ブログネタ
JAZZ に参加中!
アナログレコード

 『POLITICS』の3曲目は【LOCAL HERO】(以下【ローカル・ヒーロー】)。


 【ローカル・ヒーロー】と言えば,今ではボーカル・ナンバーの方が有名であるが“元祖”サックス・バージョンもどうして…。アルト歌手=マーク・ルッソがよく“歌っている”。

 マーク・ルッソの特徴は,アドリブを吹いている時よりも,普通にテーマを奏でている時の方が掴みやすい。
 例えば,メイン・テーマ。注意深く耳を傾ければすぐに聴き取れるはずだが,マーク・ルッソアルト・サックスは“絶えず”微妙に揺れている。“スーッ”と伸びきっているように思えて,実は“静止状態”がほとんどない。これが聴いて“なんだかよく分からないけど気持ちいい”のミソなのだ。
 “レイコンマ何秒の世界”で描く,ルッソ独自の“味付け”が【ローカル・ヒーロー】成功の秘訣であろう。

 いやいや,歌っているのはマーク・ルッソ1人ではない。
 ラッセル・フェランテキーボードが,たまらなくいい! キーボードを一音一音丁寧に,メンバーの音に“添えた”彼のプレイが,トラック全体に“さわやかな”音の厚みと奥行きを与えている。
 例えば,イントロでのリズミカルで“華やいだ”タッチや,3分48秒からの音色の選択こそが,正にイエロー・ジャケッツの魅力そのものとも言える。

 そして“陰の主役たち”ジミー・ハスリップベースウイリアム・ケネディドラムの“快演”に言及しないで,この記事を結ぶことなどできない。
 “ローカル”というネーミングがぴったりな,ちょっと“古め”のノリに“お尻くねくね”したくなる。このビート,このベース・ラインが最高に気持ちいい!

CD視聴(試聴)・購入はジャケット写真から

YELLOWJACKETS
RUSSELL FERRANTE : ALL KEYBOARDS
JIMMY HASLIP : 5-STRINGS BASS
MARC RUSSO : SAXOPHONE
WILLIAM KENNEDY : DRUMS

GUEST MUSICIANS
ALEX ACUNA : PERCUSSION
STEVE CROES : SYNCLAVIET


Politics
ランキングを見てみよう!