アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2006年12月

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2006年,グラミー賞『FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙 ...

アナログレコード  『WAY OUT WEST』の6曲目は【WAY OUT WEST】(以下【ウェイ・アウト・ウエスト】)。  【ウェイ・アウト・ウエスト】は,3人の名人技が“噛み合った”ソニー・ロリンズを代表する“歌もの”である。  “歌もの”と言 ...

 『MELODY BOOK』の2曲目は【HARLEQUIN】(以下【ハーレクィン】)。   【ハーレクィン】は,笹路正徳の繰り出す“必殺”シンセ・ベースに乗せた,安藤まさひろ“お気に入り”のボーカル・ナンバー。  このグルーヴ感にシンディのボーカルが確か ...

 『THE 2ND CRUSADE』の1曲目は【DON’T LET IT GET YOU DOWN】(以下【ドント・レット・イット・ゲット・ユー・ダウン】)。  【ドント・レット・イット・ゲット・ユー・ダウン】は“もろ”ブラック・ファンクなのだが,まだ“垢 ...

 ジャズ/フュージョン界の好敵手,ライバル相関図の名文句は「カシオペアにスクェアがいるように,ウェザー・リポートにはクルセイダーズがいる」。これが世間一般の通例である。  「カシオペア VS スクェア」は理解できるが,管理人は「ウェザー・リポート VS ク ...

アナログレコード  『SOPRANO SAX』の3曲目は【WRAP YOUR TROUBLES IN DREAMS ( AND DREAM YOUR TROUBLES AWAY )】(以下【苦しみを夢に隠して】)。  【苦しみを夢に隠して】は,ノリノリ ...

アナログレコード  『GROOVY』の2曲目は【GONE AGAIN】(以下【ゴーン・アゲイン】)。  【ゴーン・アゲイン】は,お涙頂戴の一歩手前=しっとり系のバラード。この雰囲気がハマル。何より3人の“歌心溢れる”アドリブが素晴らしい。  レッド・ ...

 『FIRST DECADE』の5曲目は【AGUA DE LA MUSICA】(以下【アグア・デ・ラ・ムジカ】)。  【アグア・デ・ラ・ムジカ】の新録音バージョンは,繊細かつダイナミックな演奏で,聴き所が一層UPの増量中! これぞ「ザ・トリオ」の全て,と ...

アナログレコード  『WE GET REQUESTS』の1曲目は【QUIET NIGHT QUIET STAR (CORCOVADO)】(以下【コルコヴァード】)。  【コルコヴァード】の,オスカー・ピーターソンはまるで“ひとり・MJQ”!  【コルコ ...

アナログレコード  ジャズ界の「優等生」。それがオスカー・ピーターソンである。  彼のレベルは相当高い! アドリブの冴え,リズム感,ドライブ感…。その他,ピアノという楽器にまつわる,ありとあらゆる項目でトップランクを軒並みGET! ジャズメンに通信簿が ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.