ブログネタ
ジャズ/フュージョン批評 に参加中!
THE COMPLETE TONY BENNETT/BILL EVANS RECORDINGS-1 アメリカ最高の男性ヴォーカリストの筆頭格=トニー・ベネットの伴奏を務めるとはビル・エヴァンスは幸運な男だ。これが世間の感想であろう。
 しかし管理人から言わせれば,ジャズ・ピアノの巨人=ビル・エヴァンスに伴奏してもらえるとはトニー・ベネットは幸運な男である。

 トニー・ベネットビル・エヴァンスが共演した2枚のアルバム『THE TONY BENNETT/BILL EVANS ALBUM』(以下『トニー・ベネット & ビル・エヴァンス』)と『TOGETHER AGAIN』(以下『トゥゲザー・アゲイン』)の聴き所は,間違いなくビル・エヴァンスピアノである。

 あのトニー・ベネットをしてビル・エヴァンスピアノに負けている。トニー・ベネット以上にビル・エヴァンスが“歌っている”。内省的なビル・エヴァンストニー・ベネット以上に“伝えてくる”。ピアノで語るメッセージが聞き手の心に訴えかける。
 正直,管理人は『トニー・ベネット & ビル・エヴァンス』と『トゥゲザー・アゲイン』の演奏を通してビル・エヴァンスの“歌心”を初めて理解できたように思っている。
 トニー・ベネットの伴奏者としてのビル・エヴァンスが“ビンビン”来ているのだ。

 『トニー・ベネット & ビル・エヴァンス』と『トゥゲザー・アゲイン』の全41トラックが収録された『THE COMPLETE TONY BENNETT/BILL EVANS RECORDINGS』(以下『コンプリート・レコーディングス』)は,トニー・ベネットビル・エヴァンスが2人して曲を作り上げたいく過程のドキュメントを聴くことができる。リハーサルの没テイクこそが“お宝”なのである。

 構成は決まっている。ビル・エヴァンスの短いイントロ〜テーマにトニー・ベネットの歌〜ビル・エヴァンスピアノ・ソロトニー・ベネットの歌というパターン。
 ビル・エヴァンスソロ終わりに,トニー・ベネットがどこから入るかは事前に決められてあった。ゆえにビル・エヴァンスソロは,その曲の構成に沿って盛り上がり“山場”を作っていく。これが完璧なのだ。

THE COMPLETE TONY BENNETT/BILL EVANS RECORDINGS-2  ビル・エヴァンスの伴奏は,ルバート的に弾く場面とキッチリとタイム・キープをする場面に分けられる。ビル・エヴァンス独特の突っ込み気味のタイム感と独特なフレーズで完全に自分の世界を造ってしまう。ここまで自己主張のあるジャズアドリブを「伴奏」でやってしまうビル・エヴァンス

 さらに唸らされるのは,トニー・ベネットとのコンビネーションで聴かせる“変幻自在の”ピアノ・ワーク。トニー・ベネットの歌声に切り替わる直前に「さぁ,どうぞ」と言わんばかりに,全速力のアドリブからごく自然な形で「歌がスタートした時のテンポ」に戻してくる。
 例えるならシフトダウンとアクセル・ワークを巧みに操ってスムーズに減速したような感覚。だから「ああ,ここで歌が入ってくるぞ」と思わせてくれる。実に素晴らしい。

 だからトニー・ベネットは幸運な男。読者の皆さんにも『コンプリート・レコーディングス』を聴いてほしい。史上最強の伴奏者と化したビル・エヴァンスの“上げ膳据え膳”の妙を聴いてほしい。ビル・エヴァンスは相当に“懐の深い”ジャズ・ピアニストである。

  DISC ONE
  ≪THE TONY BENNETT/BILL EVANS ALBUM
  01. YOUNG AND FOOLISH
  02. THE TOUCH OF YOUR LIPS
  03. SOME OTHER TIME
  04. WHEN IN ROME
  05. WE'LL BE TOGETHER AGAIN
  06. MY FOOLISH HEART
  07. WALTZ FOR DEBBY
  08. BUT BEAUTIFUL
  09. THE DAYS OF WINE AND ROSES
  ≪TOGETHER AGAIN
  10. THE BAD AND THE BEAUTIFUL
  11. LUCKY TO BE ME
  12. MAKE SOMEONE HAPPY
  13. YOU'RE NEARER
  14. A CHHILD IS BORN
  15. THE TWO LONELY PEOPLE
  16. YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
  17. MAYBE SEPTEMBER
  18. LONELY GIRL
  19. YOU MUST BELIEVE IN SPRING
  ≪BONUS TRACKS FROM THE 1976 TOGETHER
  AGAIN SESSIONS

  20. WHO CAN I TURN TO?
  21. DREAM DANCING

  DISC TWO
  ≪ALTERNATE TAKES FROM THE 1975 THE TONY
  BENNETT/BILL EVANS ALBUM SESSIONS

  01. YOUNG AND FOOLISH (alternate, take 4)
  02. THE TOUCH OF YOUR LIPS (alternate, take 1)
  03. SOME OTHER TIME (alternate, take 7)
  04. WHEN IN ROMA (alternate, take 11)
  05. WALTZ FOR DEBBY (alternate, take 8)
  ≪ALTERNATE TAKES FROM THE 1976 TOGETHER
  AGAIN SESSIONS

  06. THE BAD AND THE BEAUTIFUL (alternate, take 1)
  07. THE BAD AND THE BEAUTIFUL (alternate, take 2)
  08. MAKE SOMEONE HAPPY (alternate, take 5)
  09. YOU'RE NEARER (alternate, take 9)
  10. A CHILD IS BORN (alternate, take 2)
  11. A CHILD IS BORN (alternate, take 7)
  12. THE TWO LONELY PEOPLE (alternate, take 5)
  13. YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS (alternate, take
     16)

  14. YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS (alternate, take
     18)

  15. MAYBE SEPTEMBER (alternate, take 5)
  16. MAYBE SEPTEMBER (alternate, take 8)
  17. LONELY GIRL (alternate, take 1)
  18. YOU MUST BELIEVE IN SPRING (alternate, take 1)
  19. YOU MUST BELIEVE IN SPRING (alternate, take 4)
  20. WHO CAN I TURN TO? (alternate, take 6)

(ファンタジー/FANTASY 2009年発売/UCCO-4052/3)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/ウィル・フリードウォルド)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)