター/JVC 1994年発売/VICJ-188)
(ライナーノーツ/ナット・ヘントフ,小川隆夫)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

松岡 直也 feat. トゥーツ・シールマンス & 松木 恒秀 / カレイドスコープ5

KALEIDOSCOPE-1 出発が他社に対抗するためのワーナー・グループによる「高音質盤」の作成のためにあった『KALEIDOSCOPE』(以下『カレイドスコープ』)だが,当の松岡直也にとって「高音質盤」なんて眼中なし。目指したのは,ただただお盛り上がりのセッション大会!

 『カレイドスコープセッションにおいて,プロデューサーより“フィーリング”として指名されたのがハーモニカトゥーツ・シールマンスギター松木恒秀であった。
 この主役の2人をサポートするために“御大”松岡直也が招集したメンバーが,ギター安川ひろし杉本喜代志土方隆行ドラム村上“ポンタ”秀一ベース高橋ゲタ夫長岡道夫パーカッションペッカーソプラノサックス土岐英史
テナーサックス清水靖晃トロンボーン向井滋春シンセサイザー助川宏という超豪華な面々である。

 そんな「WESING」と「KYLYN」が合体したような凄腕メンバーたちが「デジタル2トラック1発録り」という最高にシビレル演奏で燃え上がらないわけがない!
 『カレイドスコープ』の全5トラックは松岡直也作編曲の,本来はロック色やエレクトリック色を抑えた,すこぶるスムースでメロウなナチュラル・フュージョンであるが,そこに「デジタル2トラック1発録り」の興奮なのか,出来上がったのは“ジャズ寄りのフュージョン”である。

 ジャズの醍醐味であるインプロヴィゼーションが“生々しく”記録されている。特に主役格であるトゥーツ・シールマンス松木恒秀ソロ・パートが長めで,燃えに燃えたアドリブが“生々しく”記録されている。

 これは後日談であるが“御大”松岡直也トゥーツ・シールマンスと共演する前までは「大のハーモニカ嫌い」だったようで,実はトゥーツ・シールマンスソロ・パートはそれなりにしか準備していなかった。ただしリハーサルで聴いたトゥーツ・シールマンスハーモニカが“圧巻”で,松岡直也が急遽スコアを書き直してソロ・パートを伸ばしたとのこと。

 でも【FALL FOREVER】と【FANCY PRANCE】を聴き終わった感想は,もっとトゥーツ・シールマンスハーモニカを聴きた〜い,であった。
 全ての楽器がトゥーツ・シールマンスハーモニカと有機的に絡み合い,音楽の最も美味しい部分を抽出されたような明るく楽しい演奏に仕上がっている。実に素晴らしい。

 もう1人の“フィーリング”である松木恒秀ギターもいい。マイルドでありながらスパイシーなギターの独創的なリフが素晴らしく個人的に色香を感じる。
 『カレイドスコープ』で共演する4人のギタリスト松木恒秀安川ひろし杉本喜代志土方隆行は「横並び」かと思いきや,この4人の演奏を聴き比べてみると確かに松木恒秀ギターが“抜きん出ている”。
 松岡直也松木恒秀に合わせたのか,それとも松木恒秀松岡直也に合わせたのかは不明であるが,松岡直也フィーリング松木恒秀の音楽性が即興なのに充実感で満ちている。

KALEIDOSCOPE-2 多重録音で失われたフュージョン即興性を取り戻すべく,当時の最新技術「デジタル2トラック1発録り」が企画されたのだったが「高音質」企画の産物である“生々しさ”が臨場感を伝えている。
 でも大切なのは音楽性である。「デジタル2トラック1発録り」だから実現したライブ感。これである。

 『カレイドスコープ』とは,ただただお盛り上がりのセッション大会! 管理人が選ぶ“勝者”は村上“ポンタ”秀一だと思う。村上“ポンタ”秀一ドラムを耳で追いかけながら聴くのが最高に楽しい!

 最後に,1回限りの『カレイドスコープセッションだったはずが『LIVE AT MONTREUX FESTIVAL』でのトゥーツ・シールマンスとの再演が実現した。
 松岡直也トゥーツ・シールマンスを気に入ったばかりか,トゥーツ・シールマンス松岡直也を気に入ったという事実が『カレイドスコープセッションの成功を裏付けている。

 
01. FALL FOREVER
02. DRIED FLOWER & DRIED LOVE
03. IVORY ISLANDS
04. CADILLAC
05. FANCY PRANCE

 
NAOYA MATSUOKA : Piano, Keyboards
TOOTS THIELEMANS : harmonica
TSUNEHIDE MATSUKI : Guitar
HIROSHI YASUKAWA : Guitar
KIYOSHI SUGIMOTO : Guitar
TAKAYUKI HIJIKATA : Guitar
SHUICHI "PONTA" MURAKAMI : Drums
MICHIO NAGAOKA : Bass
GETAO TAKAHASHI : Bass
PECKER : Percussion
HIDEFUMI TOKI : Soprano Saxophone
YASUAKI SHIMIZU : Tenor Saxophone
SHIGEHARU MUKAI : Trombone
HIROSHI SUKEGAWA : Synthesizer

(ワーナー・ブラザーズ/WARNER BROTHERS 1979年発売/32XL-55)
(ライナーノーツ/山口弘滋)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ボビー・ハッチャーソン / エンジョイ・ザ・ビュー5

ENJOY THE VIEW-1 ボビー・ハッチャーソンが37年振りにブルーノートへ復帰したことが話題となった『ENJOY THE VIEW』(以下『エンジョイ・ザ・ビュー』)であるが,管理人にはボビー・ハッチャーソンではなく“デヴィッド・サンボーン買い”であった。

 『TIMEAGAIN』の再演となる【DELIA】と【LITTLE FLOWER】収録。『TIMEAGAIN』のヴィブラフォン奏者がマイク・マイニエリだったから,別のヴィブラフォン奏者との共演を聴いてみたくなった。
 そのヴィブラフォン奏者が「たまたま」ボビー・ハッチャーソンだったというわけで,個人的にボビー・ハッチャーソンに有難みは感じていない。

 加えて“デヴィッド・サンボーン買い”2つ目の理由は,オルガン奏者のジョーイ・デフランセスコである。
 デヴィッド・サンボーンジョーイ・デフランセスコは『ONLY EVERYTHING』で共演済だし『HEARSAY』『CLOSER』『HERE & GONE』でのオルガン奏者との共演盤も脳裏によぎる。
 しばらくデヴィッド・サンボーンソロ・アルバムも出ていないことだし,これは絶対に買いでしょう…。

 でっ,ヴィブラフォンボビー・ハッチャーソンオルガンジョーイ・デフランセスコと組んだジャズサックスデヴィッド・サンボーンが素晴らしい。
 最近の不調がウソのようなデヴィッド・サンボーンの野太い鳴り! その秘密こそがセッション・リーダーであるボビー・ハッチャーソンの硬質なヴィブラフォンにあると思う。

 特に期待などしていなかったボビー・ハッチャーソンの存在感がとてつもなく大きいと思う。休止の時間帯でも「重し」として利いている。あれだけ騒がれるだけのことはある。
 ボビー・ハッチャーソンの“クールな”ヴィブラフォンが,デヴィッド・サンボーンの闘志に火をつけている。ボビー・ハッチャーソンと来れば「新主流派」の人であるが,どうしてどうして。
 ブルーノートボビー・ハッチャーソンと来れば『HAPPENINGS』ともう1枚が『OUT TO LUNCH』。そう。あのエリック・ドルフィーを“喰った”人だったのだ。

ENJOY THE VIEW-2 ボビー・ハッチャーソンの表情を伺いながら,デヴィッド・サンボーンジョーイ・デフランセスコが素晴らしいソロを取っている。ボビー・ハッチャーソンの音を聴き,ヴィブラフォンを邪魔することなく,きっちりと自分の音を鳴らしている。そんなデヴィッド・サンボーンの姿勢がいつになく野太い音色につながっているように思う。  

 『エンジョイ・ザ・ビュー』の聴き所とは,デヴィッド・サンボーンの「完全復活」! 「フュージョン界のスーパー・スター」としての看板を降ろして久しいが,ジャズを吹いてもブルースを吹いてもR&Bを吹いてもデヴィッド・サンボーンデヴィッド・サンボーン

 ジャズ・ファンにとっての『エンジョイ・ザ・ビュー』とは,ボビー・ハッチャーソンブルーノート・アゲインの記念碑的アルバムであるが“サンボーン・キッズ”にとっての『エンジョイ・ザ・ビュー』とは“エモーショナル”なデヴィッド・サンボーン・アゲインの記念碑的アルバムである。

 
01. Delia
02. Don Is
03. Hey Harold
04. Little Flower
05. Montara
06. Teddy
07. You

 
BOBBY HUTCHERSON : Vibes
DAVID SANBORN : Saxophone
JOEY DeFRANCESCO : Organ, Trumpet
BILLY HART : Drums

(ブルーノート/BLUE NOTE 2014年発売/UCCQ-1009)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

スガダイロー / スガダイローの肖像・弐5

スガダイローの肖像・弐-1 スガダイローという人は,単なる“ジャズ・ピアニスト”ではない。「新しい音楽の発明家」だと思う。
 『スガダイローの肖像・弐』の斬新な音楽性は,フリージャズからはみ出ただけでなく,ジャズというカテゴリーをも超えてしまっている。

