アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

2018年02月

 『DEAR OLD STOCKHOLM』(以下『懐かしのストックホルム』)が実に悩ましい。  演奏良しの選曲良し。これぞジャズ・ピアノが長年追い求め続けてきた理想の具現化であろう。  ただし手放しでは喜べないのだ。エディ・ヒギンズ・クラスなら『懐かしのス ...

 「ザ・スフィアーズ」とは山中千尋の“覆面バンド”である。  「ザ・スフィアーズ」のデビュー盤『LIVE IN OSAKA!!』(以下『ライヴ・イン大阪』)のどこを見渡しても山中千尋の文字はない。アルバム・ジャケットにも,いつもの美形の顔出しなし。  おい ...

 『煙が目にしみる』で十分に理解していたはずなのに『MY FOOLISH HEART』(以下『マイ・フーリッシュ・ハート』)で改めてスコット・ハミルトンのテナーの響きに速攻でやられてしまった。  タイトル・チューンにしてオープナーの【MY FOOLISH ...

 日本のトップ・ミュージシャンが「宇宙」をテーマに「宇宙戦艦ヤマト」「スター・ウォーズ」「未知との遭遇」「火の鳥」「2001年宇宙の旅」のテーマ・ソングを演奏したスタジオ盤+ライブ盤のオムニバスが『SPACE FANTASY + LIVE SPACE F ...

 「神保彰ワンマンオーケストラ ドラムからくり全国行脚2018〜」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。  神保彰の“天賦の才”。それは1にドラム,2に作曲,3にパフォーマーンス,そして4にMCである。  特にMCの素晴らしさは司会屋実が抜 ...

 行ってきました! 2/12「ゲイツ7」の「神保彰ワンマンオーケストラ ドラムからくり全国行脚2018〜」!  神保彰の魅力とは,カシオペア〜ジンサク〜インスピリッツでの「超・超絶テクニカル・ドラマー」の代名詞でも十分だと思っているが,そこへ来て「ルンル ...

 『YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS』(以下『あなたは恋を知らない』)こそが,エディ・ヒギンズの“最高傑作”である。  『あなたは恋を知らない』は,エディ・ヒギンズ自らソロ・ピアノに合うと選曲した既発表曲の再演集。エディ・ヒギンズ好 ...

 結論を書けば,神保彰の『JIMBO DE JIMBO 80’s』(以下『ジンボ・デ・ジンボ 80’s』)も,カシオペアやスクェアの多くのカヴァー・アルバム同様,オリジナル・アルバムを超えることはできなかった。  ただしそんなの関係ない。『ジンボ・デ・ジ ...

 エディ・ヒギンズと来れば“ピアノ・トリオの人”である。『魅せられし心』〜『アゲイン』〜『愛の語らい〜ジョビン作品集』〜『魅惑のとりこ』と,いずれも趣味の良いピアノ・トリオを引っさげて,VENUSの“看板”として快進撃を続けてきた。  そんなエディ・ヒギ ...

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCD/LP/ビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大 ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.