『TOKYO』の1曲目は【PRELUDE〜KAGOME KAGOME(SHORT VERSION)】。

 『カゴメカゴメ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に…』。そう。アキコ・グレースこそ,2002年に世界へと飛び出した,籠(J−ジャズ界)の中の鳥!

 【PRELUDE〜KAGOME KAGOME(SHORT VERSION)】でのアキコ・グレースは,特にメロディを崩すでもなく素直にピアノを響かせていく。しかしこの演奏が完全に“ジャズ”している!
 童歌なのに大人の語り口だからかなぁ。掴みはOKである。

 
AKIKO GRACE : Piano
KIYOTO FUJIWARA : Bass
TAPPY IWASE : Drums

TOKYO-1
東京
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



創世記39章 ヨセフはポテパルの妻の誘いを拒む
THE SQUARE 『脚線美の誘惑