 『スガダイローの肖像・弐』がジャズというカテゴリーを超えてしまった最大要因は,スガダイローの全く個人的な「好き」という感情が「これでもか!」と詰め込まれているがゆえであろう。
 【山下洋輔】の名前を筆頭に,スガダイローの好きなものの名前がズラリとメニュー表に並べられた感じ? ゆえに『スガダイローの肖像・弐』は「スガダイローの音楽」としか呼びようのないアルバムに仕上げられている。

 『スガダイローの肖像・弐』での演奏は相当に激しい。スガダイローの“伝えたい”が伝わってくる。
 その伝え方がいいんだよなぁ,これが。強引に「耳の穴をかっぽじって聞け」と圧をかけるスタイルではない。そうではなく,スガダイローの主張を分かってもらいたいという気持ちはあるんだけど,分かってもらえない人が大勢いることを前提に“分かりやすい”演奏に徹している。激しいけども厳しくない。初心者でも“ついていける”渾身のメロディー集だと思う。

 『スガダイローの肖像・弐』の印象は,フリージャズではなくピアノ・トリオを聴いていることを強く意識してしまう。ピアノ・トリオって,こんな音楽が作れるんだ,という印象である。
 う〜ん。ちょっと違うな。ピアノ・トリオではなくピアノなのだ。「ピアノを超えたピアノ」。これである。

 ピアノの鍵盤の数は88と決まっている。ビル・エヴァンスキース・ジャレットも,他のどんなピアニストであっても88の鍵盤の中で勝負している。
 しかし,この『スガダイローの肖像・弐』の中で,スガダイローは「88の鍵盤の呪縛」を超える音楽を創造している。
 そう。東保光ベースを89番目の鍵盤として,服部正嗣ドラムを90番目の鍵盤として扱っている。ねっ「ピアノを超えたピアノ」でしょ? ねっ「新しい音楽の発明家」でしょ?

スガダイローの肖像・弐-2  勿論,東保光ベースには東保光の音を感じる。服部正嗣ドラムには服部正嗣の音を感じる。
 つまりスガダイローは「王様」などではない。そうではなく東保光ベースの特徴をピアノ・トリオに取り入れる術を知っている。服部正嗣ドラムの特徴をピアノ・トリオに取り入れる術を心得ている。
 そう。一心同体=スガダイロー隊! ← このクダリ,分かりますかぁ?

 88の鍵盤の表現を超えた90の鍵盤だからできる表現が『スガダイローの肖像・弐』の中にある。新しいメロディーが鳴っている。こんな凄い音楽そう滅多に聴けるものではありませんよっ!

 
01.
02. 蒸気機関の発明
03. 山下洋輔
04. BLUE SKIES
05. さやか雨
06. 春風
07. 無宿鉄蔵毒団子で死なず
08. 寿限無
09. 戦国
10. 時計遊戯
11. 最後のニュース
12. ALL THE THINGS YOU ARE

 
DAIRO SUGA : Piano
HIKARU TOHO : Bass
MASATSUGU HATTORI : Drums

TONY CHANTY : Vocal
CHIZURU ISHI : Hand Drums

(ポニーキャニオン/PONY CANYON 2011年発売/PCCY-30194)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

サイラス・チェスナット / ビフォー・ザ・ドーン3

THE DARK BEFORE THE DAWN-1 管理人がサイラス・チェスナットを知ったのはマンハッタン・トリニティ以後のことである。
 マンハッタン・トリニティにおけるサイラス・チェスナットピアノが素晴らしい。繊細なピアノ・タッチで美メロのツボを確実に突いていく。カクテルっぽい部分が前面に出てはいるが,サイラス・チェスナットの“根っこ”にあるブルール・フィーリングが絶妙のバランスで“見え隠れする”のだから一瞬も聴き逃せない。さぁ,次はサイラス・チェスナットソロ・アルバムの番である。

 最初に手に取ったのが『THE DARK BEFORE THE DAWN』(以下『ビフォー・ザ・ドーン』)である。
 マンハッタン・トリニティを聴いて,恐らくはサイラス・チェスナットをたくさんコレクションすることになると思ったので,どうせなら古いものから順番に時系列で聴いていきたい,と『ビフォー・ザ・ドーン』の購入は先を見据えてのものであった。…が,しかし…。

 『ビフォー・ザ・ドーン』がハマラなかった。こんなにもゴリゴリでペラペラのピアノだったっけ? 全くスマートなジャズピアノではないし,かといってアーシーなジャズピアノでもない。
 サイラス・チェスナットの「地黒」って,管理人の嫌いなゴスペル専門系の「黒」だったのか?

 『ビフォー・ザ・ドーン』のサイラス・チェスナットは表情が沈んでいる。というか窮屈そうに奥まって,背中を丸めてピアノを弾いている。
 マンハッタン・トリニティの“看板”という立場から離れた途端,自分が本当に演奏したい音楽を見失ってしまった感じ?

 要はマンハッタン・トリニティにおけるサイラス・チェスナットの繊細なピアノ・タッチは,ベースジョージ・ムラーツドラムルイス・ナッシュに引っ張られての演奏なのだろう。
 そう。マンハッタン・トリニティの真実とは,サイラス・チェスナットの個性に合わせて“老練”2人が完璧にお膳立てしたフォーマット。後は
サイラス・チェスナットが譜面通りに演奏すれば成立する「美メロのジャズピアノ」。

 サイラス・チェスナットピアノを鳴らす「腕」には確かなものがある。緩急を付けた表現力には耳を奪われる。しかしジャズメン足るもの,そのテクニックを“どう使うか”が勝負である。何を“どう訴えかけるか”が勝負である。

 要はあのキラキラとした輝きはサイラス・チェスナット主導の音楽ではなかったということ。ジョージ・ムラーツルイス・ナッシュによって作られたサイラス・チェスナットの“虚像”であったのが残念でならない。

THE DARK BEFORE THE DAWN-2 サイラス・チェスナットの輝く場所とはメインではなくサイドメンとしてであろう。事実,サイラス・チェスナットはファースト・コールのサイドメンとして引っ張りだこ。リーダーからのリクエストを一瞬で掴む能力には類まれなものがある。

 超一流のジャズメンのすぐ側で弾くサイラス・チェスナットピアノはいつでもゴキゲンである。特に実際にヴォーカルが入るかどうかは関係なく,例えインストであっても「歌ものの伴奏」を演らせたら当代随一のピアニストである。

 だからこそサイラス・チェスナットの資質を見極めたジョージ・ムラーツルイス・ナッシュの凄さが分かる。
 管理人はもう2度とサイラス・チェスナットソロ・アルバムは購入しないが,サイラス・チェスナットの名前がサイドメンとしてクレジットされているだけで俄然聴いてみたくなる。

 ソロでも化けろ! 化けてみろ! サイラス・チェスナット

 
01. Sentimentalia
02. Steps Of Trane
03. The Mirrored Window
04. Baroque Impressions
05. A Rare Gem
06. Call Me Later
07. Wright's Rolls And Butter
08. It Is Well (With My Soul)
09. Kattin'
10. Lovers' Paradise
11. My Funny Valentine
12. The Dark Before The Dawn
13. Sometimes I'm Happy

 
CYRUS CHESTNUT : Piano
STEVE KIRBY : Bass
CLARENCE PENN : Drums

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1995年発売/AMCY-1130)
(ライナーノーツ/リアンダー・ウィリアムズ,岩浪洋三)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

スガダイロー / スガダイローの肖像3

スガダイローの肖像-1 『スガダイローの肖像』を買ったのは『スガダイローの肖像・弐』の後だった。『スガダイローの肖像・弐』が超。お気に入りで,これはと“一匹目のドジョウ?”を狙って買った。

 結果は「…が,しかし」。でも『スガダイローの肖像』を買って良かった。なぜなら『スガダイローの肖像・弐』がもっともっと大好きになったから! 『スガダイローの肖像・弐』の有り難みが増したから!( ← 本当は強がりです )

 そう。“鬼才”スガダイローの腕をもってしても『スガダイローの肖像・弐』のような名盤を作るチャンスは,生涯を作じて1枚か2枚。管理人はスガダイローと同じ時代に生まれた幸運を音楽の神に心から感謝している。

 さて,そんな“期待外れ”の『スガダイローの肖像批評なのだが,実は『スガダイローの肖像』には2曲だけ超・名演が収められている。それが1曲目の【】と2曲目の【キアズマ】である。

 【】の輝きが眩しすぎる。キラキラとエメラルド色に輝いている。これはメルヘン作品である。スガダイローの“お花畑”へようこそいらっしゃ〜いの構図。
 パッションと狂気あふれる“ピアノの花束”の中から,1本1本取り出されては次々と手渡されていく感覚があって,すぐに手元が満杯になってはこぼれ落ちていく〜。

 続く【キアズマ】は“御存知”山下洋輔トリオの衝撃の代表曲。山下洋輔の【キアズマ】も何十回と聴いたが理解できなかったのだが,スガダイローの【キアズマ】も何回聴いても理解不能。ただし,同じ匂いがすることだけは確認できた。いつの日かスガダイローがバカ売れした時,この【キアズマ】について語られる日が来ることだろう。

