ブログネタ
ジャズ/フュージョン批評 に参加中!
MOON RAPPIN'-1 ジャズの楽器のお話だが,王様がトランペットであれば,横綱はオルガンであろう。
 そしてオルガンの「東の横綱」がジミー・スミスであれば「西の横綱」はブラザー・ジャック・マクダフであろう。

 「東の横綱」ジミー・スミスが“看板”として支え続けたブルーノートの屋台骨を(ジミー・スミスヴァーヴ移籍後)今度はプレスティッジの“元看板”であった「西の横綱」ブラザー・ジャック・マクダフが支えることに…。

 この状況下で下手は打てない。すでに巧なり名を馳せたブラザー・ジャック・マクダフであったが,並々ならぬ意気込みを持って「名門」ブルーノート再生へのカタログ提供に取り組んでいる。

 ズバリ,ブラザー・ジャック・マクダフブルーノート・イヤーと来れば,管理人には『MOON RAPPIN’』(以下『ムーン・ラッピン』)である。
 『ムーン・ラッピン』こそ,ブラザー・ジャックブラザー・ムーンと交信してしまっている“実況録音盤”だからである。

 そう。『ムーン・ラッピン』は聞き始めたが最後! アルバム・ジャケットのアナザー・ストーリーである「不気味なブサイク系月男」のダンゴッ鼻で逝ったような近未来サウンドが,かなりコテコテのソウルフル・グルーヴでして,月に向かって“ワォ!”と叫びたくなる〜! 

MOON RAPPIN'-2 『ムーン・ラッピン』の2枚看板=【FLAT BACKIN’】のスカスカなアーシーと【OBLIGHETTO】の妖しいコーラスからの反復するマッドなオルガンが最高にファンキー!

 『ムーン・ラッピン』は,プレスティッジブラザー・ジャック・マクダフにはなかった,ギターホーン・セクションというブルーノートの伝統を手にした“看板スター”ブラザー・ジャック・マクダフが鎮座している。

 ジャズ好きで,オルガン好きで,ブルーノート好きなら,間違いなく『ムーン・ラッピン』も好き!
 ブルーノートブラザー・ジャック・マクダフも最高なのである!

  01. FLAT BACKIN'
  02. OBLIGHETTO
  03. MOON RAPPIN'
  04. MADE IN SWEDEN
  05. LOOSE FOOT

(ブルーノート/BLUE NOTE 1970年発売/TOCJ-4334)
(ライナーノーツ/ジェフ・スマーリン,上条直之,出田圭)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)