アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2015年02月

 管理人のジャズ/フュージョン・ファン歴30年を振り返る時,今となっては本当に勿体ないことをした,と思うことが幾つかある。今日はその中でも最大級に自分自身への後悔の念を吐露する回となる予定である。  な・に・を・懺悔するのですか? それはチック・コリアに ...

 J−ジャズ界のスタジオ・ミュージシャンが集結したフュージョン・バンドの「ザ・プレイヤーズ」。  実力者揃いゆえ,随所に各メンバーの主役級の個性が光り最高にスリリングな「伝説」のフュージョン・バンド。  そう。誰が呼んだか「ザ・プレイヤーズ」は“日本のウェ ...

 『RETURN TO FOREVER LIVE:THE COMPLETE CONCERT』(以下『ザ・コンプリート・コンサート』)は「拡大版」と称される「第3期」リターン・トゥ・フォーエヴァーの“拡大版の拡大版”で,ついに10人体制となった“百花繚乱” ...

 『興奮が,とまらない。幾多の賞賛を受けた『レミニセンス』。一枚に収まりきれなかったトラック・別テイクを集め,セッションの全貌がいま明らかになる。あの感動は,終わらない』。  これは山中千尋の5曲入り「ミニ・アルバム?」=『STILL WORKING』 ...

 リターン・トゥ・フォーエヴァーはチック・コリアとスタンリー・クラークの「双頭バンド」で間違いない。  ただし,リターン・トゥ・フォーエヴァーがチック・コリアとスタンリー・クラークの「双頭バンド」になったのは「拡大版」と称される「第3期」リターン・トゥ ...

 管理人のジャズ/フュージョン・ファン歴30年を振り返る時,今となっては本当に勿体ないことをした,と思うことが幾つかある。今日はその中でも最大級に自分自身への後悔の念を吐露する回となる予定である。  な・に・を・懺悔するのですか? それはチック・コリアに ...

業務連絡: 今回は「大阪の名無しの権兵衛さま」への伝言です。  本日,大阪市発大分市経由で神戸産の貴重なお土産を2つ受け取りました。中身を開いて“ビックリたまげて”しまいました。  心より感謝申し上げます。  互いに顔も名前も知らないのですが,私の中 ...

 管理人のジャズ/フュージョン・ファン歴30年を振り返る時,今となっては本当に勿体ないことをした,と思うことが幾つかある。今日はその中でも最大級に自分自身への後悔の念を吐露する回となる予定である。  な・に・を・懺悔するのですか? それはチック・コリアに ...

 “年に一度の音楽の祭典”第57回(2014年度)のグラミー賞が本日発表された。  管理人的にはレディー・ガガ&トニー・ベネットのデュエット。ネットでパフォーマンス映像を見つけたが,これは見応えがあった。なんだかレディー・ガガにハマリそうで恐い?  世 ...

 オリジンの3枚目のアルバムが聴ける。  それは「チック・コリア&オリジン」名義ではなく,アヴィシャイ・コーエン名義の『DEVOTION』(以下『ディヴォーション』)がそれである。  『ディヴォーション』は,活動を休止したはずの「チック・コリア&オリジ ...

 『ADAMA』(以下『アダマ』)を聴いて「オリジン」とは「チック・コリア&オリジン」ではなく「アヴィシャイ・コーエン&オリジン」であったことを痛感した。  チック・コリアの大ファンの皆さん,ごめんなさい。しかし,チック・コリアの大ファンの皆さんと同じ ...

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。  今回は36〜40位の発表です。 ------------- ...

↑このページのトップヘ