 しか〜し『スガダイローの肖像』が決定的にダメなのは,イロモノ感とキワモノ感が強いということ。『スガダイローの肖像』の問題は残りの9トラック。これがいけない。要は下品で卑猥でゲスイ。品位がない。
 特に二階堂和美ヴォーカル入りトラックについては,一生涯,もう2度と自分の意志で聴くことはないだろう。

 元来,スガダイローという人はその人物像が危ない。管理人がスガダイローと初めて接した『坂本龍馬の拳銃 −須賀大郎短編集−(上)』と『黒船・ビギニング −須賀大郎短編集−(下)』の2枚が最高に素晴らしかったので,他のアルバムをチェックしていたのだが,そのタイトルとは,やれ『ジャズ・テロリズム』『ジャズ・テロリズム<豪快篇>』『ジャズ無宿』なるものがズラリ。果ては『秘宝感』なるものまであった。

 管理人はMALTAの名言=「その人の人間性が音に出る」の支持者である。管理人の2トップであるキース・ジャレットパット・メセニーもその正しさを証明してくれている。ゆえに上述したアルバムに手を出すことは絶対にしない。たとえ内容が良くてもそんなタイトルが付けられた音楽など聞かなくても良い。後悔しない。
 ダークサイドの音楽などなくても人生は大いに楽しめる。死ぬまでに一度は聞かなければならない優良なジャズ・アルバムが五万とある。人生は短い。限られた時間しか残されていない。

スガダイローの肖像-2 『スガダイローの肖像』の9トラックを聴いて,上記のようなことを考えていたことを思い出した。そして『スガダイローの肖像』を聴いて,やっぱりこんな感想が頭をかすめた。

 スガダイローとは「ハマル人ならとことんハマル」ワールド・クラスのフリージャズピアニストである。でもいつでも,どんな曲でもハマルほど間口は広くない。
 ズバリ,スガダイローの音楽の特徴とは「演者側が聴き手を選ぶ」音楽なのである。

 悪魔の『スガダイローの肖像』と天使の『スガダイローの肖像・弐』。
 管理人はスガダイローに『スガダイローの肖像』で嫌われ『スガダイローの肖像・弐』で愛されたように思う。

 そんな“変態アウトロー野郎”スガダイローに「選ばれし者」となるのはかなり難しい。「本当は好きなのに嫌い」→「本当は嫌いなのに好き」→「本当は好きなのに嫌い」の繰り返しで気持ちが揺れ動く。スガダイローに“入れ込む”加減が実に難しい。

 
01.
02. キアズマ
03. ゲットー
04. 墮天使ロック
05. 蘇る闘争
06. 季節のない街
07. マリアンヌ
08. スカイラーク
09. レイジーボーン
10. 慶応三年十一月十五日
11. リアルブルー

 
DAIRO SUGA : Piano
KAZUMI NIKAIDO : Vocal
TAKASHI MATSUMOTO : Alto Saxophone
NOISE NAKAMURA : Alto Saxophone
YOICHIRO KITA : Trumpet
MASATSUGU HATTORI : Drums

(ポニーキャニオン/PONY CANYON 2011年発売/DLCP-2090)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

フライ・トリオ / イヤー・オブ・ザ・スネイク5

YEAR OF THE SNAKE-1 ベースラリー・グレナディアドラムジェフ・バラードの組み合わせが,現在考えられる最良のリズム隊の1つに違いない。
 現にブラッド・メルドーチック・コリアパット・メセニー,そして山中千尋までもが,ラリー・グレナディアジェフ・バラードが創造するリズムを必要としたという事実がある。

 では逆に,ラリー・グレナディアジェフ・バラードの2人が本当に必要とするフロントマンとは一体誰なのだろう?
 その答えが「FLY」にある。マーク・ターナー“その人”である。

 カチッとした鍵盤とは異なり,マーク・ターナーテナーサックスが,時にルーズに,また時に急がされるかの如く,変幻自在に楽曲を組み立てていく。
 そんなマーク・ターナーの“呼吸”に合わせるかのように,ラリー・グレナディアジェフ・バラードがいつも以上に自由度の高い演奏を展開する。

 ラリー・グレナディアジェフ・バラード組の,こんなにも堅実で重心の下がったリズム・キープが聴けるのは「FLY」だけ! いいや,ベースドラムサックスと対等に渡り合う音楽を聴けるのは「FLY」だけ!

 ラリー・グレナディアベース・ラインが,常にマーク・ターナーサックスの動きに反応してはカウンターでメロディーを強調していく。ピアノの打音のようにベースが響く瞬間があるし,時にはアルコでサックスとユニゾンしてみせる。
 「FLY」におけるラリー・グレナディアの演奏楽器とはベース+“仮想”ピアノの様相である。

 「FLY」の推進力とは,ジェフ・バラードが叩き出す“常に替わり続けるリズム・パターン”にある。空間を自由に行き来しつつ,カラフルな音を敷き詰めていくジェフ・バラードのハードなドラミングが,サックストリオにおける“正しいドラムの在り方”なのだろう。
 「FLY」におけるジェフ・バラードの演奏楽器とはドラム+“仮想”ピアノの様相である。

 そう。ラリー・グレナディアジェフ・バラードの2人がリーダーとして演奏したいバンドとはピアノレス。
 ラリー・グレナディアジェフ・バラードも,自分自身がピアニスト気分で演奏できる癒しの場所。それがサックストリオの「FLY」であり,マーク・ターナーのような「何でもできる」フロントマンなのである。

 ただし,そこは世界最高峰のリズム隊。ラリー・グレナディアジェフ・バラードも,音楽そのもののバランスを絶対に崩すことはしない。
 「FLY」の構図とは,マーク・ターナーテナーサックスを常に中心に置いて,ベースが前に出る時はドラムが下がり,ドラムが前に出る時はベースが下がる,というもの。
 則ちサックス奏者からすると,サックスが音楽の「体幹」のような位置を占めるということ。バンドの要がサックスという異例のパワーバランスから来る重圧が半端ないということ。

YEAR OF THE SNAKE-2 だからこそマーク・ターナーなのである。ラリー・グレナディアジェフ・バラードマーク・ターナーを指名した理由こそがマーク・ターナーの最大の武器=ホーン・レンジの広さである。

 マーク・ターナーサックスが,革新的で冒険的なアイデアを数多く盛り込んでいるように聞こえるのは,ラリー・グレナディアジェフ・バラードの2台の“仮想”ピアノの音域を広げるための工夫であろう。

 所詮,ピアノの音を出そうとしてもベースは単体ではベースでありドラムは単体ではドラムである。しかしベースであってもドラムであっても,常に楽曲の組み立て役であるホーン・レンジの広いサックスとハモればピアノのように響くことができる。

 こんなにもテナーサックスを生かし,こんなにもテナーサックスを殺すことができる,マーク・ターナーって凄いよなぁ。

 
01. The Western Lands I
02. Festival Tune
03. The Western Lands II
04. Brothersister
05. Diorite
06. Kingston
07. Salt And Pepper
08. The Western Lands III
09. Benj
10. Year Of The Snake
11. The Western Lands IV
12. The Western Lands V

 
FLY
MARK TURNER : Tenor Saxophone
LARRY GRENADIER : Double-Bass
JEFF BALLARD : Drums

(ECM/ECM 2012年発売/UCCE-9312)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/杉田宏樹)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

渡辺 貞夫 / リバップ4

RE-BOP-1 『RE−BOP』(以下『リバップ』)の聴き所は,渡辺貞夫ブライアン・ブレイドの共演にある。
 これって則ち,ブライアン・ブレイドの躍動するドラミングが,あの渡辺貞夫と音を交えてどう反応するかを楽しむアルバムである。

 そう。『リバップ』の主役は渡辺貞夫アルトサックスではなくブライアン・ブレイドドラム
 『リバップ』のアルバム・コンセプトである「現代のビバップ」なる息吹きは特に感じられない。ナベサダに負担のかからないミディアム・テンポの王道ソング集である。

 要は渡辺貞夫が“ニュアンス勝負”に持ち込んだ上で,テクニカルでリズミカルなコード進行をサイラス・チェスナットに託し,躍動感とコード・チェンジをクリス・トーマスに託し,生き物のようなバケモノのドラミングブライアン・ブレイドにメロディックな山場を作らせていく。

 ブライアン・ブレイドからすると『リバップ』における渡辺貞夫のオーダーなんてお手の物。ウェイン・ショーターとの共演を通じて“御大”を輝かせるドラミングは何百通りと習得済。
 仮に『リバップ』を高く評価するナベサダ・ファンがいるとすれば,それは天下のブライアン・ブレイドナベサダがリードしているように聞こえての事? いやいや,わざとそのように聞かせているブライアン・ブレイドの凄さなんだってばぁ。

 個人的に『リバップ』というアルバムは「渡辺貞夫愛の本気度」が試される1枚だと思う。
 ピアノサイラス・チェスナットベースクリス・トーマスブライアン・ブレイドの“歌うリズム”を掴んでいる。そんな中,渡辺貞夫だけは本気でブライアン・ブレイドの“大波”にチャレンジしている。全力で“最新”のリズムと格闘している。

 思えば「世界のナベサダ」と呼ばれるようになってからも,渡辺貞夫は共演者に対して「自分についてこい」的な扱いをしたことはない。渡辺貞夫の音楽に対する真摯な姿勢が共演者に伝わって,自然とリスペクトを受けていたと思う。

 その意味では『リバップ』も同じである。ブライアン・ブレイド渡辺貞夫の新しい魅力を上手に引き出してくれたと思うし,サイラス・チェスナットクリス・トーマスにしても同じである。
 ただし,ブライアン・ブレイド渡辺貞夫の本質に光を当てれば当てるほど(4Kや8Kテレビがそうであるように)渡辺貞夫の老いの部分もクッキリと目立ってしまう。

 正直,寄る年波からは逃れられない。管理人は『リバップ』を聴いて初めて,渡辺貞夫の老いを感じてしまった。これはアルトサックスのミストーンのことではない。そうではなく音楽家としての感性,音楽全体を1つの方向にまとめ上げる能力が衰えてきたと書かざるを得ない。

 今後のアルバム制作については,ちゃちゃっと音を合わせただけの外国のビッグネームではいけない。毎月音を合わせているレギュラー・バンドのサポートが必要である。オール日本人でのスタジオ・アルバムが必要な時期に差し掛かっているように思う。

RE-BOP-2 『リバップ』を聴き終えて,次のように自問した。管理人は渡辺貞夫が好きなのだろうか? それともジャズが好きなのだろうか? 

