アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2006年01月

 1月後半より「ライブドア ブログランキング (音楽)」に「継続」ランクインしています。  たぶん最高位は19位です。  親愛なる読者の皆さん,いつも応援ありがとうございます。  「アドリブログ」の“本拠地”の表現を借りるなら,上位ランクインは豪語して「 ...

 『MODERN BEAT』の9曲目は【LOVING YOU, SOMETIMES LEAVING YOU】(以下【ラヴィング・ユー,サムタイムズ・リーヴィング・ユー】)。  【ラヴィング・ユー,サムタイムズ・リーヴィング・ユー】は,管理人にとっての“子 ...

 『MODERN BEAT』の8曲目は【PERPETUAL MOTION】(以下【パーペチュアル・モーション】)。  【パーペチュアル・モーション】は,ユニークなシンセのリズムに乗ったグルーヴ感と華やかなギターのメロディー・ラインが聴き所。岩見和彦のギタ ...

 『MODERN BEAT』の5曲目は【EMERGENCY】(以下【エマージェンシー】)。  【エマージェンシー】最高! ナニワ・エキスプレス最高! このトラックに関しては,間違いなく“称賛の嵐”しかないでしょう!  【エマージェンシー】に関しては,メチ ...

 『MODERN BEAT』の4曲目は【YELLOW ART】。  独特のテンポが“ひた走る”【YELLOW ART】は,この“ビブラホン似のキーボード”が,正にアート!  前半はナニワ・エキスプレスというバンド全員でのアトリエ鑑賞 → 1分53秒から青 ...

 『MODERN BEAT』の3曲目は【ORIENTAL MAKIN’ LOVE】(以下【オリエンタル・メイキン・ラヴ】)。  【オリエンタル・メイキン・ラヴ】は「和+ロック・ビート」なジャパニーズ・フュージョン。  ギターは“三味線”,キーボードは“琴 ...

 『MODERN BEAT』の1曲目は【INSIDE OF YOU】(以下【インサイド・オブ・ユー】)。  【インサイド・オブ・ユー】が,超カッコイイ! バンドとして最高のバランス! ナニワの“裏”ベスト・トラック!  イントロから岩見和彦のリズム・ギ ...

 突然ですが,問題です! 1985年を最後にサッパリとなり,2003年に見事復活した,上方を基盤とする…。  阪神タイガースの優勝! と答えたあなたは常識人。しかし答えは不正解。  正解は“ナニワ・エキスプレス再結成”。これです。正解したコアなあなたは非 ...

 目ざとい読者の皆さんなら既にお気付きのことと思いますが「アドリブログ」は「livedoor Blog PRO」という有料サービスへ加入しました!  管理人はlivedoorの回し者ではありませんので,ここでアナウンスするつもりはなかったのですが,livedoor Blogを利用している者 ...

 『ERIC DOLPHY AT THE FIVE SPOT,VOL.1』の3曲目は【THE PROPHET】(以下【ザ・プロフェット】)。  【ザ・プロフェット】は,テーマの異様さにアドリブの連発が加わって,初めてジャズに接する人にはお奨めできない。難解 ...

 『ERIC DOLPHY AT THE FIVE SPOT,VOL.1』の2曲目は【BEE VAMP】(以下【ビー・バンプ】)。  【ビー・バンプ】で,エリック・ドルフィーはバス・クラリネットを吹いているが,アルト・サックスと何ら遜色なく吹きこなしている ...

 ジャズは音楽,ジャズは芸術であるのだから,ジャズにおいて“奇抜”という評価はナンセンスだ。  しかしナンセンスを承知の上で宣言する。エリック・ドルフィーは“奇抜”である。  これは何もエリック・ドルフィーの為すことやること,その手法,アプローチの仕方につ ...

アナログレコード  『WYNTON MARSALIS』の7曲目は【TWILIGHT】(以下【トワイライト】)。  【トワイライト】からは,ジャズの“極上”テイストが溢れ出す!  印象的なチャールス・ファンブローのベース・ラインの乗っかってくる,ケニー・ ...

アナログレコード  『WYNTON MARSALIS』のの6曲目は【WHO CAN I TURN TO(WHEN NOBODY NEEDS ME)】(以下【フー・キャン・アイ・ターン・トゥ(ホエン・ノーバディ・ニーズ・ミー)】)。  何と美しいトラック ...

アナログレコード  『WYNTON MARSALIS』の5曲目は【SISTER CHERYL】(以下【シスター・シェリル】)。  【シスター・シェリル】は,5人の高い表現力が結実したミディアム・ナンバー。特にロン・カーター&トニー・ウイリアムスが創りだ ...

アナログレコード  『WYNTON MARSALIS』の4曲目は【HESITATION】(以下【ヘジテイション】)。  【ヘジテイション】は,ロン・カーターのベースが冴えわたる,気合いの入ったジャズ・バトルだ。  ユニゾン終わりの14秒から,終始ロン・ ...

アナログレコード  『WYNTON MARSALIS』の3曲目は【RJ】。  【RJ】は最高にスリリング! 入りのユニゾンからただごとではない。あんなに速いフレーズを,トランペットでこうも完璧に吹けるものか,と度肝を抜かれたことを思い出す。  その直 ...

アナログレコード  『WYNTON MARSALIS』の2曲目は【I’LL BE THERE WHEN THE TIME IS RIGHT】(以下【アイル・ビィ・ゼア・ホエン・ザ・タイム・イズ・ライト】)。  【アイル・ビィ・ゼア・ホエン・ザ・タイム・ ...

アナログレコード  『WYNTON MARSALIS』の1曲目は【FATHER TIME】(以下【ファーザー・タイム】)。  【ファーザー・タイム】は,デビューCDのファースト・トラックということで,ウイントン・マルサリスの名刺代わりにふさわしい。   ...

アナログレコード  現代のジャズ・ファン全ては,良くも悪くもウイントン・マルサリスに感謝すべきである。  ウイントン・マルサリスの登場はジャズ史におけるエポック・メイキング,時代の流れを変える衝撃だった。ウイントンの登場なくして,この2006年に熱い4 ...

 2006年となりました。今後の執筆の参考にいたしたく,本日,アンケートボードを設置してみました。  全部で9項目設定してあります。投票は一人1項目限定ではありませんので,気になる項目には幾つでも投票可能です。  どうぞお気軽に−Mini Vote−にご参 ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.