『T.K.』の5曲目は【PLACEBO】(以下【プラシーボ】)。

 【プラシーボ】の聴き所はフィリップ・セスの「バランス感覚」! 誰かが傑出することはないが,全てのプレイヤーの良いところが“つまみ喰い”できてしまう。

 印象的なリズムはフィリップ・セスドン・アライアスが創り出す「生+電化」のグルーヴ! ここにメロディー・ラインが絡み合う。
 普段なら聞き流してしまうヴォーカルシンセも全て揃った,言わば「幕の内弁当」的な一曲!

 【プラシーボ】を聴いていると,伊東たけしがなぜフィリップ・セスにプロデュースを依頼したのかが分かる気がする。この類まれなバランス感覚は天性の才能であろう。

 【プラシーボ】での伊東たけしアルト・サックスが輝いて聴こえる。バックに回ってもシンセを引っ張るハイ・トーン!
 アドリブ・タイムは2パターン。1分33秒からのブローと1分59秒からの伸びやかなソロとでは趣が異なるが,どちらも際立った存在感で,どことなくデヴィッド・サンボーンを彷彿させてくれる。

 
TAKESHI ITOH : Alto Saxophone
PHILIPPE SAISSE : Keyboards, Synthesizers, Programming
DON ALIAS : Percussion
LANI GROVES : Lead Vocals, Background Vocals
CURTIS KING : Additional Vocals
RANDY FREDRIX : Additional Vocals
LISA FISCHER : Background Vocals

T.K.-1
T.K.
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



裁き人の書15章 フィリスティア人に対するサムソンの復讐
T-SQUARE AND FRIENDS 『VOCAL2(ヴォ−カル・スクェア)