 管理人の答えはこうである。渡辺貞夫アルトサックスが鳴っていれば,それがジャズだろうとブラジルだろうとアフリカだろうと関係ない。全部が好き。だから渡辺貞夫の老いの部分もひっくるめて『リバップ』もまた最高のアルバムの1枚だと思う。

 管理人はこれからも,未来永劫,渡辺貞夫の新作に耳を傾けていく所存である。共演者の力を借りるのはカッコ悪いことではない。渡辺貞夫はそうする権利を持っている数少ないマイスターの1人なのである。
 渡辺貞夫には1枚でも多く良質のアルバムを作り続けてほしいと心から願っている。

 【花は咲く】。いつ聴いても感動します。この曲は渡辺貞夫でないとダメなんです。絶対に渡辺貞夫でないと…。

 
01. Re-Bop
02. Look Ahead
03. I Miss You When I Think of You
04. Little Wind
05. Not Before Long
06. 8.15/2015
07. While You're Away
08. Call to Mind
09. Monica
10. Give Me a Que
11. Hanawa Saku

 
SADAO WATANABE : Alto Saxophone
CYRUS CHESTNUT : Piano
CHRIS THOMAS : Bass
BRIAN BLADE : Drums

(ビクター/JVC 2017年発売/VICJ-61765)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

チック・コリア / ザ・スパニッシュ・ハート・バンド4

ANTIDOTE-1 『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』の原題は『ANTIDOTE』である。
 日本盤のタイトルが『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』なので,1976年リリースの「ファンタジー三部作」の第二弾『マイ・スパニッシュ・ハート』のリメイク盤と捉えられがちであるがそうではない。

 『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』での『マイ・スパニッシュ・ハート』からの選曲は【MY SPANISH HEART】と【ARMANDO’S RHUMBA】の2曲。
 その一方でチック・コリアが共演を熱望したパコ・デ・ルシアとの『タッチストーン』からも【DUENDE】と【THE YELLOW NIMBUS】の2曲。イーブンである。いいや【ZYRYAB】はパコ・デ・ルシア作曲なので実質3曲である。

 加えて『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』の共演者を見ていくと,パコ・デ・ルシアのバンド・メンバーであるホルへ・パルドフルートサックスで参加している。
 そう。『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』は『マイ・スパニッシュ・ハート』のリメイク盤というよりも『タッチストーン』の続編の意味合いの方が深いのだった。

 ズバリ『ANTIDOTE』の真実とは『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』ではなく『ザ・タッチストーン・バンド』である。
 『ザ・タッチストーン・バンド』ではなく『ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』になったのは,多分にレコード会社のセールス上の問題であろう。久々にストレッチではなくコンコードだし…。

 …って,御託を並べてもしょうがない。『ANTIDOTE』の音を聴いてほしい。管理人が『ANTIDOTE』を『ザ・タッチストーン・バンド』だと唱える最大の答えは「スパニッシュ路線」のサウンドにこそある。
 『ANTIDOTE』の肝はギターである。『タッチストーン』ではパコ・デ・ルシアアル・ディ・メオラが舞い踊っていたが『ANTIDOTE』では“ニュー・フラメンコ”のニーニョ・ホセレが舞い踊っている。

 ニーニョ・ホセレギターは今回で初めて聴いたのだが,評判通りの“超絶技巧”の継承者であった。ニーニョ・ホセレが舞い踊るのはスパニッシュギターのハイ・テクニックだけではない。チック・コリアの「スパニッシュ路線」を完全に理解した“味付け”が最高にニクイのだ。

 ニーニョ・ホセレのサウンド・メイクは,フラメンコ・ギターというよりもジャズギターとしても十分に楽しめる重さがあるし,時折顔を覗かせるフュージョン・チックな展開は「エレクトリック・バンド」のフランク・ギャンバレがフラメンコを弾いた感じ?
 フラメンコ・ダンスのニノ・デ・ロス・レジェスの参加は意味不明であるが,きっとニーニョ・ホセレギターを盛り上げる「燃料」としての役割があるのかも?

ANTIDOTE-2 聴けば聴くほど『ザ・タッチストーン・バンド』の本性剥き出しの『ANTIDOTE』。
 『タッチストーン』をチック・コリアの「最重要作」と公言してきた管理人なのだから『タッチストーン』の続編に位置する『ANTIDOTE』を高評価と思うなかれ。
 実は管理人。『ANTIDOTE』にはガッカリさせられた。「最後の綱」であったリメイク系での失敗は,現役チック・コリア・ファンにとって痛い。痛すぎる。勝ちゲームで負けてしまったのだからいつも以上の大ショックである。

 チック・コリアは「リメイクの達人」である。リメイク物をやらせたらチック・コリアの右に出る者は1人もいないと断言する。
 そんなチック・コリアが,あの『マイ・スパニッシュ・ハート』のリメイク盤を手掛けたと聞いたらチック・コリア・ファンは全員即買いしたことであろう。

 でも正直,あれから44年は長すぎた。「ファンタジー三部作」の頃の興奮を期待したのが間違いだった。
 う〜む。チック・コリアにイノベーターなど鼻から期待してはいない。でも正直,アイディアが古い。『ANTIDOTE』に過去のチック・コリアは感じても2019年のチック・コリアは感じなかった。「リメイクの達人」としてのアイディアまでもが枯渇してきたのか?

 どうする,チック・コリア。どうした,チック・コリア。頑張れ,チック・コリア。ラテンで踏ん張れ,チック・コリア。管理人の「裏・マイ・フェイバリット」なチック・コリア〜。

 
01. Antidote
02. Duende
03. The Yellow Nimbus - Part 1
04. The Yellow Nimbus - Part 2
05. Prelude to My Spanish Heart
06. My Spanish Heart
07. Armando's Rhumba
08. Desafinado
09. Zyryab
10. Pas De Deux
11. Admiration

 
CHICK COREA : Piano, Keyboards
MARCUS GILMORE : Drums
CARLITOS DEL PUERTO : Bass
JORGE PARDO : Flute, Sax
NINO JOSELE : Guitar
STEVE DAVIS : Trombone
MICHAEL RODRIGUES : Trumpet
LUISITO QUINTERO : Percussion
MINO DE LOS REYES : Dancer

RUBEN BLADES : Vocal
GAYLE MORAN COREA : Vocal Choir
MARIA BIANCA : Vocal

(コンコード/CONCORD 2019年発売/UCCO-1209)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/チック・コリア,ロビン・D.G.ケリー,熊谷美広)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

渡辺 貞夫 / ランデブー5

RENDEZVOUS-1 『RENDEZVOUS』(以下『ランデブー』)は,プロデューサー兼パーカッションラルフ・マクドナルドドラムスティーヴ・ガットドラムスティーヴ・ガットベースマーカス・ミラーキーボードリチャード・ティーギターエリック・ゲイル,そこへアルトサックス渡辺貞夫…。

 そう。『ランデブー』の真実とは,同じエレクトラ・レーベルの大ヒット,グローヴァー・ワシントン・ジュニアの『ワインライト』を,メインのサックス奏者をグローヴァー・ワシントン・ジュニアから渡辺貞夫に変えただけの「続編」なのである。

 このドリーム企画を渡辺貞夫本人が望んだのかどうかは分からない。しかし結果は大当たり。『ワインライト』に負けず劣らず『ランデブー』もアメリカのジャズ・チャート2位を記録する大ヒットとなった。管理人もモロ『ランデブー』世代である。

 『ランデブー』が好きだ。これって管理人だけではない。その昔,FM東京系「渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ」の番組企画で,渡辺貞夫の好きな曲の人気投票が行なわれていたが『ランデブー』のタイトル・トラック【RENDEZVOUS】が,年々順位を上げていき,ついには1位を記録したのだった。
 物凄い人気である。ラルフ・マクドナルド繋がりでロバータ・フラッグとのお付き合いも始まったわけだし,これぞラルフ・マクドナルドとのコラボレーションの成果であろう。

 ただし,この『ランデブー』。『ワインライト』の続編だけあって,ジャズともフュージョンとも呼べないアルバムである。
 ズバリ『ランデブー』の真実とは,ブラコンであり,上質なAORとしてアメリカで評価されたアルバムだと思うし,渡辺貞夫もその辺は承知の上でのヴォーカル2曲入りだと思う。

