アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2011年04月

 T−スクェアは「フュージョン・バンド」ではなく「ポップ・インストゥルメンタル・バンド」。  その真価が見事に発揮されたのが,37TH『NINE STORIES』(以下『ナイン・ストーリーズ』)。「想像の世界へ誘(いざな)う,9つの物語(ストーリー)」に,T ...

 『22』のDIMENSIONが「若々しい」。パワーみなぎる&溢れ出る=ハイエナジーな構築美の「音の万華鏡」である。  『22』のCD帯に「バンド史上最も激しく叙情的なマスターピース。バンド史上最も攻撃的でポジティブ」の文字が躍っている。そして『22』 ...

 『ANOTHER MIND』(以下『アナザー・マインド』)程,管理人の評価が激変したCDも珍しい。  上原ひろみのデビューCD『アナザー・マインド』を評して「これはジャズではない。前衛だ。プログレだ」とバッサリやっていたものだ。これは昔のお話。   ...

 管理人とカシオペアが“恋へ落ちる”きっかけとなった『PHOTOGRAPHS』(以下『フォトグラフス』)。当然思い入れはある。  しかし『フォトグラフス』は“今となっては時代遅れの当時の最先端”のようなCDと言い切ってしまおう。  おっと,誤解のありま ...

 キター! キター! これぞDIMENSION・サウンド!  煌びやかでメロディアスな『21』こそ「音の万華鏡」期の最高傑作であろう。素晴らしい。  「テクニック(演奏)よし,曲(メロディ)よし,アレンジ(アンサンブル)よし」は,カシオペアの専売特許であっ ...

 春。4月。TV・ラジオの改編期。  管理人が定期的に視聴する数少ないTV番組=テレビ朝日系「報道ステーション」も4月4日からリニューアルされた。  目玉である市川寛子から小川彩佳への交代の陰に隠れてしまったが,地味に,オープニングテーマも差し替えられ ...

 オリコンの総合チャートでフュージョンとしては異例のTOP10入り。同時期にカシオペアもTOP10入りしていたが『ADVENTURES』(以下『アドヴェンチャー』)を境に,順位としてはザ・スクェアがカシオペアの上を行くようになった。  「自分を白紙にもど ...

 行ってきました! 福岡市民会館での「西南学院 中学・高校 吹奏楽部 第14回定期演奏会」! …というか伊東たけし!  西南学院高校 吹奏楽部OBな伊東たけしは「西南学院 吹奏楽部 定期演奏会」スペシャル・ゲストの常連(らしい)。  伊東たけしが後輩 ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.