PORTRAIT − YOSHIKO KISHINO BEST SELECTIONの3曲目は【ONLY TRUST YOUR HEART】(以下【オンリー・トラスト・ユア・ハート】)。

 【オンリー・トラスト・ユア・ハート】には,木住野佳子の“喜び”が詰まっている。
 ライナーノーツにあるように,この喜びは木住野佳子の「記念すべき初レコーディング」の喜びなのかもしれない。しかし管理人には,それ以上の,ジャズ・ピアニストとして悦に入った瞬間の“喜び”が表現されていると思う。

 これは木住野佳子1人の喜びではない。ベーシストマーク・ジョンソンの喜びでもある。そう。過去にビル・エヴァンス・トリオの一員として登りつめたピアノ・トリオの頂点に,今回は木住野佳子ピーター・アースキンを連れ添って,最高の3人で到達できた満足感!
 【オンリー・トラスト・ユア・ハート】こそ,かのビル・エヴァンスが見つめていた音世界! ついに登ることを許された,凡人には「隠されし」ピアノ・トリオの頂点へ足を踏み入れた喜びを噛みしめている。

 スローなイントロで始まる【オンリー・トラスト・ユア・ハート】が,徐々にリズムを速め,軽快にスイングしていく“変貌の展開”に,ピアノ・トリオの高みを目指す3人の姿を思い重ねることができた。木住野佳子マーク・ジョンソンが放つ“喜びのオーラ”が,聴き手を「幸福感」で包んでくれる。素晴らしい。

 
YOSHIKO KISHINO : Piano
MARK JOHNSON : Bass
PETER ERSKIN : Drums, Percussion

PORTRAIT - YOSHIKO KISHINO BEST SELECTION-1
ポートレート
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



歴代誌第二30章 ヒゼキヤは過ぎ越しを執り行う
MEZZOFORTE 『スプリング・フィーバー