 あれほどの音を持つグローヴァー・ワシントン・ジュニアが【クリスタルの恋人たち】を演った。『ワインライト』がきっかけとなりグローヴァー・ワシントン・ジュニアスムーズジャズを切り開いた。
 管理人的にはグローヴァー・ワシントン・ジュニアアルトサックスが大好きだっただけにジャズ/フュージョンから離れたことを残念に思うが,ウェス・モンゴメリーの前例もあるわけだし,広く世間に美しいサックスが流れるようになったのだから,それはそれで良い選択をしたと思うことにしている。

RENDEZVOUS-2 その点でスムーズジャズへの誘惑を断ち切り「フュージョン止まり」の渡辺貞夫は,やはりバッパーであった。
 『ランデブー』の次作『マイシャ』では「頼んでも引き受けてくれない」ラルフ・マクドナルドとの蜜月関係を解消してのセルフ・プロデュース。往年のLAフュージョン路線に返り咲いたのだが,内容は実にPOPなジャズであって『ランデブー』の名残を感じる。

 そう。ジャズを演奏していてもフュージョンを演奏していても『ランデブー』での経験は,その後の渡辺貞夫の活動の糧となった。
 『ランデブー』での経験が,今でも渡辺貞夫の血となり肉となっている。そう。『ランデブー』は,渡辺貞夫の中で生き続けている。

 【RENDEZVOUS】が人気投票第1位なのには理由がある。【RENDEZVOUS】を避けて“ジャズメン”渡辺貞夫は語れやしない。

 
01. RENDEZVOUS
02. FIRE FLY
03. IF I'M STILL AROUND TOMORROW
04. COOL BREEZE
05. HERE’S TO LOVE
06. MARAVAL
07. LOVE ME AS I AM
08. I'M YOURS

 
SADAO WATANABE : Alto Saxophone
STEVE GADD : Drums
MARCUS MILLER : Bass. Synthesizer
RICHARD TEE : Fender Rhodes
RALPH MAcDONALD : Percussion
ERIC GALE : Guitar
ANTHONY MAcDONALD : Percussion
BARRY EASTMOND : Synthesizer
ROBERTA FLACK : Vocal

(エレクトラ/ELEKTRA 1984年発売/32XD-342)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

チック・コリア・アコースティック・バンド / LIVE5

LIVE-1 「チック・コリア・エレクトリック・バンド」の再結成から遅れること14年。ついに「チック・コリア・アコースティック・バンド」が再始動した。
 「アコースティック・バンド」名義としては実に27年振りのライブ・レコーディングとなったのが『LIVE』である。

 「エレクトリック・バンド」の再結成時は“2004年最高の話題作”と謳われたものだったが,今回の「アコースティック・バンド」の再始動は静かなもの。寂しいよなぁ。
 でも『LIVE』は日本限定発売とのこと。いつも熱狂するのは日本のジャズ・ファンだけのようである。
 まっ,そんな世間の無関心など気にしないし気にもならない。とにかく『LIVE』の演奏が物凄い。ここにあるのは紛れもなくピアノ・トリオ史上屈指の大名演集である。

 『LIVE』のせいで久しぶりにやって来たチック・コリアのマイブーム。『LIVE』はCDだから良いのだ。これが映像作品となると,画面から時を感じてしまっていけない。
 音を聴いている限りではチック・コリアが,ジョン・パティトゥッチが,デイブ・ウェックルが,一向に歳を取っていない。30年前の当時のまんまだ。何なら若返った気さえする。だから感情移入してしまったのだろう。「静かな熱狂」が『LIVE』に当てはまる。

 今回の「アコースティック・バンド」の再始動は,チック・コリアにとってどんな意味を持つのだろう。セットリストは往年のレパートリーばかりで新曲はない。単純に同窓会を開いてみたかっただけなのだろうが,その動機とは,離れ離れになった3人の27年間の歩みを確かめたくなったのだろう。

 チック・コリアは自分のバンドから独立した後もジョン・パティトゥッチデイブ・ウェックルの演奏をチェックし続けてきた。最初に「みーつけた」と思ったあの頃の感動が,近年甦ってきたのかもしれない。
 回り回って再び「みーつけた」とガッツポーズ。チック・コリアピアノ・トリオを組んできたベーシストドラマーは数多くいるが,これほどまでスムーズに連動するリズム隊は「ジョン・パティトゥッチデイブ・ウェックル組」しかない,と断言する。

 そう。「アコースティック・バンド」と来れば「余裕しゃくしゃくで息ぴったり」がトレードマークであったのだが,27年間“超絶技巧”を維持し発展させてきたという「テクニックへの更なる自信」が,最高のチームを組んで一層の高みでの連動を実現させた最大の理由であろう。
 とにかくチック・コリアの最良の部分だけを聴かせてくれる“ピアノ・トリオの雄”に違いない。

 管理人は思う。「アコースティック・バンド」解散後のチック・コリアピアノ・トリオって一体何だったのだろう? その答えとは「アコースティック・バンド」を超えるためのチャレンジではなかったのか?

 チック・コリアとしては「アコースティック・バンド」を超えた瞬間を何度も感じたはずである。『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』でのジョン・パティトゥッチヴィニー・カリウタ組。『過去,現在,未来』でのアヴィシャイ・コーエンジェフ・バラード組。『ランデヴー・イン・ニューヨーク』でのミロスラフ・ヴィトウスロイ・ヘインズ組。『スーパー・トリオ』でのクリスチャン・マクブライドスティーヴ・ガッド組。『ドクター・ジョー〜ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ』でのジョン・パティトゥッチアントニオ・サンチェス組。『マイルストーンズ〜マイルス・デイヴィスに捧ぐ』でのエディ・ゴメスジャック・デジョネット組。『モンクス・ムード〜セロニアス・モンクに捧ぐ』でのクリスチャン・マクブライドジェフ・バラード組。『ワルツ・フォー・デビイ〜ビル・エヴァンスに捧ぐ』でのエディ・ゴメスアイアート・モレイラ。『ブルックリン・パリ・トゥ・クリアウォーター』でのアドリアン・フェローリッチー・バーシェイ組。『フォーエヴァー』でのスタンリー・クラークレニー・ホワイト組。『ファーザー・エクスプロレイションズ〜ビル・エヴァンスに捧ぐ』でのエディ・ゴメスポール・モチアン組。『トリロジー』『トリロジー2』でのクリスチャン・マクブライドブライアン・ブレイド組。

LIVE-2 その全ての組み合わせが最高で文句のつけようがない高水準のピアノ・トリオだったのだが「アコースティック・バンド」での「ジョン・パティトゥッチデイブ・ウェックル組」のしなやかで機械的なアプローチこそが,チック・コリアの10本の指を20本に変えることのできる唯一のリズム隊だと断言する。

 チック・コリアはこれからも浮気を繰り返すことだろう。ただしチック・コリアの中での“正妻”は決まっている。チック・コリアが,どこをどう切っても間違いを犯すことのない絶対的に信頼を寄せる絶対服従の“正妻”は決まっている。
 そう。チック・コリアピアノ・トリオを組むに当たって,もう2度と手放したくない,離れることなど考えられない“正妻”ベーシストとはジョン・パティトゥッチであり“正妻”ドラマーとはデイブ・ウェックルである。

 ついでに書くと,ジョン・パティトゥッチデイブ・ウェックルが演奏すればこそ一際輝く【MORNING SPRITE】と【HUMPTY DUMPTY】。この2トラックも「アコースティック・バンド」の“正妻”である。
 『LIVE』での【MORNING SPRITE】と【HUMPTY DUMPTY】こそが「アコースティック・バンド」史上最高峰! このピアノ・トリオ,一体どこまで上り詰めるねん!

 
CD1
01. Morning Sprite
02. Japanese Waltz
03. That Old Feeling
04. In a Sentimental Mood
05. Rhumba Flamenco
06. Summer Night
07. Humpty Dumpty (Set 1)

CD2
01. On Green Dolphin Street
02. Eternal Child
03. You and the Night and the Music
04. Monk's Mood
05. Humpty Dumpty (Set 2)
06. You're Everything (featuring Gayle Moran Corea)

 
CHICK COREA AKOUSTIC BAND
CHICK COREA : Piano
JOHN PATITUCCI : Bass
DAVE WECKL : Drums

(ストレッチ・レコード/STRETCH RECORDS 2018年発売/UCCJ-3040/1)
(☆SHM−CD2仕様)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/チック・コリア,ジョン・パティトゥッチ,デイヴ・ウェックル,ロビン・D.G.ケリー)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

小沼 ようすけ / ジャム・カ・ドゥ4

JAM KA DEUX-1 “衝撃”の『JAM KA』から6年。続編となる『JAM KA DEUX』(以下『ジャム・カ・ドゥ』)は,従来の小沼ようすけギター・サウンドだけではなく,あの『JAM KA』からも遠く離れてしまっている。

 小沼ようすけは,一体どこまで走り続けるつもりなのか? 『ジャム・カ・ドゥ』は,もはやテクニカルなギターでもグルーヴィーギターでもなく,というか『ジャム・カ・ドゥ』はギター・メインのアルバムではない。
 主役はカリブのリズム「グオッカ」である。小沼ようすけが凄腕のギターを捨てて,リズムの妙で勝負している。

 そう。小沼ようすけが『ジャム・カ・ドゥ』で表現したのはギターではなく“前人未到の”ジャズなのだ。
 『3, 2 & 1』までは,ジャズ・ギターの可能性にとことんこだわってきた小沼ようすけだったが『BEAUTIFUL DAY』での「ナチュラル・オーガニック」ときて『ジャム・カ』での「グオッカ」推し!

