アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2015年08月

 『RETURNS』(以下『リターンズ〜リユニオン・ライヴ』)を聴いて,チック・コリアにこう問い尋ねたくなった。  チック・コリアよ,リターン・トゥ・フォーエヴァーで,何かやり残したことがあったのかと?  『リターンズ〜リユニオン・ライヴ』は「第2期」 ...

 『GOODNIGHT,IT’S TIME TO GO』(以下『グッドナイト,イッツ・タイム・トゥ・ゴー』)は,ブラザー・ジャック・マクダフがプレスティッジで「ブラザーではないジャック・マクダフ」を名乗っていた時の名盤である。  管理人にとって「ブラザ ...

 チック・コリア&ゲイリー・バートンによる『THE NEW CRYSTAL SILENCE』(以下『ニュー・クリスタル・サイレンス』)なる2枚組のライブ盤が発売される。このリリース情報を目にした瞬間,ココロ・トキメイテシマッタ!  世紀の大名盤『CRY ...

 『JAZZ PORTRAIT』(以下『ジャズ・ポートレイト』)は,チャーリー・マリアーノのことが大好きだった,レジナ・レーベルのオーナー,ジャック・ラフォージが,大枚をはたいて作らせた“幻の名盤”の1つである。  “幻の名盤”と謳われるのだから,当然 ...

 チック・コリアとゲイリー・バートンが“以心伝心で通じ合う”デュエットだとしたら,チック・コリアと上原ひろみは“アイコンタクトで通じ合う”デュエットである。  そのように結論できたのは,音源ではなく映像から入った影響なのだが,チック・コリアとゲイリー・ ...

 『SYNCOPATION HAZARD』(以下『シンコペーション・ハザード』)は“ラグタイム”特有のシンコペーションを研究してきた「ラグタイム・マイスター」山中千尋の佳作である。  山中千尋の“ラグタイム”と来れば,ジャズ・ピアノの源流にして山中千尋の ...

 チック・コリアによる,4人のベーシストと5人のドラマーによる異なる5組のピアノ・トリオ+1枚から成る「6枚組BOXセット」が『FIVE TRIOS』(以下『ファイヴ・トリオBOX』)。  とは言え,その真実の中身とは,既発の4枚『DR.JOE』(以下 ...

 若かりし頃は「メインストリート・ジャズ」のみならず,異種格闘技にも積極的にチャレンジしていたブランフォード・マルサリスだが,近年はレギュラー・カルテットでの活動に専念して,在りし日のジョン・コルトレーンの“衣鉢を継ぐ”ような演奏に徹底的な“拘り”を見せ ...

 いや〜,分かる。無名のジャズ・オーケストラとの共演であっても,チック・コリアがCD化したくなった気持ちがよ〜く分かる。  チック・コリアとジャズ・オーケストラの共演って,なんで今までなかったのだろう? とにかく,チック・コリアとトロンハイム・ジャズ・ ...

 よほどのヘソ曲がりでない限り,一般的にポピュラーな人気のオルガン・プレイヤーと来ればジミー・スミスで決まりだが,もっとヒップなジャズ・マニアは,ジミー・スミスよりもブルース・フィーリングの強い,ジャック・マクダフのオルガンを好んで聴いてきた。  ジャ ...

 キターッ!! チック・コリア久々のコンテンポラリー路線の“大傑作”『THE ULTIMATE ADVENTURE』(以下『アルティメット・アドヴェンチャー』)に“ドハマリ”した。  「エレクトリック・バンド」解散後の「アコースティックの追求の旅」は, ...

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。  今回は6〜10位の発表です。 --------------- ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.