ブログネタ
JAZZ/FUSION批評 に参加中!
BEAUTIFUL DAY-1 1曲目の【INTRODUCTION】でフェードインし,10曲目【MALIBU −MEMORY OF BEAUTIFUL DAYS−】でフェードアウトする波の音…。
 そう。『BEAUTIFUL DAY』(以下『ビューティフル・デイ』)のコンセプトは「海辺の美しい一日」。サーフィンとジャズ・ギターの融合=自然との対話から産み出された“ナチュラル・グルーヴ”である。
 海,風,太陽…。サーフィンとギタージャズ…。小沼ようすけが数年前から始めたというサーフィンとの出会いが,彼の音楽性を揺り動かしている。

 『ビューティフル・デイ』は,ジャズでもフュージョンでもなく“歌詞のないAOR”である。
 よって『ビューティフル・デイ』を管理人は評価しないが,自然やエコロジーといったオーガニックなフィーリングには“聴き惚れてしまう”。無意識のうちに「海辺の美しい一日」を思い浮かべてしまう。

 波乗りの小沼ようすけが,世界最高峰の“ナチュラル・グルーヴ”に乗っていく。リンカーン・ゴーインズベーススティーヴ・フェローンドラムが,シンプルでステディにグルーヴし,小沼ようすけギターが“ゆったりと情感豊かに”流れていく。休日の昼下がりに読書のBGMとして流すのにうってつけであろう。

 『ビューティフル・デイ』で,アコースティック・ギターのシャワーを浴びると,何もかもが透明になっていく。やがては雄大な海と青い空が一体化していく。心が洗われる気分がする。

 とは言え『ビューティフル・デイ』には,小沼ようすけの“邪念”も録音されている。それがアル・シュミットの起用である。
 そう。“ベンソン・フリーク”である小沼ようすけが,ジョージ・ベンソンのヒット作を手掛け,幾度となくグラミーを受賞しているエンジニアを起用したのだ。
 アル・シュミットだけではない。小沼ようすけの“邪念”は,レコーディング・スタジオにも表われている。LA「キャピトル・スタジオ」。そう。ジョージ・ベンソンが『ブリージン』を録音したスタジオである。もうこれは“職権乱用”の世界である。

BEAUTIFUL DAY-2 サーフィンといいジョージ・ベンソンといい,やりたい放題の小沼ようすけである。公私共に自分の好きなことを心の赴くままに実行したからこそ出せるサウンドがある。

 『ビューティフル・デイ』は“等身大の”小沼ようすけの記録である。趣味のサーフィンのように,自由に風をとらえて,太陽の下,波との会話を楽しんでいるようなCDである。

 なお【初回限定盤】付属のDVDには,小沼ようすけ弾き語りでのトラック批評が楽しめます。もうアドリブログでのトラック批評は不要? いえいえ?

  CD
  01. Introduction
  02. Green
  03. Wind
  04. Ride
  05. Hot Sand
  06. Beautiful Day
  07. Modern Man
  08. Sunset
  09. Affirmation
  10. Malibu -memory of beautiful days-

  DVD
  Yosuke Onuma's Beautiful Day

(ソニー/SONY 2007年発売/SICP-10093-4)
(☆SACDハイブリッド盤仕様)
(ライナーノーツ/小沼ようすけ)
★【初回限定盤】 SACD HYBRID+DVD

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)