 この変わり身は小沼ようすけがピックから指弾きへ転向した時と似ている。ギター・コンテストで優勝するくらいの最高のピック使いだったのに,それをリチャード・ボナと出会ったがばかりに,あっさりと捨てた。
 小沼ようすけは,もう2度とピックでギターを弾いてはくれない。小沼ようすけは,もう2度と『NU JAZZ』『SUMMER MADNESS』『JAZZ’N’POP』のような音楽はやってくれない。

 だ〜って『JAM KA』でも激変だったのに『JAM KA DEUX』はその上を行っている。小沼ようすけの場合,アルバムをリリースする度にキレイ目だったスタイルが段々と崩れた「グランジ系」ジャズ・ギター。『JAM KA DEUX』では原型を辛うじてとどめているだけで,出来上がりはぐっちゃぐちゃ〜。

 いいや,書きすぎた。申し訳ない。実はぐちゃぐちゃのようで『ジャム・カ・ドゥ』の中身は,しっかりと整っている。スタイルは変われど小沼ようすけ小沼ようすけである。
 『ジャム・カ・ドゥ』は,全部の音の中心に小沼ようすけが鎮座している。“行き過ぎた”『ジャム・カ・ドゥ』ではあるが,小沼ようすけの“突然変異”などではなく,キャリアの延長線上で“行き過ぎた”1枚だと思っている。

JAM KA DEUX-2 イメージとしては『JAM KA』と『JAM KA DEUX』に関しては「小沼ようすけ・特別編」である。
 今まで一度も聴いたことのないジャズ・ギターが聴こえてくる。何だかワクワクして,見たことも聞いたこともない“新しい世界”に連れていってもらったような感覚がする。

 【FLOWING】が実に泣ける。笑顔なのに涙が流れ落ちてくる。真に感動する。【TI’ PUNCH】では「小沼ようすけ流・フレンチ・グラント・グリーン」が登場する。
 「グランジ系」ジャズ・ギターとは身体が自然と反応する音楽である。薄汚れ役の小沼ようすけが超カッコイイ。

 果たして『JAM KA』路線は小沼ようすけにとって,定住なのかお出かけなのか…。次作が本当に楽しみである。

 
01. Moai's Tihai
02. Flowing
03. Terre
04. The Elements
05. Ka Interlude
06. Ti' Punch
07. Duo Ka
08. Dlo Pann
09. Fellows
10. Gradation Part 3 : Heartbeat
11. Pourquoi
12. Beyond The Sea
13. Songe Mwen

 
YOSUKE ONUMA : Electric Guitar, Acoustic Guitar, Fretless Guitar
REGGIE WASHINGTON : Electric Bass
ARNAUD DOLMEN : Ka, Drums, Vocal
OLIVIER JUSTE : Ka
GREGORY PRIVAT : Piano, Fender Rhodes
SONNY TROUPE : Ka
HERVE SAMB : Steel Strings Acoustic Guitar
JOE POWERS : Harmonica
SIMONE SCHWARZ-BART : Poetry Reading
JACQUES SCHWARZ-BART : Acoustic Guitar

(フライウェイ/FLYWAY 2016年発売/DDCZ-2126)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/松永誠一郎)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

チック・コリア / チック・コリア・ソロ Vol.25

PIANO IMPROVISATIONS VOL.2-1 ECMソロ・ピアノと来れば,キース・ジャレット一連のソロ・ピアノが有名であるが,キース・ジャレットに先立つこと半年,レーベル・オーナー兼プロデューサーのマンフレート・アイヒャーが最初に白羽の矢を当てたのは,キース・ジャレットではなくチック・コリアの方であった。

 マンフレート・アイヒャーが「いの一番」でオファーしたのはチック・コリアであって,チック・コリアの成功があってのキース・ジャレットの大成功へと繋がる構図。
 つまりソロ・ピアノにおけるマンフレート・アイヒャーの評価としては“天才”キース・ジャレットよりもチック・コリアの方が上だったということだ。

 この評価はキース・ジャレット・マニアの管理人をして正しいのかもしれない。『PIANO IMPROVISATION VOL.2』(以下『チック・コリア・ソロ VOL.2』)におけるチック・コリアの煌めきが最高に素晴らしい。

 今でこそソロ・ピアノと来れば,キース・ジャレットの独壇場となっているが,管理人の評価ではドローである。
 キース・ジャレットチック・コリアより評価されている理由は単純に作品数の多さ,圧倒的なボリュームにある。加えてチック・コリアは多作家であり,興味を抱いたものに次々と手を出してはその全てを見事にまとめてくる。その点で自分の音楽人生の主軸をソロ・ピアノに捧げてきたキース・ジャレットとはソロ・ピアノへの評価が異なって当然であろう。

 「長編小説」としてはキース・ジャレットの圧勝であるが「短編小説」としての破壊力ではチック・コリアに分があるように思う。
 と言うのもキース・ジャレットの「短編小説」,例えば『FACING YOU』と『STAIRCASE』の美しさは,牧歌的でゴスペルチックでありつつも,毒である“電化マイルス”の大ヒーロー=キース・ジャレットまでも堪能できる良さがある。
 対するチック・コリアソロ・ピアノは,真にクリスタルな美しさが身体全身に満ちている。超絶な演奏テクニックと相まって高度にロマンティックな音楽がフリージャズの文脈で置き換えられている。「その手があったか〜」な感じがするのだ。

 そう。『PIANO IMPROVISATION』の『VOL.1』『VOL.2』を聴けば聴くほど,この全てが完全即興演奏とはにわかに信じられない。
 どれもこれもがチック・コリアの「生命の息吹き」であり,新しいジャズ・ピアノの「創造」であった。

 ECMソロ・ピアノの何がそこまで素晴らしいのか? 一言で書けば「未完成」だから素晴らしい。
 『チック・コリア・ソロ VOL.1』『チック・コリア・ソロ VOL.2』の真実とは,チック・コリアの「デッサン集」である。
 事実『チック・コリア・ソロ VOL.1』『チック・コリア・ソロ VOL.2』に詰め込まれたアイディアの中から,後のチック・コリア名盤群が発展した跡が残されている。

PIANO IMPROVISATIONS VOL.2-2 完全即興なのだから「デッサン集」で十分だし,発展途上の曲だからこそ,骨格が丸分かりだし,何をモチーフとしているかが感覚として近い。様々なアイディアが詰め込まれた「音の玉手箱(←古い)」だからこそ,オークションにかければ完成品以上の値打ちが付く。そんなアルバムだと思う。

 それでこそチック・コリアである。チック・コリアの音楽は,いつでもスタイリッシュだし,目に見える部分で最高に美しい。絵画と表現するよりも写真と表現した方がしっくりくる。カメラとレンズを通して見るジャズ・ピアノの「ミニマルな新世界」なのだ。

 管理人の結論。『チック・コリア・ソロ VOL.2批評

 『チック・コリア・ソロ VOL.1』の1年後に発売された『チック・コリア・ソロ VOL.2』は『チック・コリア・ソロ VOL.1』の高評価を受けて制作された続編ではない。これ重要!

 個人的に『チック・コリア・ソロ VOL.2』のアルバム名を耳にすれば,条件反射的に【AFTER NOON SONG】が頭の中で鳴り始めてしまう。
 【AFTER NOON SONG】に関しては2つの解釈が可能である。1つは『チック・コリア・ソロ VOL.1』収録の【NOON SONG】の「次の」曲なのかもしれないし,単純に「午後の曲」という新曲パターン。管理人の予想では,本当は何の関連もないのに,ジョーク好きのチック・コリアの後付け【NOON SONG】→【AFTER NOON SONG】の出来上がりぃ!

 『チック・コリア・ソロ VOL.1』にも【ホエア・アー・ユー・ナウ? 〜8つの絵の組曲】があったが『チック・コリア・ソロ VOL.2』にも【ア・ニュー・プレイス】という組曲がある。
 この2つの組曲を聴いていると,後のキース・ジャレットの「短編小説」の原型のように思えてくる。チック・コリアキース・ジャレット。後に2人で連弾をしたこともある仲。互いに互いのピアノが大好き。ソロ・ピアノの2大巨匠は相互に影響を及ぼしあっていた。

 
01. After Noon Song
02. Song For Lee Lee
03. Song For Thad
04. Trinkle Tinkle
05. Masqualero
06. Preparation 1
07. Preparation 2
08. Departure from Planet Earth
09. A New Place
1). Arrival
2). Scenery
3). Imps Walk
4). Rest

 
CHICK COREA : Piano

(ECM/ECM 1972年発売/POCJ-2017)
(ライナーノーツ/野口久光)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

チック・コリア / チック・コリア・ソロ Vol.15

PIANO IMPROVISATIONS VOL.1-1 ECMソロ・ピアノと来れば,キース・ジャレット一連のソロ・ピアノが有名であるが,キース・ジャレットに先立つこと半年,レーベル・オーナー兼プロデューサーのマンフレート・アイヒャーが最初に白羽の矢を当てたのは,キース・ジャレットではなくチック・コリアの方であった。

