アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2005年08月

 『THE SUMMER KNOWS』の1曲目は【THE SUMMER KNOWS】(以下【おもいでの夏】)。  【おもいでの夏】で鳴り響く,アート・ファーマーのフリューゲル・ホーンの音色は,秋風! 決して冷たいのではない。時折,夏の暑さも感じさせてくれ ...

 管理人は,頑固に“この道一筋”職人気質のジャズメンが好きなのであるが,マルチな才能溢れるジャズメンにとって,本職以外の楽器にチャレンジしたくなるのも当然であろう。  ピアニストやギタリストならアコースティックとエレクトリック。ホーン奏者なら二刀流,例え ...

 『STUDY IN BROWN』の9曲目は【TAKE THE A TRAIN】(以下【A列車で行こう】)。  このイントロとエンディングのドラミングは正に“快速”列車の出発と到着の合図である。そう。“快速”であって“特急”とは違う。「シュッポ・シュッポ ...

 『STUDY IN BROWN』の6曲目は【SANDU】(以下【サンデュ】)。  【サンデュ】は,軽快なブルース。ブルージーな魅力炸裂の分かりやすいソロ回しが楽しめる。  そう。【サンデュ】は,ジャズ・アレルギーの人たちへの“特効薬”の一つとして数え上 ...

 『STUDY IN BROWN』の3曲目は【SWINGIN’】(以下【スインギン】)。  【スインギン】は正真正銘のスイング! この“淀みなく流れるプレイ”に酔いしれる! 一糸乱れぬユニゾン&メンバー各自のソロ回し! チームワークと個人プレー,その両方 ...

 『STUDY IN BROWN』の2曲目は【JACQUI】(以下【ジャキー】)。  【ジャキー】は,リズムが目まぐるしく変化する,ユニークな構成の“ワンプレート物”。専門的には12小節のサビが目新しい出来であったが,堅い話は抜きにして,音の変化にジック ...

 『STUDY IN BROWN』の1曲目は【CHEROKEE】(以下【チェロキー】)。  【チェロキー】は,全編マックス・ローチの“裏拍子”ドラミングに乗せられて,コンボ全体が“ズンズン”と加速するスイング感! これだからハード・バップはやめられない。 ...

 歴史に「たられば」は禁物であるが,ジャズ史において,クリフォード・ブラウンの“早すぎる死”がなければ,モダン・ジャズは今とは随分異なる趣きを呈していたかもしれない。いいや,間違いなく異なっているはずだ。  なぜなら,ジャズ・シーンはマイルス・デイビスで ...

アナログレコード  メデスキ,マーチン&ウッドと聞いて,眉をひそめるジャズ・ファンは多いだろう。その大半は,4ビート以外はジャズとは認めない,なんとも頑固で可哀想な人たち?である。  勿論,どんな音楽どんなジャズを聴こうとも,それはその人の自由! 好み ...

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。  トランペットはマイルス・デイビスによって,アルト・サックスはチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスはジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。  最大音域の自由と ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.