アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2008年11月

アナログレコード  『WE GET REQUESTS』の5曲目は【HAVE YOU MET MISS JONES?】(以下【ジョーンズ嬢に会ったかい?】)。  【ジョーンズ嬢に会ったかい?】は,普段着の『プリーズ・リクエスト』そのもの。そう。聴衆からのリ ...

 『THE SUMMER KNOWS』の5曲目は【DITTY】(以下【ディティ】)。  “少女漫画路線”の『おもいでの夏』にあって唯一の異色作,モーダル・ブルースの【ディティ】に萌える! アート・ファーマーが,日本でもヨーロッパでもなく,思いっきり“アメ ...

 『BRAIN』の7曲目は【KEYTALK】(以下【キートーク】)。  【キートーク】とは“楽器たちの会話”である。特に“上原家”の鍵盤たちの何と感情の豊かなこと! 時に笑い,時にブツブツ文句を言っている。  さてさて(AVANTI風に)そんな楽器たちの ...

 『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』の5曲目は【RECOLLECTION】(以下【リコレクション】)。  管理人にとって【リコレクション】はH2Oの【想い出がいっぱい】のようなもの。【リコレクション】を耳にすると,決まって“郷愁 ...

 『MELODY BOOK』の5曲目は【ROMANCE】(以下【ロマンス】)。   【ロマンス】は,子供の頃どこかで聞いた“おとぎ話”の世界! 「夢の国」の物語である。  “ギコギコ”弦楽器がリードする前半から,ストリングスとアコギがリードする中盤への ...

 『LITTLE MISS JAZZ & JIVE』の2曲目は【AROUND THE WORLD】(以下【アラウンド・ザ・ワールド】)。  【アラウンド・ザ・ワールド】は“キンコンカンコン”! ジャズとロックンロールの合体形であるダンス・ミュージック=“ ...

 ジャズ・ボーカルも聞くには聞くが“専門外”の管理人。追いかけているのは数十人,ハマッタ人数は一桁である。  そのハマッタボーカリストにしても,第一印象で「伸るか反るか」! ジャズ・ボーカルはボーカリストの個性によって好き嫌いが如実に出る。  そんな中, ...

アナログレコード  『CENTRAL PARK NORTH』の2曲目は【QUIETUDE】(以下【クワイエテュード】)。  【クワイエテュード】は,タイトル通りの“クワイエットでエテュード”なナンバー。ホーンズよりもギター,ピアノ,ベースの“静かなる働き ...

アナログレコード  『GROOVY』の6曲目は【HEY NOW】(以下【ヘイ・ナウ】)。  【ヘイ・ナウ】での,レッド・ガーランドのピアノは最高に輝いている! このトラックにはホーン奏者は不要である。ただただ,レッド・ガーランドのピアノに酔いしれるのみ。 ...

 『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』の4曲目は【TWO FOR THE ROAD】(以下【ツー・フォー・ザ・ロード】。  【ツー・フォー・ザ・ロード】の美メロを是非堪能してほしい。この美メロは,作曲者=ヘンリー ...

 昨日,テレビ東京(TVQ九州)にて「みゅーじん(音遊人) 第108回:小林香織」が放送されました。  番組中のインタビューで,泉谷しげるから小林香織への一言。「一緒にやってて楽しいので結婚してください」。なぬ〜,それって職権乱用ですよ。美女と野獣です ...

 『MY BALLADS』の6曲目は【COOL SHADOW】(以下【クール・シャドウ】)。  管理人が【クール・シャドウ】を聴く時は,いつでもバックに耳ダンボ! どうですかっ,佐山雅弘+森園勝敏+渡辺建+木村万作による鉄壁の布陣! これで中村哲がMAL ...

 『WATERMELON DANDIES』の3曲目は【TANGO RENGUE】。  【TANGO RENGUE】は,松岡直也プレゼンツ“ハッピー・ウェデイング”!  自分でも,なぜそう思うのか,不思議であるが「タータラッタララ タララララララ〜♪」のサ ...

 『THE GENIUS OF BUD POWELL』の9曲目は【THE FRUIT】(以下【ザ・フルーツ】)。  【ザ・フルーツ】での“ピアノの様変わりの速さ”と言ったら,逆ドリアン級!?( ← 熟れるのが早いと言いたいのですが,例えが浮かびませ〜ん。 ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.