アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2009年03月

 昨日,携帯電話を機種変更しました。ソニー・エリクソンのS001です。そう。噂の新作「Cyber−shotケータイ」です。  実に5年ぶりの機種変更となりましたが,実はまだまだカシオの1Xを使用予定でした。ですが,ついに出ました。飛びつきました。念願の携 ...

アナログレコード  『HERE’S LEE MORGAN』の5曲目は【OFF SPRING】(以下【オフ・スプリング】)。  【オフ・スプリング】は,オーソドックスなバップ・チューン。ゆえにアドリブよりもアンサンブル重視のサイドメンの小技が楽しめる。 ...

 『11TH DIMENSION “KEY”』の7曲目は【MOMENT】。  【MOMENT】は“クラブ系”DIMENSIONである。JAZZYでスカなリズムに“ダサ系”シンセの単音がチープ。これは,あの一夜の【MOMENT】である。想像するにクラブの外 ...

 『BEST』の7曲目は【FIRST LOVE】(以下【ファースト・ラヴ】)。  宇多田ヒカルの名曲【ファースト・ラヴ】は,原曲も好きだったし,サンボーン・フリークとしては【FIRST LOVE(フィーチャリング・デヴィッド・サンボーン) 】まである。ウソ偽 ...

 『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』の3曲目は【TAKE THE SL TRAIN】(以下【テイク・ザ SL トレイン】)。  【テイク・ジ・A・トレイン】ならぬ【テイク・ザ・SL・トレイン】こそ,もはやカシオペア以上の生業とな ...

 管理人は寺井尚子に感謝している。正直,寺井尚子に何度も救われてきた。  管理人はジャズを拝聴する。たとえライトなフュージョンであってもBGMとして「流し聞き」するのが苦手である。それで時に問題が生じる。ジャズ好きとしては情けない話だが,黒々ハード・バッ ...

アナログレコード  『LIVE IN TOKYO』の7曲目は【TALK TO YOUR DAUGHTER】(以下【トーク・トゥ・ユア・ドーター】。  【トーク・トゥ・ユア・ドーター】が最高である。多くのフュージョン・ファンには人気薄と思われるが【トーク・ ...

アナログレコード  『POLITICS』の4曲目は【GALILEO(FOR JACO)】(以下【ガリレオ(ジャコに捧ぐ)】)。  ジャコ・パストリアスに捧げられた【ガリレオ(ジャコに捧ぐ)】は,イエロー・ジャケッツ版【お前のしるし】である。  【お前の ...

 『LITTLE MISS JAZZ & JIVE』の3曲目は【FLAT FOOT FLOOGIE】(以下【フラット・フット・フルージー】)。  【フラット・フット・フルージー】に唸ってしまった。これが小西康陽の“JIVE”である。正にオールディズ・ナッ ...

アナログレコード  『OUT LOUDER』の6曲目は【CACHACA】(以下【カシャサ】)。   【カシャサ】は,暗く重いリズム隊を切り裂くジョン・スコフィールドのギターと,妖艶に宙を舞う“キョンシー”と化したジョン・メデスキのオルガン・ソロとのコント ...

 『WATERMELON DANDIES』の7曲目は【MAMBO ISLAND】。  【MAMBO ISLAND】に,松岡直也グループが息長く継続できた秘訣が隠されている。そう。松岡直也の“リーダーシップ”である。  【MAMBO ISLAND】の聴き ...

 『NOW’S THE TIME』の7曲目は【CHI CHI】(以下【チ・チ】)。  【チ・チ】は,チャーリー・パーカーがマックス・ローチの家の食卓の上で即興で書いたトラックである。この“端正な”ブルースを聴く限り,瞬間芸としてのアドリブも,きっちりとし ...

アナログレコード  『FEELIN’ THE SPIRIT』の3曲目は【NOBODY KNOWS THE TROUBLE I’VE SEEN】(以下【ノーバディ・ノウズ・ザ・トラブル・アイヴ・シーン】。  なぜかソニー・ロリンズの【テネシー・ワルツ】をイ ...

 『TALES OF ANOTHER』の6曲目は【TRILOGY Ⅲ】(以下【トリロジーⅢ】)。  【トリロジーⅢ】を朝一の“寝ボケ眼”で聴く。一時期,それが管理人の出勤前の習慣であった。あの脳を叩き起こす“ガツン”とかますインパクト! あのメガトン級の衝 ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.