アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2009年08月

アナログレコード  『THE TOMMY FLANAGAN TRIO』の4曲目は【COME SUNDAY】(以下【カム・サンデイ】)。  【カム・サンデイ】は,トミー・フラナガンのソロ・ピアノ・トラック。このピアノ・ソロが「自己主張しないことこそが自己主 ...

 『PORTRAIT − YOSHIKO KISHINO BEST SELECTION』の5曲目は【SCARBOROUGH FAIR】(以下【スカボロ・フェア】)。  勝手知ったる,サイモン&ガーファンクルの【スカボロ・フェア】が,こんなにもジャズ・アレ ...

アナログレコード  『4, 5 AND 6』の6曲目は【ABSTRACTION】(以下【アブストラクション】)。  『4, 5 & 6』の6である。しかも「バップ・トランペッター」ドナルド・バード入りである。…なのに【アブストラクション】である。バラード ...

アナログレコード  『TIME IS OF THE ESSENCE』の7曲目は【DR. SLATE】(以下【ドクター・スレイト】)。  【ドクター・スレイト】の聴き所は,マイケル・ブレッカーとラリー・ゴールディングスによるキメとは対照的なパット・メセニー ...

 『FOR ALL WE KNOW』の5曲目は【BRIDGE OVER TROUBLED WATER】)。  出た! 綾戸智絵の十八番! 【BRIDGE OVER TROUBLED WATER】での「ピアノの弾き語り」である。やっぱりジャズメンたるジャズ ...

アナログレコード  『HERE’S LEE MORGAN』の6曲目は【BESS】(以下【ベス】)。  【ベス】は,リー・モーガンの異色作である。とにかく楽しいハード・バップ! いつものリー・モーとは思えない,軽快&快調な演奏が素晴らしい。  リー・モー ...

アナログレコード  『SOPRANO SAX』の4曲目は【BLOOS FOR LOUISE】(以下【ブルーズ・フォー・ルイーズ】)。  【ブルーズ・フォー・ルイーズ】は「ズート・シムズ・プレゼンツ,レイ・ブライアント&ジョージ・ムラーツ」である。  な ...

 『THIS CRAZY TOWN』の1曲目は【QUIET NIGHTS OF QUIET STARS/CORCOVADO】(以下【コルコヴァード】)。  ピアノの弾き語りで始まる【コルコヴァード】における石原江里子の存在感! アレンジはきれいなのに石原 ...

 『NOW’S THE TIME』の9曲目は【CHI CHI(ALTERNATE TAKE)】(以下【チ・チ(別テイク2)】)。  【チ・チ(別テイク2)】は【チ・チ】と【チ・チ(別テイク)】での失敗箇所の録り直し。しかしこれが返り討ちにあおうとは…。 ...

 『BEST』の1曲目は【LIBERTANGO】(以下【リベルタンゴ】)。  寺井尚子のタンゴが凄い! このノリと気迫が寺井尚子の真骨頂である。  【リベルタンゴ】の売りは,アコーディオンの名手=リシャール・ガリアーノと寺井尚子の共演にある。共演のセオリ ...

 『PORTRAIT OF JACO』の2曲目は【CONTINUUM】(以下【コンティニューム】。  ジャコパスの18番=【コンティニューム】が劇的にクール! 2001年のジャコパスはブライアン・ブロンバーグのように“整然と”は弾かないだろうが,ジャコパ ...

 『WATERMELON DANDIES』の6曲目は【ペリエにレモン】。  【ペリエにレモン】が“超ゴキゲン”である。菅野真吾のボーカルが“たまらなく”楽曲にマッチしている。バックの盛り上がりと連動するボーカルが(本人は気付いていないだろうが)カルロス菅 ...

 『EMERGENCY!』の8曲目は【SOMETHING SPECIAL】(以下【サムシング・スペシャル】)。  【サムシング・スペシャル】は「トニー・ウィリアムス・ライフタイム」による【ネフェルティティ】! こっちの【ネフェルティティ】は,重量系マイルス ...

アナログレコード  『LIVE IN TOKYO』の8曲目は【TOO MUCH】(以下【トゥー・マッチ】。  【トゥー・マッチ】の熱気と喜び! これぞラリー・カールトンとロベン・フォードの共演の成果である。  くつろいだ雰囲気の中での演奏が完全にイッテ ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.