ブログネタ
JAZZ/FUSION批評 に参加中!
ACROSS THE GROOVE-1 本田雅人の“円熟&チャレンジ”。それが『ACROSS THE GROOVE』。

 『ACROSS THE GROOVE』の真実は,前半2曲が「本田雅人・ウィズ・フォープレイ」で後半8曲は「フォープレイ・ウィズ・本田雅人」。
 そう。『ACROSS THE GROOVE』は,本田雅人フォープレイの豪華共演盤。ついに“ハイパー・フュージョン・サックス・プレイヤー本田雅人が世界へ飛び出した!
 かつて渡辺貞夫デイヴ・グルーシンリー・リトナーチャック・レイニー,そしてハーヴィー・メイソンたちと『MY DEAR LIFE』で世界へ飛び出した時のように…。

 …と思ったあなたは大外れ。管理人も本田雅人の“世界進出”を期待したが『ACROSS THE GROOVE』はその種のアルバムではない。“外へ外へ”の正反対=じっくりと熟成された“内へ内へ”の音造り。
 フォープレイに心酔した本田雅人の“円熟”。それがスムーズ・ジャズである。ドッヒャ〜。
 全曲,本田雅人のオリジナルなはずなのに【CAPTAIN GIOVANNI】と【HA−RU−U−LA−LA】以外は,どうにもこうにもボブ・ジェームス。ここはサンタモニカかLAか,西海岸の爽やかな風が吹いている。

 尤も,本田雅人も相当頑張っている。このアルト・サックスの伸びやかさは本田雅人特有のものだ。しかし音の個性でボブ・ジェームス本田雅人を圧倒している。
 なんでエレピなのに「あっ,ボブ・ジェームスだ」と思ってしまうのか不思議でならないのだが,ボブ・ジェームスエレピが聞こえている限り,どうしてもフォープレイに聞こえてしまう。「ラリー・カールトン抜きの4分の3」でこの存在感。フォープレイMJQを超えてしまったと思っている。
 まぁ,秘密はネーザン・イーストベーススキャットに負う所が大きいと薄々分かってはいるのだが…。
( 今日のところはボブ・ジェームスということで…。ハーヴィー・メイソンごめんなさい )

 『ACROSS THE GROOVE』における本田雅人の“チャレンジ”。それは初の海外レコーディング。
 私の記憶が確かならば(by 鹿賀丈史風)本田雅人は海外ミュージシャンが苦手だった。私の記憶が確かならば(by 鹿賀丈史風)「演奏は上手いんだけど自分の音楽を理解してもらうまでが大変だから」という理由だった。
 そんな“完璧主義者”本田雅人が,自分の音楽を理解してもらえるはずのない?たった3日間の“チャレンジ”レコーディングにGOサイン。これは日本出発前に相当準備した? いいや,この完璧な出来上がりは本田雅人の準備の賜物というよりも“フュージョン界の生き字引”ボブ・ジェームスマイク・ミラーネーザン・イーストハーヴィー・メイソンの“音楽力”の賜物であろう。

ACROSS THE GROOVE-2 年1枚以上のハイペースでリリース・ラッシュを続けてきた本田雅人だったが『ACROSS THE GROOVE』は4年ぶりのソロ名義。レコード会社もBMGへ移籍した。

 この激動の4年間の充実期。ソロを離れた“引っ張りダコな活動”の成果が『ACROSS THE GROOVE』における“円熟&チャレンジ”。“天才”本田雅人のマルチなトータル・バランスが深化している。
 (フォープレイのアルバムはいつでもそうなのだが)『ACROSS THE GROOVE』の完成度の高さに気付くようになったが最後。毎回,静かなる興奮を覚えてしまう。

 ナチュラルで優しいのにゴージャスでカッコイイ。スムーズ・ジャズに心酔する本田雅人を聴くのもまた一興である。

  01. Captain Giovanni
  02. HA-RU-U-LA-LA
  03. Heart Of Zipangu
  04. Stephanie
  05. Cool Bounce
  06. Diversity
  07. Prairie In The Morning
  08. Ocean Avenue
  09. Friends Of My Life
  10. My Ballad

(BMG/BMG 2008年発売/BVCJ-34035)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)