『WAY OUT WEST』の1曲目は【I’M AN OLD COWHAND】(以下【俺は老カウボーイ】)。

 【俺は老カウボーイ】について批評するのは難しいかな。言葉を重ねるよりもアルバム・ジャケットを見てもらう方が簡単だから…。

 どうですか? この“威風堂々”としたソニー・ロリンズのカウボーイ姿! 決まってる〜。様になってる〜。仮にテナーマンの西部劇があったとしたら間違いなく「主演男優賞」もの〜。
 管理人はジャズフュージョンの他にカメラにも“うるさい”のですが,このジャケット写真はパーフェクトです!

 肝心の音も要するに“ウエスタン・カウボーイ”。「カウボーイのカウボーイによるカウボーイのための」テーマソング! 【俺は老カウボーイ】という邦題が付されていることからして,これは間違いないでしょう! ← メチャ分かりにくい?

 イントロ&4分30秒から聴こえてくる,シェリー・マンの“出囃子”にのって“のんきな”テナーマンが登場する。
 ソニー・ロリンズのスケールはデカイ! 西海岸の空気感を思う存分表現した,明るく屈託のない演奏に心からの賛辞を贈ります。

 
SONNY ROLLINS : Tenor Sax
RAY BROWN : Bass
SHELLY MANNE : Drums

WAY OUT WEST-1
WAY OUT WEST
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



民数記24章 バラムの3つ目と4つ目の格言的な詩
Saya 『シンプル・ポエム