アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビューBLOG:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

 ゲイリー・トーマスがリードする「M−BASE」のオルガン・ジャズが超カッコイイ。これぞ「新しいオルガン・ジャズ」の誕生である。  『EXILE’S GATE』(以下『エグザイルズ・ゲイト』)には,タイプの異なる2つのオルガン・コンボが収められている。   ...

 『TILL WE HAVE FACES』(以下『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ』)の真実とは『ゲイリー・トーマス&パット・メセニー・プレイ・スタンダーズ』ではない。『ゲイリー・トーマス&テリ・リン・キャリントン・プレイ・“過 ...

 峰厚介と菊地雅章によるデュエット・アルバムが『DUO』(以下『デュオ』)である。  このデュエットは,峰厚介主導で聴くか? 菊地雅章主導で聴くか? によって印象が随分変わるように思っている。  管理人は『MAJOR TO MINOR』が気に入ったので,そ ...

 1980〜90年代にムーブメントを巻き起こした「M−BASE」が,現時点ではジャズ史に登場した最後の「新しいジャズ」である。  あれから随分と時間が経つというのに「M−BASE」の代表作を聴き直すと,未だに軽い衝撃を受けたりする。そんなぶっ飛んだ「M−B ...

 男の子が自分の父を指差して「ねぇ,見て。あの人が僕のお父さんなんだよ」と,誇らし気に紹介している場面を想像することができるか?  その男の子にとって父親とは世界一のスーパースター。世界一強い,世界一カッコイイと心の底から思っている。自慢の父親なのだ。   ...

 「M−BASE」の一派のくせして音楽理論などは全く考えていない。無の状態から過激なサウンドをぶつけてくる強心臓男。そのくせジャズの歴史を教養として身に着け,テナー・サックスの扱いに関しても無敵の超絶テクニックを身に着けた男。  「その男,凶暴につき」とは ...

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。  実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にラン ...

 80年代前半がウイントン・マルサリスとブランフォード・マルサリスに代表される「新伝承派」の時代であったとすれば,80年代後半はスティーヴ・コールマンとジェリ・アレンに代表される「M−BASE」の時代であった。  「M−BASE」の音楽理論ははっきり言っ ...

 2004年に国内盤としてリマスタリングされて再発された「e.s.t.」の公式デビュー盤『WHEN EVERYONE HAS GONE』(以下『ホエン・エヴリワン・ハズ・ゴーン』)。  『ホエン・エヴリワン・ハズ・ゴーン』の国内盤のリリース1つ前のアルバムは ...

 『SEVEN DOORS』(以下『七つの扉』)は“ジャズ・ギタリスト”加藤崇之からの「第二の衝撃波」だった。  「第一波」は加藤崇之を初めて聴いた「CO2」の『TOKAI』だった。「リアル・フリー・ジャズ・オールスターズ」の「CO2」にあって,あの片山 ...

 ゲイリー・ピーコックとビル・フリゼールによる『JUST SO HAPPENS』(以下『峠の我が家』)を購入したのは2000年のことである。  1994年リリースの本盤。購入が遅れたつもりはない。何度も書いているのだが管理人は(今のところは)パッケージング ...

 T−スクェア退団後の本田雅人の初仕事は“原点回帰”なビッグ・バンド・プロジェクトとなる「本田雅人B.B.STATION」。  『B.B.STATION LIVE AT ROPPONGI PIT INN』の出来が完璧である。初仕事でこのクオリティとは参っ ...

 1st『イーストワード』は,ミュージシャンとしての成長や刺激のためなど関係なく,1人の人間として東洋の思想や禅の世界に興味を抱き来日していたゲイリー・ピーコックの情報を聞きつけた伊藤潔と菊地雅章がセッティングしたレコーディング。。  ゆえに出来上がりは, ...

 ジャズ・ベース界のレジェンド=ゲイリー・ピーコックの記念すべき初リーダー作はアメリカではなく日本のCBSソニーからのリリースであった。  あのビル・エヴァンス・トリオのベーシストを務め,フリー・ジャズ・シーンでも大活躍してきたゲイリー・ピーコックとしては ...

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。  実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にラン ...

 ブライアン・ブロンバーグの『BASS ACKWARDS』(以下『ベース・アクワーズ』)を聴いて,これがベーシストのソロ・アルバムだと思う人は世界に1人もいないことだろう。  『ベース・アクワーズ』とは「100%ギタリスト」のソロ・アルバムに聴こえる。それ ...

 日本が誇る若手ドラマーの2TOP。その1人がフュージョン方面の坂東慧であれば,もう1人はジャズ方面の石若駿であろう。  T−スクェアのメイン・コンポーザーである坂東慧の作曲センスの高さは有名であるが,石若駿のソロ・デビュー作『CLEANUP』を聴いて, ...

