アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2017年12月

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2017年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 -------- ...

 ジョン・コルトレーン亡き後,メディアはこぞってマイケル・ブレッカー,マイケル・ブレッカー,たまにブランフォード・マルサリス…。  ジャズ・テナー奏者と来れば「マイケル・ブレッカー1強時代」が存在したように思えるが,それは大きな誤りである。  “巨星”マイ ...

 “ジャズ・ピアニスト”としての佐藤允彦が堪能できる,ベースのエディ・ゴメス,ドラムのスティーヴ・ガットとのピアノ・トリオのライブ盤が『DOUBLE EXPROSURE』(以下『ダブル・エクスポージャー』)である。  いや〜,デジタル・リズム・セクション ...

 世界最高峰のピアニストであるチック・コリアと世界最高峰のドラマーであるスティーヴ・ガッド。  それぞれソロでも大活躍なのだが,多忙なスケジュールの中,過去に幾度も共演しその度に超名盤を量産してきた「旧知の盟友」である。  互いに「ほぼバンド・メンバーの仲 ...

 『30』が好きだ。『30』は「ただ派手だとか,ただカッコ良いとか,ただ楽しいとか」そういうレベルのアルバムではない。  『30』には,増崎孝司のギターにしても,小野塚晃のキーボードにしても,勝田一樹のアルト・サックスにしても「近未来フュージョンユニット ...

 「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」の“最高傑作”『VIATICUM』に『LIVE IN BERLIN』をカップリングして新たに再発?されたのが『VIATICUM+LIVE IN BERLIN』(以下『ヴァイアティカム+ライヴ』)である。 ...

 『VISIONS』(以下『ヴィジョンズ』)は,伊東たけしのT−スクェア退団後のソロ第一弾アルバム。  伊東たけしが本当にやりたかった音楽。その答えが『ヴィジョンズ』にたっぷりと詰まっているはず。  そう思って聴き込んだ『ヴィジョンズ』の印象は,まさかのフ ...

 「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」最高の実験作にして最大の問題作,改め「冒険作」が『LEUCOCYTE』(以下『ルーコサイト』)である。  『ルーコサイト』をどう評価するか? それは『ルーコサイト』の次なくしては評価できないように思う。 ...

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCD/LP/ビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大 ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.