アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2012年03月

 「オスカー・ピーターソンへの想い溢れるニュー・アルバム。2007年末に急逝した,世界ジャズ界を代表するピアニスト,オスカー・ピーターソン。生前オスカーが愛したスタンダード・ナンバーを中心に,ドラムレス・トリオでスウィンギーに綴る8つの名曲」。  そう。 ...

 「孤高のライヴ・バンド,ナニワ・エキスプレスの結成30周年記念アルバム。熟成を重ねて,なお鮮度を失わない,達人たちによる究極のジャム」。  この『30TH』公式キャッチ・コピーの考案者が偉い。短文なのに的を射ている。  管理人なんかは思い入れが有り過 ...

 『ABYSS』(以下『アビス』)は,山中千尋最大の問題作にして山中千尋唯一の“エレクトリック路線”作。  実際にはスタンダードなピアノ・トリオ編成なのだが,アコースティックは箸休め。この音はどうにもこうにもエレクトリック。電化マイルスならぬ“電化ちーた ...

 『GRACEFUL VISION』(以下『グレースフル・ヴィジョン』)は『ILLUME』以上に「静」なCDである。  “新生ニューヨーク・トリオ”との触れ込みであったが,ベーシストはレギュラーのラリー・グレナディアだし,ドラマーがビル・スチュアートか ...

 『OUTSIDE BY THE SWING』(以下『アウト・サイド・バイ・ザ・スウィング』)を一聴して驚いた日のことを覚えている。  これが山中千尋か? あの山中千尋なのか? 自分の耳を疑ったことを覚えている。  『アウト・サイド・バイ・ザ・スウィン ...

 ラリー・グレナディアとジェフ・バラードが連続参加した事実から『ホエン・オクトーバー・ゴーズ』の続編であろう『MADRIGAL』(以下『マドリガル』)。  しかし『ホエン・オクトーバー・ゴーズ』と『マドリガル』には天と地ほどの開きがある。いいや,正確に ...

 『リヴィング・ウィズアウト・フライデイ』でのレイ・パーカーのベースとラフレェ・オリヴィア・スキィのドラムからなる山中千尋トリオは「アンサンブル指向」。3人共に他の楽器のスペースを空けつつも自己主張を繰り返している。  そう。山中千尋の本質は,共演者の力 ...

 山中千尋のニュー・アルバムが届けられるたびに,山中千尋のデビューCD=『LIVING WITHOUT FRIDAY』(以下『リヴィング・ウィズアウト・フライデイ』)にこそ,ジャズ・ピアニスト=山中千尋の個性が一番表われていると思うようになった。  最 ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.