 チャーリー・ラウズの『BOSSA NOVA BACCHANAL』(以下『ボサ・ノヴァ・バッカナル』)は,世界的なボサノヴァ・ブームが巻き起こる中でリリースされたボサノヴァ集であるが,ただ流行を追っただけのボサノヴァ・アルバムとは一線を画している。  そう ...

 菊地雅章の“電化マイルス”大接近と来れば1981年の『SUSUTO』と1982年の『ONE WAY TRAVELLER』と思われているが,実はその5年前に,それこそ正規“電化マイルス”のサイドメンたちと,トランペッターをマイルス・デイビスから日野皓正に ...

 ゲイリー・マクファーランドと来れば,ナベサダ・フリークとしてはやっぱり「ナベサダにブラジル&ボサノヴァの影響を与えた人物」となるだろう。純粋にヴィブラフォン奏者としての評価は抜きにである。  バークレー音楽院を卒業した渡辺貞夫が最初にツアーに参加したの ...

 『FEELS SO GOOD』(以下『フィール・ソー・グッド』)は“永遠の名盤”である。  何てったって抜群にメロディーが良い。いつまでもメロディーが心に残る。CDを聴く。ただそれだけなのに本当に気分が良くなってくる。徐々にテンポが上がってきて次の展開が ...

 全員がレジェンドでマスターの集まりである“実力派だからここまでできる”軽いセッション・アルバム『LIKE MINDS』とは全く違う,ゲイリー・バートン&パット・メセニーの続編が『QUARTET LIVE』(以下『クァルテット・ライヴ』)。  『LIKE ...

 ヴィーナス・レコードの10周年記念企画。「スイングジャーナル」誌,2002年11月号掲載,読者投票による「エディ・ヒギンズ・トリオで聴きたいスタンダード・ベスト10」。  実際にはランクインした「ベスト10」が無条件に演奏されたわけではなく,上位にラン ...

 “年に一度の音楽の祭典”第62回(2019年度)のグラミー賞が2日前に発表されていました。  今まではずっと2月中旬の発表だったのに今年から1月の発表に変わったようです。  2019年度のグラミー賞はビリー・アイリッシュ一色!  ノミネートの段階で全部で ...

 ゲイリー・バートン,小曽根真,そうして「新星」ジュリアン・レジ。  『GENERATIONS』(以下『ジェネレーションズ』)とは,そんな三世代のスター揃い踏みの意味なのであろう。仮にそうでないとしても『ジェネレーションズ』の音造りは3者が均等にリーダーと ...

 J−ジャズ界のサラブレットばかりが集まった,スーパー・ビッグ・バンド=ノー・ネーム・ホーセズは1stの録音時からすでに完璧に出来上がっていた。  あの『NO NAME HORSES』から10年。2枚目『Ⅱ』以降は曲の良さとアレンジの良さで勝負するビッグ ...

 管理人がパット・メセニー・フリークだからなのだろう。オールスター・セッションの『LIKE MINDS』(以下『ライク・マインズ』)をして,これぞ,パット・メセニーを聴くためのアルバムだと感じてしまう。  勿論,リーダーであるゲイリー・バートンのヴィヴラ ...

 ゲイリー・バートンの凄さとは誰とだって合わせられることだと思う。同じピアノとヴィヴラフォンのデュエットなのに,チック・コリアと小曽根真はまるで違う。  ゲイリー・バートンのヴィヴラフォンとは「リトマス試験紙」!(← ぴったりの例えが浮かびません)  ゲイ ...

 研ぎ澄まされ,考え抜かれた音を即興で配置するパーカッションの富樫雅彦とピアノの菊地雅章。  発せられる直前まで悩み抜き,磨かれ選び抜かれた音を精妙に配置し合う。音を奏でることは音と音の間を浮き立たせることである。そう言わんとする演奏が多い。  「J−ジャ ...

 『REUNION』(以下『リユニオン』)は100%パット・メセニーのためのアルバムである。  でもこれってパット・メセニーの意志ではない。全ては“大将”ゲイリー・バートンが仕組んだ「フィーチャリング・パット・メセニー」な名企画。  ズバリ『リユニオン』の ...

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。  「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演  ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2019年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 -------- ...

 ゲイリー・バートンの“最高傑作”が『ALONE AT LAST』(以下『アローン・アット・ラスト』)である。  『アローン・アット・ラスト』とは,LPのA面がモントルー・ジャズ・フェスティバルにおける圧巻のソロ・パーフォーマンス。B面がこちらも“マルチ ...

 ジャズ/フュージョン・ファンにとって「ネイティブ・サン」とは「ジャズ/フュージョン」期の『NATIVE SON』と『SAVANNA HOT−LINE』の2枚であろう。  管理人もその意見に全面的に同意する。学生時代には毎日のように『NATIVE SON』 ...