 マンフレート・アイヒャーが「いの一番」でオファーしたのはチック・コリアであって,チック・コリアの成功があってのキース・ジャレットの大成功へと繋がる構図。
 つまりソロ・ピアノにおけるマンフレート・アイヒャーの評価としては“天才”キース・ジャレットよりもチック・コリアの方が上だったということだ。

 この評価はキース・ジャレット・マニアの管理人をして正しいのかもしれない。『PIANO IMPROVISATION VOL.1』(以下『チック・コリア・ソロ VOL.1』)におけるチック・コリアの煌めきが最高に素晴らしい。

 今でこそソロ・ピアノと来れば,キース・ジャレットの独壇場となっているが,管理人の評価ではドローである。
 キース・ジャレットチック・コリアより評価されている理由は単純に作品数の多さ,圧倒的なボリュームにある。加えてチック・コリアは多作家であり,興味を抱いたものに次々と手を出してはその全てを見事にまとめてくる。その点で自分の音楽人生の主軸をソロ・ピアノに捧げてきたキース・ジャレットとはソロ・ピアノへの評価が異なって当然であろう。

 「長編小説」としてはキース・ジャレットの圧勝であるが「短編小説」としての破壊力ではチック・コリアに分があるように思う。
 と言うのもキース・ジャレットの「短編小説」,例えば『FACING YOU』と『STAIRCASE』の美しさは,牧歌的でゴスペルチックでありつつも,毒である“電化マイルス”の大ヒーロー=キース・ジャレットまでも堪能できる良さがある。
 対するチック・コリアソロ・ピアノは,真にクリスタルな美しさが身体全身に満ちている。超絶な演奏テクニックと相まって高度にロマンティックな音楽がフリージャズの文脈で置き換えられている。「その手があったか〜」な感じがするのだ。

 そう。『PIANO IMPROVISATION』の『VOL.1』『VOL.2』を聴けば聴くほど,この全てが完全即興演奏とはにわかに信じられない。
 どれもこれもがチック・コリアの「生命の息吹き」であり,新しいジャズ・ピアノの「創造」であった。

 ECMソロ・ピアノの何がそこまで素晴らしいのか? 一言で書けば「未完成」だから素晴らしい。
 『チック・コリア・ソロ VOL.1』『チック・コリア・ソロ VOL.2』の真実とは,チック・コリアの「デッサン集」である。
 事実『チック・コリア・ソロ VOL.1』『チック・コリア・ソロ VOL.2』に詰め込まれたアイディアの中から,後のチック・コリア名盤群が発展した跡が残されている。

PIANO IMPROVISATIONS VOL.1-2 完全即興なのだから「デッサン集」で十分だし,発展途上の曲だからこそ,骨格が丸分かりだし,何をモチーフとしているかが感覚として近い。様々なアイディアが詰め込まれた「音の玉手箱(←古い)」だからこそ,オークションにかければ完成品以上の値打ちが付く。そんなアルバムだと思う。

 それでこそチック・コリアである。チック・コリアの音楽は,いつでもスタイリッシュだし,目に見える部分で最高に美しい。絵画と表現するよりも写真と表現した方がしっくりくる。カメラとレンズを通して見るジャズ・ピアノの「ミニマルな新世界」なのだ。

 管理人の結論。『チック・コリア・ソロ VOL.1批評

 『チック・コリア・ソロ VOL.1』は,前半5曲がメジャー・ヒット・チューン,後半8曲は印象派風の【ホエア・アー・ユー・ナウ? 〜8つの絵の組曲】で構成されている。
 個人的に『チック・コリア・ソロ VOL.1』のアルバム名を耳にすれば,条件反射的に【NOON SONG】が頭の中で鳴り始めてしまう。【NOON SONG】を聴いて感じる「クリティカルな人肌の清涼感と滑らかな肌触り」と「何回聴いても暗譜の途中で意識が飛んでいく美しさ」。ああ〜!

 チック・コリアを愛するファンならば【SOMETIME AGO】の初演は必聴である。“荒削りの”【SOMETIME AGO】にドキドキしてしまう。
 後のフュージョン史を彩る大名曲【SOMETIME AGO】が世に産れ出た瞬間を見届けよ!

 
01. Noon Song
02. Song For Sally
03. Ballad For Anna
04. Song Of The Wind
05. Sometime Ago
  Where Are You Now? −A Suite Of Eight Pictures−
06. Picture 1
07. Picture 2
08. Picture 3
09. Picture 4
10. Picture 5
11. Picture 6
12. Picture 7
13. Picture 8

 
CHICK COREA : Piano

(ECM/ECM 1971年発売/J25J 20325)
(ライナーノーツ/野口久光)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

デイヴ・リーブマン / ドゥーイン・イット・アゲイン5

DOIN' IT AGAIN-2 変な質問とお思いでしょうが,読者の皆さんは,どのデイヴ・リーブマンがお好きですか?
 マイルス・デイビスのバンドにいた頃の「元気印」のデイヴ・リーブマンですか? それとも今ではこちらが「定番」として定着した感のある「内省的で叙情的な」デイヴ・リーブマンですか?

 デイヴ・リーブマンというサックス奏者は,アルバムのコンセプトやレコーディング時期によって演奏スタイルが大きく異なる代表格。成長しているとか円熟しているという言葉は,ある音楽スタイルを追求してきた場合の評価だろう。「クラッシュ・アンド・ビルド」は,壊したスタイルに戻らないのが前提となるだろう。

 まっ,デイヴ・リーブマンという人は,幸か不幸か,マイルス・デイビスに人格までも破壊された人。
 管理人はマイルス・デイビスのバンドを去った後のデイヴ・リーブマンの音楽は,自分探しの「武者修行」だと思っている。

 『DOIN’ IT AGAIN』(以下『ドゥーイン・イット・アゲイン』)は「元気印」のデイヴ・リーブマンの“最高傑作”である。
 ここまでグイグイとストレートにサックスを吹きまくるデイヴ・リーブマンを知ってしまうと,現在の「耽美主義的な」演奏に不満を感じてしまうだろう。

 とにかく“何でも出来てしまう”デイヴ・リーブマンジャズメンとしてのレベル高さを感じてしまうのだ。共演者の発したメッセージへの瞬時の対応力がハンパない。
 『ドゥーイン・イット・アゲイン』を聴く限り,デイヴ・リーブマンはスタジオ・ミュージシャンと対等に対峙できる数少ない“アーティスト”の1人に違いない。もしあのまま「元気印」のデイヴ・リーブマンを続けていたならマイケル・ブレッカーのライバルとして認められる存在になっていたことと思う。まっ,ゲイリー・バーツにしてもソニー・フォーチュンにしても然り…。

 さて,ボスの要求に答え応じ続けるうちに,どんな注文にも即時に対応できる術を身に着けたデイヴ・リーブマンの真骨頂が『ドゥーイン・イット・アゲイン』で爆発している。
 『ドゥーイン・イット・アゲイン』は,デイヴ・リーブマンのレギュラー・バンドのメンバーである,ベースロン・マクルーアドラムアダム・ナスバウムの凄腕に,トランペット日野皓正ギタージョン・スコフィールドが参加した,スペシャル・スーパー・セッション

 5人が5人とも超キレッキレ! 5人が5人とも尖がっている! 本当の意味で“丁々発止”の音楽的やりとりに興奮しまくり&アドレナリンでまくり〜!
 『ドゥーイン・イット・アゲイン』のフロントである,デイヴ・リーブマン日野皓正組は,マイケル・ブレッカーランディ・ブレッカー組が考え抜いたフレーズでそれまでより一段上の音楽を表現しようとしているのに対して,もうちょっと自由でその場勝負なジャズ・ライン! ニューヨーク時代に“ジャズトランペッター”を張っていた日野皓正は,大袈裟ではなく真に「世界一」に王手をかけていたと思っている。

DOIN' IT AGAIN-2 そ・こ・へ“キーマン”ジョン・スコフィールドが“ロック・ギター・ブルース”の乱れ打ち!
 ジョン・スコフィールドギタージャズがベースにあってのロック的な演奏と,時々,フリーに走る塩梅がちょうどよい!

 後の「ファンキーへたうまアウト」ではなく(これももちろん素晴らしいのだが)ヒステリックかつスリリングで攻撃的な,それはそれはカッコいいソロとハイテンションなコードワークに痺れまくる。
 こんな“ロック・ギター・ブルース”は世界中を探してもジョン・スコフィールド以外に見つからない。それくらい斬新な解釈のドロッとしたフレージングが神レベルである。

 とにかく素晴らしい。読者の皆さんにも,こんなにも「元気印」なデイヴ・リーブマンを,こんなにも“ジャズトランペッター”な日野皓正を,こんなにも“ロック・ギター・ブルース”のジョン・スコフィールドを知ってほしいと思う。絶対いいから!

