アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2013年11月

 昨日放送,FM福岡「ラジ★ゴン」にフライド・プライドがゲスト出演しました。  今週発売のニュー・アルバム『EVERGREEN』とカウトダウン・ライブ&3月のライブの2Daysのプロモーションです。  雪が舞い散る福岡へ到着し“半泣きした”SHIHOち ...

 本日,TOKYO−FM系「ディア・フレンズ」に渡辺貞夫がゲスト出演しました。  25年振りとなるブラジル録音のオリジナル『オウトラ・ヴェス 〜ふたたび〜』と年末恒例のクリスマス・ライブのプロモーションです。  御年80歳の渡辺貞夫は「自分のやりたいこ ...

 カシオペアとしては8年振り。3rdとしては初のオリジナル=『TA・MA・TE・BOX』。  「カシオペア・サード」最高! 『TA・MA・TE・BOX』のフタを開けたら“悶絶”が待っていました。  この結論はもしやご祝儀? リップサービス? 完全に駄盤 ...

 「渡辺香津美 × ジェフ・バーリン × ヴァージル・ドナティ」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  さて,昨夜の「LIVEレポート NO.1」で大絶賛してしまいましたが,ここで白状いたします。管理人は最近の渡辺香津美にたいそう失望して ...

 行ってきました! 11/4「Gate’s7」の「渡辺香津美 × ジェフ・バーリン × ヴァージル・ドナティ」!  最初に書きます。昨夜の「渡辺香津美 × ジェフ・バーリン × ヴァージル・ドナティ」が2013年1番のライブでした。  スクェアの2回もディメン ...

 『ザ・トリオ』からわずか10ヵ月後の「ザ・トリオ」の2nd『THREE WISHES』(以下『スリー・ウィッシズ』)は『ザ・トリオ』とは異なり,ゲスト参加のトラックがハイライトと化している。  『スリー・ウィッシズ』で際立つ,直線的な「ザ・トリオ」の ...

 管理人にとってバド・パウエルの代表曲と来れば【クレオパトラの夢】で決まりである。しかし,これがモダン・ジャズの代表曲とか,ジャズ・ピアノの代表曲というお題に変われば【クレオパトラの夢】は外れる。  【クレオパトラの夢】はバド・パウエルの“命の音”に聴こ ...

 思うにバド・パウエルのヴァーヴ盤の世評が低いのは『JAZZ GIANT』(以下『ジャズ・ジャイアント』)のせいではなかろうか?  バド・パウエルの前期の演奏なのだから,当然『ジャズ・ジャイアント』も名演のオンパレード集に違いない。その点は認める。 ...

 「JOE CHAMBERS & FRIENDS FEATURING YOSHIAKI MASUO」名義と「増尾好秋 & ジョー・チェンバース」名義。果たしてその真実とは『NEW YORK CONCERTO』(以下『ニューヨーク・コンチェルト』)。   ...

 あの神保彰が櫻井哲夫の次なるパートナーとして指名したことから明らかなように,ブライアン・ブロンバーグこそ,ジャズ/フュージョン界随一の“超絶ベーシスト”である。  アコースティックもエレクトリックも,フレッテットもフレットレスも,ウッド・ベースからピ ...

 「LIVE DIMENSIONAL−2013 〜26〜」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  最高の演奏に仕上がっていることは分かっていた。問題は管理人的・駄盤『26』がどう演奏されるかだけだった。  管理人の結論。新『26』批 ...

 行ってきました! 11/4「Gate’s7」(←看板はゲイツではなく霧島。行った人ならこの意味分かるはず)の「LIVE DIMENSIONAL−2013 〜26〜」!  DIMENSIONと九州は博多は「水が合う」! DIMENSION絶賛の福岡公演 ...

 南博。菊池成孔が最も敬愛するジャズ・ピアニスト。  菊池成孔フリークとしては,上記一文だけで購入動機としては十分である。  果たしてその菊池成孔・プロデュース=南博の『TOUCH & VELVETS QUIET DREAM』はストリングス入りの夜の音 ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアー ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.