 「上原ひろみ JAPAN TOUR 2019“SPECTRUM”」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  上原ひろみはJ−ジャズ界のTOPの1人である。一人で演奏しているはずなのに,右手と左手で連弾しているような雰囲気が出ている。目を ...

 行ってきました! 12/17「福岡シンフォニーホール」の「上原ひろみ JAPAN TOUR 2019“SPECTRUM”」!  “J−ジャズ界の2枚看板”山中千尋は見たことがあるが上原ひろみは見たことがない。是非一度と思いつつ,毎年気付いたら機会を逸し ...

 アコースティックなジャズからエレクトリックなジャズへの変化を体験してきた本田竹曠,峰厚介,村上寛の面々が,フュージョンという新しいジャズにアプローチすると『SAVANNA HOT−LINE』(以下『サヴァンナ・ホット・ライン』)のように仕上がるのだと思 ...

 『A GENUINE TONE FUNERAL』(以下『葬送』)は,作・演出ともにカーラ・ブレイのアルバムである。  『葬送』におけるゲイリー・バートンの役割とは,ただカーラ・ブレイを「世に売り出す」お手伝いをした。ただそれだけのことである。  よって『 ...

 「ネイティブ・サン」の音楽とはジャズではないしフュージョンでもない。正確には日本で唯一のナベサダ・フュージョンの後継バンドである。  「ネイティブ・サン」の基本はジャズ・バンドである。特にフロントの峰厚介の演奏が完全にジャズ・サックスのまんまである。   ...

 『DUSTER』(以下『ダスター』)を聴いてイメージするのは,いつもの「ジャズ・ヴィブラフォン奏者」ゲイリー・バートンではない。  そう。巷で語られている通りデビュー当時のゲイリー・バートンの音楽性は,ヒッピーたちに熱狂的に支持されていたチャールス・ロ ...

 今日のピアノ・トリオ・ブームの立役者,ヴィーナスレコードの100枚を超えるカタログ(2002年8月現在)から,ピアノ・トリオによる極めつけの名曲名演のセレクション。  「スイングジャーナル」誌,2002年9月号掲載「クリティックが選ぶヴィーナス名曲名演  ...

 ユッコ・ミラーである。ジャズ・サックス第三極の登場である。  第三極を解説するなら,第一は矢野沙織〜寺久保エレナに代表される「王道」ライン。第二は小林香織に代表されるフュージョン・ライン。  ズバリ,第三極とは見た目コスプレチックなオタク系女子なゲテモノ ...

 グラント・グリーンのアルバムを辿っていくと,必らずやオルガン・プレーヤーとの共演盤を追いかけることになるのだが,その中でもビッグ・ジョン・パットンとの「相性の良さ」はズバ抜けて高いと思っている。  その理由は2人共通の音楽スタイルにある。何を演っても「 ...

 檻の中(スタジオ録音)で飼われた野獣王国の音楽とは,観賞用なのだから,まぁ,大人しい。本当の野獣王国の音楽とは檻の外(LIVE)にある。  飼いならされてなどいない,野生の本能が爆発するのは絶対にLIVEの方である。『野獣王国LIVE』である。  野獣王 ...

 随分と久しぶりに「貴公子」デビッド・ベノワの新作を聴いてみた。いつも通りの「安定のスムーズ・ジャズ」を期待して購入した。『EARTHGLOW』(以下『アースグロウ』)である。  いきなりボサノヴァ調の【BOTSWANA BOSSA NOVA】で始まり【 ...

 「T−SQUARE コンサートツアー2019 『HORIZON』」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  オープニングからの2曲終わりで「今日はどうもありがとうございました。また会いましょう」。のっけから坂東くんが絶好調で「どうどうど ...

 行ってきました! 11/9「大分BRICK BLOCK」での「T−SQUARE コンサートツアー2019 『HORIZON』」!  いや〜,楽しい〜。何てったって「チキン・ジョージ」か「BRICK BLOCK」かと謳われる,伊東さんのお気に入りの箱での ...

 ブルーノートの4000番台と来れば,1500番台の直球ど真ん中な黒いハード・バップからライトなハード・バップへの変革期の記録である。ファンキーがあればモードもある。フリーへの動きも感じることができる。実に“美味しい”100枚が並んでいる。  そんな中, ...

 「DIMENSION HISTORICAL LIVE 2019 VOL.03」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  いや〜,最高だった。なぜって? それは今回の福岡公演がDIMENSIONにとっての「初めてづくし」の目撃者となれたか ...

 行ってきました! 11/3「Gate’s7」の「DIMENSION HISTORICAL LIVE 2019 VOL.03」!  いや〜,最高だった。6月から「DIMENSION HISTORICAL LIVE」なるものが始まったことすら知らなかったが ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ JAZZ/FUSION All Rights Reserved.