 
01. DOIN' IT AGAIN
02. LADY
03. STARDUST
04. CRIFF'S VIBES

 
DAVE LIEBMAN : Tenor Saxophone, Soprano Saxophone
TERUMASA HINO : Trumpet, Flugelhorn, Percussion
JOHN SCOFIELD : Guitar
RON McCLURE : Acoustic Bass, Electric Bass
ADAM NUSSBAUM : Drums

(タイムレス/TIMELESS 1979年発売/ABCJ-123)
(ライナーノーツ/小西啓一)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

林 栄一 / モナ・リザ4

MONA LISA-1 林栄一ジャズスタンダード集である『MONA LISA』(以下『モナ・リザ』)は,大多数のジャズ・ファンにとって極上のアルバムである。

 余計な装飾を排除したストレートなアレンジと相まって,林栄一が丁寧にのジャズスタンダードを吹き上げている。林栄一が“歌”を歌うことに集中している。
 内容の濃い,それでいてべたつきのない,さらりとしたアルトサックス特有の趣きは『モナ・リザ』でしか楽しむことができないものだろう。

 しかし,フリージャズの第一人者の視点から,あるいは林栄一のファンの視点から見ると『モナ・リザ』は失敗作ということになるだろう。
 なぜなら林栄一の本当の良さが全く感じられない。林栄一とは,のほほんとメロディーを噛みしめながら吹くサックス奏者ではない。美メロに溺れるタイプのサックス奏者ではない。

 全ての元凶はプロデューサーの山下洋輔にある。聞けば『モナ・リザ』は,林栄一ジャズスタンダードを聴きたいという,山下洋輔のたっての個人的希望が「鶴の一声」となって制作されたという。

 林栄一にとって山下洋輔は“恩人”である。断ることなどできないし,もしや自分中の知らない引き出しを開けられるのではという淡い期待のようなものもあったかもしれない。
 全体のサウンド・メイクも林栄一アルトサックスは斜に構えた位置に置かれている。ハッキリ書けば加藤崇之ギターの方が目立っている。

MONA LISA-2 それでも『モナ・リザ』は,大多数のジャズ・ファンにとって極上のアルバムであろうし,林栄一にとっても代表作の1枚となったのだから,こうした世間の高評価を疑問視するレヴューなどゴミであろう。

 でもそれでも今回は書かないわけにはいけないのだ。林栄一のフォロワーを公言する管理人としては『モナ・リザ』を認めるわけにはいかない。『モナ・リザ』が林栄一の代表作と語られることに嫌悪感を覚えてしまうし,いつだって反論したくなる衝動を必死で抑えてきた。

 とにかく『モナ・リザ』が「愚の骨頂」。それは林栄一アルトサックスに音の表情がないことである。『モナ・リザ』での林栄一は「のっぺらぼう」。
 レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』が無表情であるのと同じように…。

 
01. MONA LISA
02. WALKING SHOES
03. SOME OTHER SPRING
04. IF YOU COULD SEE ME NOW
05. ALL OF ME
06. YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
07. I REMEMBER YOU
08. MY BLUE HEAVEN
09. SOUTH OF THE BORDER
10. I'M A FOOL TO WANT YOU
11. IN A SENTIMENTAL MOOD
12. LINE FOR LYONS
13. TEA FOR TWO
14. SMOKE GETS IN YOUR EYES
15. WHAT IS THIS THING CALLED LOVE?

 
EIICHI HAYASHI : Alto Saxophone
TAKAYUKI KATOH : Guitar
NORIKATSU KOREYASU : Bass
AKIRA SOTOYAMA : Drums
YOSUKE YAMASHITA : Piano

(オーマガトキ/OMAGATOKI 1997年発売/OMCZ-1014)
(ライナーノーツ/山下洋輔,村上寛)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ブラッド・メルドー・トリオ / ブルース・アンド・バラッド5

BLUES AND BALLADS-1 ブラッド・メルドーを聴かなくなったのは,一体いつ頃のことだろう。
 あっ,正確には聴かなくなったのではなく,パタリとニュー・アルバムを買わなくなってしまった。

 理由は単純である。ブラッド・メルドージャズを演奏しなくなってしまった。
 2010年代に入ってからのブラッド・メルドーは,やれヴォーカル・アルバム,やれクラシック・アルバム,やれコラボレーション企画の大連発!
 かろうじてソロ・アルバムのリリースは続いていたが,ベースラリー・グレナディアドラムジェフ・バラードと組んだブラッド・メルドートリオ名義での活動は実質的にSTOPしてしまった。

 『BLUES AND BALLADS』(以下『ブルース・アンド・バラッド』)は,ブラッド・メルドートリオ名義として実に3年半ぶりとなる新作である。
 管理人はブラッド・メルドートリオの音に“飢えていた”のだと思う。ブラッド・メルドーのサイケなピアノが体内の渇きを癒してくれる。『ブルース・アンド・バラッド』のピアノが,ベースが,ドラムが瑞々しい。

 『ブルース・アンド・バラッド』の特長とは,ブルースバラードを題材とした有名曲のカバー・アルバム。だから管理人の性格を知っている方は分かるはずだが『ブルース・アンド・バラッド』も連発しているコンセプト・アルバムの流れっぽくて,初めはスルーしようかと思ったのだが,普通に有名曲を弾くブラッド・メルドーに『ANYTHING GOES』や『DAY IS DONE』路線の再現を連想した…。

 この狙いが大当たり! ブラッド・メルドーが“流し”のジャズ・ピアニストとしてビンビンである。特にハマルのがジェフ・バラードドラミングである。超絶のドラミングが,メロディーのツボを押さえリズムのツボを抑えている。素晴らしい。

 “主役”であるブラッド・メルドーの“天才”の業が浮いていない。美メロと融合するためのアイディアが『ANYTHING GOES』『DAY IS DONE』以上に良くできているのが,積み重ねてきた経験の成せる業である。
 つまり,管理人としては『ANYTHING GOES』『DAY IS DONE』以上の“傑作”として認定できる。普通に聴いているだけでジャズ・ピアノの良さを味わうことができる名盤だと思う。

 そう。ブラッド・メルドートリオの上級向けで,複雑なことを簡単にやってのけてしまうテクニカルな演奏を楽しむと言うよりも,淡い表現力で勝負する感じの慈しみ深い演奏に身も心がまどろんでしまう。
 あのラリー・グレナディアとあのジェフ・バラードさえも,静かにリズム・キープすることに集中しながら,曲の盛り上がりと共に自分をちょっと出す感じ。

BLUES AND BALLADS-2 管理人の結論。『ブルース・アンド・バラッド批評

 『ブルース・アンド・バラッド』は,斬新さを“売り”にしてきたブラッド・メルドートリオの特徴的な不思議な音がほとんど鳴らない,大人の「王道」ジャズ・アルバム。
 名曲の良さを再確認しながら,名曲の甘さに酔いしれた,シンプルで優しい展開の演奏が気持ち良い。実に「さっぱり」とした清々しい演奏集である。

 ブラッド・メルドートリオが『ブルース・アンド・バラッド』で「円熟期」に入ってきた。

 
01. Since I Fell for You
02. I Concentrate on You
03. Little Person
04. Cheryl
05. These Foolish Things (Remind Me of You)
06. And I Love Her
07. My Valentine

 
BRAD MEHLDAU : Piano
LARRY GRENADIER : Bass
JEFF BALLARD : Drums

(ノンサッチ/NONESUCH 2016年発売/WPCR-17274)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/柳樂光隆)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

多田 誠司・スガダイロー Duo / WE SEE!!5

WE SEE!!-1 うわぁ。多田誠司がいいよなぁ。スガダイローがいいよなぁ。素晴らしいデュオ・アルバムだよなぁ。

 『WE SEE!!』というアルバムは,多田誠司についての薀蓄やスガダイローについての含蓄など抜きにして,音を追いかけているだけで楽しくなる。うれしくなる。手放しで喜びたくなる。そんなアルバムである。

 スガダイローの強靭なリズムとコード・ワークに乗せて,骨太でフォーカスした多田誠司アルトサックスが響きまくる。
 多田誠司アルトサックスは,ともすると男らしい豪快なブロウに気を取られがちだが,時折見せるスイート・サウンドは古き良き時代の素朴さと優しさをそなえた実に美しい響き。

 多田誠司アルトサックスは,メインストリームだろうがフリーだろうが何をやっても「THE 多田誠司」。
 だ・か・ら・こんなにも優しい多田誠司アルトが聴けるとは,ただそれだけで「うっとり」してしまう。ピアノとのデュエットだからこそ実現できたアルトサックスの繊細な響きが真に極上である。

 もっともスガダイローピアノは甘くない。超ガンガンにプッシュしてくる。しかもピンポイントで多田誠司の大好きなツボを突きまくっている。
 こんなにも全身快感で満たされた多田誠司が,かつていただろうか? 多田誠司が“蛇口”をスガダイローにひねられている。

WE SEE!!-2 多田誠司がついに巡り会った,スガダイローという最高の音楽パートナー。絶好調の多田誠司が満足気に吹くジャズスタンダードが最高である。

 「丁々発止」という言葉などでは足りない,真に豊かな音楽性で繋がったデュエット。緩急の波とアドリブの応酬がスリリングなのに,ピタッと気持ちいいくらいにハマっている。

 ピアノサックスの組み合わせ。その相性の良さで評価するなら『WE SEE!!』はハービー・ハンコックウェイン・ショーターによるデュエット1+1』を超えたと思う。名盤である。

 
01. Nostalgia In Times Square
02. Jayne
03. You Taught My Heart To Sing
04. Alone Together
05. Sweet And Lovely
06. We See
07. ゆきゆきて円環
08. Lala! Lala!
09. All The Things You Are
10. Wig Wise

 
SEIJI TADA : Alto Saxophone
DAIRO SUGA : Piano

(スタジオトライブレコーズ/STUDIO TLIVE RECORDS 2014発売/STLR-010)
(紙ジャケット仕様)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
月別アーカイブ
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2021 アドリブログ All Rights Reserved.