アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2012年09月

 ジャズの名盤『MODERN ART』(以下『モダン・アート』)には2枚ある。  その1枚はアルト・サックス・プレイヤー=アート・ペッパーの『モダン・アート』であり,もう1枚がトランペッター=アート・ファーマーの『モダン・アート』である。  どちらもペ ...

 『アルバム・オブ・ジ・イヤー』批評の中で「『アルバム・オブ・ジ・イヤー』は,ウィントン・マルサリスがジャズ・メッセンジャーズのメンバーとしてある程度の時間をコンボと共有してからのレコーディング。そう。メンバー全員,ウィントン・マルサリスがすでに“天才” ...

 『ALBUM OF THE YEAR』(以下『アルバム・オブ・ジ・イヤー』)はウィントン・マルサリスのためのアルバムである。  無論,聴き所は他に多数。何と言っても素晴らしいのが,新生ジャズ・メッセンジャーズに漲る“ジャズメン・スピリッツ”!  この ...

 ヤッター! ユニバーサルさん! 「JAZZ THE BEST・お宝コレクション」!  「ジャズ史上に燦然と輝く名盤・レア盤からリクエストの多かった作品を1100円の超お買い得価格で限定発売!」のキャッチ・コピーにハッタリはなかった〜!  そう。アート ...

 ファンキー・ジャズの“不朽の名盤”『モーニン』は,アート・ブレイキーの最高傑作であると同時にジャズ・メッセンジャーズの最大のヒット作となった。  しかし『モーニン』が売れれば売れるほど,旧来のジャズ・ファンがアート・ブレイキーへ捧げた視線は冷たくなった ...

 3管編成ジャズ・メッセンジャーズによるハリウッドのライブ盤『3 BLIND MICE』(以下『スリー・ブラインド・マイス』)は『モザイク』の姉妹盤である。  『スリー・ブラインド・マイス』を聴けば『モザイク』でウェイン・ショーターが演ろうとしたことが ...

 ジャズ界の2大“名伯楽”=マイルス・デイビスとアート・ブレイキー。  マイルス・デイビスとアート・ブレイキーは共に才能ある新人を発掘し育て上げる名手である。共にバンド・リーダーとして絶大な統率力を誇っているが,決して縛り上げることはなく「自分の眼に見込み ...

 ジャズ・メッセンジャーズにおけるアート・ブレイキーの役割には2つある。  1つにはバンド・マスター。ただしバンマスとしてのアート・ブレイキーは「人間関係」におけるリーダー・シップに限られる。音楽的にはアート・ブレイキーが指名した「音楽監督」がリーダー ...

 行ってきました! 中洲ジャズ2012! 9/8の『西村和馬Group,MOVITS!,SHANTI,JINO(日野賢二)・MASA(マサ小浜),TOKU,村田隆行,小川慶太,CHERRY CHOKO プラス,中嶌真平Group,MIKI KIMI BA ...

 御年○歳の管理人にとって「パルコ」と来れば「マルイ」と並ぶ“ファッションの聖地”である。109でも百貨店でもなく〜。  バブリーな青春時代を振り返ると,ほぼ毎週「パルコ」で買い物していた記憶がある。よくローンまで組んで高額スーツとか買ったよな〜。 ...

 アート・ブレイキー・ファンの読者の皆さん,ジャズ・メッセンジャーズ・ファンの読者の皆さん。ごめんなさい。  先に謝っておきます。管理人はウェイン・ショーター偏重主義者なのです。  ゆえにジャズ・メッセンジャーズのディスコ・グラフィの中では,3管時代の ...

 『アット・ザ・ジャズ・コーナー・オブ・ザ・ワールド VOL.1』批評は,最大の聴き所である,ジャズ・メッセンジャーズのリーダー=アート・ブレイキーの“リーダー・シップ”を中心にレビューを下した。  今夜の『AT THE JAZZ CORNER OF T ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