アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2012年11月

 上原ひろみが再び始めたニュー・ピアノ・トリオ。  ベースのトニー・グレイ,ドラムのマーティン・ヴァリホラと組んだピアノ・トリオは行き着くとこまで行き着いた。それゆえの解散に残念ではあったが納得できた。  キース・ジャレットが“あの”アメリカン・カルテッ ...

 『Ⅱ』の“アンサンブル”がノー・ネーム・ホーセズの進化の証し。フロント11人が生み出す“一丸のグルーヴ”は完全なるバンド・サウンドである。  『Ⅱ』で,ノー・ネーム・ホーセズは“真のビッグ・バンド・サウンド”を手に入れた。しなやかに激しく美しい瑞々し ...

 アート・ペッパー,アバシリへ上陸〜。  えっ? どなたですか? またドラッグで入所したと思われたのは? ローリー・ペッパーさんに謝ってくださ〜い。  違いますよ。コンサートですよ。お仕事ですよ。アバシリでアート・ペッパーが,いい仕事をしているんです。 ...

 大西順子の引退ライブを皮切りに,ジャズと言えば矢野沙織で,フュージョンと言えばDIMENSIONで,頭の中一色となった「秋のLIVE WEEK」を過ごした管理人。  ライブの予習を兼ねた“本命1”矢野沙織の『ANSWER』と“本命2”DIMENSIONの ...

 「矢野沙織ツアー2012 “Answer”」2nd!  LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  「矢野沙織ツアー2012 “Answer”」のツアー・タイトルよろしく,新作『ANSWER』中心のセットリスト。やはり聴く方だけでなく演って ...

 行ってきました! 11/18「ゲイツ7」での「矢野沙織ツアー2012 “Answer”」2nd!  『10th ANNIVERSARY 矢野沙織』! ツアー初日の福岡公演は「少し緊張気味」だったそうでしたが,いえいえ,出来は完璧? 完璧でないと言うの ...

 DIMENSIONの“20周年記念ライブ”「LIVE DIMENSIONAL−2012 〜25〜」!  LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  今回のライブは休憩なしの3時間。ただし「ゲイツ7」より「小休止のドリンク・オーダー・タイムを ...

 行ってきました! 11/17「ゲイツ7」の「LIVE DIMENSIONAL−2012 〜25〜」!  ジャズ/フュージョン界では“もはや売れていることになっている”DIMENSIONですが,世間的には目指せ!“福岡から売れて行く”フュージョン・バン ...

 昨日,CROSS FM「TOGGY’S T.T.」にDIMENSIONから小野塚晃がゲスト出演しました。新作『BALLAD』と『25』と『LIVE DIMENSIONAL−2012〜25〜』のツアー・プロモーションの一環です。  ジャズ・ミュージシャ ...

 さて,今夜は何から話しましょうか? 管理人は『THE TRIP』(以下『ザ・トリップ』)について批評する場合,相手が「アート・ペッパーをどのように捉えているか」によって語り口を変える癖がありまして…。  よくある例題としてはアート・ペッパーの王道「前 ...

 昨日(野呂一生の誕生日もどきな?11月11日の11時!)NHK−FMにて『セッション2012』が放送されました。  「日本のフュージョン」と題して,J−FUSIONを代表する「DIMENSION,ISSEI NORO INSPIRITS,T−SQUAR ...

 「アドリブログ」でも既報した,上原ひろみ主演(キャンペーン・モデル) 「パルコ」2012秋キャンペーン のTVCMでしたが,未だ一度も目にしていません。楽しみにしていたのにぃ。本当に流れてるの?  津田沼パルコや千葉パルコと違って福岡パルコは力ないのか ...

 『25』は【TAKE TO THE SKIES】のためのアルバムである。久しく誕生していなかった【SE.LE.NE】の後継ナンバーの誕生なのである。  DIMENSIONの“最高傑作”『24』を受けての『25』。管理人は“そうやすやすと”『25』が『 ...

 祝☆大西順子・リターンズ! 祝☆大西順子・完全復活! 実に11年振りの新作『MUSICAL MOMENTS』(以下『楽興の時』)なのである。  …が,管理人的には11年振りではなく14年振りなのです。そう。つい先日,大西順子「引退ツアー」の予習のために ...

 本日,CROSS FM「TOGGY’S T.T.」に矢野沙織がゲスト出演しました。新作『ANSWER』と全国『2012 ANSWER』ツアー・プロモーションの一環です。  「矢野沙織です」とカブリってのOA登場。トギーさんのアドリブよろしく,カットイ ...

 なんだか一聴して泣きたくなる。人目をはばからず咽び泣きたくなる。和泉宏隆の『14TO18AFTERNOON』を初めて聴いた瞬間がそうだった。  人生に人目をはばからず咽び泣くシーンは何度かあるのだろうが『14TO18AFTERNOON』の涙は結婚式で ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.