BEST-1 管理人は寺井尚子に感謝している。正直,寺井尚子に何度も救われてきた。
 管理人はジャズを拝聴する。たとえライトなフュージョンであってもBGMとして「流し聞き」するのが苦手である。それで時に問題が生じる。ジャズ好きとしては情けない話だが,黒々ハード・バップの殺気に満ちたCDを続けざまに聴いていると,時に息苦しさを感じてしまうのだ。

 さて,そこでどうするか? 管理人には奥の手がある。“女王様”寺井尚子をリスニングルームに呼び寄せる。寺井尚子ヴァイオリン片手に耳元へ駆けつけた瞬間,場の空気が一変する。
 そう。寺井尚子は管理人にとって「癒しの女神」なのである。

 あの麗しいヴァイオリンの調べ! 正直,クラシック音楽の“象徴”であるヴァイオリンを,ジャズフュージョン・マニアが“こんなにも”愛するようになろうとは…。周りから「喰わず嫌いだ」と言われ続けたが,正にその通りだった。実際,管理人と寺井尚子のファースト・コンタクトは“流行遅れ”であった。

 きっかけは寺井尚子がJ−ジャズ界の“女王様”への階段を登り始めた,メジャー移籍後(東芝EMI)に発売された,インディーズ(ビデオアーツ)時代のベスト盤BEST』(以下『ベスト』)であった。
( 余談であるが管理人の中では「女王」と来れば上原ひろみ「クイーン」と来れば矢野沙織であるが「女王様」と来れば寺井尚子であ〜る! 尚子さまぁ〜! ) 

 とりあえずの1枚。軽い気持ちで初めて聴いた寺井尚子に驚いた。このノリはヴァイオリンの形をとった管楽器のノリである。
 寺井尚子ヴァイオリンの全てを知り尽くしている。ヴァイオリンの美しい音色が生きる演奏を土台としつつ,ヴァイオリンだけが挑戦権を持つ“ジャズ的表現”の世界! アグレッシブかつニュアンス“たっぷりな”ずば抜けたな演奏力!

 要はジャズメンはジャズメン。“女王様”寺井尚子は何をやってもジャズになる。ヴァイオリンサックス・フレーズを奏でるアドリブグルーヴする。
 そう。寺井尚子は唯一無二のジャズ・ヴァイオリニスト! 寺井尚子ジャズ・ヴァイオリンはスペシャルな存在なのである。

BEST-2 前述した『ベスト』が当たった。というのも寺井尚子ジャズ・ヴァイオリンは徐々に大人に,徐々にムーディに,徐々に成熟へと向かっている。最初に『ジェラシー』を聴いていたら印象が違ったかもしれない( あっ,誤解のないように。『ジェラシー』は名盤です )。
 音楽性の変化の是非はおいといて,ビデオアーツ時代には管理人好みの“イケイケ調”が多かったのは確かである。要は意表を突かれ→ツボを突かれてしまったのだ。
 そして『ベスト』は『ベスト』である。寺井尚子の『ベスト』の演奏集である。悪かろうはずがない。すっかりやられてしまったのだ。

 これも余談であるが,管理人は通常,ベスト盤は「買わない主義」である。尤も買うこともある。ただしそれは新録音や未発表テイクが収められている場合に限られる。だって全てのオリジナル・アルバムをコンプリートしてしまえばベスト盤は不用品。もっと言えば「レコード会社が選んで焼いたCD−R」だと思っている。 ← 関係者の皆様,暴言をお許しください。

 幸いなことに,寺井尚子ベスト盤には一曲の未発表曲【暑い眼差し】が含まれているので,売り飛ばすさずに済みそうである。しかし仮に未発表曲が含まれていなくとも,今回は管理人の中の“掟”を破ってでも最後まで手元に置いておく事だろう。
 『ベスト』は,管理人と寺井尚子の記念すべき出会いの1枚なのだから…。

 
01. Libertango
02. Thinking Of You
03. Beijos (Kisses)
04. Shadow Play
05. Spain
06. Pure Moment
07. First Love
08. Donna Lee
09. Stolen Moments
10. La Valse a Margaux
11. All For You
12. Will Someone Ever Look at Me That Way

 
NAOKO TERAI : Violin
MASARU OKUYAMA : Piano, Synthesizer
SOICHI NORIKI : Piano, Synthesizer
JOCHEM VAN DER SAAG : Synthesizers, Programming, Vocals
ALAN PASQUA : Piano
MITCH FORMANS : Synthesizers
TATSUYA IKEDA : Bass
BENISUKE SAKAI : Bass
ROBERT HURST : Acoustic Bass
SETSU FUJII : Drums
MOTOHIKO HINO : Drums
HARVEY MASON : Drums
HIROKI MIYANO : Guitar
LEE RITENOUR : Guitar
RICHARD GALLIANO : Accordion

(ビデオアーツ/VIDEOARTS 2003年発売/VACV-1043)

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



格言の書19章 洞察力があればすぐに怒ることはない
PRISM 『LIVE